明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年02月14日(水)

     コ・ツ・ン…

                    2月14日(水) 19:30更新

目先「コツン」の音が響いた様な・・・
ドル円が107円を割り込み、日経平均が21,000円を割り込んだところで、「コツン」と音がした様な気がします。

これが本当の目先「コツン」の音だったか否かは今晩の米1月消費者物価指数の内容とそれに対する市場の反応とで決まって来ると観ています。
米株も、これを強く意識した感じで動き辛くなっていましたから、これを見て、明確なる方向性が観えて来るものと考えます。
今晩の米市場の変動を受け、明日、日経平均が如何なる反応を観せ16日の日経平均の重要変化日へとつなげるかを冷静に見守りたいところです。

そんな中、例の「超築財銘柄」は、半歩先というか、流れの変化を見越した動きを観せており、全体の不安定な相場つきにもかかわらず、これまでとは少し違った変動を観せています。
やはり相場巧者が背景で動いているだけあって、今日の全体の底打ち感を敏感に感じ取ったかの様です。

このまま全体が目先底打ちとなり、戻りを試す展開となれば、この手の銘柄がいの一番で買い上げられ、全体の戻り試しを強力にバックアップする事になるのです。
そして、これを機に本格上昇相場に転じ、全体相場を力強く牽引する、そんな銘柄に育つのです。

そんな大きな大きな可能性を強く秘めた銘柄ですので、大きく動き出す前に確りと命玉(種玉)を仕込んでもらいたいのです。
先に仕込みに入って頂いている皆様なら、今日の変化にお気付きになっている事と思います。
これまでとは一味も二味も違った変動、相場つきになっている事をお分り頂けると思います。
この動意づきの変化こそ、新たな相場が生まれる前の“陣痛の震え”なのです。

「超築財銘柄」、本格始動の時は近そうです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年02月13日(火)

     要注目は明晩の米市場の変動。

                    2月13日(火) 20:30更新

米株は週末に長〜い下ヒゲを出し反発。
昨晩はその勢いそのままに続伸。

この流れを連休明けの日経平均は高寄りしたものの、その後は戻りが鈍く、後場からはドル安円高の流れと共に上げ幅を削り大引けに掛け下げ幅を広げる展開に。

ドル円は後場に入るとドル安円高が進み108円70銭台から108円20銭台まで円高が進み、3時を過ぎると下げ足を早め108円を大きく割り込み一気に107円50銭台へ。
その勢いと共に日経先物は21,000円割れに。

力強く戻す場面も無く、反落となった日経平均。
こうなると今晩の米市場の動向が気掛りです。
今晩、米株が大きく反落する様なら、再びの世界同時株安への可能性が高くなって来ます。
反対に大きく続伸するなら、リスク回避の流れが強まりドル安円高の流れに歯止めが掛かり、自ずと日経平均も反発、上値試しの動きへ。

仮に今晩、米株が続伸となったとしても、明晩の米経済指標の内容次第では、ままたまた流れが大きく変わって来ます。
内容が良ければ、更なる利上げへの追い風と観られ、リスク回避の流れが加速し株が売られ、ドル売り円買いが加速し、連れて日経平均も大幅安となりそうです。

とにかく、今注目すべきは、108円を大きく割り込んで来たドル円。
次なるポイントは107円30銭どころですので、これを割り込むか否かに注目です。
割り込めば一気に105円を試しに来るでしょうから、そうなれば日経平均は20,730円どころの攻防となりそうですからね。

まずは今晩と明晩の米市場の変動には要注目です。
ここでの変動を受けた日経平均が重要変化日である週末16日に如何なる変化を観せるかで、次なる新たな展開が観えて来ますからね。

当倶楽部では先週末にヘッジ掛けのシグナルが点灯しましたので、会員様には売りヘッジを掛け、少し引き気味で護りながら攻める態勢を取って頂きました。
今日の早い時間こそ「ミスしたかなー」なんて事を思いましたが、大引けに掛けての動きを見て、ホッと一安心したところです。
今回も、この先物売りヘッジが会員様の心理的安定剤となって、冷静に次なる攻め所を見極められそうです。

もちろんの事、今攻めるべき銘柄は決まっています。
あの「超築財銘柄」です。
左手に先物売りヘッジを持ち、右手で「超築財銘柄」に買いの手を振る・・・こんな感じで臨んで頂いているのです。
この「超築財銘柄」なら、全体に万が一の事があったとしても、ここからの深押しは無く、早々に大きく切り返して、新たな上昇相場へ続く勝利への道を歩み始めるでしょうからね。
言い換えれば、今が“天与の買い場”と言える状況にあるという事です。

こんな時だからこそ、あえて火中の栗を拾ってもらいたいのです。
なぜなら、ここからあっても全体はダメ押しを入れて来る程度でしょうから・・・

株で大きな大きな財を築き上げたい方、お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年02月09日(金)

     こんな時だからこそ・・・

                    2月9日(金) 20:20更新

今週2度目の1,000ドルを超える急落に見舞われたNYダウ。
下げ渋り、下げ止まる事が出来るのか・・・
それとも、下げ三波目の深〜い下値を観に行くのか、注目です。

そして日経平均。
何とか直近安値を割り込む事なく踏み止まりを見せていますが、三連休を控えて動き辛い中での動向ですので、何とも言えないところがあります。
連休明け、米株の変動を観た上で直近安値を割り込まずに反発し、まずは2/8〜2/9に空けた窓を埋める事が出来るのかに注目し、次は2/7の高値抜けからの引け値ベースでも抜く事が出来るのかに注目したいところです。
また、反対に踏み止まる事が出来ずに、あっさりと直近安値、21,000円を割り込んで来た時に、下げ三波目の底値探りの度合を観てみたいところです。

来週週末(2/16)は日経平均の変化日に当りますので、それまでの推移、変化の度合を観て、反発力の大小も含めて見守りたいところです。

いずれにせよ、この水準からの下値は限定的だと観ています。
あってもダメ押し程度。
問題は、その後の反発力、戻し方だと観ています。
そんな事を色々と想定してみても、事実、今の日経平均は米株の変動に左右される事が大きいですので、連休中の米要人発言や米株、為替の変動には要注目かと・・・

そんな中、例の「超築財銘柄」はいい感じでの鍛錬を始めてくれています。
あと数日も鍛錬してくれれば、新たなステージ入りとなりそうですからね。
そのタイミングで例の大材料が出て来れば、ガラッと値動きが変わり、新たな上昇相場へのスタートが切られるのです。
今のうち、全体が波乱含みで、誰もが身を潜めたくなる今のうちに、確りと命玉(種玉)を仕込んでおいて下さい。
必ずや、ここでの胆力を持った行動が、大きな財となって返って来るはずですから・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年02月08日(木)

     ドル円からの援護があれば・・・

                    2月8日(木) 20:00更新

全体は、“悲観”から“懐疑”へと移り変わったのか・・・

一見下げ渋りを見せた様にも観える日経平均。
問題は明日、力強さを増して直近高値を上抜く事が出来、更には2/5〜2/6に空いた大窓を埋めに行く様な強さが出るのかに注目です。
戻りもほどほどに(5日線、一目雲の下限に打ち返され)腰折れする様なら、下げの第三波入りを覚悟しなければならなくなりそうです。

更に強さを出すには、ドル円の援護が必要かと・・・
明日はドル円の重要変化日に当りますので、110円抜けからの上値追いに期待したいところです。
NYダウも今晩、昨晩の上ヒゲを埋める様な強さを観せてくれれば文句は無いのですが・・・

そんな中、紹介中の「超築財銘柄」、いい感じで動いてくれています。
もう少し、現水準で鍛錬してくれれば、大材料が表面化した時に一気の上値駆けとなりそうですからね。
今のうちに確りと命玉(種玉)を仕込んでおいてもらいたいのです。
桁違いの一気駆けを見せてくれるはずですから・・・

とにかく、注目したいのが、全体相場がここから更なる強さを観せる事が出来るか否か。
出来れば“悲観”から“懐疑”へと移り変わった事になりますので・・・
そうなると攻め方も変わって来ますし・・・

まずは、「超築財銘柄」の仕込みから入ってもらいたいものです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年02月07日(水)

     こんな時だからこそ、セッセ、セッセと仕込むのです・・・

                    2月7日(水) 20:30更新

良くありませんねー、日経平均の寄り付き直後のヒョロヒョロ上値試しの動き。
一目雲への戻り、転換線を試した後の失速・・・引け味も悪いです。
こうなると、昨日示現した下ヒゲを実体相場で埋めに来そうですからね。
埋めに来たら、自ずと21,000円割れを試しに来て、産道を空けに来るでしょうから・・・
そうなれば、再度の下値探りが始まり、目先は52週線(20,698円)まで突込みそうです。

とはいえ、明日の日経平均の変動に大きな影響を与えるのが、今晩の米市場の動向。
NYダウが昨晩の勢いそのままに強い上昇を観せ連騰すれば、日経平均も続伸となり強相場復活の芽が出て来るのですが、力無く反落となり、下げ幅が大きくなる様なら、日経平均の下ヒゲ実体相場埋めの流れになって来ると思います。
さー、どんな動きを観せてくれるのか、今晩の米株の変動には要注目です。

そんな中、昨日より仕込みに入ってもらっている「超築財銘柄」、いい感じで仕込む事が出来ています。
誰もが苦しい時に、胆力をもって高ポテンシャルの訳有り銘柄を仕込みに行く事で、大きな財を築く事が出来るのです。
手掛けている某外資系有力ファンドの玉手当てが終了すれば、本格的上昇がスタートする事になるでしょう。
あとは、ファンドに任せて超大相場に付いて行くだけなのです。

この外資系の有力ファンドが手掛けた銘柄は、いずれも超大相場を出し、株価3倍4倍は当り前となっていますからね。
私的には少なくとも3倍は見込めると観ていますけど・・・

そんな凄銘柄だからこそ、あえて今の波乱に乗じて仕込みに入るのです。
こんな時でなければ、中々に安い所は買わせてはくれませんからね。

もうしばらくは、いいところを仕込ませてくれそうです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -