明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2017年04月25日(火)

     攻め込みます。

                     4月25日(火) 22:00更新

北朝鮮のデッドライン超えは、とりあえず回避されました。(核実験ではなく大規模火力訓練に)
これを受け、リスク回避の巻き戻しが加速し、円安ドル高が進行。
連れて日経平均も19,000円台を回復し、ポイントである19,130円をうかがう水準まで戻して来ています。

そんな流れを観て、一抹の不安は残るものの(北朝鮮の暴発)、満を持して新銘柄を紹介しておきました。
未だ大きくは動いてはいませんが、これが持つ高ポテンシャルからして、ほどなくして新値追いへと一気に突入するものと考えています。
そこから一段も二段も三段も上げて大相場へと育って行くのです。

そして、これとは別に用意しておいた短期爆騰株3銘柄も、地合と流れ、個々の値動きを見て順次紹介して行こうかと考えています。
こちらは短期値幅取り狙いの銘柄達です。
タイミング良く、より効率的に攻めて頂こうと思います。

いずれにせよ、世界的な大きな潮流は、ここからは強さを試し、上値を試す番です。
まずは、26日の米国大型減税案の内容と、それに対する市場の反応を観てみたいですし、日・ロ首脳会談も気になります。
プーチン大統領が北朝鮮に対し、如何なる発言をするのかに注目したいです。
その内容次第では、北は孤立し、八方塞がりとなり、交渉のテーブルに着くしかありませんからね。
そうなると、東アジア危機が解消し、一段の強さが観られそうです。
・・・仏もEU離脱懸念が遠ざかりそうですからね。
その後のFRBの出方次第では、一気の新高値追いも観られそうです。

いずれにせよ、ここは買いの手を振ってみるべきところです。
幾らでも取れる銘柄、大きく育つ銘柄は残っていますからね。
ここからの出遅れは、チョット頂けませんよ。

お早めのご入会、お待ちしております。

・・・本日新紹介の新凄銘柄、一気の新高値追いが観られそうです。お早めに。



←にある“無料本音メルマガ”への登録、強くお勧めします。
本文では中々書く事が出来ない本音をポロッと書いてしまう事もありますし、超極秘ネタのヒントも意識して書く事もありますからね・・・
 

  2017年04月24日(月)

     なぜ26日に米税制改革案を発表するのか?

                     4月24日(月) 21:50更新

26日(新月)に大きな流れを変えたいのか・・・
それとも、事に及ぶにあたり、ショック安を和らげる為に先手を打ったのか・・・
トランプ大統領による税制改革案が26日に出される様です。

NYダウの形も下向きになっており、これを一発解消し上向きに戻す為のものか・・・
それとも、朝鮮半島の有事を26日に定め、ショック安を防ぐための策なのか・・・
まさか、ハネムーン期間最後の花火を打ち上げに??
いずれにせよ、26日(新月)に合せて来た点が気になります。

明日、25日は北朝鮮人民軍創設85周年に当ります。
その重要イベントでのセレモニー的核実験が断行されれば、米も中国もこぞって北を叩き潰しに出るでしょうからね。
そんな軍事行動に出る事は無いとして、トランプ大統領が26日に税制改革案を発表したのか?
いずれにせよ、何らかの意図がある様です。

今週に入って、ハッキリと変わった事があります。
先週までは、市場は好材料より悪材料により敏感に反応していましたが、仏大統領選を経て週が変わってからは、好材料の方がより市場に反応する様になって来た様に思えます。
これも潮目の変化の兆候と取れますので、その点も頭に入れつつ、まだまだ慎重に物事を見極めて行く必要があると観ています。

金正恩氏は、どんな行動に出るのか、全く読めませんからね。
中国の圧力に対し、暴発する事だって十分に考えられますから・・・米空母打撃軍も静かに朝鮮半島に向っている様ですし。

まずは明日の続伸を確認し、北の核実験の有無を確認し、ドル円110円台推移を確認し、更に慎重を期するなら、日経平均の更なる続伸を確認し、19,130円抜けを確認したところで打って出る・・・そんな手もありますけどね。

ちなみに、次に攻め込むべく用意してある新4銘柄(新凄銘柄、短期爆騰株3銘柄)は幸いな事に、大きく値を上げる事なく、今か今かと飛び出るタイミングをうかがっているかの様です。
よって、全ての状況を観ながら、最後は私の感覚で「イケル」と判断した際に、新銘柄を公開し、一気呵成に攻め入ってもらおうと思います。

いいんです、少し出遅れたとしても、個別銘柄は次々と新爆騰株が出て来ますから・・・
それを丹念に狙い、確りと利益を積み上げつつ、本命の超大相場型銘柄に資金を集中させていけばいいだけの事です。
そんな戦略を取りながら、会員様には幾度も“財”を築いてもらいましたからね。

近々、新4銘柄を紹介出来そうです。
早ければ明日からでも・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年04月21日(金)

     米軍の情報の出方、出し方が少し変です。裏で何かが進んでいるのでは?
                     4月21日(金) 22:00更新

コロコロと変わる米軍関係の情報。
特に軍事戦略面での空母絡みの情報が意識的に変えられている様に思います。
これは情報ブラックアウトの1つなのか・・
「敵を欺くには、まず味方から」という事で、この情報の流し方の水面下で、韓国国外退去が淡々と進められていたりして・・・

そして、ここに来て、日本政府が各自治体に対し、北朝鮮ミサイルに対しての対処、対応を強く働き掛けています。
これも兆候の1つかも知れません。
これら1つ1つを冷静に考え、それをつなぎ合わせる事で、真実が少しずつ観えて来るのです。

あえてデマ情報を発表してみたり、真偽が分らない様に情報を流してみたり、アレコレと策を労し始めた点を観ると、Xデーの可能性は、かなり上って来たと観るべきではないかと。
情報を撹乱しながら水面下で事を進め、そして機を突いて一気に作戦を実行するのです。
あのイラク戦争の時も確か突然始まったと思います。
その前は静かに時が流れていましたし・・・

いずれにせよ、来週は要注目の1週間になりそうです。
核実験の可能性が高いのが25日。
それに対する報復作戦が27日から始まるのではないかと。
26日に向け第一空母打撃軍は動いている様ですし、WC135も核実験の兆候を捉える為に飛び回っている様ですからね。
緊迫した一週間となりそうです。

そして、日曜日の仏大統領選挙も気になります。
この洗礼を最初に受けるのが東京市場ですからね。
EU離脱派同士の決選投票となれば、大波乱必至ですからね。

そんなデカイリスクを2つも抱えている以上、ここは生き延びる為、生き残る為に全力を尽し、全てが見通せてから、打って出るしか無いのです。
多少遅れたとしても、儲ける事が出来る銘柄は、幾らでも出て来ますからね。
今は、あえて火中の栗を拾いに行く時ではないという事です。

当倶楽部でも、次に攻め込むべき新銘柄を4銘柄ほど用意して、その時を待って頂いています。
今は、護りに徹しながら、その時を淡々と待つ時なのです。
これこそが「休みはただの休みと思うなよ、次の仕掛けのもととなるなり」という事ではないかと・・・

攻めの好機を見定めたら、一気呵成に攻め込みます。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年04月20日(木)

     嵐の前の静けさか・・・

                     4月20日(木) 20:30更新

一見平穏に、そして淡々と時間が流れている様に観えてはいますが、着々とXデーに向けた準備が進められている様です。
カール・ビンソンを中心にする空母打撃軍は朝鮮半島へと舵を切りましたし、ここに来て北の核実験を警戒して特殊観測機WC135が再び韓国上空を飛び始めましたよ。

今は、「嵐の前の静けさ」の様に思えます。
何か突発的な有事があれば、多くの者は狼狽し売り急ぎ、予想だにしない下値を観に行く事となるでしょう。
そして、万が一にでも北のミサイルが日本国領土へと着弾すれば、株も為替も超パニックを起こし、株は爆下げ、ドル円は円高から一転して円の急落なんて事にも・・・

そんな状況でも冷静さを保ち、的確に対処対応する事が出来ますか?
出来ないのであれば、早めに手持ちを大きく減らし枠を大きく空けて状況を見守った方が良いのではないでしょうか。
今回の万が一は、これまでの予測不可能の万が一とは格が違うと考えるからです。
1つボタンのけ違いがあれば、米国、北朝鮮だけでなく周辺の中国、ロシアをも巻き込む事態へと発展する事だってありますからね。

だからこそ、当倶楽部の会員様には前々から、「最悪を覚悟し 最善を夢見る」態勢で臨んでもらっているのです。
“最悪”は朝鮮半島有事の広がり、“最善”は中国の強い圧力で北が交渉のテーブルに着き話し合いを行う事。
その為に、確りと護りを固めながら、静かに次なる攻め時を狙っているのです。
新しく凄銘柄と短期爆騰株3銘柄を用意し攻め時を待って頂いているのです。

この先、先物が18,○○○円以下で引けて来る様な状況になったら、そこで再度先物にヘッジの為の売り建てを建ててもらって激震に備えてもらう様にもしてあります。
この更なる保険があれば、またまた「災い転じて福となす」を実践する事が出来ますからね。

とにかく今は、「観自在 いつも水の如く」立ち回れる態勢を取りながら、静かに成り行きを見守る時なのです。
朝鮮半島ばかりではなく、欧州からも嫌〜な空気が漂い始めていますからね。

ご入会頂いて、一緒に闘いませんか?
必ずや超勝ち組へと導いてご覧に入れますから・・・必ず。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年04月19日(水)

     急転直下の事態変化がありそうな感も・・・

                     4月19日(水) 21:10更新

朝鮮半島リスク、仏大統領選リスクの次は英国の前倒しとなった総選挙のリスクも出て来ました。

そんな状況の中、ゴールドマン・サックスの決算が予想以下だった事で大きく売られた点も気になります。
バブル崩壊前には、まずは大手金融株が大きく売られてから、少し時間を置いて他も大きく崩れ始めますからね。
今後の米大手金融関係の決算及び、それに対する売られ方、反応を重視したいところです。

朝鮮半島情勢はというと、米空母カール・ビンソンが朝鮮半島に向け本格的に舵を切った様ですし、ニミッツも向っていますし、あとは横須賀のロナルド・レーガンが朝鮮半島に進路を取れば、Xデーは限りなく近付く事になります。
そして、在韓米軍家族が極秘に出国したり、日本法人が出国を急ぐ様なら、その確率は更に高くなるのです。
その際は情報管制が敷かれ、情報ブラックアウト状態になりますので、北朝鮮に関しての“嵐の前の静けさ”となるはずです。
空母の動向、情報ブラックアウトの有無を注視しながら、Xデーを更に推し量りたいところです。(今のところは27日が濃厚かと)

とはいえ、水面下では中国がかなり強烈な圧力を掛けていると思われますし、ここに来てロシアも不穏な動きを観せ始めていますので、急転直下、事態が改善に向う事も考えられますので、とにかくハッキリするまでは、見切発車する事なく、事態を静かに見守るところだと思います。

当倶楽部では、次に攻め込むべき新銘柄を4銘柄ほど用意して攻め時を窺っているところです。
新凄銘柄が1銘柄(超大相場狙いの大物です。)。
短期爆騰株を3銘柄(短期大幅値幅取りの凄い銘柄です)準備して淡々と“その時”を待っているのです。

今こそが「最悪を覚悟し 最善を夢見る」そんな時ではないかと・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -