無料本音メルマガ(毎晩配信中)  バックナンバー

毎週土曜日に過去一週間分のデータをまとめて追加します。
(約一ヶ月分の過去のデータを掲載しております。)


変潮を見逃す事なく確りと対応するのです。 2020年10月22日(木)

  約2ヶ月半ぶりに25日線を割り込んで来たマザーズ指数の動向に要注目です。

早々に25日線を回復してくれたら、月末の第二次個別株大乱舞に向け加速して行く事になりそうですし、回復が遅ければ個別物色の流れを牽引して来た新興系訳有り個別達が大きく売られ値崩れを起こして、少し早めに個別株乱舞の流れが幕を閉じる事になりそうですからね。

そして、また新たな物色の流れが生じて米国新政権誕生以降100日間のハネムーンラリーに付いて行く形で、日本株もまた新たな相場と物色の流れに乗って上値を追う事になりそうです。

そんな変潮の兆しが観えた今、確りとマザーズ指数の動向を睨みながら、先に大きく動いた個々の銘柄の強さを観ながら肌で潮目の変化を感じて頂けたらと思います。

そんな中、当倶楽部では、変潮の先も活況が続くであろう“有力筋超値幅取り銘柄”を中心に攻めて頂く事にしています。
まだまだ相場は若いですし、まだ3合目あたりだと観ていますので、この変潮を機に大きく上げ加速となるものと観ていますからね。
今の様な波乱含みの展開の時こそが、絶好の買い場、仕込み場だと思いますので・・・

お急ぎのご入会、“有力筋超値幅取り銘柄”への参戦、お待ちしております。
 

短期で大きな大きな値幅を取って下さい。 2020年10月21日(水)

  月末〜月初の第二次個別株大乱舞に向け、いよいよラストスパートが始まりそうです。

これまで大きく動いて来たものは、最後の仕上げに向け小調整を入れ飛び出す準備を進めていますし、その他の訳有り個別達も、大乱舞に向けラストスパートに入りつつある様です。

そんな流れが生じ始めましたので、有力投資グループが一気に大攻勢を掛けて仕上げに入るという訳有り銘柄を今晩新たに紹介したところです。
一気の大攻勢から目の覚める様な爆上げが観られそうですので、急ぎ紹介に踏み切った次第です。

月末の第二次個別株大乱舞まで、あと一週間余り。
この間に如何に効率良く値幅を取りに行くのかが大事ですからね。

この有力投資グループが手掛ける訳有り銘柄で短期間で大きな大きな値幅を取って頂けたらと思います。

ここからが上げ本番です。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

お急ぎ下さい。 2020年10月20日(火)

  今月末〜11月初めに掛けて観られるであろう第二次個別株大乱舞に向け、流れが加速しつつあります。
当倶楽部の紹介銘柄達も大きく値を飛ばす銘柄達が続出しています。(トップページ左にある“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ、お分り頂けるはずです。)

そんな中で、その存在感を全面に打ち出して次に大きく値を飛ばして来るのが、激推し中の“有力筋超値幅取り銘柄”。
月末に向け目の覚める様な爆上げが見られそうです。

そして、昨日新たに紹介した有力ファンドが短期値幅取りに出るという新興系銘柄も、いい感じで動いており、ここから一段と上げ足を早め怒涛の大攻勢が始まる事になりそうです。

とにかく今は、個別材料株が目先ピークをつけるであろう第二次個別株大乱舞までに如何に効率良く利益を取りまくるのかが重要ですからね。
それまでの約2週間の間に、どれだけ稼ぐ事が出来るのか、これをテーマに強気強気で攻めまくってもらっているところですので・・・

お急ぎ下さい。
日が経つに連れ、大きく値幅が取れる銘柄が少なくなって来ますよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

まだ間に合います。 2020年10月19日(月)

  米株は、大統領選挙後の100日間のハネムーンラリーへの期待が高まっていますし、日本株は年末ラリーへの期待が高まっています。
日経平均は戻り高値を更新し、「小動きの後に大振れあり」となるのか注視したいところです。

そんな中、物色の流れは月末の第二次個別株大乱舞に向けて加速しています。
9月末に紹介した(4490)ビザスクは、先週末、今週と連荘でストップ高になっていますし、△△△は目先調整完了からの大攻勢が始まりそうです。

そして、当倶楽部の激推し銘柄である“有力筋超値幅取り銘柄”は目先振い落し完了から上げの第二波に向け力強い動きを観せています。
このまま一気に値を飛ばし上値を追う事になりそうですので、急ぎ参戦して、その強烈な値幅取りを実体験して頂けたらと思います。

また、本日新たに紹介した有力ファンドが短期値幅取りに出て来る新銘柄も怒涛の大攻勢からSP高を交えながら一気の上値追いが観られそうです。

いずれにせよ、ここからは月末の第二次個別株大乱舞に向け如何に効率良く値幅を取るのかが重要になって来ますからね。

お急ぎご参戦下さい。
ここからが一番美味しい局面となりそうですから・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

月末の第二次個別株大乱舞に向けてラストスパートです。 2020年10月16日(金)

  9月23日より継続推奨中の(4490)ビザスク、好決算を好感しストップ高買い気配で大引けとなっています。
また、今週水曜日に新たに紹介した○○○も有力ファンドの攻勢により大きく値を飛ばし始めています。

ここに来て、個別株の決算プレーが目に付いていますが、これも月末月初の個別株大乱舞に向けての流れの1つかと。
いい感じで個別株循環物色の流れが続きながら、月末月初の大乱舞に雪崩込んで行くのです。

当倶楽部激推し中の“有力筋超値幅取り銘柄”も上手くリズムを刻みながら、最終局面の連続SP高に向け着々と歩を進めていますからね。

こんな状況の中、有望株の新たな情報が矢継早に飛び込んで来ています。
これらについては、週明け早々の地合、流れ、玉の入り方、等々を観て適時紹介して行こうかと考えているところです。

月末の個別株大乱舞となるまでのあと2週間の間に、如何に効率良く利益を取るのかが重要になって来ますからね。
だからこそ、訳有り個別を選りすぐって紹介し、効果的に大きな利益を掴み取ってもらうのです。

取れる時に目一杯利益を掴み取って下さいね。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

一気に上げ加速となりそうです。 2020年10月15日(木)

  日経500が1989年12月につけた大天井を上抜いて来ています。(昨日)
これに続きそうなのが、マザーズ指数。
約87%の戻りを演じ更なる高みを目指している様ですので、期待したいところです。

これらの強さの背景にあるのが過剰な資金流入です。

米株はハイテク株中心のナスダックを中心にバブル相場を思わせる強い動きが続いています。
このコロナ禍においてハイテク株の役割、重要性が見直される中でのこの動きこそが、世界の相場を牽引するにふさわしいと観ています。
ナスダックを追随するNYダウ、SP500の動向にも注目したいところです。

そんな中、新興系銘柄達がバブル的動きを観せつつある中で、当倶楽部の紹介銘柄達も大きく値を上げつつあります。
その中で、より大きな期待を持っているのが、10月メイン銘柄である“有力筋超値幅取り銘柄”です。
まだまだ相場は若いですし、まだ立ち上がったばかりですし、いいリズムを刻みながら史上最高値抜けからの怒涛の青天井一気駆けを狙っていますからね。

だからこそ、未だ大きくは動いていない今のうちに確りと種玉を手当てして、超大相場にトコトン付いて行く準備をするのです。

まずは今月末の第二次個別株大乱舞に向け力強く走り出すと思いますので・・・

一気の上げ加速が始まりそうです。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

「大きく取れるうちに大きく取る」 2020年10月14日(水)

  月末月初の第二次個別株大乱舞に向け本格攻勢が始まった銘柄達が散見されています。

その中心銘柄となりそうなのが、当倶楽部の10月メイン銘柄である“有力筋超値幅取り銘柄”。
想定通りに、本日より有力筋による本格的攻勢が始まっています。
あとは一気に最高値をブチ抜き、青天井一気駆けからの駆け上りに期待したいところです。

この他にも○○○や△△△△△△△△はもちろんの事、本日新たに紹介した□□□も有力ファンドが一気に仕上げるべく大攻勢に入った様ですからね。

「大きく取れるうちに大きく取る」
「儲けれるうちに目一杯儲ける」
これが個人にとって重要になって来ますからね。

個別株がピークを迎え大乱舞となる月末月初まで、如何に効率良く利益を取るのかが重要になって来るのです。

ここからは、より一層の強気攻めで対処したいと考えているところです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

始まります、怒涛の大攻勢が・・・ 2020年10月13日(火)

  第一次個別株大乱舞に向け、先駆した訳有り銘柄達が目先ピークを打ちそうな中、当倶楽部の主戦銘柄である10月メイン銘柄の“有力筋超値幅取り銘柄”は、月末の第二次個別株大乱舞に向け本格的な攻勢が、いよいよ始まりそうです。

まだ相場も若いですし、何せ手掛けている有力筋の力は半端ありませんからね。
明日から、流れに乗っかる形で、怒涛の大攻勢が始まる事になりそうです。

そして、月末の第二次個別株大乱舞に向けて一気に最高値を上抜き、目の覚める様な青天井一気駆けを観せてくれるのです。
それだけの背景と材料、そしてポテンシャルを秘めた銘柄こそが、この“有力筋超値幅取り銘柄”なのです。

明日から一気の大攻勢が始まりそうです。

もう時間がありませんよ。

お急ぎのご入会、“有力筋超値幅取り銘柄”へのご参戦、お待ちしております。
 

水曜日には大きな動きが・・・ 2020年10月12日(月)

  米株、吊り上げ相場継続も、日経平均は先週末のザラバ高値更新してからの小反落で高値警戒感が出たのか、小幅続落に。

そんな中、個人投資家好みの個別循環物色の流れが強まり、裾野が広がりつつある様です。
先駆個別銘柄達が一服する中、今日は休養十分の訳有り個別株が活況を呈しています。
第一次個別株大乱舞、第二次個別株大乱舞へ向け、個別株総乱舞に向け着々と準備が進められているかの様です。

これら個別達の中心銘柄を務める事になりそうなのが、当倶楽部の10月メイン銘柄である“有力筋超値幅取り銘柄”。
今週末に掛けての大攻勢を意識する感じで、確りと足場を固めながら、一気飛び出しの好機を探っているかの様です。
日柄からして、水曜日には大きな動きが出ると観ていますので、お急ぎ参戦して頂いて、お急ぎ種玉を手当てして頂いて、有力筋の一気の大攻勢をお待ち頂けたらと思います。

怒涛の大攻勢に付いて行く準備をして下さい。

お急ぎのご入会、“有力筋超値幅取り銘柄”へのご参戦、お待ちしております。
 

もう時間がありません・・・ 2020年10月09日(金)

  来週の米株の注目は・・・トランプ大統領が健康な姿を見せられるのか。
新たな追加財政策が出て来るのか。
ワクチン、治療薬に進展があるのか。
これらトリプルサプライズに関連した材料が出て来て、それに市場が如何なる反応を観せるのか気になるところです。

そして、日本株の注目は・・・
日経平均が想定通りの二進一退の歩みを進める事が出来るのか。
更には、加速しつつある個別循環物色の流れの中で、先駆し大きく動いていた訳有り個別株が来週の第一次個別株大乱舞の中で目先ピークを打つ動きを観せ、代って月末の第二次個別株大乱舞に向けて、第二陣として、新たな訳有り銘柄が出て来るのかに注目したいところです。

その第二陣の中心銘柄に成るべく、当倶楽部激推し中の10月のメイン銘柄である“有力筋超値幅取り銘柄”は、月末の第二次個別株大乱舞に向け、有力筋の用と思われる買い物が断続的に入っており、週明け早々からの大攻勢をうかがわせる様なそんな値動きを観せています。
月末の第二次個別株大乱舞に向けてあと3週間で、どこまでの上値追いを観せてくれるのか楽しみでなりません。

週明け早々、一気に飛び出してから上値を追うのか、それとも足場を固めながら相場を造りつつ、仕上げでドカンドカンドカンと大きく値を飛ばさせて目先天井を打たせるのか、全ては有力筋の腹次第ですからね。
だからこそ、筋の邪魔をしない様に静かに参戦して大相場を取らせてもらうのです。

もう時間がありません。

お急ぎのご入会、“有力筋超値幅取り銘柄”へのご参戦、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -