明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2020年09月25日(金)

     バブル相場のツケを払う前に・・・

                    9月25日(金) 19:50更新


11月の大統領選挙に向け、米株反転上昇の起爆剤とすべく追加財政策の決着に向けた動きが加速しそうです。
これが決着し、更にファイザー製のワクチンに好結果が出れば、NYダウの史上最高値更新も有得る話ですからね。
この2つの起爆剤の1つが動き始めたという事は、11月大統領選に向け、トランプ陣営がいよいよ本気バージョンになって来たと観る事が出来ます。

そんな米株を横目にして、日経平均は上げにくいが、下げやすい状態にはなっていない状況が続いています。
これこそが、個別株乱舞への追い風となり、10月半ばの個別株大乱舞に向けて加速して行く事になるのです。
昨日売られた訳有り個別達も総じて値を戻して、10月半ばに向け確りと、そして静かに準備を進めているのです。

一昨日に新規紹介した○○○は、先陣を切って大きく値を飛ばし始めていますし、他の有力銘柄達も、10月大攻勢に向け今にも飛び出しそうな動きを観せています。
当倶楽部の主戦銘柄である“有力ファンド超訳有り銘柄”を筆頭に、一昨日新たに紹介したもう1つの短期値幅取り狙いの銘柄も、青天井一気駆けの大攻勢を待つあの銘柄も、いつでも飛び出せる態勢に入っていますので、来週からの目の覚める様な大攻勢に期待しているところです。

ここからは約3週間の間に如何に大きな利益を取るかが重要になって来ますので、ここは躊躇する事なく、短期で大きな値幅が取れる当倶楽部の訳有り銘柄達に参戦して頂きたいのです。

なぜならば、11月大統領選が終れば、トランプ氏が再選されようが、バイデン新大統領が誕生しようが、これまでのバブル相場のツケを返さなければならなくなりますからね。
だからこそ、このラストチャンス的個別株大乱舞で大きな利益を掴み取っておくのです。

その後は、機をうかがいながら、先物売り建てのタイミングを計り、確りとバブル崩壊に備えるのです。
米大統領選挙前にバブル崩壊の兆候が出るのか、選挙後に出るのかは状況と先物転換値を観て判断し立ち回りたいところですけどね。

また、このコロナ禍に隠れていた経済崩壊が現実味を帯びて来て相場に反映される事になりそうですからね。
不景気の株高が終る時、バブル相場の崩壊が始まるのです。

・・・そんな読みです。
だからこそ、取れるうちに目一杯取ってバブル崩壊に備えつつ、“売り”で財を築きに行くのです。
あのJ.F.Kのお父さんの様に・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。



←にある“無料本音メルマガ”への登録、強くお勧めします。
本文では中々書く事が出来ない本音をポロッと書いてしまう事もありますし、超極秘ネタのヒントも意識して書く事もありますからね・・・

立ち会い日の夜、1日1通だけ“無料本音メルマガ”を配信しております。
同業他社の様に、1日数通〜数十通の勧誘メールの配信等は全く行っていませんので安心してご登録下さい。
仮にあったとしても月一程度、特選情報を入手した時にお知らせする程度です。
 

  2020年09月24日(木)

     迷う事なく訳有り個別株の強気攻めで・・・

                    9月24日(木) 19:40更新

米株は大統領選挙前のこの時期特有の展開であり、上がり過ぎから来る反動安であり、小勢波動におけるガス抜きの動きだと観ています。

そして日経平均は、10月中旬の個別株大乱舞に向けてのもみ合い中で、本流は個別物色の流れが脈々と流れていると観ています。
今日の個別株の過剰な反応は、ここから大きく育つ中での懐疑の中で育っている、そんな反応だと観ているところです。

そんなマチマチの動きを観せる個別の中でも、特に目を引いているのが、昨晩紹介したばかりの○○○。
仕上げの最終段階に入っているだけに、一気の放り上げに出た様です。
この他にも、十分にパワーを溜め込み、いよいよ大攻勢が始まった○○○○○○や、今日のところはスピード調整的な動きが出た“有力ファンド超訳有り銘柄”など、10月半ばの個別株大乱舞に向けそれぞれに着々と事が運ばれているかの様です。

いずれの銘柄も、あと3週間の間に目の覚める様な怒涛の爆騰劇が観られる事になるでしょうから乗り遅れる事なく、確りと参戦して頂けたらと思います。

一気の大回転、ききますよ。

お急ぎのご入会、訳有り銘柄へのご参戦お待ちしております。
 

  2020年09月23日(水)

     今は迷う事なく強気で攻め入る時なのです。

                    9月23日(水) 19:00更新

連休中の欧米株の波乱を横目に、確り横這い相場が続く日経平均。
そして、物色の流れは想定通りに、10月半ばの個別株大乱舞へと向けて流れを早めています。

当倶楽部のメイン銘柄である“有力ファンド超訳有り銘柄”は本格攻勢が始まり一気の上値追いが始まりました。
また、この他の紹介銘柄達も10月半ばに向けて急動意づいており、まさに入れ喰い状態となりつつある様です。

そんな中、10月半ばの個別株大乱舞に向けて、訳有り個別銘柄を2銘柄新たに紹介しておきました。
2銘柄とも、満を持しての紹介ですので、個別株大乱舞に向けて大きくそして短期間で値を飛ばして来る事になりそうです。

ここからは、10月半ばに向け、訳有り個別銘柄で如何に効率良く利益を取るのかが重要になって来ます。
一番効率良い戦略としては、“有力ファンド超訳有り銘柄”を中心に攻めながら、他は“強さ”だけに注目する形で短期で資金を回転しながら相場に付いて行き利益を積み上げるのです。

さー、10月半ばに向け個別物色の流れが本格化しましたよ。
あとは如何に効率的に利益を積み上げるかだけです。
・・・メイン銘柄である“有力ファンド超訳有り銘柄”も面白いですが、今晩新たに紹介した2銘柄も面白いと思いますよ。
一気に値幅が取れそうです。

今が強気攻めのその時です。

お急ぎのご入会、訳有り銘柄へのご参戦お待ちしております。
 

  2020年09月18日(金)

     10月半ばの個別株大乱舞に向けて・・・

                    9月18日(金) 18:20更新

日経平均、4連休控えで方向感なく小確りの動きに。
ただ、マザーズ、ジャスダック指数が戻り高値を更新して来たのを観る限り、連休明け早々からの新興系の訳有り個別物色に拍車が掛かりそうです。
想定通りに10月半ばの個別株大乱舞に向け加速して行く事になりそうです。

そんな中、当倶楽部激推し中の“有力ファンド超訳有り銘柄”は、4連休明け早々の大攻勢に向け、いつでも飛び出せる態勢のまま連休を迎えています。
10月半ばの個別株大乱舞の流れの中心銘柄を務めるべく、一気飛び出しの好機をうかがっているかの様です。

この状況からして、飛び出してからでは手が出せなくなってしまうでしょう。
だからこそ、静かなうちに命玉を手当てしてその時を静かに待ってもらいたいのです。

4連休明け早々、怒涛の大攻勢が始まりそうです。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年09月17日(木)

     「国策に売り無し」・・・

                    9月17日(木) 18:30更新

米株の戻りの鈍さを警戒しながら、ここからは想定通りの訳有り個別物色の流れに付いて行きたいところです。
10月半ばの個別株大乱舞に向け訳有り個別への物色の流れが加速しつつあります。

そんな中、9月の激推し銘柄である“有力ファンド超訳有り銘柄”は、想定通りに発射準備完了となり、今にも飛び出しそうな、そんな動きを観せています。
菅政権に交代した事で、にわかに国策絡みの好材料が浮上して来ましたので、これを追い風にして一気の大攻勢が始まりそうですので、急ぎ参戦して頂きたいところでもあるのです。

あと約1ヶ月の間に如何に効率良く値幅を取って利益を掴み取るのかが重要ですので、この“有力ファンド超訳有り銘柄”はうってつけの短期値幅取り銘柄になるという事です。

「国策に売り無し」です。
だからこそ、国策を追い風にして有力ファンドによる一気の大攻勢が始まるのです。

発射準備完了です。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -