無料本音メルマガ(毎晩配信中)  バックナンバー

毎週土曜日に過去一週間分のデータをまとめて追加します。
(約一ヶ月分の過去のデータを掲載しております。)


「チャンスは後ろハゲ」、確りと前髪を掴み取って下さいね。 2017年06月22日(木)

  全体は波乱含みの展開となりそうです。
原因は原油の下落。
このまま42ドルを割り込んで来たら、40ドル割れまで節らしい節はありませんからね。
この原油安の悪影響が米株に波及して来ています。
今晩もこの影響でNYダウが続落する事になれば、一段とリスクオフの流れが鮮明になるものと考えます。

何とか111円どころで踏み止まってドル円もズルッと来て110円割れを観に行きそうです。
そうなると、おのずと日経平均も・・・厄介です。
明日、先物が20,△△△円以下で引けて来る様なら、要警戒です。

そんな波乱含みの展開を想定し、本日新たに新興系銘柄を紹介しておきました。
外資絡みでかなりの高みを狙っている銘柄です。
全体が波乱の展開となれば、この手の銘柄は、更に活力をみなぎらせ一気の上値追いとなるでしょうからね。

それともう1つ。
例の“大思惑銘柄”が発射準備完了と言わんばかりの動きを観せました。
この分だと週末の明日あたり、本格的に手が入り、超大相場に向け飛び出して行きそうです。

この“大思惑銘柄”、皆様にとって大チャンスだと思います。
株で財を築く為の大チャンスなのです。
確りと掴み取って下さいね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

最悪を覚悟し 最善を夢見る 2017年06月21日(水)

  今晩のNYダウ、続落で下げ幅を広げる様なら要警戒に。
単に下げ渋ってもダメ。
下げ止まり小幅反発でもダメ。
そうなると、早いうちに史上最高値を更新しないと、かなり厄介な事になりそうです。

そんなNYダウの重要変化日を今晩に控えた日経平均は、重要変化日にもかかわらず反落。
明日、明後日も重要変化日ですが、今日から続落する様だと警戒レベルを引き上げなければならないでしょう。
明日、先物が20,○○○円以下で引けて来れば赤信号点滅という事です。
おそらくは今晩のNYダウの変動に左右されるでしょうから、今晩のNYダウの動向には要注目です。

昨日から一転して、弱さを観せそうな日経平均。
これを観て主力株は反転売られるものが目に付き、代って調整を入れていた新興系小型株に物色の流れが向い始めています。
当倶楽部で直近紹介した△△△もそうですけど、あの“大思惑銘柄”に際しては、明日あたり大きく動き出しそうな、そんな気配を観せていました。
十分に調整を入れた後、ピクッと来て伸び始め、そして本格上昇に向け日柄的に明日あたり筋からの訳有りの買い玉が入って来そうです。

この強気の動きの裏には、桁外れのポテンシャルと段違いの材料、それに格の違う筋が動いていますので、この三手揃いだからこそ、今年後半の出世株間違い無しと観て超強気推奨としているのです。

この手の銘柄は、気付いた時には株価は遥か上・・・買う事も出来ず、ただ眺めているだけの雲上銘柄となるのです。
そんな銘柄だけが超大相場へと発展して行くのです。

財築けますよ、この“大思惑銘柄”なら。
このチャンス、絶対に掴み取って下さいね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

このチャンス、確りと掴み取って下さい。 2017年06月20日(火)

  明日からの日経平均とNYダウの変動には要注目です。
日経平均は3日連続で重要変化日が続きますので、明日というより、今週の週足の陽線の立ち方が重要になって来ると観ています。

また、NYダウにおいては、明日から続伸が続く様なら、目先の危険度合は大きく減少しますが、明日から下げ幅が出る様だと警戒レベルを引き上げなければならなくなりそうです。

そんな中、更なる追い風に期待したいところですが、一番期待したいのが、FOMC重要メンバーによる米景気強気の見通しです。
昨晩もNY連銀ダドリー総裁による米景気強気見通しが示された事で、金利が上昇し、ドルが買われ、金融株が買い上げられNYダウの大幅高に一役買っていましたからね。
今晩もボストン連銀総裁、ダラス連銀総裁による講演がありますからね。
もう一風、追い風を吹かせてくれれば・・・

そして、物色は主力株より個別の方が未だ活況の様です。
昨日紹介した2銘柄、いずれも順調な値動きを観せながら上げ本番のその時を待っているかの様な値動きを観せています。
昨日、今日は、まだまだ準備段階の様で大攻勢が掛かるその時を今か今かと待っているかの様です。
おそらくは、週末に掛けてそれらしき動きが出ると思われますので、その前に確りと玉を手当てし心静かに、その時をお待ち頂けたらと思います。

特に楽しみなのが“大思惑銘柄”です。
準備は着々と進んでいる様ですし・・・

お早めのご入会、お待ちしております。

“大思惑銘柄”、今年後半の超目玉銘柄に成り得るものと確信しています。
 

財を築く事が出来る新銘柄、紹介しました。 2017年06月19日(月)

  核心部分の裏取りは出来ませんでしたが、本日、例の“大思惑銘柄”を紹介しました。
先週末、突如動意づき始め、本日寄り付きから妙〜な買い物が入っていましたので、躊躇する事なく、見切発車を決めたのです。

案の定、これまでの動きとは一変する値動きを観せ、この銘柄のポテンシャルの高さを見せつけてくれました。
スタートした様です、大相場に向けての第一歩を踏み出した様です。
この分なら月内にも、遥かなる高みを見に行きそうですからね。
凄〜い背景と材料も隠れていそうですし・・・裏は取れませんでしたけどね。

この他にも新たに1銘柄紹介しておきました。
この銘柄は、ファンド系の銘柄で、ここから大攻勢が始まるという短期値幅取りの銘柄です。
これは目先値幅取りで一回転・・・そんな銘柄だと観ています。

また、明日も1つ訳有りを紹介しようと思いますが、何せ情報元との約束があるだけに、紹介タイミングがかなり難しいですからね。
それだけの内容、背景を持つ銘柄という事です。

とにかく、今、攻め込んで頂きたいのが、“大思惑銘柄”。
桁違いのポテンシャルと格の違う背景と、段違いの隠れた材料を持っている様ですからね。(裏取りが出来ないくらい万全の態勢でガードを固めているという所で、ご判断頂けたらと思います)
この“大思惑銘柄”、今年後半の大出世株に成り得る銘柄だと観ています。

今のうち、今のうちに参戦して頂けたら嬉しいです。

お早めのご入会、お待ちしております。

財、築けますよ。
 

取れる時に取る!! 2017年06月16日(金)

  日経平均、2万円タッチ後の変動に注目です。
タッチ後、達成感から反落となるか否か。
タッチ後、更なる高みを目指す強さが観られるのか。
明日6/2は日経平均の重要変化日ですので、明日の高値を高値決まりにしたり、明日から下げ始めたりしないかにも注意する必要があります。
もちろんの事、米雇用統計またぎのNYダウの変化日も注目です。

そんな中、今晩新たに足の早そうな短期値幅取り狙いの銘柄を紹介しておきました。
某ファンド筋が玉を集め、満を持しての仕掛けに出て来ましたので、迷う事なく紹介する事にしました。(全てが情報通りの展開でしたから)
あとは地合と筋が大きく引っ張り上げてくれるでしょうから、淡々とその流れに乗っかり、大きな利益を手にするだけなのです。
そして、その利益をあのシークレット銘柄に回し、利益を何倍にも膨らますのです。
それこそが、株で財を築く為の極意だと考えます。

6月は少し毛色の違った個別株をガンガンに攻めようと考えています。
この手の銘柄の方が意外と新鮮で意外高するものが多く出て来そうですからね。

取れる時に大きく取る!!これが一番です。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

今年後半の大出世銘柄を・・・ 2017年06月15日(木)

  ・・・これだから相場は面白い。
昨晩の米市場、想定を全く裏切る展開となっていました。
4度目の正直は無く、これまでとほぼ同様の動きに。
ただ1つだけ違うのが、景気失速懸念が漂い始めた事。
これにより、年内あと1回の利上げのタイミングがかなり難しくなって来ましたからね。

ここまでの世界株高を牽引し支えて来たのが米国の好景気。
これに陰りが観えそうな今、(昨晩の消費者物価指数、小売売上高の悪化)これが市場にどんな影響をもたらすのかに注目したいところです。
NYダウはヒンデンブルクオーメンの悪夢を見る事にならなければいいのですが・・・

また、ドル円の変動を観てもリスクオフの流れが顕著に表れそうな感じです。
月足は一目雲に突入し、週足は雲のネジレでかろうじて踏み止まっていますが、日足は雲を下抜け直近安値さえも割り込み、108円10銭どころを視野に入れそうな動きとなって来ています。

日経平均も25日線を割り込んで引けて来ており、6/2高値を高値決まりとさせる様な動きになって来ています。
この状況での日銀の政策が気になるところです。
明日の日銀会合で出口論への言及があるか否かによっても展開が変わって来ますからね。

とにかく今は「最悪を覚悟し 最善を夢見る」って感じで臨むべきところだと思います。
当倶楽部の会員様達は、先に確りとヘッジを掛けながら護りながら攻める態勢で臨んでもらっていました。
先物に売りヘッジを掛け、会員ページに紹介してある銘柄達の“強さ”を目安に攻めて頂いています。
これら紹介銘柄達の中から、12日に紹介した○○○○が今にも飛び出しそうな動きになって来ています。
そうこうしているうちに、国内大手ファンド主導で一気の値幅取りが観られそうですので楽しみにしているところです。

また、只今裏取り中の“大思惑銘柄”、8割方裏は取れたのですが核心の部分である残り2割のところの裏取りが難航してるのです。
これだけガードを固めるという事は、かなりのものが隠されているのでは?と疑いたくなってしまいます。

いずれにせよ、裏取りを始めてから約10日あまり。
そろそろ決断しなければならないと考えています。
出来れば週明け月曜日には紹介の有無だけでも決めて、紹介するとしたら、如何なる戦術をもって攻め込むのかも考えたいと思っています。
出来れば見切発車はしたくはないのですが、裏が取れた部分だけでも、かなりのポテンシャルを持っているという事が確認出来ましたので、その部分だけでも、十分に今年後半の出世株の1つに成り得ると観ています。

今は、大きな潮目の変化の有無を見極めつつ、次なる新銘柄の攻め時を淡々と推し量る時だと思います。
特に“大思惑銘柄”を後半の勝負銘柄に推したいと考えていますけどね、今のところは。

この“大思惑銘柄”、大チャンスかも知れませんよ。
確りと確りと掴み取って下さいね。(その前に○○○○がドッカーンと来たりして・・・)

お早めのご入会、お待ちしております。
 

ここは「観自在 いつも水の如く」で立ち回りたいところ。 2017年06月14日(水)

  株の世界では、「3度目の正直」より「4度目の正直」の方が確率が高いのです。
明朝3時に出て来る米国の政策金利が引き上げられれば、4度目の政策金利引き上げとなります。
これまでの3回は、政策金利が引き上げられたにもかかわらず、長期金利は低下し一段の円高ドル安の流れとなっていました。
これは、QE3継続を読んで先に中国が米債券を大量に売った分を、QE3終了から利上げへと舵を切ったのを観て、売った分の米債を大量に買い戻したからだと思われます。
ここ3度に渡り買い戻した事で、かなりの分の買いは終ったでしょうからね。
今回も(4度目)そうなるかは少々疑問が残るところでもあるのです。

そこで浮んだのが“4度目の正直”。
これまで日経平均に逆風を吹かせて来た3度の利上げ後の反応に対し、今回は順風を吹かせるのではと期待したくなるところでもあるのです。
これまで、様々な株絡みの事柄で「3度目の正直」ではなく「4度目の正直」を目の当たりにして来た経験上、今回こそは・・・の期待も含めて、東京市場に追い風が吹いてくれるのを静かに見守っているのです。
その4度目の正直で追い風が吹き、更には週末の日銀会合で出口論に変化が観られれば、たちまち日経平均は21,000円を目指し一気に突走り始めるのではないかと・・・

まずは、今晩、明朝の市場の反応を観た上で、新たな戦略変更が必要か否かを判断し立ち回りたいと考えています。
もし、戦略変更が必要となる様なら、新たな戦略のもと、新たな武器(新銘柄)を会員様に与え、新たな流れに乗って頂くべく動いて頂こうかと思います。
潮目に大きな変化が生じない様なら、一昨日、今日とで新たに紹介した2銘柄が次の主役へと飛び出して行くでしょうし、新たな流れが生じた際は、それに合せた形で会員様には攻め入ってもらうつもりです。

全ては、明朝の米政策金利発表とその後のイエレン議長会見を受け、「4度目の正直」となるかに注目したいところです。
その変化により、大きな戦略を変更しなければなりませんから・・・
もちろんの事、これら流れの重要さの他に、情報の重要さもありますからね。
先に紹介した(3932)アカツキは今日も大幅高を演じていましたし、例のシークレット銘柄も上値追いに。
一昨日、今日新たに紹介した2銘柄は、発射準備完了・・・と言わんばかりの動きを観せています。
明日あたり目の覚める様なドッカーン高となりそうです。

色々な面で勝負どころは近そうです。

お早めのご入会、お待ちしております。

そろそろ、あの“大思惑銘柄”の裏取り結果が出そうですからね。
結果が良ければ、一気に攻め込んで頂きますよ、一気に・・・
 

新たな個別物色の流れに乗って・・・ 2017年06月13日(火)

  今週の重要イベントを控え、主力株はマチマチの動きも、個別物色の流れは、明らかに新しい流れが生じた様に思います。

これまで先駆して中・小型を引っ張って来た銘柄達は調整色を深め、代って相場が若く、機をうかがっていた銘柄達が値幅取りに動き始めて来ています。
「放り上げなければならない訳有り銘柄」として紹介しておいた(3932)アカツキ、小一服挟んで本日更なる高みを見に行く事に。
また、昨日紹介した新銘柄も順調に飛び出す攻勢を整えている様ですし、例のシークレット銘柄に至っては、目の覚める様な爆騰を演じ、次なる上昇への一歩を踏み出した様です。

そして明日も、全体の状況を観て、個々の玉の入り方を見て、新銘柄を紹介しようと考えています。
この銘柄、先週用意していた新銘柄でしたが、昨日の動きがあまりにも不甲斐なかった為に見送ったところ、今日になって全く別物の動き、聞き及んでいた動きとなりましたので、明日の様子を観た上で改めて紹介する事にしたのです。

ここに来て明らかに個別物色の大きな流れは変わった様です。
ここからは新たな視点で、確りと準備を整えていた銘柄達が次々に飛び出して行くのです。
これら新たな物色の流れの中から、また新たなスター銘柄が出て来るのではないかと期待しています。
あのブイ・テクの様に・・・
あのアカツキの様に大きく飛び出す銘柄が出て、その中から本当のスター銘柄が育って行くのです。

明日紹介予定の新銘柄、スター銘柄に成り得るポテンシャルは十分に秘めていると思いますので、是非とも参戦して頂きたいと強く思っています。
この銘柄も勝負出来ますから・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

大きな夢、掴み取りに行きませんか・・・ 2017年06月12日(月)

  目先は流れが変わりそうです。
米株はFOMCでの利上げを意識し織り込む動きが出るでしょうし、日本株は日銀会合での出口論に絡んだ動きが出るでしょう。

これらを裏付けるのが、米国は先週末にハイテク株に関する悪材が2つ出て(アナリストによるハイテク株リスク警告と、シトロン・リサーチによるエヌビディア株価下落予想)それに市場は敏感に反応していましたからね。
日本株も、このところ活況だったハイテク株が売られ、代って大手銀行株を中心とする金融株が買われていましたからね。
今週の2大イベント(FOMC、日銀会合)を意識する動きが出ています。

そんな変調の兆しが観える中、先週末に用意してあった新銘柄の紹介はあえて見送り、新たな流れを見越して、幕間つなぎ的銘柄で短期値幅取りに出てもらうべく新銘柄を大引け前に紹介しておきました。
これまで淡々と攻めの好機を待ち、ここに来て急動意づいて来たからです。
背景を観る限り、会社ぐるみで株価を吊り上げたいのかな・・・なんて連想してしまう様な銘柄です。
意外に早く、意外にデカクなりそうな、そんな訳有り銘柄です。

それと例の“大思惑銘柄”ですが、裏取りが難航しているところです。
かなりガードが固い様ですから、また別のルートからその真偽を確かめているところです。
これだけ固く情報管制を敷いているところを観ると、私が持っている情報は、あながち嘘ではない様に思えてしまいます。
果して、その真偽の証明まで辿り着けるのか・・・楽しみです。

たとえ辿り着けなくても、背景を隠して紹介するつもりですけどね。(これについては申し訳ありませんが、会員様の自己責任としてですけどね。)
私が今持っている情報が本物であるのなら、今年一番の大化け株に育つ可能性大だという事になりそうです。

いずれにせよ、今は変化に則って早回しで利益を積み上げ、その利益で“大思惑銘柄”を仕込みに入る・・・そんな大きなシナリオを描いています。
チャンスです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

週明け月曜日から攻め込みます。 2017年06月09日(金)

  3つの重要イベント通過。
2つは(ECB理事会、米公聴会)は難なく通過。
気になるのは3つめの英国下院選で保守党が過半数を取れなかった事。
これでまたEU離脱を巡るゴタゴタが再燃しますからね。
今晩の欧米株の反応と為替の変動、気になるところです。

そんな状況でしたので、念の為、本日の新銘柄の紹介は来週月曜日に先送りする事にしました。
ガラ(暴落)なんて事は無いと思いましたが、不透明要因が新たに出て来ましたので、とりあえず慎重に・・・としたのです。
今晩の変動、そして週明け月曜日の寄り前の状況を観てから、個々の銘柄の玉の入り方を確認して、矢継早に2銘柄を紹介しようと考えています。
よほどの事が無い限り、この2銘柄は紹介しようと思います。
訳有り中の訳有り銘柄2銘柄ですから・・・

そして、今裏取り中の“大思惑銘柄”も裏取りが終り、確認出来次第紹介しようと考えています。
これこそが、財が築ける銘柄であり、株の醍醐味を味わう事が出来る数少ない凄銘柄なのです。

週明け月曜日から攻め込ますよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -