明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年11月09日(金)

     週明けには仕込み始められそうです。

                     11月9日(金) 20:30更新

米株、重要イベント通過で、これまで株価を下支えして来たハシゴが外されるのではないかと観ています。
昨晩のNYダウは重要変化日でしたので、昨晩の高値を高値決まりとする流れが生じる様なら、目先深押しに警戒しなければなりません。
これまで米中間選挙を強く意識して株価を吊り上げただけに、その打ち返しは強烈なものになりそうですからね。

そんな中、日経平均も重要変化日だった昨日の高値を高値決まりとする様な動きとなっています。
一目基準線に打ち返される形を示現した翌日に大きめのほぼ坊主陰線を示現しましたからね。
少なくとも目先は一目転換線を意識する水準あたりまでは下げて来るのでないかと・・・
あとは、転換線の割り込み方を観て下げ三波突入があるか否かを見極めたいところです。

こうなると、物色の流れは主力株より個別株へ。
その個別の中でも、超訳有り銘柄が年末相場に向け動意づいて来るのです。
特に激推し中の特殊資金流入銘柄あたりが存在感を全面に打ち出して華々しく飛び出して行く事になりそうです。

そして、今裏取り中の新銘柄。
まもなく核心部分の裏が取れそうですので、超大相場に向けての仕込みに入れそうです。
これまで聞き及んだ材料とは別に桁違いの大材料を秘めている様ですから、その裏取りの為に各方面のブレーンさんにお願いして裏を取ってもらっているのです。
去年5月にシークレット銘柄として紹介した(4592)サンバイオに勝るとも劣らない凄いものを秘めていますからね。
だから、この銘柄を新シークレット銘柄と呼んで、来年に掛けての超目玉銘柄とする事にしたのです。

そろそろ大きく飛び出しそうな特殊資金流入銘柄を目玉銘柄として、この新シークレット銘柄は超銘柄として、両輪揃った形で年末年始の主役を務める事になるでしょう。

週明けもしくは、来週半ばあたりまでには裏取りが完了すると思います。
「初めは処女の如く、後は脱兎の如く」で仕込みに入ってもらおうかと考えているところです。

株でデッカイ財を掴み取るには、この手の(特殊資金流入銘柄、新シークレット銘柄の様な)銘柄を攻めないと、中々に財を築く事は出来ませんからね。

まもなく裏取りが完了しそうです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年11月08日(木)

     目先波乱を想定しながら、狙うは新シークレット銘柄。

                     11月8日(木) 21:30更新

米中間選挙が大方の予想通りだった事を好感し投資家心理が改善する形で大幅高となった米株。
とはいえ、ここ数日は中間選挙を強く意識しての吊り上げ材料を連発していましたからね。
その勢いと無事に中間選挙を終えた安心感とが交り合って昨晩の大幅高となったと観ています。

問題は今晩。
今晩はNYダウの重要変化日でもありますし、株式市場に大きな影響がある金利に関するFOMCも控えていますからね。
無理して株価を支え吊り上げる必要が無くなった今、FOMC結果を受け如何なる変化が生じるのかに注目したいところです。

FOMCの結果を受け下向きに流れが変わる様なら、これまでの悪材料より好材料の方が響き易い地合から、悪材料の方が響き易い地合へと変わって行くと観ています。
中間選挙を乗り切る為に吊り上げて来たのですから、終れば用無しとなり、一旦は調整入りするのではないかと・・・

そして、今日が重要変化日だった日経平均。
今晩の米株の変化を受け明日から下向きの流れに変わり今日の高値を高値決まりとする様な流れとなる様なら、目先下押しは深くなると観ています。
それを見分ける目安となるのが、明日の先物の引け方。
明日、先物が22,×××円以下で引けて来る様なら、下げ三波入りの可能性も高くなりますので、警戒したいところです。

そんな波乱含みの展開が想定される中、淡々と裏取りが進んでいるのが、新シークレット銘柄です。
これまで調べていた材料の他に新たな凄材料が出て来ましたので、新たなブレーンを使ってこの新凄材料の裏取りを進めているところです。
去年5月に紹介した前のシークレット銘柄である(4592)サンバイオは、4倍強まで育ってくれましたからね。
次はこの新シークレット銘柄で、株価7倍を狙って頂こうと考えているところです。

まもなく裏取りが完了しそうです。
早ければ明日、遅くても週明け初めには完了し紹介出来ると思います。
今調べている新凄材料については、極秘中の極秘でしょうから、あえて新シークレット銘柄として紹介する事にしたのです。
サンバイオの時も材料を明かす事なく、一気に大きく育って行きましたからね。
そして、本当に隠れていた大材料が今になって飛び出て来て、一気に大きくぶっ飛んでいるのです。
私の助言通りに上手く回転を効かせて種玉をタダ券にし静かに持続していた会員様達は大喜びなさってますけどね。
次はこの新シークレット銘柄で勝負してもらいます。

全体相場の波乱もあって、いいところで仕込みに入れると思います。
この新シークレット銘柄でも大きな財を築く事が出来ますよ、間違いなく・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年11月07日(水)

     新シークレット銘柄、早ければ週末、遅くても週明けには・・・

                     11月7日(水) 20:30更新

思惑に大きく振り回された感が強い日経平均。
明日は重要変化日に当りますので、今晩の米市場の反応を受け明日如何なる動きが観られるのか注目したいところです。

明日、日経平均の方向性が出たら、大きな流れはその方向に向って行きそうですからね。
今晩、中間選挙の大勢が判明した後の米株、ドル円の動向と、それを受けての明日の日経平均の変動には要注目です。(今晩の米株、FOMC利上げをどの程度、織り込むのかにも注目したいところです。)

そんな中、静かに裏取りを進めて来た新銘柄。
核心部分に迫る事が出来て分った事があります。
聞き及んでいたポテンシャルとは桁違いのもう1つのポテンシャルが隠れていたのです。
今はその隠れていた部分の裏取りに全力を挙げているところです。
この隠れている部分が本当ならば、昨年5月にシークレット銘柄として紹介した(4592)サンバイオに匹敵するくらいの超大相場に育つものと観ています。

丁度、このタイミングでシークレットだった好材料がサンバイオにも出て来ましたからね。
そんな事を考えると、今、最終裏取りしている銘柄もサンバイオと同等、それ以上の株価水準に育つと期待出来ると観ています。
サンバイオは紹介時の株価から今は6倍強に育っていますからね。

この裏取り中の銘柄は私なりに見積っても株価5倍を下る事は無いと考えているところです。
確りと最終裏取りを終らせて、早めに紹介し仕込みに入って頂こうと思います。
早ければ明日、もしくは週末には・・・遅くても週明け早々にはと考えています。

今回は、この裏取り中の新銘柄を新シークレット銘柄と呼んで会員様には超大相場を取りに行って頂こうと考えています。
今紹介中の4銘柄も凄〜い銘柄ばかりですが、この新シークレット銘柄は、それ以上の凄〜〜い銘柄だと期待しているところです。

株で一発逆転を狙いたい方、大きな損を一発で取り戻したい方、今抱える矛盾を一発で解消したい方は、お急ぎご入会して頂いて、この裏取りを完了した新シークレット銘柄に参戦して頂けたらと思います。

本当に桁違いですよ、これは・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年11月06日(火)

     こんな時は超訳有り銘柄を狙い撃つのです。

                     11月6日(火) 21:00更新

“ダマシ”には注意して下さいね。
前の大統領選の時は、早めに大勢が判明した日本市場の反応と米市場の反応が真逆でしたからね。

明日昼過ぎに判明する結果を鵜呑みにして一気に動くのではなく、その後のFOMCの結果も含めた上での流れを見極めた上で一気に動くのが良いと思います。
中間選挙の結果が出て流れが生じたら、まずは打診的に対応、対処して様子を見ながら、FOMCの結果と、8日の日経平均の変化による方向性を確りと見極めた上で一気にその流れ、方向性に乗るのが得策だと思います。

こんな状況の中、攻めるべきは、年末年始相場を想定しての超訳有り銘柄達。
当俱楽部で今強気で攻めて頂いている4銘柄は、いずれも超大相場へと育つべき高ポテンシャルを秘めていますので、この地合が悪い中でも、攻め入る事が出来るのです。
そんな超訳有りの銘柄だからこそ、中間選挙の結果ウンヌンばかりか、FOMCの結果をも関係ない形で、“唯我独尊”我が道を歩んで行く事が出来るのです。
これが出来るからこそ、桁違いの大相場を出す事が出来るのです。

皆が固唾を呑んで様子を観ている時が一番の買い時なのです。

株で桁違いの財を築きたい方、お急ぎのご入会、お待ちしております。

4銘柄の中の1つ、特殊資金流入銘柄、迷わず攻める時だと観ています。
お早めに、お早めに・・・
 

  2018年11月05日(月)

     あとは淡々とヒョウヒョウと・・・

                     11月5日(月) 21:30更新

NYダウも日経平均も米中間選挙で共和党、民主党どちらが勝利しても対処対応出来る水準で収まったと観ています。
あとは大勢が判明し始める日本時間7日昼頃からの変動と、夜の米市場の反応を観た翌8日の日経平均の動向で明確な方向性が見出せると思いますので8日の変化には要注目です。

そして、あらゆる事態を想定する形を取る為に手持ち玉を少し整理して枠に余裕を持たせながら変化に付いて行く態勢を取る事が良いと思います。
そうです、こんな時だからこそ「観自在 いつも水の如く」で立ち回るのです。

そんな状況においても、あまり影響が無いのが当俱楽部の推奨銘柄達。
その4銘柄の中から年末年始相場を力強く牽引する銘柄が2銘柄か3銘柄は出て来ると観ています。

中でも楽しみなのが、特殊資金流入銘柄のアレです。
上手にリズムを刻みながら一気の飛び出しを待っているかの様です。
目先筋を丹念に振い落しながら匠の技で相場造りを進めていますからね。
あとは切っ掛け待ちだけなのです。
その切っ掛けを機に一気に飛び出し超大相場に向け一気に駆け上がって行くのです。

とにかく、当俱楽部の推奨銘柄達においては、この波乱含みの局面こそが美味しい買い場となっているのです。
相場の基本である「人が売る時に買い、人が買う時に売る」を実践するのです。
それも、超訳有りの凄銘柄で実践するのです。

ここでの胆力を持った行動が桁違いの財を掴み取らせてくれるのですから・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -