明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年11月27日(火)

     「最悪を覚悟し 最善を夢見る」で・・・

                    11月27日(火) 22:00更新

日経平均は最低限の戻りは達成出来た様です。(基準線、25日線越え)
あとは週足一目雲の上限を越える事が出来れば、米中首脳会談のショックをある程度は吸収出来ると観ています。

それは、NYダウにも言えます。
NYダウが11/19〜11/20に空けた窓を米中首脳会談までに埋め切る事が出来れば、ショック安に耐える事が出来て、何とか10/29の安値を割り込まずに踏み止まれると観ています。
埋め切る事なくショックに見舞われたら、あっさりと10/29安値を割り込み、世界同時株安へと突入する事になりそうです。
そうなった時は、強烈なガラ(暴落)に見舞われることも想定しなければならなくなってしまいます。

今は、そんな最悪の事態を想定して動くべき時なのです。
だからこそ、最悪の事態でも、何とか対応が出来る様な超訳有り銘柄に絞り込んで攻めてもらっているのです。
そして“最善”である株価5倍越えを夢見る形で、あの新シークレット銘柄を攻めてもらっているのです。

今は、「最悪を覚悟し 最善を夢見る」を念頭に置きながら立ち回る時なのです。
“最悪”は米中首脳会談決別による失望から来るガラ(暴落)の事。
“最善”は、今強気で臨んでもらっている新シークレット銘柄に12月某日、ある事を切っ掛けとして一気に上放れて、株価5倍越えに向けて走り出す事。
ちなみに最悪の事態の時は、確りと先物に売りヘッジを掛けて、手持ち玉は大きく減らしてもらう形を取って、ガラに備えてもらいますけどね。
その目安となるのが先物の転換値なのです。
これに則って淡々と立ち回ればいいだけの事です。

とにかく今は覚悟を持って立ち回る時だと考えます。
最悪の事態を想定し、それに対する対処法を確りと頭に入れながら、最善の事を夢見ながら、静かに事を進めるのです。
全ては相場の流れに則って立ち回る事が前提なのです。

・・・ただ、新シークレット銘柄は確りとリズムを刻み始めて来ましたので、ほどなくして12月某日に向けての歩みを早めて来ると思います。
だからこそ、未だ大きくは動いていない今のうちに確りと種玉だけは仕込んでもらいたいのです。
株価5倍越えの超大相場を取る為に必要不可欠な命玉(種玉)を仕込みに行くのです。

裏取りの内容、私の経験からすると、この手の銘柄は、ひとたび動き出したら、アッという間に株価2倍や3倍に育ちますからね。
そうなってからでは、手が出なくなってしまいますから、今のうちに仕込んでもらいたいのです。

株で桁違いの財を築く為に今、胆力をもって仕込みに入るのです。
相場は待ってくれませんからね。
皆さんの都合では動いてくれませんからね。

お急ぎのご入会、ご参戦、お待ちしております。
 

  2018年11月26日(月)

     今仕込まないと絶対に後悔しますよ。

                    11月26日(月) 20:30更新

日経平均もNYダウも、ここからが正念場。
日経平均は、かろうじて最低限の戻りを見せてはいますが、問題はここから。
明日、下げて来る基準線に上値を押え込まれる事なく上抜いて、その勢いで25日線をも上抜いて引けて来ればいいのですが・・・
この程度の戻りで頭を押えられ反落となる様なら、次に弱相場入りした際の下値はかなり深くなりますからね。

そしてNYダウも、かなり微妙なところまで下げて来ています。
このまま直近安値を踏み割って来る様なら年初来安値も視野に入って来ますからね。
特に未だ下げ止まる気配すら観えないアップル株を中心とするGAFAの動向には注目です。
4銘柄共々、下げ相場入りとなっていますので、その行方が気掛りです。
それと米中首脳会談に絡む駆け引きにも注目です。

そんな中、訳有りの個別株達の中から、年末年始相場を強く意識して動意づく銘柄が出始めています。
当俱楽部一推し中の新シークレット銘柄も、目立たぬ様に良いリズムを刻みながら一気のもみ合い放れの好機を探っているかの様です。
おそらく、この動きは12月某日の一気仕掛けを睨んでのものだと思われますので、未だ大きく動いていない今のうちに確りと命玉を手当てして、一気仕掛けに備えてもらいたいところでもあるのです。

この新シークレット銘柄、12月某日を機に相場つきがガラッと一変する事になるでしょう。
そして年を跨いで株価5倍越えの超大相場に向け駆け上がって行くのです。

前のシークレット銘柄は(4592)サンバイオでした。
次のシークレット銘柄は、この新シークレット銘柄です。
これも隠れた大材料がありますので、最低でも株価5倍、流れ次第では株価10倍もと考えているところです・・・サンバイオの様に。

いずれにせよ、もみ合いを一発で大きく上放れる前に仕込んでもらいたいのです。
それを種玉として、飛び出したところで一気に買い増しして、これを回転玉としながら、噴き値売り、突込み買いを繰返して利益を取りながら、超大相場に付いて行くのです。
そして、種玉をタダ券にして持ちながら、超大相場に育つのを静かに見守り、確りと株で財を築くのです。

この手の銘柄なのですよ、株で財を築く事が出来る銘柄は・・・

お急ぎのご入会、お早めのご参戦、お待ちしております。
 

  2018年11月22日(木)

     大攻勢の時近し・・・

                    11月22日(木) 21:30更新

三連休明け月曜日、日経平均が確りと続伸し5日線を上抜いてくれればいいのですが・・・
反対に5日線に頭を押えられ、先物が21,5××円以下で引けて来る様な事になったら、警戒レベルを大きく引き上げなければなりませんからね。
ヒョロ戻しの後の売り叩きで10/26安値を今度こそは試しに行くでしょうから・・・

ここでの戻りは大きければ大きいほど良いのです。
「山高ければ谷浅し」となりますし、「山低ければ谷深し」となるでしょうからね。
三連休明け月曜日の動向に要注目です。

そんな中、強相場入りしそうな日経平均を観て、訳有りの個別材料達の中から息を吹き返す銘柄が出て来ています。
師走相場を睨んでのものだと観ています。
そんな訳有り個別の中から、ひときわ光を放って急動意づいているのが、今一推し中の新シークレット銘柄。
裏取り通りに12月某日を意識した買い物が入り始めた様で、この分だと師走の声が聞かれる頃には更に強さを増す形で、12月某日に向けた助走が加速して行く事になりそうです。

今日の動きが出た以上、一段ギアを引き上げる形で、玉の仕込みを早めてもらいたいところでもあるのです。
全てはもみ合い放れからの青天井一気駆けに向けてのものだと思いますので・・・
そして年を跨いで大きく大きく上値を追って行くのです。
先にシークレット銘柄として紹介した(4592)サンバイオの様に・・・

とにかく、この大チャンス、確りと掴み取ってもらいたいのです。
株価5倍以上を狙える銘柄は珍しいですし、株で大きな財を築く事が出来る銘柄も、そうそう出て来るものではありませんからね。

三連休明けなら、何とかギリ間に合うと思います。
一気に飛び出す前に確りと命玉(種玉)を仕込んでもらいたいのです。

お急ぎのご入会、お急ぎのご参戦、お待ちしております。
 

  2018年11月21日(水)

     12月某日、大きく動き出す事になるでしょう・・・

                    11月21日(水) 20:00更新

「コツン」の音が聞こえた様な・・・
明日、先物が21,○○○円以上で引けて来たら、目先は戻りを試し、反発力を試す流れとなりそうです。
そこでの戻し方、反発力が弱ければ再度売り直される形で、10/26安値割れに警戒しなければならなくなります。
「山高ければ谷浅し」となってくれればいいのですが・・・

そんな日経平均に大きな影響を与えているのが、米株というよりアップル株の動向。
ここに来てアップルだけではなく他のFGAも大きく売られていますからね。
大窓を空け売り込まれたアップル株が、目先反発となれば、日経平均も一旦は戻りを試す事になりそうですが、果して。

そんな中、主力株が動き辛い中、個別材料株は新興系訳有り銘柄を中心に師走相場を意識して動いているものが目立って来ています。

当俱楽部超強気推し中の新シークレット銘柄も、飛び出す準備を淡々と進めており、12月大攻勢を睨んでの動きが続いています。
まもなく、もみ合いを一気に上放れ青天井相場に向け加速して行く事になるでしょう。
そして、年を越して株価二倍、三倍・・・5倍以上と育って行くのです。

今のところ、全く動きらしい動きは観せていませんが、玉の入り方、上値の叩き方を観ても、かなりの資金力をもった相場巧者がコントロールしている様ですので、もみ合い上放れと同時に一気の大攻勢が始まるのは間違いないでしょう。
この他にも、数個の材料と大材料が隠れていますので、節目、節目を抜かせるタイミングで、これら材料を使って来るのではないかと観ているところです。

前のシークレット銘柄は(4592)サンバイオでした。
初めての紹介は去年の5月の事。
紹介時より株価は4倍強になり、その後の調整を経て今また大きく上値を追っています。
今の時点で紹介時から8倍に育った事になります。
そのサンバイオも裏取りにはかなり時間が掛りましたからね。
その裏取りで得た情報が出て、今まさに8倍へと育っているのです。

そして新シークレット銘柄も、今は人知れずパワーを溜め込んでいるところなのです。
このパワーが一気に解き放たれる時、一気にもみ合いを上放れ青天井を駆け上がって行くのです。

仕込むなら今です。
まだ大きくは動いていない今のうちに確りと命玉(種玉)を仕込んで、大攻勢が掛るその時を静かに待つのです。
“その時”は12月某日となりそうですから・・・

お早めのご入会、ご参戦のほどお待ちしております。
 

  2018年11月20日(火)

     お早めのご参戦、お待ちしております。

                     11月20日(火) 20:00更新

米株はアップル株が下げ止まらい限り、嫌〜な相場が続きそうです。
このままダラダラと下げ続ける様なら、ナスダックは目先底割れとなり、大勢の下げ三波入り濃厚になりそうです。
米主要メディアによる大手ハイテク企業へのネガティブ報道が止まるか、内容が変わって来るかに注目しながら、アップル株、ナスダックの動向を見守りたいところです。

日経平均も第一の関門である21,484円ギリギリのところまで下げて来ています。
これを割り込めば、次は20,971円を強く意識しなければなりませんので、その後の動向にも注目です。

とはいえ、会員様には22,250円どころで建てた先物売りヘッジを抱えつつ引き気味で護りながら攻める態勢で臨んで頂いていましたので、この下値不安を気にする事なく、例の裏取り完了の新シークレット銘柄を強気で仕込んでもらっているところです。
こんな波乱の局面でなければ、中々に安い所は拾わせてはくれませんからね。
日々、丹念に少しずつ種玉を仕込みつつ、12月のアッという出来事を楽しみにお待ち頂いているところです。

全体相場もいよいよ最終局面へと突入しそうです。
この三連休を跨いで流れ、地合がガラッと一変する可能性も残っていますし、水星逆行期の本領発揮の可能性も残っています。
ここは静かに「観自在 いつも水の如く」で対応しながら、次なる攻めどころを静かに待ちたいところでもあるのです。

この波乱が落ち着き、反転上昇の気配が漂い始めれば、個別材料株は一斉に師走相場に向けて態勢を整えに来る事でしょう。
そして、その中から、来年一番の輝きを放つ一番出世株が出て来るのです。
その一番出世株と成り得る可能性が高いのが今静かに仕込んでもらっている新シークレット銘柄なのです。

前のシークレット銘柄だった(4592)サンバイオも大きく相場を出し、一服して再び青天井を駆け上がっていますが、この新シークレット銘柄も、サンバイオ以上のポテンシャルを秘めていますので、サンバイオ以上の成果を期待している凄〜い銘柄でもあるのです。

この波乱を利用し、静かに少しずつ買い下りながら種玉を仕込みつつ、超大相場へ旅立つその日を静かに待つのです。
今が絶好の仕込み場、命玉の買い込みどころなのです。

皆が手が出ない今だからこそ、あえて胆力をもって買いの手を振るのです・・・桁違いの財を確りと掴み取る為に。
この大チャンス、絶対にモノにして下さいね。

お早めのご入会ご参戦、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -