明日の投資戦略

更新は毎日20時

  2023年11月15日(水)

  「好事、魔多し」ですよ。“先物転換値”に則って淡々と・・・

                11月15日(水) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米CPI、上昇率が市場予想を下回り、インフレ鈍化を示す内容だった事で、12月の追加利上げの可能性が低下し、利上げ終了観測が高まり、長期金利が大幅に下落し、景気の大幅な悪化が避けられそうとの事で、米株は大幅に続伸。
これに連られる形で日経平均も急騰し、ナスダックの上昇率(+2.37%)を上回る、+2.52%の上昇で終了。

物色はハイテク株中心の流れで、そんな中でも訳有り銘柄達も大きく値を飛ばす銘柄が続出。
当倶楽部の紹介銘柄の中からも、ストップ高した銘柄が昨日1つ出て、今日は条件付きで紹介したあの銘柄がストップ高となり、更なる高みを目指しそうな動きを観せています。

そんな中、半歩先を意識する形で、年末に向け大相場を出しそうな訳有り銘柄を紹介参戦して頂きました。
今は静かに動いてはいますが、全体の勢いが収まれば、この手の訳有り銘柄が本格的に値を飛ばして、相場を引っ張って行きそうな、そんな訳有り銘柄です。

とはいえ、今日の日経平均の急騰は、行き過ぎ、やり過ぎの感もあり、「天井三日」の例えがあります様に、いつ潮目が激変しても不思議ではないと観ています。
ちなみに、明日、先物が33,×××円以下で引けて来たら、一気に潮目が変わり、今年の新高値を抜き去る為に必要不可欠な大きめの下振れが入りそうですからね。
その下振れを追い風に大きく値を飛ばして来るのが、会員ページで紹介中の訳有り銘柄達なのです。

いずれにせよ、日経平均は、このまま今年の最高値を上抜く事は無いと観ていますので・・・

今のこの局面は、かなり重要な局面だと思いますよ。
喜び過ぎる事なく、流れを確りと見極めて立ち回る時だと観ています。
ここからの利喰い場、護り所、引き場については、会員ページで毎晩紹介している“先物転換値”が教えてくれますので、それに則って淡々と立ち回ればいいだけの事ですからね。

さー、別の意味で面白くなって来ましたよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2023年11月14日(火)

  “先物転換値”が確りと方向性を示してくれるから大丈夫ですよ。 

                11月14日(火) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株は今晩の米CPI発表を控えマチマチの展開。
日経平均も高寄り後はフラフラと方向感に乏しい動き。
今晩22:30発表の米CPIを受けた米市場の展開次第では、日本株も大荒れの展開となりそうですからね。

そんな展開の中、確りと方向性を示してくれるのが、会員ページで毎晩紹介している“先物転換値”なのです。
この“先物転換値”が示してくれる方向に乗っかって、稼ぎまくればいいだけの事ですからね。
先物売買でも、訳有り個別材料株でも・・・

いずれにせよ、この“先物転換値”を羅針盤にして流れ方向性を確りと見極める事が出来ているからこそ、この「生き馬の眼を抜く」と言われる株式相場の世界を長年生き抜き、勝ち抜く事が出来たのです。

この株の世界で勝ち抜き、そして大きな財を築きたい方は、お急ぎご入会下さい。
今の局面は、年末年始相場を左右する重要な局面と観ていますので、ここで乗り違えたら大変な事になりますし、上手く乗る事が出来たら、そのご褒美は桁違いのものになるでしょうからね。

さー、如何なる目が出ますやら・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2023年11月13日(月)

             潮目が変わったのか・・・

                11月13日(月) 18:10更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、大幅反発も明晩のCPIを気にする展開が観られるのか気になるところです。

日経平均は米株高に連られ高寄りし、直近ザラバ高値を上抜いたものの、終り値は小幅高で高値圏での陰線を示現。
強相場継続か、弱相場に転換したのか気になるところでしょうが、当倶楽部の会員様は“先物転換値”がありますので、余裕で立ち回って頂いていますけどね。
あと数日もすればハッキリと観えて来ると思いますよ、本流が・・・

そして、年末年始に向け着々と事を運んでいるのが、訳有りの個別銘柄達。
仕掛けは、ある日突然に始まりますので、その仕掛けのタイミングで参戦して頂き、筋の動きに連動する形で、大きく値幅を取って頂こうかと考えているところです。

そんな訳有り銘柄達の中から、年末年始に大きな相場を出す銘柄が出て来るのです。
SP高を交えて急騰し、アッという間に株価倍増なんて凄銘柄も出て来そうですからね。

訳有り個別銘柄にとって、いい地合となりそうな気配がプンプンと漂い始めていますので、早めにご入会頂いて、訳有り個別に参戦し、目の覚める様な急騰相場で大儲けして頂けたらと思います。

新たに用意してる訳有り銘柄の中から大相場を出す銘柄が続出しそうですからね。

明日突如、大攻勢が始まるやも知れませんよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2023年11月10日(金)

  厄介な相場ほど“先物転換値”が効力を発揮するのです。

                11月10日(金) 18:10更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均はまさに「株は詭道なり」を地で行く展開。
打たれ強いというか、単に強いというか・・・

ただ、そんな強い動きの日経平均ですが、このまま7/3(月)の33,753円を上抜く事は無く、上抜くには一調整入れて日柄を十分に消化してからだと観ています。

そんな潮目の変化は会員ページで毎晩紹介する“先物転換値”が教えてくれますからね。
来週月曜日に先物が32,×××円以下で引けて来たら、変潮の可能性がグググッと高くなりますので、先物買い建てはドテン売りの好機となりますし、現物売買の方は、手持ち買い玉の目先利喰い場となりますので早めに利喰って、先物に売りヘッジを掛けるか、(1580)日経平均ベアに買いを入れて、来たる本格調整入りに備えるのです。

更に、全体が「コツン」と来る前に次の物色の流れの主流となるであろう訳有り個別株を「三段構えの買い下り」で参戦し、年末年始の個別物色相場へ早めに参入するのです。

そして、先物転換値が「コツン」のタイミングを先に教えてくれますので、その時には先物売りヘッジの決済益出しを急ぎ、先物ドテン買いを急いで、次は強気で強相場に付いて行く態勢を取るのです。
既に、年末年始相場で攻めるべき訳有りの凄銘柄は用意出来ていますので、あとは参戦タイミングを見計うだけですので・・・

とにかく今は、毎晩会員ページで紹介している“先物転換値”で、全体の強弱を見極めながら、次の潮目の変化の時を待って頂いているところです。
そこからが、年末相場に向けての本当の勝負どころだと観ていますので・・・

どのタイミングで、どう動いたら良いか、また何を攻めたら良いのか、分らない方はお急ぎご入会下さい。
どんなに厄介な相場でも、当倶楽部の“先物転換値”が見事に解決してくれますからね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2023年11月09日(木)

             変潮の先を睨んで・・・

                11月9日(木) 18:10更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株の長期金利低下を好感する流れが続く中、日経平均は3日ぶりに反発し、下げ分の88%をリカバリーする動きを観せています。
これぞまさに「株は弱くなるまで強い」を地で行く展開。

それでも明日はSQ。
SQ跨ぎで流れが激変したケースはこれまで幾度もありましたので、少し警戒したいところでもあります。

明日、先物が32,×××円以下で引けて来たら、弱相場転換の可能性が高くなりますからね。
その時が先物ドテン売りのタイミングであり、先物売りヘッジ掛けの好機でもあるのです。

また、全体の流れの変化を先取りしてか、ターゲットにしていた超短期値幅取り狙いの銘柄に、筋の用と思われる買い物が断続的に入っていましたので、この先の変潮を考え筋と同じタイミングで会員様には参戦して頂いたところです。
流れが変われば、この手の訳有り個別株に攻勢が掛かり、チョウチン筋を誘い込みながら大きく値を飛ばす事になるからです。

そんな短期値幅取りの個別銘柄達の中から、年末に掛けて想像以上の相場を出す銘柄が出て来るのです。
その銘柄の候補の1つが、本日会員様に参戦して頂いた訳有り個別なのです。

まだ、この銘柄の他にも、楽しみな銘柄が控えていますので、状況を観ながら、矢継早に紹介して行こうかと考えていますので・・・

明日、先物が32,×××円以下で引けて来て、流れが変われば、先物ドテン売り、先物売りヘッジと本日新たに紹介した超短期値幅取り狙いの訳有り個別とでWで大きく稼いでもらう事が出来そうです。
こんな美味しい局面は、そうそうあるものではありませんからね。

お急ぎご入会下さい。

個人投資家好みの流れは、もうすぐそこまで来ていますよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -