明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年09月21日(金)

     悪材料らしき悪材料が見当たらない事が悪材料ではないかと・・・

                    9月21日(金) 20:00更新

日経平均、強さを観せて24,000円をうかがう強い動き。

ただ、この強さ、今年1月初めの強さの時と同じ感覚を抱いていますので、状況の激変には十分に警戒したいところです。
“天井三日”とも言いますし、「良事 魔多し」という言葉もある事ですし・・・
いずれにせよ、悪材料らしい悪材料が見当たらない今ですので、その事自体が悪材料という事になりそうですから・・・

そんな中、当俱楽部の紹介銘柄達はいずれも、今にも飛び出せる態勢が整っている様です。
特に、ファンド系大材料銘柄と桁違いの大材料銘柄に期待が集まるところです。
全体が目先調整入りとなる様な事になれば、満を持しての一気の仕掛けが始まるからです。
連休明け早々の急騰も視野に立ち回りたいところです。

年内に株で財を築くなら、この2銘柄を狙うのが一番かと・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月20日(木)

    変化の時が近づきつつあります。

                    9月20日(木) 22:00更新


自民党総裁選、想定以上の健闘を見せた石破氏。
そして直前に石破氏支持を出した小泉進次郎氏。
これを受け、日経平均も一時的に急落する局面がありましたが、ほぼほぼ想定通り安倍さんの三選決着となり、日経平均はかろうじてプラス引けに。
あとは明日以降、この強さが続くのかに注目したいところです。

今日までの強さが自民党総裁選を意識しての吊り上げだったとしたら、明日にはメッキもはがれ反落となり目先調整入りとなりそうですからね。
その目安となるのが、明日の先物の引け方。
明日、先物が23,×××円以下で引けて来る様なら、目先調整入り濃厚となります。
そんな変化を見越してか、主力株の多くが引けに掛けて値を消していました。
これを観ても、目先調整の時が近づきつつある事を現わしていると思います。

そして全体が押し浅の調整入りとなるのなら、物色の主流は、自ずと中・小型の材料株へと向う事になります。
それを読んで、先に紹介してある桁違いの大材料銘柄であるあの銘柄や、ファンド系大材料銘柄のあの銘柄も、いつでも飛び出せる態勢を取っていましたからね。
目先潮目が変わったとなれば、一気の攻勢が始まるのです。

この両銘柄、双方共に発射準備が整い、いつでも飛び出せる態勢は出来ていますからね。
・・・乗り遅れないで下さいね。
後になって、この2銘柄の名を知った時、絶対に絶対に後悔してしまうでしょうから・・・

まもなく一気呵成の大攻勢が始まります。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月19日(水)

     一番出遅れていた中国株が買われ始めた・・・

                    9月19日(水) 21:30更新

「一番出遅れている株が買われ始めたら、目先天井は近い」という格言があります。

世界を1つの株式市場と見て、各国の株式市場を個々の銘柄と見立てるならば、今は二番目に出遅れていた日本株が大きく買い上げられる中、一番出遅れていた中国株が買われ始めた状況になります。
まさに、一番出遅れた株が買われ始めた状況です。
この格言からすると、まもなく目先天井を打つ動きが出る事になります。
明日、先物が23,×××円以下で引けて来る様なら、目先天井打ちの可能性がグググッと高くなりますけどね。

そんな全体の目先天井打ちのタイミングを待っているのが、当俱楽部強気推しのファンド系大材料銘柄のあの銘柄と、桁違いの大材料銘柄であるあの銘柄。
その時を静かに待つが如く、目立たぬ様に発射の準備を進めています。
・・・全体調整入りのその時こそが好機。
その気を狙って一気呵成の大攻勢が始まり、年内超大相場にに向け華々しく飛び出して行くのです。

大材料が出るのが先か、全体調整入りが先かは分りませんが、とにかく年末に向け目の覚める様な爆騰劇が観られる、そんな2銘柄なのです。

大きく動き出す前に、一気に飛び出す前に確りと命玉を仕込んで、その時を待つのです。
ここに来て、筋の用と思われる玉が矢継ぎ早に入り始めましたからね。

お急ぎ下さい。大きく動き出す前に・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月18日(火)

     “いい感じ”、ですが・・・

                    9月18日(火) 21:00更新

日経平均、悪材料が響き難い良い流れになって来ました。
私の想定を見事に裏切り、一気に23,000円台を駆け上がっています。
やはり先人の教え通りの展開となった様です。
(「三つの山を4回目に越えた場合は大相場が出易い」、「三尊天井破りは大相場の兆し」)

とはいえ、この強い上昇の背景に色々な説が流れ始めています。
@持たざるリスクを持つ者たちが慌てて買いに入った。
A20日の自民党総裁選に向け意識的に放り上げた。
Bグローバルファンドが日本株の持ち高を高める方向へ
 と転換した。
Cこの4年間の9月〜12月の上昇を利用してヘッジFが動
 き始めた。
と、いう様々な説が流れています。
どれがそうだと言い切る事が出来ませんが、20日以降の動き、週内の動きを観ればある程度、先が読めて来ると観ているところです。

そんな中、満を持して裏取りが終ったファンド系大材料銘柄を紹介しておきました。
いい感じです。年末に向けていい感じで動き始めた様です。
また、先に紹介した桁違いの大材料銘柄もここに来て本格上昇となりそうですし、(6292)カワタも(3857)ラックも・・・

とにかく、「株は弱くなるまで強い」と言いますので、今の強相場にトコトン付いて行きたいところです。
手を変え、品を変えながら、トコトン付いて行くのです。
まだ他にも新銘柄の情報が入っていますから地合、動きを観ながら、適時攻め入ってもらおうと考えているところです。

・・・桁違いの大材料銘柄もデカイですが、今日紹介したファンド系大材料銘柄もデカイです。
まだスタートしたばかりですよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月14日(金)

     連休明け早々には・・・

                    9月14日(金) 22:00更新

日経平均、23,000円台乗せ。
自民党総裁選を意識しての事か・・・
それとも、メジャーSQ通過を機に買い方が一斉に仕掛けて来たのか・・・
いずれにせよ、連休明けの動向を観れば次の展開が観えて来ると思います。

・・・私は、節抜け後の一服となり、目先は調整が入るのではないかと観ています。
ここまで上げて来た後の調整ですので、押し浅ではないかと・・・

そうなると、主力に代って個別株の出番が来るはずです。
ここに来て一服していた訳有り銘柄達が一斉に息を吹き返し大きく上値を追って来るのではないでしょうか。
そして、裏取り中のファンド系大材料銘柄も、まもなく重要部分の裏が取れそうですので、連休明け早々には一気に攻め入って頂く事が出来そうです。

先に紹介した銘柄達も順調に上値を追って来そうですし、ここに来て新たに年内株価倍を狙えるファンド系大材料銘柄も紹介出来ますから、増々楽しみなところです。

この新銘柄、是非とも参戦して頂きたい凄銘柄です。
調べれば調べるほど、そのポテンシャルの高さや、背景、材料、手、どれを取っても桁違いのものを持っていますからね。
だからこそ、このファンド系大材料銘柄で財を築いてもらいたいのです。

このチャンス、絶対に掴み取って下さいね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -