明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年03月07日(水)

     ゲーリー・コーン氏の後任次第では更なる波乱も・・・

                    3月7日(水) 21:30更新

昨晩は、韓国、北朝鮮の首脳会議との一報が出てリスク回避の流れに・・・
そして今朝は、ゲーリー・コーン国家経済会議委員会の退任の一報が・・・
これにより、一気にリスクオフの流れが加速し、ドル円は106円10銭〜105円40銭まで一気にドル安円高が進行。

これを受け日経平均も安寄りした後、一時的に値を戻しプラス圏の場面もありましたが、後場に入ると今晩の米市場の動向を見極めたいとの流れで様子見が広がり反落引けに。
重要変化日に当った今日、変化らしい変化は見られず、次なる変化日(3/14)まで持ち越されそうです。

トランプ政権発足当時から、ずーっと株高が続いています。
トランプ政権は株高に支えられていると言っても過言ではないのです。
そんな中、経済に精通し、株の事を良く知る(ゴールドマンサックス社長)、重要な経済ブレーンの1人であるコーン氏が政権を去るという事は、今後の株高政策に少なからずも悪影響を及ぼすのではないかと危惧するところです。
退任の原因が今回の関税に関するものだとしたら、更に影響は大きくなるでしょうからね。

あと、コーン氏の後任が誰になるかでも状況は大きく変わって来ると思います。
市場が喜ぶ様な人であればいいのですが、失望する様な人なら・・・
とにかく、今晩の米市場の反応に要注目です。

このショックを受け、例の裏取り銘柄は良い冷水を浴びて、絶好の買い場、仕込み場を提供してくれています。
このほど良い押し目を上手く仕込み買い下がって、本格上昇のその時を静かに待ちたいところです。

また、ここに来て凄〜く面白そうな新興系の足の早そうな銘柄の情報も入って来ましたので、これについては、全体の地合、物色の流れを観て適時ザラバメールにて紹介しようと考えているところです。

いずれにせよ今は、先々目の覚める様な大きく大きく動く銘柄を丹念に仕込み種玉を拾う時だと思います。
あと2週間もすれば、全体は、今の嫌〜な状況が一変して、はるか高みが目指せる流れへと変わっていると思いますので、今のうちに確りと大きな利益を取る為の仕込みを行うのです。
これが大きく大きく育って、皆さんの財となるのです。

このチャンス、絶対に掴み取って下さいね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年03月06日(火)

     全て読み通り・・・

                    3月6日(火) 21:30更新

「コツーン」、そんな音が響いたような感じがします・・・読み通りの展開です。

明日、日経平均が続伸となり強さが継続される様なら、より鮮明に「コツーン」の音が響き渡る事になるでしょう。
そうして、確りと25日線に乗せたまま日柄を消化して行けば、“彼岸底”の可能性がより高くなって来ると観ています。

そしてNYダウも、昨晩大きく続伸した事で、3/2安値を目先底値と確定する流れが出来、今回の調整は短期調整(NYダウの調整は短期は1ヶ月、長ければ3ヶ月の調整のいずれかに当てはまるケースが多い)となり、新たな上昇相場に期待が持てる事になりそうです。

そんな中、昨日、あえて波乱の中、火中の栗(裏取り済みの訳有り銘柄)を拾いに行ってもらいましたが、その戦術が見事にハマり、本日大きく上げて来ていました。
裏取りの内容が内容だけに、蝉の声が一段と大きくなる頃には、株価倍以上に育っていると思います。
だからこそ、誰もが恐くて手が出せない波乱の時を狙って仕込みに入ってもらったのです。

まだ本格的に仕掛けが始まった訳ではありませんし、大きく値を飛ばした訳ではありませんので、まだまだ種玉を仕込めるものと考えています。
手掛けるファンドが超強力なだけに、本格的な仕掛けが始まる前に確りと玉を手当てし、その時を待って頂きたいのです。
ひとたび仕掛けが始まれば、一気呵成に攻勢に出て、安い所は絶対に買わせてはくれないでしょうからね。
だからこそ、静かな今のうちに確りと命玉(種玉)を仕込んでおくのです。

また、この他にも続々と新情報が入り、新たな流れに則った新銘柄の情報が入って来ています。
これらについては、全体の地合、物色の流れの変化を読みながら適時紹介し、早回しで利益を取って頂こうかと考えているところです。
これで得た利益で裏取り銘柄を買い増す・・・なんて事も出来そうです。

とにかく明日、日経平均の強さを確認する事が出来れば、一段と攻めのギアを上げて臨む事が出来るのです。

今なら、まだ裏取り銘柄の安い所が拾えますよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年03月05日(月)

     仕込むなら今・・・

                    3月5日(月) 22:00更新

トランプ大統領が何故、今、無理する形で鉄鋼、アルミニウムに関する関税に言及したのか?
平昌オリンピックも終了し、相場が波乱の様相を強める中で何故、相場に悪影響をもたらすであろう材料を出して来たのか・・・

この行動こそが更なる高みを見に行かせる為の行動で、あえて故意にダメ押し的な売り叩きをする為に無理する形で関税に関する言及をしたのではないかと・・・
先週末(NYダウの重要変化日)に目先下値を叩いた形で下げ渋りを観せた流れからして、今晩一段高となり、先週末の安値を目先安値決まりとする流れを作り出せば、あとは下値の心配をする事なく25,000ドルを挟んでのもみ合い相場に持ち込み下値固めを進める事が出来るからです。
あとは少しの日柄と反転上昇の切っ掛けを待てばいいだけの事ですからね。

そんな中、日経平均もポイントである20,870円に接近しながらも、下げ渋る動きを観せています。
あと1日、20,870円を割り込む事なくもみ合って、翌7日の重要変化日に明確な反発を観せてくれれば、こちらも下値不安が大きく解消され次なる上昇相場に向けた下地作りが楽になって来ますからね。

いずれにせよ、今の状況は「まだはもうなり」の状況にあると考えます。
あとは小さな兆候を感じ取りながら、先に来るであろう変化を睨んで種をまくだけなのです。
「初めは処女の如く」種をまき、ハッキリと強相場入りが確認されたところで「後は脱兎の如く」攻め込むのです。

だからこそ、本日新銘柄を紹介しておいたのです。
怖くて誰もが手が出ないからこそ、あえて新銘柄を紹介し安い所を拾ってもらったのです。
それも、確りと裏取りを済ませた、超訳有り銘柄ですから、今の様な波乱含みの地合の時でなければ、中々に安い所は拾わせてくれませんからね。
前にこの新銘柄の超大相場を成就させた某有力ファンドが再び攻勢を掛け、大勢の第二波を仕掛けて来るという超訳有りの銘柄なのです。
だからこそ、あえて今、火中の栗を拾いに行ってもらったのです。

こんな不透明な地合だからこそ、相場巧者の超有力ファンドに付いて超大相場を取りに行くのです。

あと数ヶ月もすれば、一財産築けているはずですから・・・

仕込むなら今です。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年03月02日(金)

     目先の変動に振り回される事なく・・・

                    3月2日(金) 21:00更新

故意に保護貿易主義を表に出して米株を下げに来ているのか・・・

このまま更なる一段安となれば、控えていた売り物も出始めて、直近安値をうかがう展開となり、その流れが更なる売り物を呼び相場は大崩れとなってしまうのです。
そうなれば、11月中間選挙に向けての株高シナリオも壊れ、トランプ大統領自身の権力の座も危うくなってしまいますからね。

昨晩のNYダウの引け値は想定した25,000ドルを挟んで上下500ドルのレンジ下限ギリギリのところまで引けて来ています。
このレンジ下値を割り込んで来るのか、それとも下げ渋り、下げ止まり反発し、居心地の良い水準(25,000ドル)でのもみ合い日柄調整へとなるのかに注目したいところです。

25,000ドルを挟んでのもみ合いとなれば、日経平均も22,000円を挟んでのもみ合い日柄調整となり、物色の流れは新興系銘柄へと向い、それは彼岸(3/21)あたりまで続きそうです。

今日のところは、日経平均も来週末のメジャーSQを意識しての位取りの動きから下げ幅を広げてしまいましたが今晩の米市場の変動によっては、一気の巻き戻しもあるでしょうから、今晩の米株、ドル円の動向には要注目です。

そんな中、本日紹介予定だった足の早い新興系銘柄の紹介は見送らさせて頂きました。
あまりにも地合が悪過ぎた為です。

そして引け後に、例の裏取り中の銘柄の背景が分かりましたので、これについては週明け月曜日の地合、状況を観て、会員様に仕込みに入ってもらおうと思います。
今の様な波乱含みの展開の時、静かに目立たぬ様に仕込んで、全体の立ち直りと共に攻勢を掛け、大相場を取りに行くのです。
それだけの超高ポテンシャルを秘めた凄銘柄だという事です。

また、本日紹介予定だった足の早そうな新興系銘柄についても、来週、物色の流れ具合を見て、ベストのタイミングで紹介しようと思います。

とにかく今は、米株のフェイク変動を睨みながら、適切な参戦場面を見極めるだけなのです。

今、会員様には、22,200円どころで建てた、先物売り建てをヘッジとしながら、護りながら攻める態勢のまま次なる本格参戦の好機をうかがってもらっているところです。
週明けになれば、ほぼほぼその見通しが効いていると思われますので、まずは例の裏取り銘柄を仕込みつつ、足の早い銘柄で回転をつけ、得た利益で更に裏取り銘柄を買い増す・・・そんな戦略で臨んで頂けたらと考えているところです。

誰もが買い辛く、手が出ない今だからこそ、確りと先を読んで見通した上で、買いの手を振るのです。
これこそが「人の行く裏に・・・」という事ではないかと・・・

とにかく、この裏取り銘柄、デカイですからね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年03月01日(木)

     明日も1つ、新興系の新銘柄を紹介しようかと・・・

                    3月1日(木) 22:00更新

NYダウ、想定通りにもみ合い中心値となる25,000ドル水準まで下げて来ました。
あとはこの25,000ドルを中心とする上下500ドル幅でのもみ合いを続け、十分に鍛錬したところで、史上最高値抜けに向けて舵を取ってもらいたいところです。

一方、日経平均も22,000円を挟んで上下500円幅のもみ合いを期待したいところです。
今日の動きは、来週末のメジャーSQを意識しての位取りの動きを強く見て取る事が出来ました。
こうなると、21,500円に絡んだ攻防がもうしばらくは続きそうです。

とはいえ、今日の動きを観る限り、売り方がかなり無理している様にも観えますので、21,500円に急接近したあたりでガラッと流れが変わって来そうですからね。
無理して21,500円をつけに行った分の強烈な打ち返し、巻き戻しに見舞われそうだからです。

いずれにせよ、日経平均は彼岸あたりまではもみ合い相場が続くと考えています。

そうなると、流れは主力株より新興系の小型株へと向う事になるでしょう。
そんな流れに乗る為に、本日も足の早い新興系銘柄を紹介しておきました。
そして明日も、また1つ足の早い新興系銘柄を紹介し、短期一回転をつけて頂こうかと考えています。

まだまだ3月相場は始まったばかりです。
だからこそ矢継早に新興系銘柄を紹介し攻め込んでもらっているのです。
本日紹介した銘柄もデカイですが、明日紹介する銘柄はもっとデカクなりそうです。

出遅れない様に・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -