明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2022年05月17日(火)

          美味しい局面に突入しますよ。

                5月17日(火) 18:30更新

フシ抜け前の一服中の日経平均。
一気にフシ(25日線、75日線)を抜け、5/6の戻り高値を抜けて、4/21〜4/22の2つ目の窓を埋めに行くのか注目です。
・・・この程度の戻しでフシに打ち返される様なら、3/9の底抜けもありそうですからね。

そんな中、今裏取り中の凄銘柄ではなく、短期でかなりの値幅取りが狙えるという新銘柄が、ここに来て急動意づいて来ましたので、短期で1回転つけて頂こうと思い本日紹介参戦して頂いたところです。
中長期では、かなりの上値を望む事が出来そうですが、ここはあくまでも短期値幅取り狙いという事で、目先4〜5割高狙いとして参戦して頂きました。
今の本命は裏取り中のあの銘柄ですので、その前に1回転つけて頂く・・・って感じです。

ただ、裏取り中の銘柄に早耳筋の買いが入って来た時は、見切発射的に参戦して頂いて初動からの大幅高に乗っかってもらおうとも考えていますので・・・

とにかく、ここからは訳有り個別の中から大きく化ける銘柄が出て来るという事です。
ここまでの新興系のダラダラとした下落で多くの目先筋、素人筋は投げ売らされて値が軽くなった銘柄が多いですので、仕掛けるなら、この手の値が軽くなった訳有り個別が何より効率的に値幅が取れそうですからね。

まだまだ他にも、ファンド系、材料系、極秘系の銘柄の情報が入って来ていますので、適時タイミングを観ながら全体の強さも観ながら、参戦して頂こうと考えていますので・・・

地合が悪くなったら、確りと先物に売りヘッジを掛けておけば大丈夫ですからね。
(←左の“過去の紹介履歴”で確認を)

さー、美味しい局面はこれからですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年05月16日(月)

            「頭と尻尾はくれてやれ」

                5月16日(月) 21:00更新

先週末に強相場へと転換した日経平均、75日線と25日線に打ち返される形で上げ幅を縮める展開。
まずは、この75日線と25日線を上抜けて4/21〜4/22の二つ目の窓を埋め切る事が出来るのかに注目です。

そんな中、ここに来てまた新たな有望銘柄の情報が飛び込んで来ました。
別ルートからの情報も合せると凄い背景と材料がある様ですので、裏取りを急いでいるところです。

地合が地合だけに、早耳筋が動き出せば一気に火が付きそうですので、出来ればその前に参戦して頂こうと考えているところです。
先に動きが出たら、今回は何の躊躇もする事なく参戦して頂こうと考えていますので・・・
裏取り完了が先か、早耳筋が動くのが先か、ってところです。
(この銘柄については、“極秘個別情報会員”で紹介予定です。)

また、“225先物売買会員”様は、先週末にドテン買いに回り、既に500円幅超の評価益を出して頂いています。

当倶楽部の基本方針は、「頭と尻尾はくれてやれ」ですので、実績的にはあまり大きくはなっていませんが、個人個人では大突込みの局面で半分益出し決済したり、急騰局面でも少しずつ売り上がる形で益出し決済している方もおられますし、何より毎晩、翌日の“高値目処”と“安値目処”をお教えしてありますので、それを目安に立ち回る事で、噴き値売り、突込み買いと超目先で立ち回る事も出来ているのが実情です。

←左の“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ、ほぼほぼ的確に中期波動の変化を予測し“先物転換値”として前日の夜に転換値を教えている事がお分り頂けると思いますので・・・

とにかく、中期波動の潮目の変化を読み切る事が出来るからこそ、攻めと護りを確りと分けて立ち回り、大きな大きな利益を取る事が出来ているのです。

この毎晩紹介の“先物転換値”は、貴方の心強い味方になってくれるはずですよ。

個別株の情報力も凄いけど、中期波動の読みも凄いという事です。

大きな大きな利益、掴み取って下さいね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年05月13日(金)

    弱くなるまで、この強相場に付いて行く事にしましょう。

                5月13日(金) 19:00更新

日経平均、あまり良い話が無い中「見えない神の手」が入ったのか、大幅反発に。
「5月SQ日」はこれで3年連続の大幅高。

ここに来て、ナスダックが昨年11月からの下落幅が−30%を超えていましたので、(−30%は一旦下げ止まりの節目となり易い)そろそろ目先底打ちも・・・と観ていましたが、日経平均が先に反応するとは驚きです。
とはいえ、今日の大幅高は好業績銘柄の買いや自律反発狙いの買い、更には先物買い戻しを交えての急騰でしたので、ここから上は誰が買って来るのかが気になるところです。

とりあえず目先反発し、1つめのターゲットである窓(5/9〜5/10)を埋めて来ましたので、次は下げて来る25日線、75日線に打ち返される事なく上抜けて、2つめのターゲットである窓(4/21〜4/22)を埋めに行くのか注目したいところです。

いずれにせよ、ここからも毎晩紹介の“先物転換値”に則って、上手く流れに乗りつつ利益を積み上げて頂こうと思います。
そして、本日強相場に転換しましたので、新たに訳割り個別を2銘柄ほど紹介し参戦して頂きました。
リバウンド取りからの本格攻勢に期待している凄銘柄2銘柄です。

とにかく、今の様な読みにくい地合、見通し辛い相場の時は、“先物転換値”に則ってメリハリをつけながら淡々と臨むのが一番ですからね。
(←左の“過去の紹介履歴”を見ればお分り頂けると思います。)

強相場に転換したばかりです。
弱くなるまで淡々とこの強相場に付いて行きつつ、確りと訳有り個別で短期値幅取りを狙って頂けたらと思います。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。

弱相場への転換の時は、毎晩紹介の“先物転換値”が先に教えてくれますので、それに従って確りと先物に売りヘッジを掛けて護りに入ればいいだけの事ですからね。
安心して臨めますよ。
 

  2022年05月12日(木)

        米株の「コツン」で景色は一変する。

                5月12日(木) 19:30更新

ポイントである26,000円を大きく割り込んで来た日経平均。
こうなると“逆三尊崩れ”となり、目先は下げ足を早めそうです。
と、なると次のターゲットは3/15〜3/16に空けた窓埋めか・・・

その後は、二番底形成に向け、これまでの波乱の傷を癒す形で細かな上下動を繰返しながら“二番底打ち”に向う事になりそうです。

そんな中、会員様には26,750円どころで建てて頂いた先物売りヘッジを抱えつつ手持ち買い玉を大きく減らして、この波乱の展開に備えて頂いていましたので、今回もまた波乱を逆手に大きな利益を取って頂く事が出来そうです。
(←左の“過去の紹介履歴”でご確認下さい。)
そして次は、「コツン」からの反転上昇のタイミングを“先物転換値”で知り、強相場に付いて行く態勢を取って頂くだけです。

「225先物売買会員」様は、先物をドテン買い増しして次は強相場に付いて行ってもらいますし、「極秘個別情報会員」様には、まずはリバウンド取りで新訳有り銘柄を一気に公開し、その後は銘柄を絞り込みながら短期値幅取りを狙ってもらおうかと考えているところです。

いずれにせよ、毎晩新たに紹介する“先物転換値”で潮目の変化をいち早く察知して先手を打つ事が出来るからこそ、弱い流れの時(弱相場の時)に先物を売り建てして大儲け出来ますし、強い流れに変わったら、ドテン買い増ししたり、新たな訳有り銘柄に参戦する形で強相場に付いて行き短期で大儲けを狙えばいいだけの事ですからね。
だからこそ「生き馬の眼を抜く」と言われる株の世界で、長年生き抜き勝ち残って来られたのです。

ここまで来ると、米株が目先落ち着いたら(コツン)、状況はガラッと一変しそうですからね。
明日なら、先物が26,○○○円以上で引けて来たら、強相場復活となり景色が一変しそうです。

難しい局面です。
だから“先物転換値”に則って立ち回って頂きたいのです。
生き残りそして勝ち残る為に・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年05月11日(水)

          「先物長者」続々輩出中!!

                5月11日(水) 18:10更新

日経平均は、米長期金利の2日連続低下を好感したハイテク株買いで4日ぶりに小反発となったナスダックを好感し小反発。
今晩発表される「4月消費者物価指数(CPI)」(日本時間、21:30発表)を受け、米株が如何なる反応を観せるのか注目です。
CPIはインフレの重要指標ですからね。

そして日経平均は、26,000円を割り込んで引けて来るかに要注目です。
26,000円を割れて引けて来れば、3/15〜3/16に空けた窓を埋めに行くでしょうし、それを埋め切れば、目先底割れを意識する事になりそうだからです。
また、26,000円を割り込んで引ける事なく、強相場に転換する事になれば、3/25につけた戻り天井後の下落過程で空けた3つの下落窓(4/5〜4/6、4/21〜4/22、5/9〜5/10)を順番に埋めに行く事になりそうです。

ちなみに、明日の“先物転換値”は、26,△△△円です。
明日、先物が26,△△△円以上で引けて来れば、強相場への転換の可能性がグググッと高くなりますからね。

とにかく、この“先物転換値”に則って淡々と立ち回る事で、大きな利益を取る事が出来るのです。
強相場に転換したら、訳有り個別銘柄で短期値幅取りを狙い、弱相場へと転換したら、買い玉を一気に利益確定し、先物に売りヘッジを掛けて護りを固め、波乱を逆手に取って大幅利益を取りに行くのです。
(←左の“過去の紹介履歴”でご確認下さい。)

いずれにせよ、この“先物転換値”が攻め所、護り所を教えてくれますので、それに則って立ち回る事で、大きな利益を取る事が出来るという事です。

・・・目先潮目が変わるやも知れませんよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。



←にある“無料本音メルマガ”への登録、強くお勧めします。
本文では中々書く事が出来ない本音をポロッと書いてしまう事もありますし、超極秘ネタのヒントも意識して書く事もありますからね・・・
立ち会い日の夜、1日1通だけ“無料本音メルマガ”を配信しております。
同業他社の様に、1日数通から数十通の勧誘メールの配信等は全く行っていませんので安心してご登録下さい。
仮にあったとしても月一程度、特選情報を入手した時にお知らせする程度です。
 


- Web Diary ver 1.26 -