明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年07月31日(火)

     いよいよ始まりますよ。

                    7月31日(火) 21:30更新

日銀会合、金融政策に大きな変更は無し。
これに対し、一時的に反応した日経平均でしたが、大引けは前日終り値水準で終了。

これを観る限り、市場は国内より海外を重視している様に思えます。
特に「FANG」の下落に伴うナスダックの大幅続落が気になっているのではないかと・・・
このまま続落が続けばナスダックは大天井を打つ事になりかねませんからね。
そうなれば、日本株、特に日経平均絡みの銘柄に悪影響が出てしまうでしょうから、それが日経平均の上値を重くしているのではないかと考えています。
まだ他にも、米中貿易絡みやイラン地政学リスク絡みの問題も残っていますし・・・

そんな中、例の超極秘銘柄は8月相場に向け順調に発射台を作っています。
この分だと実質8月相場入りとなる明日から一気呵成の大攻勢が始まる事でしょう。
まずは一気に飛び出して、誰もが買いの手が出し辛くなったところで、じっくりと形を整えて秋の超相場に向けて準備を進めるのです。

超大相場に向けての第一歩、明日にも始まりそうです。
今なら何とか間に合うのではないかと・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年07月30日(月)

     8月相場を睨みながら・・・

                    7月30日(月) 21:00更新

イランの地政学リスク、米中貿易摩擦の過熱、止まらぬ人民元の下落、そしてグーグル、フェイスブック、アマゾンの大幅下落に伴うナスダックの大天井打ちの可能性、これらの行方が気になります。
また、日銀による金融政策の変更も少なからず市場に影響を与えると思われますので、明日の日銀会合の行方にも注目です。

こんな様々なリスクが絡み合う中、今は水星逆行期の真只中にありますので、想定外の事態の連鎖には十分には警戒したいところです。
台風12号もこれまで経験した事の無い動きを見せていますし・・・

そして日経平均も上値の重さが目に付いており、数あるリスクの中の1つでも出て来たらズドンと下げて一気の下値探りへと向いそうですからね。
だからこそ、ここは確りとヘッジを掛けながら、個別の訳有り銘柄に絞り込んで攻めるのが得策なのです。

狙うは例の超極秘銘柄。
今の動きを観る限り、実質8月相場入りと同時の大攻勢の可能性は、かなり高くなって来ましたからね。
これを切っ掛けに一気に飛び出して秋風の吹く頃には青天井を狙える水準まで上げて来て、そして秋の気配が深まる頃には株価倍増もあるのではと期待しているところです。

とにかく今は、この超極秘銘柄第一弾一本で勝負です。
そして、これが大きく飛び出して行った後から、超極秘銘柄第二弾を仕込みに入ってもらおうかと考えているところです。

・・・今ならギリ間に合いそうです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年07月27日(金)

     来週、4度目の正直での23,000円突破が観られるのか・・・

                    7月27日(金) 21:30更新

週明け月曜日、先物がハッキリと22,○○○円以上で引けて来たら、4度目の正直で23,000円を大きく上抜けて来ると観ています。
そうならずに、弱相場のまま日銀の会合の結果待ちの形となり、日銀が新金融政策に打って出た時は、ドル安円高が一気に進行する形で、ドル円は大きく崩れ、日経平均も連れてショック安に見舞われる事になるでしょう。

なぜ、今、日銀発のショックを誘発するのか・・・
それは、トランプ大統領がドル安を歓迎しているからです。
更には、秋の自民党総裁選を意識して、その前に大きく株を上げたいでしょうから、あえてこのタイミングで振い落しに掛けて、下値を再度確認させて4度目の正直で23,000円台の一気突破を狙って来るのではないかと・・・
そのタイミングでイランの地政学リスクが一気に噴き出したり、人民元が2015年夏の様な急落を観せたりしたら、ショック安の下値も、もう少し深くなると思いますが、果して・・・

いずれにせよ、ここは確りと強相場入りとなった事を見極めるまで、護りに重きを置きながら、銘柄を絞り込んで臨む時だと思います。

あの超極秘銘柄第一弾、いよいよ大相場に向け本格的に走り出した様です。
週明けからは一段ギアを上げ加速させながら、8月相場の主役となるべく一気に飛び出して行く事になりそうです。
・・・今ならギリギリ間に合いそうです。
ここからが上げ本番で、ここからが本物の大相場への醍醐味を味わう事が出来るのです。

こんな大チャンス、滅多に巡り逢えませんからね。
だからこそ、この超極秘銘柄一本に絞って勝負してもらっているのです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年07月26日(木)

     待ったなし・・・

                    7月26日(木) 21:00更新

来週開かれる日銀会合での金融政策の変更を期待しているのか、TOPIXと日経平均は全く違った動きを観せています。
これまでのマイナス金利に手が加えられ、金利上昇に言及されれば、ドル安円高が更に加速し、外需中心の日経平均は反動安となり銀行を中心とする内需のTOPIXは銀行復活の芽が出た事で一段と活況となる事でしょう。
そんな展開を織り込んでいるのが、今の日本株とドル円の変動ではないかと・・・

そして、ここに来て人民元とドル円の動きが酷似して来ています。
分単位で観れば、双方ほぼ同じ動きをしているのです。
トランプ大統領はドル安は黙認するでしょうから、ドル安円高は良いのですが、人民元に対してドルが高くなり過ぎると為替操作指定国として名指しで反撃に出て来るでしょうから、その時のショックも頭に入れておかなければならないのです。

また、米国とEUとで通商協議が妥結された事も中国に無言のプレッシャーを与えている様です。
これまでは、米国対中国、米国対EUという戦いの図式でしたが、ここからは中国一国だけをターゲットにして米国が動いて来る事になるのが大きなプレッシャーとなり、今日の上海株の動きに表れているものと観ています。

いずれにせよ、EUとの通商協議が妥結された割には市場の反応は小さいのです。
やはり米国対中国の貿易摩擦、貿易戦争を本命視している様です。
だからこそ、米株は思ったほどの好反応を観せなかったのではないかと・・・

とにかく、未だ市場は好材料より悪材料の方が響き易い状況にあるという事です。
ですから、ここは突発的悪材料出現を頭に入れながら立ち回るべき時だと思います。
特にイラン絡みの地政学リスクが水面下で動き始めている様ですからね。
水星逆行期に突入した今、想定外の事態はあるとしながら、万が一に備える形で臨むべきだと思います。

そんな中、地合悪を糧にして大きく動き出しそうなのが、あの超極秘銘柄第一弾です。
ここに来て準備完了と言わんばかりの動きを観せ、今にも大きく飛び出して行きそうな動きをしています。
背景が背景だけに、材料が材料だけに、手掛ける筋が凄いだけに、ひとたび動き出したら一気の上値追いとなり目の覚める様な急騰劇を観せる事になるでしょう。

今は全体の流れを読んでヘッジを掛けながら、銘柄はこの超極秘銘柄第一弾一本に絞り込んで、この今の難局を逆手に取って利益へと繋げる時なのです。

超極秘銘柄を仕込むには、ギリギリのタイミングです。
待った無しの状態にあると観ています。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年07月25日(水)

     恐怖の連鎖が怖いのです。

                    7月25日(水) 21:30更新

水星逆行期突入・・・
そして今晩、米・EU首脳会談が開かれます。
貿易摩擦緩和に一役買う様な話し合いが成されれば良いのですが・・・

また、ここに来て静かにくすぶっているイラク絡みの地政学リスクも気になるところです。
中国との貿易摩擦問題も大きな課題が残っていますし・・・

これらいずれかが爆発すれば、その恐怖から連鎖的に悪材が出て来て、まさに水星逆行期そのものの恐怖をを味わう事になりそうです。
この恐怖の連鎖が怖いのです、水星逆行期の時には・・・
そんな恐怖に見舞われたら、あの2015年夏の事態の再現が観られる事になるでしょう。

ここに来てのドル円の動向、何か変だと思いませんか・・・
リスクオフの流れを意識した動きに観えてしまうのは、私だけでしょうか??

いずれにせよ、目先強張っているからと言って気を緩めない事です。
ハッキリと強い相場へと変わるまでは、引き気味の態勢で、いつでもパッと引ける形で相場と相対するするしか無いのです。
今は“見の目”で相場を見る時ではなく、“観の眼”で相場を観て、根底に流れるリスクに対し最大限の警戒心をもって臨む時だと思います。

ただ、先立って入手した超極秘銘柄第二弾が、ここに来て急に動意づき始めています。
まだまだ、こんなタイミングでは大材料は出て来ないと思いますが、それを知り得る者達による先廻り買いかも知れませんので、その買い物の入り方、動向を観て、参戦するか否かを決めたいと考えているところです。
明日、今日よりも更に強く動意づくのであれば、見切発射的に参戦してもらう事もありますので、ご入会を検討なさっている方は、早めにご入会頂いて、超極秘銘柄第二弾からの参戦を考えてみてはいかがですか。
まだ先に紹介した超極秘銘柄第一弾も本格的上昇とはなっていませんからね。

この大チャンス、是が非でも掴み取ってもらいたいのです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -