無料本音メルマガ(毎晩配信中)  バックナンバー

毎週土曜日に過去一週間分のデータをまとめて追加します。
(約一ヶ月分の過去のデータを掲載しております。)


今買わずしていつ買うのですか??激推しの出世株2銘柄を・・・ 2017年01月12日(木)

  シナリオ的には違っていましたが、結果的に日本株の調整入りとなりました。

トランプ次期大統領の会見が始まるや否やドルが急落し、円高ドル安が一気に加速し、一時114.20円台まで。
その流れから、日経平均はドル安円高進行に連られ下げ幅を広げる展開となり、あっさりと25日線を割り込んで弱さを見せつつ大引けに。

会見で中国、メキシコと共に日本が名指しで批判された事で、逆風懸念やら、先々ドル高に対して強硬姿勢に出て来るのでは・・・との思いから、円高の流れが加速しているかの様です。
このまま114円台を割り込んで来る様なら112円台も観えて来ます。

・・・こんな状況を想定し、会員様には先に先物に売りヘッジを掛けて、波乱の中で狙うべき銘柄として、「2017年1番出世株」と「底値からの大出世株」の2銘柄を指示しておきました。
こんな状況にでもならない限り、この2銘柄の安いところを買うのが難しかったからです。

そして、全体の調整が一段落し、反転上昇に転ずる際には、次なる激推し銘柄として、「大器覚醒銘柄」を紹介し超強気で攻めて頂こうと考えています。

「2017年1番出世株」は紹介時の株価水準から3倍弱を狙い、「底値からの大出世株」は3倍強を狙って頂いています。
新たに紹介する「大器覚醒銘柄」は2倍強を狙って頂くつもりです。
そんな凄い銘柄達ですから、今からでも十分に間に合うという事なのです。
今からでも大きな大きな財を築けるという事です。
波乱含みの展開の中にある今だからこそ、果敢にこの激推し銘柄達を買いに行って頂きたいのです。
・・・結果は大きな財となって返って来るでしょうからね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

絶対に後悔しますよ、今仕込まないと・・・ 2017年01月11日(水)

  最後の仕込み場、絶好の買い場が近付きつつあります。
「2017年1番出世株」と「底値からの大出世株」。
こんな時でないと、中々に安い所は買わせてくれませんからね。

本日、イベントを前にこの2銘柄は王道を歩むべき動きを観せ、早めにお休みモードに突入していましたからね。
この早めの一服こそが、個別株を波乱の中で大きく育てる為の戦略になるのです。
今日の動きを観る限り、まるでこの時を待っていたかの如き動きをさせていましたからね。
この分だと、全体が調整入りになったとしても、“我関せず”とばかりに大きく上値を追って来そうですからね。
出来るなら、このお休みの間に、静かに押し目を買い下がり、次なる攻勢の時をお待ち頂きたいものです。
おそらくは、新たな材料と共に水準を大きく切り上げて来る事になりそうですからね。

とにかく、波乱含みの時でないと、安い所は買わせてはくれませんからね。
皆が買いの手が振り辛い時でないと、安い玉は仕込ませてはくれませんよ。

・・・チャンス到来です。

お早めのご入会、お待ちしております。

チャンスは後ろハゲ、確りと前髪を掴まないと逃げてしまいますよ・・・後悔しない為にも今のうちに。
 

NYダウ、中々に2万ドルをつけないのは妙だと思いませんか?? 2017年01月10日(火)

  ここに来て不穏な空気が漂い始めて来ましたよ、NYダウも日経平均も・・・

NYダウが未だに2万ドルにタッチ出来ずに高保ち合いしているのは、おかしいと思いませんか?
まるで、故意に2万ドルをつける事なく期待だけを持たせ、その間に、売り仕掛けの準備を進めている様に観えるのは私だけでしょうか??

もし、私がトランプ氏の側近中の側近で、彼をより大きな人間と観せる為にどんな演出をするかというと・・・
まずは、売り仕掛けの準備を進め(今の様に)、そして、「大統領就任式までは強いだろう」という根拠の無い期待を打ち砕く為に、11日のトランプ次期大統領の会見で悪役を演じさせ、期待を失望に持ち込む為のギリギリの演出をします。
それにより、大統領就任式を前に一度NYダウの相場を崩れるギリギリの水準まで急落させて就任式を迎えます。
その就任式の後も失望が加速し狼狽売りが出たところで、大好材料を出して一気に反転上昇させ、第3エンジンを点火させるのです。
その好材料こそが大幅な法人税減税。
この伝家の宝刀があるからこそ、就任式を前に激しい振い落しが掛けられるのです。

この激しい振い落しがあるからこそ、その先に大きな大きな相場が待っているのです。
就任式から100日間はハネムーン期間中でマスコミも下手な事は書けませんからね。
その間に力づくでNYダウを放り上げる事でトランプ氏の評価を大きく変える事が出来るのです。

そのシナリオに向けて動き始めたのが、トランプ氏のツイートではないかと・・・
ここで悪役の一面を出しておいて、11日の記者会見で更に悪役色を深め失望を誘い込む・・・そんな流れが始まるのではないかと考えています。

そんな兆候を感じたからこそ、ここに書いたのです。
だからこそ、“強い”に惑わされる事なく、“観の眼”を持って相場を観る事が重要になるのです。
ここしばらくは、波乱に備え準備を進める時だと思います。
トランプ氏が持っている伝家の宝刀(法人税減税)がデカイからこそ、それを出す前の大波乱(振い落し)には十分に警戒したいのです。
おそらくは、短期間で身の毛もよだつほどの振い落しを意識的に演出して来るでしょうからね。
その波乱をまともに喰ったら次なる反転上昇相場に初動から乗れなくなってしまいますからね。

そんな状況になったとしても、当倶楽部は全く慌てる事はないのです。
確りとヘッジを掛けつつ、あの「2017年1番出世株」と「底値からの大出世株」の押し目を淡々と買い下がるからです。
そして、全体が反転上昇へと転じた際は、新銘柄を一挙公開し、まずはリバ取りをし、その後は強い銘柄に資金を集中しつつ、出世株をも攻め込むのです。

とにかく、2つの出世株なら、何があろうと関係なく、今年は大きく大きく育って、皆さんに目の覚める様な財をもたらしてくれる事でしょう。
だからこそ、波乱含みの時こそ、果敢に買い下り、最後の仕込み場を攻めるのです。

「2017年1番出世株」「底値からの大出世株」なら大丈夫。
必ずや、皆さんの財を築く為にお役に立てるはずですからね。
この2銘柄、そんな波乱でもなければ、中々に安い所は買わせてはくれませんからね。

お早めのご入会、お待ちしております。

・・・ちなみに、トランプ政権の中枢には証券関係者が多く居るという事を忘れない事です。
 

2番出世株、3番出世株を・・・ 2017年01月06日(金)

  今晩の注目は、米雇用統計もありますが、昨晩のトランプ氏のツイートに対する市場の受け止め方や反応も気になるところでもあります。
この囁きによる影響の大きさをトランプ氏自身、如何ほどに考えているのかを見極めようとする動きが出るのではないかと・・・

昨晩、それらしき兆候が観えていましたからね。
ドルは売られ、米国債が買い戻され、NYダウは反落となっていましたからね。
これこそがトランプラリーを巻き戻す動きではなかったかと考える次第です。
今晩、ハッキリするとは言いませんが、ある程度ぼんやりとは観えて来ると思います。
市場がトランプ氏のツイートに対し如何に考えているかが・・・
仮に快く思っていないのであれば、更に巻き戻しの動きが加速されるはずです。

そうなれば、底固く推移していた日経平均も流れに含まれ反落となり下値を試しに行くものと考えます。
連休明け火曜日、先物が19,△△△円以下で引けて来る様なら、巻き戻しに入ったと見てほぼ間違いないという事になるはずです。
昨日、今日の物色の流れを観ても、この先の全体調整入りを想定したかの様な流れとなっており、主力は調整色を深め、代って指数より、より離れたところにある2部、新興系の銘柄が活気づいています。
これこそが、兆候を素直に感じ取った者達の行動の表れではないかと思います。

そんな流れに乗って、当倶楽部激推し銘柄の中の1つ「底値からの大出世株」もかなり良い動きになって来ています。
この分だと、近々、別の材料が飛び出して来そうですので更に楽しみが増すばかりです。
・・・もちろんの事、「2017年1番出世株」も。

そして、この2銘柄に続く出世株候補の情報が2銘柄ほど届きました。
前の出世株2銘柄同様、大相場の臭いをプンプンと放ち、今にも動き出しそうな、そんな銘柄達です。
これらについては、全体の状況、地合、個々の動きを観て紹介して行こうと考えています。
連休明け早々の紹介となるかは相場次第というところです。
紹介する際は「今年の2番出世株」、「今年の3番出世株」として紹介しようかと・・・

いずれにせよ、今年はガラ(暴落)もあるけど、大きな財を掴み取れる年でもあるのです。
だからこそ、ここは迷う事なく入会頂いて、我々と一緒に財を掴み取りに行って欲しいのです。

勝負はここからです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

とにかく、今のうちに・・・ 2017年01月05日(木)

  明日、先物が19,〇〇〇円以下で引けて来る様なら、弱相場入りが濃厚になります。
そうなると、ドル円も一気に116円を割り込み114円絡みを目指す展開へと向いそうです。

物色の流れも昨日の主力株中心の流れから、中・小型中心の流れと変わって来るのです。
今日の小型株の活況は、その兆候ではないかと考える次第です。

そんな中、当倶楽部激推しの「2017年1番出世株」も「底値からの大出世株」も、すこぶる順調な値動きを観せてくれています。
特に「底値からの大出世株」は、このまま見切発車するのではないかと心配したくなる様な動きを観せており、更に地合が味方する様な事になれば、見切発車もありそうな、そんな感じがしています。
私的には、もう少し底練りした後からでも・・・と考えてはいますが、手掛ける筋が強力なだけに、力づくでのスタートの可能性もありますからね。

また、昨晩「1月に手が入るであろう銘柄群」として新たに紹介した3銘柄も、出番を虎視眈々とうかがっており、仕掛けのタイミング待ちの状態にある様です。

とにかく、「2017年1番出世株」と「底値からの大出世株」を大きく動き出す前の今のうちに確りと仕込んでもらいたいのです。
2017年、大きな財を築く為にも、この2銘柄は欠かせない、そんな2銘柄ですからね。

後々、後悔しない為にも、今のうちに仕込んでもらいたい、そんな凄銘柄、2銘柄なのです。

お早めのご入会、お待ちしております。

本格的に動き出したら、手が出せなくなってしまいますからね、今のうちに、今のうちに・・・
 

“レジェンドローテーション”復活。 2017年01月04日(水)

  新年、明けましておめでとうございます。
今年はガラ(暴落)もあるが、財を築くチャンスもある年だと考えてます。
皆様のお役立てる様、精一杯励んで参りますので、何卒よろしくお願い致します。

NYダウ、新年早々良いスタートを切った様ですが(119ドル高)、ドル円のチャート形状や原油の55ドル台からの急落を観る限り、手放しで喜べそうにありません。

そんな中、日経平均はドル高に過剰反応する形で大幅高。
ポイントである19,515円を上抜くと更なる強さを観せ引け新値に。
19,515円を上抜いて引けた事で更なる高みを目指す動きに期待が掛かるところですが、ドル円のチャート形状(目先二番天井??)、原油の大きい陰線を観る限り、強気にはなれないところです。

そんな中、今晩会員ページにて、「1月に手が入るであろう銘柄群」として3銘柄を新規紹介しておきました。
本日紹介した3銘柄いずれも、少し地合が悪いくらいの方が存在感を十分に発揮し大きく動いて来そうですからね。
だからこそ、“あえて”紹介に踏み切ったのです。

これら3銘柄を効率良く転がして得た利益で、「2017年1番出世株」と「底値からの大出世株」を買い増しするのです。
他の銘柄で得た利益も同様に、この2つの出世株に回し、より効率良く財を築きに行くのです。
これこそが、数年ぶりに復活させた“レジェンドローテーション”。

このローテーションを用いて過去には会員様達の資金を十数倍までに増やした事がありましたからね。
その伝説のローテーション、“レジェンドローテーション”を今年数年ぶりに復活させるのです。

・・・株で大きな大きな財を築きたい方、お急ぎご入会下さい。
そして手始めは「2017年1番出世株」と「底値からの大出世株」の種玉を仕込んだ後に“1月に手が入るであろう・・・”をマークしておいて動きが出たところで買いの手を振り、強さに付いて行くのです。
まずは、この戦術を手始めにして、レジェンドローテーションに入って行くのです。

今がベストのタイミング。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

まずは激推し2銘柄を主戦銘柄にして・・・ 2016年12月30日(金)

  来年は数年ぶりに当倶楽部の裏技である“レジェンドローテーション”を復活させようと思います。

今のところは、先物に売りヘッジを掛け「来年の1番出世株」と「底値からの大出世株」を中心に、護りながら攻める戦略を取って頂いていますが、年明け大発会の夜に、新たに“1月に手が入り大きく動いて来そうな銘柄群”を紹介し、目先大幅値幅取り狙いとして動いて頂こうかと考えています。
全体の変動に合せヘッジを掛けたりしながら、主戦銘柄を決め、そして目先取りの銘柄にて得た利益で主戦銘柄を買い増しし、より大きな財を掴み取りに行くのです。
そして、万が一に備えたヘッジで波乱の時にはそれを逆手に取って利益を出して、その得た利益で、また主戦銘柄を買い増す。
そんなローテーションで大きな大きな財を築き掴み取りに行くのです。
これこそが“レジェンドローテーション”。
当倶楽部ならではのローテーションなのです。

新たに開拓した情報元により、この裏技が可能になったのです。
特に大相場を出してくれそうな銘柄情報については、別格のものがありますからね。
だからこそ、主戦銘柄を確りと決める事が出来るからこそ(今回は1番出世株と底値からの大出世株)、この伝説のローテーションが現実のものになったのです。

・・・大発会早々、フルスロットルで攻め込む予定です。

お早めのご入会、お待ちしております。

本年も、当メルマガをご愛顧頂き誠にありがとうございました。
また来年も皆様のお役に立てる様、全力で頑張って参りますので、一段のお引き立てのほど何卒よろしくお願い致します。

それでは、よい新年をお迎え下さい。
 

激推しの2銘柄を枕に年越しです。 2016年12月29日(木)

  いやー、ここに来てようやく全体は弱さを見せてくれました。
会員様には、先に19,400円以上のところで先物にヘッジ売りを掛けながら、「来年の1番出世株」を中心に護りながら攻める態勢で臨んでもらってましたからね。
良かったです、今回もまたヘッジが効力を発揮してくれそうです。

そんな中、「底値からの大出世株」もここ数日、にわかに動意づいて来ましたので、昨日から仕込みに入ってもらったところです。
今日の全体の反落のお蔭で、1番出世株同様、安い所を確りと仕込む事が出来そうです。
あとは、明日の大納会で、来年につながる様な動きを観せ、そして大発会で大相場を予感させる様な動きを見せてくれるかが楽しみでなりません。
状況次第では大材料が出て、ドッカーンスタートを切って、一気に超大相場に向けて大きく動き始めそうですからね、2銘柄共。

とにかく、2017年、株で大きな財を築きたい方は、この2銘柄を中心に攻めて頂くのが最善策だと思います。
「伝説の投資顧問」と呼ばれている当倶楽部が自信を持って激推ししている2銘柄ですからね。

お早めのご入会、お待ちしております。

「来年の1番出世株」と「底値からの大出世株」、この2銘柄を枕に年越しです。
 

年内にスタートを切りそうです。 2016年12月28日(水)

  NYダウのポイントは2万ドルタッチの後の動向。
特に年明け早々の変動には要注目です。
トランプ政権での減税を期待し、利喰いを来年に持ち越した向きが多い様ですからね。

そして日経平均の注目は、19,515円を上回って引ける事が出来るか否か。
遅くても年明け第1週までにこれが達成出来なければ、思い掛けない下値を観に行く事になりそうです・・・要警戒です。

そんな中、当倶楽部激推しの「来年の1番出世株」、すこぶる順調な足取りを観せ、年内にもドッカーンとスタートを切りそうな、そんな値動きになって来ました。
そして、これに続く「底値からの大出世株」もここに来て急に動意づき始め(矢継ぎ早に材料が出始めて来た)、今にも飛び出しそうな動きとなりつつあります。
そこで本日、条件付きでこの「底値からの大出世株」をメールにて紹介する事にしました。
この調子なら更なる大材料が出て来る可能性が高く、出れば間違いなく“常世離れ”的動きを見せ、株価水準を大きく切り上げて来そうだからです。
だからこそ、あえてこの年の押し迫った時に条件付きで紹介する事にしたのです。

「来年の1番出世株」も楽しみですが、「底値からの大出世株」も楽しみですからね。
この二刀流で大きな財を築いて頂きたいと思います。

株価は誰の都合にも合せてはくれませんからね。
兆候が観え始めた今のうちに早めに動かないと・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

大発会の夜、“今月、手が入り大きく動いて来そうな銘柄群”を復活させます。 2016年12月27日(火)

  来年は“今月、手が入り大きく動いて来そうな銘柄群”を大発会早々、復活させようと考えています。
以前にこの戦術のもと大きく相場を出した銘柄が続出しましたからね。
月の初めに数銘柄を先に紹介しておいて、動きが出たところ(筋が動き始めたところ)で乗って頂き、筋の動きに同調する形で攻め込むのです。
そうする事で、相乗効果から想定以上の高みを見に行く事になるのです。
そんな新戦術を大発会の夜から復活させる事にしました。

そして、当倶楽部激推しの「来年の1番出世株」、大納会大幅高を予感させる様な動きを観せてくれています。
この分だと、大納会にドッカ〜ンと来て、その勢いそのままに大発会でもドッカ〜ンとなり、超大相場に向けての狼煙を上げて来そうですからね。
今のうちに確りと仕込んでおいてもらいたいものです。

「来年の1番出世株」が超大相場に向けスタートを切ってしまったら、次に攻めるのは「底値からの大出世株」です。
これなら、1番出世株に仮に乗り遅れたとしても、値幅効果としては、こっちの方が大きそうですから、何とかカバー出来そうですからね。
そして“今月、手が入り・・・”の銘柄達があれば、投資効率は飛躍的に上がり、何度も唱えて来た“財を築く”が現実のものになるのです。

そんなスペシャルコースに乗るべく最後のタイミングが今なのです。
まずは「来年の1番出世株」を今のうちに仕込んで、次は大発会に紹介する“今月、手が入りそうな・・・”をマークしながら、「底値からの大出世株」の紹介を待つ。
それがスペシャルローテーションだと考えています。
今、入会するのがベストタイミング。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -