明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2020年05月20日(水)

     “超極秘銘柄”、一気の値幅取りに期待。

                    5月20日(水) 18:00更新

日経平均、75日線乗せ。
二進一退でジリジリと下値を切り上げるのか、それとも一気に上値を追った後、小調整を入れるのか、注目したいところです。

そんな地合は、訳有りの個別には追い風となりますので、全体の強さを観ながら、訳有り銘柄の個々の強さに淡々と付いて行きたいところです。

当倶楽部では、先物転換値を睨みながら昨日より緊急参戦した“超極秘銘柄”を中心に攻めて頂いています。
ここからが上げ本番となりそうですので、急ぎご入会頂いて大相場取りの醍醐味を味わって頂けたらと思います。

・・・ちなみに、明日、先物が20,5××円以下で引けて来る様なら、目先調整が入りそうですので、増々、この手の訳有り銘柄が活気づく事になりそうですからね。

“超極秘銘柄”、ここからが早くてデカイのです。

お急ぎのご入会、“超極秘銘柄”への参戦、お待ちしております。
 

  2020年05月19日(火)

     “超極秘銘柄”、強気攻めです。

                    5月19日(火) 18:50更新

米株、中段保ち合いを一気に上放れる事が出来るのか・・・
日経平均は、確りと75日線に乗せて来て強い流れが続くのか、要注目です。

明日、先物が20,×××円以下で引けて来る様なら、再びの弱相場入りとなりますので・・・

そんな中、新たに“超極秘銘柄”を紹介しておきました。
これまで幾度も大きな相場を出した凄銘柄を紹介してくれた昔馴染みの情報元から入った銘柄ですからね。
迷う事なく参戦してもらった次第です。
これまで大きな利益が出せた確率が、限りなく100%に近い情報元からの情報だったからこそ迷わず参戦したのです。

先に紹介したJTOWERの後を追うのは、新裏取り銘柄なのか、それとも本日緊急参戦した“超極秘銘柄”なのか、それとも両方の銘柄が大きく値を上げて行くのか、楽しみです。

いずれにせよ、「株は弱くなるまで強い」と言いますので、全体が弱くなるまで、淡々と個々の強い動きの銘柄に付いて行きたいところです。

“超極秘銘柄”、大きく動き出す前に急ぎ参戦を・・・

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年05月18日(月)

     次の新銘柄も面白いですよ。

                    5月18日(月) 19:10更新

NYダウも日経平均も、このもみ合いからの“放れ”に注目したいところです。
明日、先物が20,○○○円以上で引けて来れば、強相場入りの可能性が高くなりますからね。

そんな全体の流れを観ながら次なる新銘柄の攻め所を探っているところです。
先に紹介した新裏取り銘柄は、発射態勢完了の様ですし、その後を狙って新銘柄の参戦タイミングを計っているところです。

おそらくは、主力株全般はこの状況ですので動き辛いでしょうから、やはり中・小型の訳有り材料株が大きく値を飛ばす地合が続くと観ています。
だからこそ、より効率的に値幅取りが出来る訳有り材料株に狙いを絞って攻めて頂いているのです。

こんな地合でも取れる銘柄はあるのですよ。
手が出し辛いからこそ、より効率良く利益を取る事が出来る銘柄があるのです。

お早めのご入会、お急ぎのご参戦お待ちしております。

・・・取れる時に目一杯利益を取る事が大事ですからね。
今の様な不透明な地合の時には。
 

  2020年05月15日(金)

     攻勢準備完了!!

                    5月15日(金) 19:20更新

未だ強さが観えて来ない日経平均。
週明け月曜日に一気に先物が20,○○○円以上で引けて来れば景色が一変するのですが・・・

そんな中、期待の新裏取り銘柄は目先調整も終り、週明けから怒涛の大攻勢が始まりそうです。
意識的に目先筋を降ろして攻撃準備完了か・・・

とにかく来週の大攻勢に期待したいところです。
ひょっとすると、あの材料が出たりしてね。

お急ぎのご入会、新裏取り銘柄への参戦お待ちしております。
 

  2020年05月14日(木)

     ここも護りながら攻める態勢で臨みたいところ。

                    5月14日(木) 18:30更新

日経平均、想定通りに弱い動きを観せています。
再度上値を狙う為の“しゃがみ込み”なのか、それとも急上昇に対する打ち返す動きなのか、25日線の攻防が気になるところです。

ちなみに、会員様には20,300円どころで先物に売りヘッジを掛けながら、銘柄を絞り込んで護りながら攻める態勢で臨んでもらってますけどね。

日経平均が25日線を踏み割って来たら、次は基準線水準の19,000円の攻防へと向いそうですからね。
そんな弱い相場だからこそ、強気で買い向いたい銘柄があるのです。
背景が凄くて、材料も手掛ける筋も凄い、あの新裏取り銘柄を静かに買い下がるのです。
そして、全体が強相場へと転換するのを見極めたところで一気に攻めに転じて、この新裏取り銘柄を買い増しするのです。(先物ヘッジ掛けのタイミングが分かるからこそ、ドテン買い攻めのタイミングも分るのです。)

この難解な地合を利用して一気に利益を手にする為に・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -