明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年08月21日(火)

     出てからでは遅いのです。出てからでは・・・

                    8月21日(火) 20:00更新

日経平均の他力本願相場は未だ続いている様です。
トランプ大統領のツイートに過敏に反応してしまう市場ですので、明日の変化日の反応も気掛かりです。
特にドル円の変動、109円65銭を踏み割って来る様だと、かなり厄介な事になりそうですからね・・・注目です。

そんな方向感の無い相場が続く中、例の大材料内包銘柄は、想定通りの動きを観せながら、いつでも飛び出せる態勢を取っています。
全体相場が読み辛い相場だけに、この手の個別株に資金が向っているのでしょう。
特に、その背景と材料を知っていれば、この訳有り銘柄にすがりたくなるのは当然でしょうからね。

この大材料内包銘柄なら、全ての矛盾を一発で解消してくれるはずです。
それだけの背景とデカイ材料を内包している銘柄ですからね。

・・・材料が表面化してからでは手遅れになってしまいます。
だから、今のうちに確りと仕込んでおくのです。
今のうちに・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年08月20日(月)

     あえて仕込みに入りました。

                    8月20日(月) 21:00更新

方向性が観えない日経平均。
日足一目雲の下限を大きく割って来そうなドル円。
不穏な動きが続くトルコ・リラ。
そして、節抜け後の一戻しにも、単なるアヤ戻しにも観えてしまう上海株の戻り。
これら変動を観る限り、どちらに転んでもおかしくない状況にある様です。

日経平均は次の変化日である22日までもみ合いが続きそうですし、23日が発動期日になる米国による対中貿易制裁が気になるところです。

そんな中、会員様には、あえて火中の栗を拾いに行ってもらいました。
材料が出てしまってからでは遅い、大材料内包銘柄を紹介しておきました。
ここのところ、筋の用と思われる買い物が断続的に入っていて、材料発表近しの動きをしていましたからね。
だから、あえてこのタイミングで紹介に踏み切ったのです。

・・・まずは現物沈潜の形で種玉を仕込んでもらって、動きが出たところで回転玉を一気に買い込んで大材料が出るのを待つのです。
大きく上げたところで材料が出て来るのか、材料が出たところで一気に大相場へと持ち込むかは、筋の腹の内次第ですからね。
だからこそ、仕掛けの兆候が観え始めた今日、仕込みに入ってもらったのです。

一気に青天井へと突入させ突走るのか。
それとも材料が出て来るのを待つのか。
“その時”はかなり近いと観ています。

まだ間に合いますよ、今なら・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。

ちなみに、この大材料内包銘柄なら、大きな財が築けると思いますよ。
お早めに・・・
 

  2018年08月17日(金)

     上海株の底割れが意味するものとは・・・

                    8月17日(金) 21:30更新

上海株の目先底割れの動きを如何に捉えるのか・・・
更には再度下げに転じたトルコ・リラの動向も気になるところです。

これらリスクを米市場が如何に消化し反応するのかに注目したいところです。
トルコ・リラは今晩限りの一過性のリラ安となるのか・・・
そして週明けの上海株が如何なる動きを観せるのか・・・月末に米中貿易協議再開という好材料も中国株には響かなかった様ですからね。
かなり中国市場の地合が悪化していると取る事が出来ます。

そんな状況でしたので、本日新たに紹介する予定だった大材料内包銘柄の紹介は来週へと持ち越す事にしました。
今晩の米市場の動向と週明けの地合と中国株、人民元の動向を観てから判断しても遅くはないと考えたからです。
ただ、隠れている大材料が表面化した時が恐いですので、出来れば大材料が出る前に仕込んで頂くべく早めに紹介しようと考えているところです。

週明け月曜日、多少地合が悪くても紹介しようと思っています。
よほどの事が無ければ、紹介に踏み切り仕込みに入ってもらおうと思います。
・・・難しいところです。
でも、内包する大材料の事を思えば早めに仕込んでおきたい、そんな銘柄でもあるのです。

週明け月曜日、8割方仕込みに入ろうと考えているところです。
材料が出てしまったら、何の意味もありませんからね・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年08月16日(木)

     確りと見極めてからでも遅くはない・・・

                    8月16日(木) 20:00更新

突然出て来た中国商務次官を8月末に訪米させるとの一報。
これを受け流れは大きくリスクオンの方向へ・・・
ドルは急伸し、日経平均も連れて下げ幅を大きく縮める展開に。
でも、上海株はプラスで引ける事もなく、日経平均も小幅マイナスで続落という形に。

なぜ、このタイミングで・・・って感じ。
考えるに、トルコがロシア寄りに傾き強気になりつつある今、これを牽制する意味で、あえて中国との関係を改善させる策を出して来たのではないかと・・・

いずれにせよ、この報道の良し悪しは今晩ハッキリすると観ています。
そして、この流れを受け、日経平均が良い方向へと向うのであれば、先物は22,○○○円以上で引けて強相場入りを明確にして来るでしょうし、悪い流れが続いているのであれば、22,△△△円以下で引けて再度の下値探りの動きが加速する事になりそうです。
今日の大幅な切り返し。
これが“ダマシ”となるのか否かは、今晩の米株、ドル円、そして明日の日経平均と先物の動向に掛っていると思います。

そんな中、先物が22,○○○円以上で引けて来て本物の強さを観せてくれる様なら、超極秘銘柄2銘柄と裏取りファンド系銘柄を一気に攻め込んでもらおうと考えているところです。
そして、この3銘柄に加え新たに裏が取れた大材料内包の銘柄もメールにて紹介し攻め入ってもらおうと思います。

とにかく今は、今晩と明日の大きな流れを確りと見極める事が重要なのです。
それを確りと見極めてから無理する事なく打って出ても、十分に間に合いますからね。

狙うは超極秘銘柄2銘柄と裏取りファンド系銘柄、それと新たに紹介する裏取り大材料内包銘柄の4銘柄。
この4銘柄なら、どれを取っても秋風が冷たく感じられる頃には大きな財をもたらしてくれるはずですからね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年08月15日(水)

     あえて火中の栗を拾いに行くのです。

                    8月15日(水) 20:00更新

トルコ・リラに振り回される日経平均。
せっかく示現した強い足も今日の反落でご破算に・・・

明日以降、上、下どちらに向うかによって展開が大きく変わって来ます。
続落となり8/13安値21,851円を割り込んで来る様なら、ガラ(暴落)の可能性が一段と高まりますし、反発となり200日線を超えて来れば、勢いそのままに25日線、75日線を上回り4度目の正直での23,000円乗せの可能性が高くなると観ています。

トルコ・リラの変動を横目で睨みながら、日経平均の動きに淡々と付いて行きたいところです。
ちなみに明日、先物が22,△△△円以上で引けて来たら、“上”への可能性がグググッと高くなって来ますけどね。
反対に、それ以下で引けて来たら、21,851円割れの可能性が高くなって来ますから要注意です。

そんな中、当俱楽部の紹介中の3銘柄は確りとした動きを観せています。
やっぱり確りとした背景と材料、手が入っている銘柄は違う・・・そんな印象を強く受けるくらいの凄いポテンシャルを秘めている銘柄達ですからね。
トルコリスクが遠のき、地合が落ち着き始めたら、この3銘柄、一気の上値追いに出て来る事でしょう。
そして、秋の主役の座を狙って、お互いに切磋琢磨しながら超大相場に向け旅立って行くのです。
秋の気配が深まる頃には、手の届かない、そんな存在に育っていると思います。

・・・こんな時だからこそ、あえて火中の栗を拾いに行くのです。
全体の流れを観ながら丹念に丹念に仕込んでおくのです、冬が来る前に美味しい思いをする為に・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -