明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2017年06月20日(火)

     明日からの全体の変動、要注目です。

                     6月20日(火) 21:10更新

明日から日経平均は3日連続で重要変化日が続きます。
この状況のまま、確りと足場を固めつつ、強さを観せながら、上値を慕ってくれて、週足が大きく陽線を立ててくれれば21,000円の攻防へと進展して行くと観ています。
逆に、明日から失速して、空けた窓を埋めに来る様ならば、警戒レベルを引き上げなければなりません。

また、NYダウも明日21日が重要変化日になります。
明日からも続伸し上値を追うならば良いのですが、明日から下げ幅が出る様だと、チト厄介な事になりそうです。

これら状況に更なる追い風を吹かせるとしたら、FOMC要人による米景気、強気発言(ボストン連銀総裁、ダラス連銀総裁による講演)だと考えます。
昨晩はNY連銀総裁発言で米株の強さが倍増しましたからね。
金利も上昇し、ドル買い円安にも・・・
この追い風が吹けば、ドル円も日足一目雲の下限を一気に上抜け112円台突入となりそうですし、日経平均も一気に20,500円を観に行きそうです。

今は、悪材料が市場に響きにくく、好材料がより響き易くなっていますからね。
そんな状況ですが、まだまだ主力株には力強さが観られていません。
今日は、とりあえずの買い物が入っただけの様に見受けられました。
まだ主流は個別物色の様で、全体が強張る中、主力より個別の動きの方が良かった様に思います。
明日以降の展開次第では、また新たな物色の流れが生じて来そうです。

そんな中、昨日紹介した2銘柄。
順調な値動きを観せながら、次なる大攻勢のその時を待っているかのようです。
今はまだ、アイドリングの真最中・・・ってところです。
本番はもうすぐです。
今のうちに確りと玉を溜め込み、大攻勢のその時をお待ち頂きたいと思います。

特にあの“大思惑銘柄”なら、これ1本で財が築けるでしょうからね。
是が非でも参戦して頂きたい、そんな銘柄なのです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年06月19日(月)

     悪材料より好材料の方が市場に響き易くなって来た。

                     6月19日(月) 21:00更新

米株には景気後退懸念という逆風が吹き始めたのでは??
その逆風を糧にし上値追いを加速させそうなのが日経平均。
21日を境に潮目の変化が、それぞれに観られそうですので要注目かと・・・
そんな状況の中、日経平均は6/2高値を上抜き21,000円を目指しそうですし、NYダウは続伸継続で21日を過ぎれば、21,900ドルどころがターゲットに。

そして、ここに来て、個別物色の流れが、また新たな展開を観せそうです。
これまで静かに機をうかがっていた訳有り達がにわかに動意づいて来たり、上値を伸ばし始めています。
先週末、突如として動意づいて来た“大思惑銘柄”、本日も言い様の無い動きを観せていましたので、急遽公開する事にしたのです。(見切発車しました)
会員様は条件を満たした方から、新規入会の方々には無条件で紹介しております。
ようやく動き出したところです。
ここからの躍動が大いに期待出来るところです。
お早めに参戦頂けたらと思います。

また、この他にも1銘柄、新銘柄を紹介しておきました。
これはファンド絡みの銘柄で、満を持して値幅取りに打って出て来た銘柄です。
こちらもかなり面白くなりそうです。

とにかく今は、上手く大回転をつけ利益を確りと積み残す時なのです。
強気で攻め込む事が出来る数少ない時だと考えています。
こんないい時期は長くは続きませんよ・・・
このチャンス、確りと掴み取って下さいね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年06月16日(金)

     週明け月曜日に色々と・・・

                     6月16日(金) 20:20更新

昨晩の米経済指標の改善を好感し、ドル高円安の流れが加速。
109円半ばから一気に110円後半へ。

このドル高円安の流れを追い風に日経平均は終始、強張る動き。
今のところは明確に“強さ”は出てはいませんが、来週21日(日経平均重要変化日)前後には、その強さが明確に出そうな感じがしています。
前回(今年3月)の米利上げ後のドル円の流れとは真逆のドル高円安の流れが今回は生じていますからね。
この4度目の正直からの更なるドル高円安の進行に期待したいところです。

そんな中、主力株はマチマチの動きも、個別物色の流れに少し変化が生じて来そうです。
これまで活発に上値を追っていた銘柄に替り、新たなスター銘柄と共に、また新たな銘柄達が活発に動き出して来るのです。
私の持つ情報の中からも、これまでとは少し毛色の違った銘柄達が動意づき始めていますからね。
週明け月曜日、全体の地合と、個々の動きを観て、流れを先取りして新銘柄を紹介しようと思います。

また、あの裏取り中である“大思惑銘柄”もここに来て動意づきつつありますので、核心部分の裏取りは済んではいませんが、大きく動き出す前に見切発車的に紹介しようとも考えているところです。
裏取りを進める中、改めてこの“大思惑銘柄”のポテンシャルの高さを思い知らされましたからね。
核心部分が不明でも、かなりの大相場へと育って行くと観ています。

さー、週明け月曜日は忙しくなりそうです。
毛色の違った新銘柄をメールで紹介したり、“大思惑銘柄”を仕込みに入ってもらったりと大変です。
でも、これが後々、大きな利益として会員様達を潤してくれるのですから頑張らないと・・・って感じです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
ここはチャンスですよ。
 

  2017年06月15日(木)

     最悪を覚悟し 最善を夢見ながら、狙うは“大思惑銘柄”。

                     6月15日(木) 22:00更新

想定外の展開に・・・

FOMC前に出された消費関連指数が悪かった為に、リスク回避の流れからドル円は一時108円台に。
その後のFOMCでは想定通りに0.25%の利上げと年内あと1回の利上げ見通しという事でしたが、消費関連指数の悪化から景気失速懸念が台頭し、年内あと1回の利上げも懐疑的な見方が広がり波乱含みの展開となっていました。

今回で4回目の利上げという事で、4度目の正直からのドル高円安進行を想定していましたが、今回もまた読みを外される格好に。

そして日経平均も、気迷い上下動を繰返しつつ、25日線を割り込んで大引け。
主力株はマチマチも上値が重く、個別も昨日の流れを引き継いだものの迫力に欠ける動きが目に付いていました。

そんな中、12日に紹介した○○○○が今にも飛び出しそうで、発射準備完了状態に。
間もなく国内ファンドの一気呵成の攻勢が始まりそうです。

また、今裏取り真最中の“大思惑銘柄”、8割方の裏取りは終りましたが、まだ肝心の部分の裏取りが出来てない状況にあります。
この肝心な部分の裏取り、かなり難航している様で、そのガードの固さからしても、かなりのものが隠されているのではと勘繰りたくなってしまいます。
見切発車するか否か、すごく迷っているところです。
裏が取れた8割のところを見ても、桁違いのポテンシャルを秘めていますので、紹介出来ない事は無いとは思うのですが、どうしても、あとの2割の部分の確認が・・・と悩んでいるところなのです。

いずれにせよ、そろそろ踏み切らないといけませんので、週明け月曜日には、その決断を出し、改めて攻め込み方を考え公表したいと思います。
まずは、全体の地合、状況で変化を見極めた上で、次に流れを読んで、紹介の有無を決断しようと考えています。
この“大思惑銘柄”、ひょっとすると今年後半の大出世株に成るやも知れませんからね。
核心部分の裏取りが出来れば、迷わずに紹介したいところですが・・・

とにかく今は、「最悪を覚悟し、最善を夢見る」感じで臨みたいと思います。

ちなみに明日、先物が19,△△△円以上で引けて来たら、強相場入りの可能性がグーンと高くなり、潮目が変わって来ますからね、重要ですよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年06月14日(水)

     ここは「観自在 いつも水の如く」で立ち回りたいところ。

                     6月14日(水) 21:20更新

株の世界では、「3度目の正直」より「4度目の正直」の方が確率が高いのです。
明朝3時に出て来る米国の政策金利が引き上げられれば、4度目の政策金利引き上げとなります。
これまでの3回は、政策金利が引き上げられたにもかかわらず、長期金利は低下し一段の円高ドル安の流れとなっていました。
これは、QE3継続を読んで先に中国が米債券を大量に売った分を、QE3終了から利上げへと舵を切ったのを観て、売った分の米債を大量に買い戻したからだと思われます。
ここ3度に渡り買い戻した事で、かなりの分の買いは終ったでしょうからね。
今回も(4度目)そうなるかは少々疑問が残るところでもあるのです。

そこで浮んだのが“4度目の正直”。
これまで日経平均に逆風を吹かせて来た3度の利上げ後の反応に対し、今回は順風を吹かせるのではと期待したくなるところでもあるのです。
これまで、様々な株絡みの事柄で「3度目の正直」ではなく「4度目の正直」を目の当たりにして来た経験上、今回こそは・・・の期待も含めて、東京市場に追い風が吹いてくれるのを静かに見守っているのです。
その4度目の正直で追い風が吹き、更には週末の日銀会合で出口論に変化が観られれば、たちまち日経平均は21,000円を目指し一気に突走り始めるのではないかと・・・

まずは、今晩、明朝の市場の反応を観た上で、新たな戦略変更が必要か否かを判断し立ち回りたいと考えています。
もし、戦略変更が必要となる様なら、新たな戦略のもと、新たな武器(新銘柄)を会員様に与え、新たな流れに乗って頂くべく動いて頂こうかと思います。
潮目に大きな変化が生じない様なら、一昨日、今日とで新たに紹介した2銘柄が次の主役へと飛び出して行くでしょうし、新たな流れが生じた際は、それに合せた形で会員様には攻め入ってもらうつもりです。

全ては、明朝の米政策金利発表とその後のイエレン議長会見を受け、「4度目の正直」となるかに注目したいところです。
その変化により、大きな戦略を変更しなければなりませんから・・・
もちろんの事、これら流れの重要さの他に、情報の重要さもありますからね。
先に紹介した(3932)アカツキは今日も大幅高を演じていましたし、例のシークレット銘柄も上値追いに。
一昨日、今日新たに紹介した2銘柄は、発射準備完了・・・と言わんばかりの動きを観せています。
明日あたり目の覚める様なドッカーン高となりそうです。

色々な面で勝負どころは近そうです。

お早めのご入会、お待ちしております。

そろそろ、あの“大思惑銘柄”の裏取り結果が出そうですからね。
結果が良ければ、一気に攻め込んで頂きますよ、一気に・・・
 


- Web Diary ver 1.26 -