無料本音メルマガ(毎晩配信中)  バックナンバー

毎週土曜日に過去一週間分のデータをまとめて追加します。
(約一ヶ月分の過去のデータを掲載しております。)


あと2週間が勝負です。 2018年04月12日(木)

  この15日で水星逆行期が終り水星順行期へと戻ります。
そして16日は新月です。
その16日に米国によるシリアへの軍事攻撃があるのではと観ています。
48時間が過ぎ、更に92時間も経過すれば、守る方からしても緊張の糸が途切れ油断するでしょうからね。
そのタイミングなら、想定外の事態とはならないでしょうから・・・水星逆行期を抜けた後ですからね。

そうなると、米中貿易摩擦というリスクも、地政学リスクも回避出来て、地合は好転するとは思われますが、何せ厄介な安倍政権リスクがここに来て大きくくすぶり始めましたからね。
外部リスクより、国内政局リスクが日本株にとっては致命傷になりかねませんからね。

そんな事を頭に入れながら、まず注目すべきは明日の日経平均の引け方。
明日、日経平均が21,633円以上で引けて来れば、大きな流れが“上”へと向い始めるでしょうからね。
まずは、明日の引け方を観て先の強弱を判断したいところです。

そんな状況です。
当然ながら主力株は動き辛くなり、代って中・小型株の出番となって来ます。
その流れを先読みして先に紹介しておいた新興系3銘柄が、ここに来て絶妙な値動きを観せてくれています。
あとは一気に大きく値を飛ばすのを待つだけです。

そして明日も訳有りの短期値幅取り狙いの新興系銘柄を紹介しようかと・・・
明日の状況を観てザラバ中にメールで紹介する予定です。

とにかく、4月は新興系銘柄で短期値幅取りを狙うのです。
全体が動けない今だからこそ、確りと新興系小型株に狙いを定め撃ち抜くのです。
そして確りと回転をつけ利益を細かく積み上げて、GWを迎えるのです。
それまでに如何に効率良く利益を積み残すのかが勝負なのです。

あと2週間の間に最低でも4回転はして頂くつもりですけどね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

面白くなって来た・・・ 2018年04月11日(水)

  目先下振れには注意したいところですが、全ては今週末の日経平均の終り値で決まって来ると観ています。
今週末、21,633円以上で引けて来れば、長期的に更なる高みを目指す流れへと変わって来るでしょうし、そうならなければ、再度の下値試しの流れが加速しそうです。
200日線どころの固さを試しに来るのではないかと。

そんな中、指数の下振れも想定しながら、本日、新興系銘柄をあえて紹介しておきました。
某有力ファンドが強気強気で臨んでいる、そんな銘柄です。
この手の銘柄は、少し地合が悪いくらいの方が存在感が増して大きく動き易くなりますからね。

また、あの“異次元銘柄”も来たるべき“その時”に向け歩みを加速させ始めましたからね。
おそらくは、あのタイミングでアレが出て、そして・・・となるのではないかと。

また、明日も、訳有りの新興系銘柄を紹介しようと思います。
訳有りだからこその華々しさもありますし、訳有りだからこその強さも観られるはずです。
明日の地合、状況を観て紹介のタイミングを推し量ろうと思います。

とにかく今は、目先の小波乱を想定しつつ、指数より、より離れたところにある新興系銘柄を攻めるのです。
もちろんの事、訳有りを攻めるのです。

まだまだ攻められますよ、今の状況なら・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

ここからは、ただただ無心で攻めるのみ。 2018年04月10日(火)

  流石ですね、習近平主席の米国に対する大人の対応。
これにより、流れは一気に良い方向に向い始めましたからね。

日経平均は習近平主席の講演を受け大きく値を上げ続伸となっていました。
これで反発力を観る上での1条件はクリアした事になります。
あとは今週末、21,633円以上で引ける事が出来れば、文句無しの反発となり更なる高みを目指す事になるはずです。
ただ、目先は一振れの可能性が、明日先物が21,×××円以下で引けて来たら出て来ますので、明日の先物の引け値も気になるところです。

そして、習近平主席の大人の対応を受けてのNYダウの反発力も気になるところです。
昨晩示現した長めの上ヒゲを実体相場で埋めてくれれば強い反発力が出たとして目先底値もみ合いを上放れる事が出来るのですが、果して・・・

そんな中、本日早い時間にメールにて新銘柄を紹介しておきました。
想定以上の動きを観せてくれています。
また、先に紹介してあった(3053)ペッパーフードも“異次元銘柄”も想定通りの動きを観せ、今後の展開が楽しみになって来ました。

また明日も、新興系銘柄を1つ紹介したいと思います。
この銘柄も、ほどなくして一気の値幅取りへと動いて来るでしょうから、少し早めに紹介して仕込んでもらうのです。

とにかく今は、今月一杯は、新興系小型株を中心に回転をつけながら確りと利益を積み上げる時だと考えます。
取れる時に目一杯取って、見通しが効かなくなり始めたら一気に手を引いて護りに入り遠眼で成り行きを見守るのです。
このヒット・アンド・アウェイ戦術が、今は一番効果的なのです。

今月も立ち合いベースであと2週間と3日です。
その期間、脇目も振らずに、ただ無心に短期利益取りに励むのです。
気分良く、気持ち良くゴールデンウィークを過す為に・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

ここは確りと新興系小型に狙いを絞って・・・ 2018年04月09日(月)

  見解通りの耐性を観せた日経平均。
・・・ですが、目先は少し波乱含みの展開となりそうです。
そうなったとしても、今週末の引け値が21,633円以上で引けて来れば、全く問題はありませんけどね。
それより、一度下へ振られた事で、上値はかなり更に軽くなって来そうです。

そんな流れからか、主力株の上値は重く、代って個別小型株の動きが軽くなり始めた様に思います。
先週末に新たに紹介したあの新銘柄も、勢い良く青天井一気駆けとなっていますし、その前に大きく動いた銘柄達も、順調に日柄を消化しており、ほどなくして大きく動き出して来そうです。

また、明日には新たに入手した情報の中から、より大きく、より早く上値を追って来そうな銘柄を紹介しようと思います。
4月中は、この手の銘柄を如何に効率良く回転し利益を積み残す事が出来るかが勝負になって来ますからね。
あと3週間、3週間の間に如何に大きな利益を取って、Sell in Mayに備えるかが重要になるのです。

さー、チャンス到来です。
目先こそ下振れする事になるでしょうから、そこを狙って果敢に攻め込むのです。
GWをゆっくりと、そして楽しく過す為に・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

あと3週間が勝負・・・ 2018年04月06日(金)

  東京市場、悪材料に対する反応が、かなり鈍くなって来ました。
寄り前に出た中国に対する10兆円の追加関税検討、これに対しても日経平均は底固く推移していましたからね。
ドル円も一時的にドルが急落するも、その後はジリジリと値を戻し引け前には急落前の水準まで戻していましたからね。

これらを観る限り、市場には免疫力がついて耐性が出て来た様に思います。
あとは、これが米市場にも波及しているかを確認するだけです。
今晩の米株の反応、それと雇用統計を受けての反応で見極めたいところです。

そんな中、あえて火中の栗を拾いに行ってもらいました。
筋が淡々と一気の値幅取りを目論んでいる訳有りの新興系銘柄です。
この手の銘柄は突然一気の手が入り、短期で大きく大きく値を飛ばして来ますからね。
だからこそ、悪地合を見込んで仕込みに入ってもらったのです。

また週明けにも1銘柄新たに紹介しようかと・・・
これも短期で大幅値幅取りが可能な訳有りですので、今晩の米市場の動向と週明けの地合を観て適時メールで紹介しようと考えている銘柄なのです。

そして、もう1つ既報の“異次元銘柄”。
先に紹介したソネット・メディアに続き今は(3053)ペッパーフードが大きく値を飛ばしていますが、その次は、この“異次元銘柄”になると考えます。
今でこそ訳有って弱く観せてはいますが、ほどなくして、一気呵成の総攻撃が観られる事になるでしょう。
この“異次元銘柄”は先のペッパーフード以上の高ポテンシャルを秘めていますので、ひとたび火が付けば桁違いの異次元の上昇を観せてくれるはずです。
だからこそ“異次元銘柄”と命名したのです。

とにかく、5月ゴールデンウィークまでの3週間が勝負なのです。
この3週間で如何に効率良く、如何に大きく利益を出して来るであろうSell in Mayに備えるかが重要になって来るのです。
だからこそ、あえて今、攻めに入るのです。

全体の耐性も確認出来ました。
あとは訳有りの新興系銘柄に狙いを絞って一気に攻め入るだけです。

・・・今こそが攻め時。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

ペッパーフードの次に大きく値を飛ばして来る銘柄は・・・ 2018年04月05日(木)

  米株は、ほぼほぼ目先二番底打ちが確定した様です。
昨日出された中国による報復関税問題を米市場は都合よく消化し、NYダウは底値圏で大陽線を示現しましたからね。
こうなると、目先底割れを心配する事なく、反発力を観ながら攻める事が出来ますからね。

そんな流れを受けた日経平均も一気に200日線と25日線、それに直近の戻り高値をも超えて来ましたからね。
こうなると日経平均も反発力を観ながら下値の不安もソコソコに強気で攻める事が出来るのです。

そんな中、先に紹介した(6185)ソネット・メディアに続き、次は(3053)ペッパーフードが大きく値を飛ばして来ました。
裏取りを済ませ3/5から仕込みに入ってもらった銘柄です。

と、なると次の出番は“異次元銘柄”か、それともJQのあの銘柄か・・・
そして明日、新たな銘柄をザラバメールにて紹介します。
状況によっては、2銘柄を紹介し強気で攻めてもらおうかと考えています。

NYダウの次なる重要変化日に当る26日くらいまでは、今の状況から観て強気で攻める事が出来ると思います。
それまでに約3週間ありますので、如何に効率良く回転を効かせ利益を積み残すかが勝負となるのです。

明日紹介予定の2銘柄、いずれも一気の上値追いの可能性大ですからね。

ここからが本当の攻め時です。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

今は自分の都合で動くのではなく、相場の都合で動く時なのです。 2018年04月04日(水)

  恐れていた事が・・・

ここに来て、中国が米国産大豆や自動車等106品目に対して25%の関税を掛けるとの一報が。
この米中の関税報復合戦こそ、世界経済を危機へと導くチキンレースとなるのではないかと考える次第です。

この一報を受けての今晩の米市場の反応と米国による更なる報復措置が出されるのかに注目したいところです。
それと、NYダウが明確に底割れとなり、本格的下げ第三波に突入するか否かにも注目です。

このチキンレースが米中共に意図的に演出されたものなら良いのですが、大国を背景とする2人の権力者による意地の張り合いだった時が怖いのです。
双方共、引くに引けずにドッカーンと行き着くところまで行ってしまったら、世界経済は大痛手を被るばかりか、過去の2度の世界大戦を連想してしまいますからね。

今が「終りの始まり」か否かは不明です。
でも時々、人間は間違った方向へと走り出すものなのです。
これが正解だったか、間違っていたのかは行き着くところまで行ってみないと答は出ないと思っています。
だからこそ、ここは最悪を覚悟して立ち回る時だと思うのです。

これまで幾度となく「先物が21,×××円以下で引けて来たら・・・」と警告して来ましたが、上手くこのコメントを読んで護りに入る事が出来ましたか?
明日からでも遅くは無いはずです。
確りと護りを固めて、冷静に次なる流れを読み取った方が良いのではないかと思います。
この状況、一歩間違えば、全てを失ってしまうほどの波乱に成り兼ねませんからね。

こんな時です。一人で闘っていても心細くなると思います。
当?楽部に入会して頂いて、この難局を乗り越してみてはいかがですか。
次は急落、ガラ(暴落)の後のコツンの音の聞き分けが重要になって来ます。
そのコツンの音を絶妙のタイミングで聞き分けて、皆さんにベストの攻め時と攻めるべき新銘柄をお知らせしますよ。
全体の波乱を先読みする事が出来るのですから、底打ち反転の好機を知る事など簡単ですからね。

究極の神技、お観せしますよ。
もちろんの事、究極の新銘柄もセットにして・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

ここが腕の見せどころ・・・ 2018年04月03日(火)

  米株の大幅急落に対し、安寄り後、下げ幅を縮め一見は下げ渋ったかの様に観せている日経平均。
本日、明確に下げ渋り反転上昇に転じたとしたら、勢いで200日線を超えさせて引けて来たと思います。
200日線手前で上げ止まったという点を今は重要視すべきだと思います。

このまま、200日線を超える事も出来ずに日経平均が弱相場入りとなった時、真の恐怖が待っていると思います。
NYダウを見れば2/9安値をザラバベースとはいえ割り込んで底割れとなっていますからね。
これが引け値で昨日の安値を割り込んで来る様なら明確なる底割れとなり、日経平均も大きく連れ安となるでしょうからね。

昨晩のNYダウの底割れを、来るであろう大波乱の兆候とするのなら、日経平均の200日線を抜けぬままの弱相場入りには特別な警戒心を持って対応する必要があると考える次第です。

そうなれば3/26の安値をあっさりと割り込み、次なる下値ポイントである19,300円どころを観に行く事になりそうです。

NYダウが底を割った今、この下落は26日あたりまで続きそうですからね。
だからこそ、日経平均の弱相場入りに警戒するのです。
明日、先物が21,×××円以下で引けて来たら、弱相場入りとなります。
200日線を超えぬまま弱相場入りとなれば、次は強烈な下落に見舞われてしまいますからね。

ここが今年前半の最重要ポイントになるはずです。
ここでの読み間違い、見立て違いは致命傷になってしまいますので、確りと見切り対応して頂きたいと思います。

そんな状況でしたので、本日の新銘柄の紹介は見送りとさせて頂きました。
昨晩のNYダウの動向で状況が一変してしまいましたからね、仕方ありません。
この難局を上手く難なく乗り過ごしたら、また攻め込めばいいだけの事ですからね。

こんな時、一番ダメなのが、自分の都合だけで動こうとする事です。
損が出るから手仕舞いする事が出来ない・・・とか、目先の値動きに騙されて買い付いて急落しても持ったまま・・・とか、そんな事をしていたら、大損するばかりではなく、全てを失って株式市場を退場する事になってしまいますからね。
今は自分の都合で動く時ではありません。
相場の流れ、都合に合せ立ち回る事が重要なのです。

こんな時だからこそ、緻密な戦略が必要になって来るのです。
その戦略と、強相場から弱相場へと転換する先物の転換ポイント、会員ページに確りと書いてありますからね。
もちろんの事、地合が好転した時に一気に攻め立てるべき訳有り銘柄達も紹介してありますよ。

とにかく今は生き残る事に全力を傾ける時だと思います。

“神技”、“匠の技”お観せしますよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

最終確認が済み次第、一気に攻め込んでもらいます。 2018年04月02日(月)

  新年度に入り前に紹介してあった3銘柄のうちの2銘柄がいい感じの動きとなって来ました。
あの“異次元銘柄”も、そうです。

やはり、新年度入りを機に物色の流れも少し変わって来た様に思います。
あとは、米株の動向を横目に、日経平均の変動を睨みながら、個別銘柄中心で攻め込みたいところです。
全体が荒れる事なく淡々ともみ合い日柄を消化してくれる様なら、新たな個別物色の流れがより鮮明となり、大きく値を飛ばす銘柄が続出して来そうだからです。

そんな凄銘柄を狙っているところです。
準備万端、仕掛ける態勢が整った凄銘柄をピンポイントで狙い撃ちしながら“異次元銘柄”とセットで攻め込むのです。
そんなピンポイント銘柄を明日、全体の流れを観てメールにて紹介し攻め入ってもらおうと考えているところです。
この手の凄銘柄の情報があと2つほど入って来てますので、残りについては流れを読みながら適時紹介して行こうかと思います。

まずは、ピンポイント銘柄1を狙い撃って大きな利益を取り、その利益で“異次元銘柄”を買い、空いた枠で新たにピンポイント銘柄2、3を攻めて行くのです。
こうする事で、より効率良く資金を回し、利益を取って行くのです。

あとは、大きな流れの最終確認を終らせるだけです。

一気呵成の攻めの好機は、もうすぐそこに来ている様です・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

また違った眼で観れば、チャンスかも・・・ 2018年03月30日(金)

  今日の日経平均の強さは、期末特有要因によるものが大きい様です。
ですから、週明けの新年度入り、実質4月相場入りの動向が気になっているのです。

今晩、米市場は休場ですので、2日の夜の米市場の動向を受けた3日の日経平均の変動が特に重要になって来るのです。
米株は安値もみ合いとなっており、下放れの動きが出れば一気の底割れから下へと突走りそうですからね。

日経平均も何とか200日線に乗せたとはいえ、米株の動向次第で展開は大きく変わって来ますからね。
週明け月曜日、先物が20,△△△円以下で引けて来る様なら、警戒レベルをMAXまで引き上げなければなりません。
200日線乗せも、基準線回復も期末特有の要因があっただけという事がハッキリとして弱さを露呈する事になるからです。

とはいえ、全体の弱さを待っている銘柄もあるという事です。
特に今日みたいな日に日経平均と連動して強張るのではなく、逆に力無く弱い動きをしていた銘柄が怪しいのです。
そんな銘柄に限って、新年度入りと同時に一気に仕掛けが入り、全体の地合悪にもかかわらず逆行高して大きく育って行くものなのです。
今、新たに入手した3銘柄もそうですし、例の“異次元銘柄”もそうです。
週明けの地合、個々の玉の入り方、値動きを観て、急動意づいて来る様なら無条件でメールにてお知らせし攻め込んでもらうつもりです。

特に注目しているのが“異次元銘柄”。
ここ数日は意識的に値を下げさせている様に見受けられてますからね。
新年度入りと同時に・・・なんて事になるのではないかと期待しているところです。

いずれにせよ、ここは見極めが重要になって来ます。
全体の流れ、個々の動きに則って上手く立ち回りたいところです。

この局面、また別の眼で観れば、大きなチャンスかも知れませんよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -