明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年03月29日(木)

     “生き馬の眼を抜く”と言われる株の世界を長年生き抜いて来た真の実力をお観せしますよ・・・

                    3月29日(木) 22:00更新

未だ日経平均は最低条件である200日線超えすら超える事が出来ていません。
このまま、最低条件すら達成する事なく弱相場入りとなる様なら、これまた想像を絶する波乱に見舞われてしまいそうですからね。
明日なら先物が20,×××円以下で引けて来たら弱相場入りした事になります。

そんな中、外人さん達は11週連続で売り越しとなっています。
先週(3/18〜3/24)などは過去最高の売り越し額となっていますからね。
ほぼ例年通りと言えば例年通りですが、今年は、米株の変動を観ても、これまでとは少し状況が違っていると思います。
新たな産業の種である自動運転に絡んだ悪材料が噴出していますし、アマゾンに対してのトランプ大統領の圧力も相当なものですからね。
状況によっては、NYダウが大天井を打ったと断言出来るギリギリの水準まで下げさせて来る可能性が高そうですからね。
それをやってから、新たな上昇相場を造りに来るのではないかと・・・

日経平均でいうと、目先底値を踏み割れば、次は19,300円台が下値ポイントとなり、次の重要変化日を境にそれを観に行く流れが生じるやも知れませんからね。
そして本格的に崩れ相場になる水準は17,700円台という事に・・・

そんな微妙な状況にあるのです。
だからこそ、強弱の転換値を先に知る事が重要になって来るのです。
転換値を先に知り、そして訳有りの高ポテンシャル銘柄を狙い撃ちながら、如何様にも立ち回り利益が出せる態勢で臨むのです。
生き残る為に・・・、そして勝ち残る為に・・・。

まずは、ナスダックの下げ渋り下げ止まりを観て、そして日経平均の200日線超えからの一目基準線を超えて2〜3日確りと上回って引けて来るか否かを観て本格攻めに転ずるか否かを決めるのです。
そうです、ここは石橋を叩いて叩いて割れる寸前まで叩いて確りと確認してから強気に転ずる時なのです。
だからこそ、万が一の事が起きたとしても耐える事が出来るそんな桁違いのポテンシャルを秘めた“異次元銘柄”を中心に攻めてもらっているのです。

まずは生き残る為の術、次に勝ち残る為の術をもって相対するのです。

これこそが、“生き馬の眼を抜く”と言われる相場の世界を生き抜いて来た正真正銘の匠の技なのです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年03月28日(水)

     最悪を覚悟しながら最善の事を夢見て立ち回る時・・・それが今なのです。

                    3月28日(水) 22:00更新

・・・ナスダック、大幅反落。
しかも重要変化日だった昨晩に反落となり、嫌〜な陰線ツツミ足に。(前々から警戒していた事が現実に)
これに足を引っ張られたNYダウもSP500も反落。
形が一段と悪くなっています。

日経平均も昨日までの勢いを削がれ安値もみ合いに。
このまま200日線にトライする事なく弱さが出る様なら、一気に警戒レベルをMAXまで引き上げなければなりません。
とはいえ、今の日経平均は自力ではどうする事も出来ませんので、米株頼みのところがありますので、次第に悪くなりつつある米株の動向に掛っていると思います。

ちなみに、明日、先物が20,△△△円以下で引けて来る様なら、直近安値20,347円割れからの20,000円台割れ、そして下値ポイントである19,300円台を見に行く事になりそうです。
まずは今晩の米株(特にナスダック)がどこまでの強さを観せて反発出来るかに注目です。
米株が続落となり、直近安値割れを強く意識せざるを得ない状況まで下げて来る様なら、日経先物も間違いなく20,△△△円以下で引けて来るでしょうからね。

そんな状況です。
会員様には、弱相場入りの目処となる先物転換値をお教えし、その際の立ち回り方も合せてコメントし、波乱に対しての準備を整えてもらっているところです。
よしんば、このまま強さが一段と増して力強く戻りを試す事になる様なら、あの“異次元銘柄”を中心に攻め込む様にしてありますけどね。

今はまさに「最悪を覚悟し 最善を夢見る」時だと思います。
先物の転換値と“異次元銘柄”さえ分っていれば、どちらに転ぼうとも、大笑い出来ますからね。

今こそが、当俱楽部の真の実力と絶対的力を見せつける時・・・
絶対の自信アリです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年03月27日(火)

     今晩の米株の変動で新たな流れがハッキリする・・・

                    3月27日(火) 22:00更新

米株は米中貿易戦争を回避する為の交渉が行われ、更には中国が米製半導体の購入拡大を検討するとの事で、想定通りの大幅反発となっています。
あとは、この強さが今晩も継続し、NYダウが二番底を決定づける様な強さを観せてくれれば文句無しです。
また、ナスダックも反落する事なく力強く続伸してくれれば、早いうちの史上最高値更新の可能性も高くなって来ます。
今晩の米株の動向、重要になって来ますからね。
それと今晩のドル円の変動も・・・

そんな中、自力で相場を作る事が出来ない日経平均は米株頼み、ドル高頼みの相場に・・・
ここから一気に本格上昇相場入りは考えにくく、もう少し日柄調整、もみ合いを経ての事だと観ています。
今日だけに限っていえば主力株の変動を観たら一見強くは観えていますが、これも配当権利取りの流れであって、明日からはまた違った流れが生じると思います。
全体がもみ合い日柄調整へと入るのであれば、主流は新興系の個別物色へと向って行くでしょうからね。

そんな事で、例の“異次元銘柄”も一服状態となっています。(例の既報新興系2銘柄も同様の動きに)
これはこれでいいのです。
こうでなくてはダメなのです。
主力株が活発な時に合せて元気良く上値を追っている様では、せっかくの桁違いのポテンシャルが宝の持ち腐れになってしまいますからね。
日経平均が強〜い時はお休み気味の動きでやり過し、弱含む時に大きく存在感を全面に出し動く事で、一段と輝きを増しますからね。

明日から(4月受渡し)、そして実質4月相場入りとなる週明けからの大活況に大いに期待したいところです。
間違いなく異彩を放ちながら次元の違った相場へと突入して行くでしょうからね。

“異次元銘柄”、一休みしている今のうちに確りと、そしてタップリと命玉(種玉)を仕込んでおいてもらいたいものです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年03月26日(月)

     明日、先物が20,△△△円以上で引けて来れば・・・

                    3月26日(月) 22:00更新

日経平均の今日の反発が単なるアヤ戻しなのか、底打ち反転上昇の可能性を秘めた戻しなのか・・・
これがハッキリするには明日の先物が20,△△△円以上で引けて来る必要があります。
20,×××円以下で引けて来る様なら、未だ底打ち反転したとは言えず、更なる一段安の可能性も大きく残りますからね。

そうして、次なる重要変化日である4/3までに下落が続き19,300円どころまで下げて来る事になれば、相場の本格的崩れに向って下落相場が本格化して行きそうです。
そして17,700円台まで下げて来れば、本格的に相場が崩れた事に・・・
明日以降の戻し方、戻りの強さに要注目です。

そして米株ではナスダックの動向に注目です。
今晩下げ渋り反発したとしても、明晩から下落して行く様なら下値指向が強まり、本格下落相場へと突入して行く事になりますからね。
ナスダックの変動にも注目です。

そんな中、会員様には21,600円どころで建ててもらった先物の売り建てをヘッジとしつつ、銘柄を絞り込んで“異次元銘柄”を中心に強気で攻め入ってもらっているところです。
全体が底打ち反転の動きが出た時(先物が20,△△△円以上で引けた時)、まずは全体的にリバウンドの動きが出るでしょうが、その後は、この手のドデカイ背景と材料、そして桁違いのポテンシャルを秘めて強張っていた銘柄達がまずは大きく上値を追って相場の牽引役を務めるのです。
それから順に、二番手、三番手と訳有り銘柄達が後追いして来るのです。
それで小調整を挟んでから、再び高みを目指して大きく動いて行くのです。
だからこそ、この“異次元銘柄”を狙い撃ちしてもらっているのです。

今回の波乱で被った損分を一気に取り戻す事が出来るのは、この“異次元銘柄”なのです。
だからこそ、今の様な波乱含みの時でなければ安い所を仕込む事が出来ないのです。

今が絶妙で絶好の仕込み場なのです。
お急ぎご入会頂いて、損を取り戻す為に確りと仕込んで頂きたいと願うばかりです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年03月23日(金)

     ほぼほぼ想定通りの展開に・・・

                    3月23日(金) 22:00更新

トランプ大統領、中国からの輸入品に約500億ドルの関税を掛ける案に署名。
更には中国企業に対し新たなる投資規制案作成をムニューシン財務長官に指示。
これを受け米株は米中貿易戦争への懸念が高まり大幅反落となり、三角保ち合いを大きく下放れる形に。

この流れを受け日経平均も大窓を空け200日線を割り込んで寄り付いた後も下げ幅を広げる展開に。
そしてドル円も105円を割り込み下値探りの展開へ・・・

よかったです。会員様には先物の21,600円どころでヘッジの為の先物売り建てを建ててもらってて・・・
また今回も、このヘッジ掛けが効力を最大限に発揮してくれそうです。

今、会員様にはヘッジを掛けたまま、例の“異次元銘柄”を中心に攻めてもらっているところです。
そうです、こんな地合だからこそ、水星逆行期に入ったからこそ、確りとヘッジを掛けて銘柄を絞り込んで、護りながら攻める態勢を取ってもらっているのです。
水星逆行期(3/22〜4/15)には時折、人智を遥かに超えた動きを観せ、大きく荒れてしまう事がありますので、それを確りと警戒したのです。

その“異次元銘柄”は、今日の様に全体が波乱含みの展開となったとしても、影響は限定的で、総じて確りした印象をもたせてくれています。
それは、桁違いの背景とドデカイ材料と想像を絶するポテンシャルを秘めているからなのです。
だからこそ、こんな地合でも大量の売り物が出る事もなく確りとした値動きを保っているのです。

この動きを観ても、かなりの玉がどこかに吸い上げられてしまっている事がお分り頂けると思います。
だからこそ大きく崩れる事もなく、淡々と日柄を消化しているのです。
全体が落ち着きを始める頃には、この“異次元銘柄”が先陣を切って大きく飛び出して行く事になるでしょう。
この波乱で無理なく振い落しが出来て上値がかなり軽くなったでしょうからね。
あとは、攻め込むタイミング、大材料が出るタイミングを待つだけの様です。

全体の状況によっては、「焼け野原の一本杉」となり、存在感を全面に打ち出して超大相場に向け華々しく旅立って行くのです。

こんな波乱の展開だからこそ、背景を知らない者達が売り物を出し狼狽売りしてくれるからこそ命玉(種玉)を安く仕込む事が出来るのです。
こんな地合でも、売り玉は確りと吸収されていましたからね。
誰の手によるものかはハッキリと申し上げる事は出来ませんけど・・・

とにかく、この“異次元銘柄”なら、皆様が今抱えている矛盾を一発で解決してくれるはずです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -