明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年05月07日(月)

     新たな波乱要因も・・・

                    5月7日(月) 22:00更新

不透明要因・・・物別れに終った米中通商協議とイラン核合意。
これに、新たな波乱要因となりそうな“イスラエル米大使館エルサレム移転”が絡んで来れば、チョット厄介な事になりそうです。

NYダウも、日経平均も上海株も欧州主要国株も未だ底値圏でのもみ合いを続けていますからね。
ここで想定外のショックに見舞われれば、売りが売りを呼び展開となり、大波乱へと突入して行きそうですからね。
ここは確りとヘッジを掛けながら・・・が良いのではないかと。

そんな事で、会員様には万が一に備えてヘッジを掛けながら護りながら攻める態勢で臨んでもらっています。
明日、先物が22,〇〇〇円以上で引けて来る様なら、ヘッジを外して、強い流れに乗る態勢を取らなければいけませんけどね。
そうならないうちは、ヘッジを掛けながら、新興系訳有り銘柄に狙いを定めて攻めるだけです。

明日もまた新銘柄を紹介しようと考えています。
今晩の米市場の変動を観て、状況が大きく変わる事がなければ、ザラバメールにて紹介し攻め入ってもらうつもりです。
明日の個々の動向と地合を観て足の早いのにするか、聞き及んだ通りの値動きをしているものを狙うかは、明日の変動を観てからになりますけどね。

とにかく、今晩の米株、ドル円の変動が重要になるのです。
これにより、Sell in Mayとなるのか、Buy in Mayとなるのかが、ほぼほぼ決まって来ると思いますので・・・

会員ぺージに紹介してある銘柄達は、ほぼほぼ順調な値動きを観せています。
次は足の早いもので攻めるのか、大相場狙いの凄銘柄を攻めるのか・・・明日の動向次第です。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年05月02日(水)

     連休明けからのBuy in Mayを意識して・・・

                    5月2日(水) 20:30更新

この連休の谷間、読み通りの展開となっています。
全体は連休中のFOMCの結果と米雇用統計を意識して動き辛く、そして
波乱に備えるべく値動きを観せていました。
この全体の動向に反して、連休明け早々から一気の攻勢を目論む訳有りの新興系銘柄達は、確りと発射台を固め、飛び出す態勢を整えていました。

当俱楽部、今一推しの乾坤一擲の銘柄である“裏取り銘柄ver2”も昨日新たに紹介した〇〇〇も、ここに来て上げ足を早めている×××××も、いい感じで連休を迎える事になっています。
これら変動を観る限り、連休明けの一気呵成の大攻勢の可能性がグググッと高くなった様です。
あとは連休明け早々の大攻勢に期待するだけです。

さー、連休が明ければ、本格的Buy in Mayの始まりです。
この大きなBuy in Mayの流れに乗る為に、この連休の谷間、あえて意識して買いの手を振って頂きましたからね。

Buy in Mayの流れに乗り遅れない為に・・・
Buy in Mayで、大きな利益を掴み取る為に・・・

連休明けでも、まだ十分に間に合いそうです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年05月01日(火)

     この連休の谷間、絶好の仕込み場となりそうです。

                    5月1日(火) 20:30更新

大型連休の谷間という事もあり日経平均は総じて確りの小動きに。
おそらくは明日も、大きな変動も無く次の4連休を迎える事になりそうです。

でも、本日、全体の上昇勢いが削がれた様にも観えましたので、手放しで強気に傾くのは、いかがなものかと・・・
出来れば、連休中の突発的波乱に確りと備えて(FOMCでの更なる利上げ示唆による米株の急落やイラン情勢の変調等も気になるところですし・・・)連休を迎えられた方が良いのではないかと・・・

そんな中、全体が動き辛い中、あえて実質5月相場入りを意識し、Buy in Mayを意識して、連休明け早々から一気の仕掛けが観られそうな、新興系の訳有り銘柄を紹介しておきました。
今日のところは、未だ目立つ動きは観せていませんが、明日には、それなりの動きが出て来るはずです。

そして、あの乾坤一擲の銘柄である“裏取り銘柄ver2”も想定通りの動きを観せながら、更なる高みを意識する展開となっていました。
合せて、この“裏取り銘柄ver2”も攻め入って頂けたらと思います。

とにかく、今年はBuy in Mayの可能性が高いと思われますので、誰もが買いの手を振り辛い連休の谷間を利用して、訳有り銘柄を確りと仕込んでおきたいところなのです。
4連休明け早々から、本日新紹介の銘柄と“裏取り銘柄ver2”が先に飛び出し、それを追って既報の強い動きをしている銘柄達がそれを追って順次飛び出して行く・・・そんな感じになるのではないかと。

仕込むのなら今です。
Buy in Mayに本格的に乗りたいのなら今のうちから動かないと・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年04月27日(金)

     中東の新たな火種に警戒しつつ、Buy in Mayに期待です。

                    4月27日(金) 20:00更新

Buy in Mayの可能性が高くなった様です。
米長期金利の上昇も一服となり、米株も何とか下げ渋りを観せ、気になる南北朝鮮首脳会談も大事なく無難に終った様ですからね。
そしてここに来てのドル高円安、外人勢も大幅買い越しに転じ、日経平均の上値追いの支援材料が揃い始めたみたいですからね。

あとはこの良い流れが、3連休明けも続くのかが問題です。
5/1(火)の先物の引け値が22,5××円以上で引けて来れば、Buy in Mayの可能性が一段と高くなりますけど・・・

そんな中、気になるのがイスラエルとイランの関係。
この火種がくすぶっている事を忘れない様にしたいものです。
また、5月にイスラエルの米大使館をエルサレムに移転するという話が以前ありましたからね。
朝鮮半島問題が収束に向いそうな中、また新たな火種がくすぶっている事を頭に入れながら、5月は立ち回りたいところでもあるのです。

いずれにせよ、今はBuy in Mayに期待しながら、3連休を静かに過したいところでもあります。
そして連休明け早々から、大きく動き出しそうな“異次元銘柄”と“裏取り銘柄ver2”に期待しつつ、また新たな物色の流れが生じて来そうですので、今用意してある新銘柄の中から流れに則った銘柄を選び出し、連休明け早々から一気に攻め入ってもらうつもりです。
全体の地合、雰囲気、そして個々の値動き、玉の入り方を観て、適時新銘柄を紹介し攻め入ってもらうつもりです。

3連休明けには、ほぼほぼ新たな流れが見出せているはずです。
その流れに合せて、一気呵成に攻め入りBuy in Mayに備えるのです。

5月1日、5月2日の連休の谷間、かなり重要であり、面白い2日間になりそうです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年04月26日(木)

     今年はBuy in Mayとなりそう・・・

                    4月26日(木) 22:00更新

米長期金利、続伸となり3.03%まで上昇。
これを受けドルが買われ、ドル円は109円40銭台へ。

そして今晩はNYダウの重要変化日となります。
この一連の流れを払拭出来る様な大転換が観られるのか。
それとも下げ渋りを打ち消し一気に底割れと向うのか・・・
今晩のNYダウの動向には要注目です。

そんな状況の中、例年通りなら、5月はSell in Mayとなり波乱の展開が想定されるところですが、今年ばかりは例年とはまた違った大きな流れが生じて来そうです。
普通、連休を強く意識して、個別銘柄達は連休入り前に矢継ぎ早に仕掛けが入り一気に仕上げて来るのですが、今年は、それも無く、連休明け、連休の谷間を意識する動きを観せ始めています。
この妙〜な流れは個別ばかりでなく主力にも同様のものが見て取れます。
と、なると今年は、Sell in MayではなくBuy in Mayになる可能性が高いという事ではないかと考えるところです。

先に入手した情報銘柄達の中にも、聞き及んだ動きとは少し違って、丹念に下地を造る銘柄が見受けられていますからね。
そんな事を総合的に考えると、今年は実質5月相場入りと同時に、新たな流れが生じるのではないかと考えているところです。

当俱楽部一推しの“異次元銘柄”も“裏取り銘柄ver2”も、ここに来て想定通りの一服を入れて来ています。
これも5月を強く意識したものの様で、5月相場入りと同時に目の覚める様な上値追いが観られそうです。
まさにBuy in Mayを意識した動きではないかと・・・

そんな状況ですので、連休明けの5月1日に地合、流れを観た上で、一気に新銘柄を公開し攻め込んで頂こうと考えているところです。
早いものは、連休前の明日あたり動意づいて来るでしょうから、その時は新銘柄を紹介し仕込みに入って頂こうと思います。

とにかく、ここからはBuy in Mayを意識して動いてもらいたいのです。
今一番仕込んでもらいたいのが乾坤一擲の銘柄である“裏取り銘柄ver2”です。
その次が“異次元銘柄”。
その次が、これから新たに紹介する5月相場を強く意識した新銘柄達なのです。

5月相場で大笑いしたいのであれば、Buy in Mayを意識して一服中の訳有り銘柄を仕込んでおく事です。
この2銘柄(裏取り銘柄ver2と異次元銘柄)を中心に攻めつつ、他の足の早い銘柄でコツコツと利益を積み上げるのです。

今が絶好の仕込み場なのです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -