明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年04月23日(月)

     そろそろ、本領発揮の動きが観られそうです。

                    4月23日(月) 20:30更新

米長期金利、3%へ急接近。
これによりドル円はドル高円安の流れが強まるも、日経平均は反対に下方向に向けた動きを観せています。
これは、3%に乗せた際の米株のショック安を警戒してのものの様で、この局面で他の悪材料等が噴出すれば、円高へと流れが向いますので、そうなれば、その円高進行の悪影響が出て日経平均は急落する事になるでしょうからね。
今は、どちらに転んでも日経平均は売られ易い状況にあるという事です。

そんな中、会員様には、確りと先物売りヘッジを22,200円台で建てて頂きながら、新興系の訳有り銘柄(異次元銘柄と乾坤一擲の銘柄である“裏取り銘柄ver2”)
を中心に攻めて頂きながら、護りながら攻める態勢を取って頂いているところです。
ヘッジは万が一のショック安に備えてのもので、そして訳有り銘柄は、そんな地合の時の方が大きく動き易いであろう銘柄を選んで攻めてもらっているのです

“異次元銘柄”も“裏取り銘柄ver2”もここに来て急動意づいて来ています。
この分なら、月末から5月、そしてGW明けに掛けて、大きく飛び出して行く事になりそうです。
“異次元銘柄”は少し日柄を必要としましたが、ここに来て聞き及んでいる様な動きとなって来ましたし、“裏取り銘柄ver2”においては、まさに聞き及んだ通りの展開となっています。
やはり、絶大なる信頼の置ける情報元からの銘柄だけありますね・・・見事なものです。

とにかく今は、動き始めたばかりのこの2銘柄に参戦して頂いて、短い期間で最大限の利益を掴み取ってもらいたいのです。
そして枕を高〜くして、GWを過してもらいたいのです。

ここが攻め入る最後のチャンスかも知れません。
ここが最後の仕込み場になるやも知れません。
後悔しない為には、お早めの参戦を・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年04月20日(金)

     今のうちに、今のうちに・・・

                    4月20日(金) 20:30更新

期待外れに終わった日米首脳会談。
後々、米国からの無理難題が日本に向け出て来そうです。

そんな事を嫌気してか、日経平均も弱含む展開となっています。
今日のところは。米長期金利上昇にドル円が反応しドル高気味に推移しているから日経平均も何とか踏ん張っているものの、米中貿易摩擦の更なる悪化やシリア問題の再燃、または安倍政権の不安に絡む政局不安等があれば、ドル円がヒョロヒョロと戻していただけに、一気に円高が進んで行きそうですからね。
米株を観ても次第に上値が重くなりつつありますので、チョットした事でズルッと大きく下げそうです。

そんな状況です、ここは目先波乱に備えて少し引き気味で臨んだ方が良いかも知れません。
物色も強い値動きを材料として付いて行くのは良いのですが、下手に欲をかき過ぎると高値掴みとなり塩漬けになる可能性が出て来ますので注意したいところです。

こんな読み辛い展開ですから、ここは確りと裏取りが出来た訳有りの銘柄を狙うのが一番なのです。
会員様には、乾坤一擲の銘柄である“裏取り銘柄ver2”、これに狙いを定めて仕込んでもらっているところです。
これなら、多少地合が悪くても、雰囲気が良くなくても関係なく独自の歩みで動いて来ますからね。
少しずつ命玉(種玉)を仕込みながら、一気呵成の攻め時を待つのです。

この乾坤一擲の銘柄、ひとたび火が付けば、まばゆいばかりの光を放ちながら一気の上値追いとなり、大きく大きく育って桁違いの大相場を作る事になるのです。
見る限り、かなりの玉が吸い上げられている様で、まとまった買い物が入ると、ピクピクと動いてしまいますからね。
これを観ても、かなりの玉が某筋の元に沈められている事がうかがえます。
この状況で、材料が出たら・・・
アッという間に突走って行く事になりそうです。

今はまだ、大きく動いてはいません。
・・・が、まもなくの気配も次第に大きくなり始めていますので、大きく飛び出す前に確りと命玉(種玉)を仕込んでおいてもらいたいものです。
今のうちに・・・、今のうちに・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年04月19日(木)

     乾坤一擲の銘柄、仕込み始めました。

                    4月19日(木) 21:00更新

日米首脳会談での日米貿易に関する問題は、米国に相手にされなかったのではないかと観ています。
何も出なかったという事は、話題にすら上がらなかったと取っても良いのではないかと・・・
こうなると時間差での逆風、かなり強烈なものになるやも知れませんよ。

だからこそ日経平均は75日線を超えたあたりから急に上値が重くなり上げ幅を縮め始めたのではないかと・・・
そんな不安心理が働いたのではないかと・・・

この不安が市場にハッキリと表れるとしたら、明日、先物が22,△△△円以下で引けて来るはずです。
そうなれば、もう一度下値を試しに行く事になるでしょう。
明日20日は日経平均の変化日でもありますし・・・

そんな変化の兆しが読み取れましたので、地合悪に好反応を観せ易い新興系銘柄を1つと、例の乾坤一擲の銘柄である“裏取り銘柄ver2”の最終裏取りが完了しましたので、これも含めて2銘柄を合せて紹介しておきました。
ここから更に地合が悪化すれば、1つは俄然、存在感を出して上値を追って来るでしょうし“裏取り銘柄ver2”については、静かに静かに一気呵成の大攻勢を待つ形で日柄潰しをして来ると思います。

多少、地合が悪い方が、目立つ事なく静かに命玉(種玉)を仕込む事が出来ますからね。
この手の銘柄は、誰もが気付く事なく静かに動いて来て、皆が気付く頃には大台を1つも2つも変えている事になるでしょうからね。
だからこそ、静かな今のうちにコツコツと命玉を仕込んでおくのです。

株で大きな財を築くなら、この手の銘柄を狙い撃たないとね・・・
乾坤一擲の銘柄である“裏取り銘柄ver2”、仕込み開始しました。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年04月18日(水)

     明日、先物が21,×××円以下で引けて来たら・・・

                    4月18日(水) 21:30更新

トランプ大統領が北朝鮮拉致問題を次の米朝首脳会談で取り上げると明言。
これを受け日経平均はもみ合いを一気に上放れ一目雲に突入し、目の覚める様な強さを観せています。

・・・が、未だ日米首脳会談で経済問題に対する話し合いが行われてない事を冷静に考えるべきだと思います。
日本有利に事が進めばいいのですが、突き放す様な内容だった時の市場の動揺は大きいでしょうからね。
そして、このまま日経平均が20日以降も続伸してくれれば文句無しなのですが、果して・・・

そんな逆目の事も考えて、今日のところは新銘柄の紹介は見送りとさせて頂きました。
本来なら、22,000円を超えて来た時点で果敢に攻め込むところでしたが、今日の強さの背景が北朝鮮に絡むものだけでしたので、今一強気になる事が出来なかったのです。
明日、先物が22,×××円以下で引けて来る様なら、状況はガラッと弱い方向に向って流れて行きそうですからね。

だからこそ、もう少しだけ様子見しようと考えたのです。
日米首脳会談の経済絡みの結果を観てからでも遅くはありませんからね。
本当に相場が強ければ、後から後から幾らでも攻め込める良い銘柄が出て来ますから・・・

そして、乾坤一擲の銘柄である“裏取り銘柄ver2”、只今最終確認中です。
まもなく確認が終るでしょうから、そうなったら地合関係なく仕込みに入って頂きます。
多少地合が悪い方がいい所を仕込む事が出来ますからね。
そして、この“裏取り銘柄ver2”と先に紹介してある“異次元銘柄”とで大きな大きな財を築きに行くのです。
特に“裏取り銘柄ver2”の方が動意づいたら一気に飛び出して目の覚める様な上げ足を見せながら短期で大きく大きく育って行く事になりそうですから、楽しみな銘柄でもあるのです。

ここから狙う旬な銘柄は、“裏取り銘柄ver2”。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年04月17日(火)

     新興市場の崩れ・・・甘く観ない方がいいかも。

                    4月17日(火) 21:00更新

・・・新興市場の崩れ、日経平均の大崩れの予兆かも知れませんので要警戒です。
後場に入り下げ渋りを観せたにせよ、ここでの新興系銘柄の売られ方を見る限り、これまでとは違った嫌〜な違和感を強く感じてしまいます。

目には見えない“ブラック・スワン”が水面下で蠢き始めたのか・・・
それとも日米関係に決定的な溝が出来る事を嫌気しての事か。
もちろんの事、安倍政権の支持率急低下が海外勢の不安を高めた為かも知れません。
いずれにせよ、今の新興市場の波乱含みの展開を、大波乱への予兆と考え、少し護り気味のスタンスを取りながら成り行きを見守った方が良さそうです。

その波乱を決定づけそうなのが、日経平均の高保ち合い下放れではないかと・・・
そうなれば、下げの勢いそのままに一気の下値探りへと向う事になるのです。
20,347円どころで踏み止まってくれればいいのですが、これを割り込む様だと・・・おー恐!!

明日になれば、日経平均一目雲が迫って来ます。
あっさりと雲に突入してくれればいいのですが、下限で打ち返されジリジリと下値を切り下げて行く様な事になれば、20日の急変には十分に警戒しなければなりません。
20日から下げ足を早める事になれば、保ち合い下放れの可能性が一段と高くなって来ますからね。

そんな状況の中、あの乾坤一擲の銘柄である“裏取り銘柄ver2”の裏取りは着々と進行しているところです。
肝心な部分の最終確認をしているところですので、まもなく裏も取れ紹介し参戦して頂く事が出来そうです。
丁度、地合も悪くなりつつありますので、仕込み始めるには絶好のタイミングかも知れません。

この“裏取り銘柄ver2”こそが、起死回生の勝負銘柄となるのです。
だからこそ、乾坤一擲の銘柄と呼ぶのです。
この銘柄なら、1銘柄で皆さんが抱える矛盾を一発で解消してくれるはずですから・・・

お早めにご入会頂いて、参戦のその時を心静かにお待ち頂きたいと思います。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -