無料本音メルマガ(毎晩配信中)  バックナンバー

毎週土曜日に過去一週間分のデータをまとめて追加します。
(約一ヶ月分の過去のデータを掲載しております。)


変潮の兆しが・・・ 2019年01月16日(水)

  米株もドル円も上海株も日経平均も変潮の時が近付いて来た様に思えます。
いずれもがそれらしき兆候が観え始めましたからね。
明日、日経先物が20×××円以下で引けて来る様なら、間違いなく波乱へと突入する事になるでしょう。

こんな時だからこそ、大きく動いて来る超訳有り銘柄が出て来るのです。
会員ページで先に新シークレット銘柄として紹介した○○○○も、直近ファンド系銘柄として紹介した△△△△も、そして超大相場銘柄として紹介しておいた□□□もいずれの銘柄も満を持して大きく動き出しそうです。

とにかく今は、横目で先物転換値を睨みつつ、弱相場入りとなりそうなら、先物に売りヘッジを掛けて、高ポテンシャルで強い動きをしている銘柄に絞り込んで攻めながら、護りながら攻める態勢で臨むのです。
先物売りヘッジを掛けていれば、波乱時しか安い所を買わせてくれない高ポテンシャル銘柄を買い下りながら、次なる反撃のタイミングをうかがう事が出来ますからね。
そして買い転換(強相場が復活した時)となったら、先物売りを決済し大きな利益を取って、そのタイミングで高ポテンシャル銘柄達に一斉に買いを入れ攻めに転ずるのです。

このメリハリの効いた戦略があるからこそ、如何なる地合の時でも効率的に利益を上げて、大切な資金さえも護る事が出来るのです。
要するに買いでも取って、売りでも取る。
上昇相場で利益を出して、波乱相場でも利益を取るのです。

まもなく超難解な相場へと突入しそうです。
お急ぎご入会頂いて、私と一緒にこの難解な相場でも利益を確りと掴み取ってみてはどうですか・・・
今なら何とかギリ間に合いそうですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。

トップページ左の“過去の紹介履歴”で匠の技をご確認下さい。
 

まもなく潮目が変わりそう・・・ 2019年01月15日(火)

  中国の対米貿易黒字が過去最大に・・・
これを受け米株は反応らしい反応を観せる事はありませんでした。
その点が怖いのです。
この無反応が恐いのです。
時間を稼いで、その間に手持ちを売り逃げて、そして時間差でこの問題を蒸し返す形で相場を壊し売り叩く・・・
そんな策が施されている様に思えるからです。

この貿易黒字問題に素直に反応したのが日経平均。
寄り付きの大幅安がそれで、その後はダウ先物の上昇により打ち消された感がありましたからね。
今晩の英国ブレグジット絡みの問題も気掛りですが、この対米貿易黒字問題は更に重要だと観ています。

この分なら、米中貿易協議への悪影響は避けられないでしょうからね。
中国に対し、また新たな制裁措置が打ち出され、今協議中の問題が一発で噴き飛んでしまいそうですからね。
そうなったら、パニックというよりガラ(暴落)に近い下げに見舞われるのではないかと・・・

そんな難解な相場ですが、先物へのヘッジ掛けを覚えれば、怖がる事はないのです。
トップページ左にある“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ、その重要性、必要性がハッキリと見えて来ると思います。
相場が難しい時は、訳有りの個別株を狙い撃ちながら、全体に弱さの兆しが出た時(先物が売り転換となった時)には手持ちの買い玉を早めに利喰って、安〜い買い玉だけに少しだけ残して、先物に売りヘッジを掛けてまずは護りながら攻める態勢を取って、来るであろう波乱に備えるのです。
そして更に状況が悪化する様なら、ヘッジ売りを売り増しして、下落相場に淡々と付いて行きながら、次はドテン買いのタイミングを計るのです。

そのドテン買いのタイミングも先物の転換値を前の晩に示してますので、それを目安にして、強相場入りする様なら、ヘッジ売りを買い戻して先に利益を確定し、残してあった買い玉の銘柄に買いを入れ、今度は強相場に付いて行く態勢を取るのです。

こうする事で大切な資金を護るばかりか、逆境を利用して利益を取り、買いで攻め入る好機を掴む事が出来るのです。
この臨機応変な対応こそが、難解なる相場で生き抜き、そして勝ち残る秘訣なのです。

そんなこんなで、今日はSP高する銘柄が出ていました。
前にシークレット銘柄として紹介した(4592)サンバイオに匹敵するくらいのポテンシャルを秘めた銘柄として、この新シークレット銘柄を紹介したのです。
まだ他にも、隠れた大材料を内包する超大相場銘柄や有力ファンドが虎視眈々と大相場を目論む凄銘柄達も紹介してありますけどね。

いずれにせよ、今年は“ヘッジ掛け”の匠の技と情報の確かさがなければ生き抜くのは難しいと考えています。
だからこそ、冷静な眼で全体相場を観ながら、銘柄を絞り込んで攻めてもらっているのです。

生き抜き、勝ち残る為のご入会、お待ちしております。
 

連休明け火曜日が分岐点になりそう。 2019年01月11日(金)

  連休明け火曜日、先物が20×××円以下で引けて来たら、警戒レベルをググッと引き上げなければなりません。
この戻りも頭打ちとなり、次は下値を探る番となるからです。
この戻りが小さかっただけに底割れを強く意識しながら・・・

そうなれば、これまで大きく買われた銘柄に代り、新たに超訳有りの銘柄達が活気づいて来るのです。
例えば、今年の1番出世株候補である超大相場銘柄の△△△や○○関連として紹介したあの小型株あたりが、ここに来て急動意づき始めたのも、この潮目の変化を読んでの事だったと観ています。

また、連休明け火曜日に先物が20×××円以下で引けて来たら、売り圧力が一段と強くなり下値を探る流れへと変わるはずです。
だからこそ、この兆候を見逃す事なく先物に売りヘッジを掛けて、動意づき始めた△△△や○○関連のあの銘柄に静かに買いを入れ、護りながら攻める態勢を取って、来るであろう波乱に備えるのです。(トップページ左の“過去の紹介履歴”を見てヘッジ掛けの重要性を再認識して頂けたらと思います。)

いずれにせよ、注目は連休明け火曜日の先物の引け方と、△△△と○○関連の銘柄の動向です。
ここは勝負の分岐点となると観ています。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

明日が正念場。先物の引け方に要注目。 2019年01月10日(木)

  明日の先物の引け方には要要要注目です。
19,×××円以下で引けて来たら、今度は強烈な下値探りへと流れが変わりそうだからです。
この程度の戻りで頭打ちとなり弱い流れとなる様なら、底割れの可能性も出て来ますからね。

とはいえ、今日の日経平均が5日線を割り込む事なく踏み止まった点は評価出来ます。
明日はググッと5日線がセリ上がって来ますので、それに則って上げて来てくれれば問題はありませんからね。
5日線を割り込んで先物転換値(19,×××円以下)以下で引けて来た時が怖いのです。

だから、先物19,×××円割れを警戒しながら次なる新たな物色の流れを睨んで訳有り銘柄を静かに買い下がるのです。
バイオ関連株の乱舞も一巡した様ですので、また新たな物色の流れが生じると観ています。
次は○○関連に流れが向い始めると考えています。
また、悪地合だからこそ、我関せずと力づくで上げて来る様なファンド系の超大相場型の銘柄も出て来る可能性があります。
○○関連銘柄も、ファンド系大相場型銘柄も紹介してありますので、全体の流れを観ながら静かに買いに回ればいいだけの事です。

先物が19,×××円以下で引けて来そうなら、先物に売りヘッジを掛けるか、(1580)日経平均ベアに買いを入れヘッジを掛けながら、静かに少しずつ買い下り、護りながら攻める態勢を取るのです。

とにかく、明日の先物の引け方には要注目です。
先物が大丈夫なら、物色の流れは新たな方向へと一気に流れ込む事になるでしょうから、確りと早めに流れに付いて行きたいところでもあるのです。

ここは絶好の仕込み場、買い場だと思います。
特定の訳有り銘柄を静かに仕込んで次の流れを待つのが得策かと・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

(3906)ALBERTに匹敵するくらいの逸材です。 2019年01月09日(水)

  米株も日経平均もジリジリと1歩ずつ次のポイントに向け歩みを進めています。
理想は重要ポイントを上抜く際に好材料が出て、売り方を慌てさせる形で一気に上昇させるのです。
そうなれば売り方の買い戻しが加速して難なくポイントを大きく突破出来ますから・・・
ポイントに向う足取りとしては、一段一段階段を積み上げる形のジリ高がいいのです。
この階段が売り方を心理的に追い詰める形となり、ある事を切っ掛けに一斉に買い戻しに走らせる事が出来るからです。

とはいえ、ポイントを突き抜ける事が出来ずに頭打ちとなり打ち返されるとなったら、話は別です。
その時は売り方がかさに掛って売り叩いて来るでしょうからね。
そんな時に先物が売り転換となっていたら、その売り叩きの勢いは何倍も増幅され強烈なものになるのです。
だからこそ、ここからは先物の転換値を横目で睨みながら立ち回る事が重要になって来るのです。

先物が売り転換となったら、流れは大きく弱相場へと傾き、下げの兆候となりますからね。
そんな時に、売り方による命懸けの売り叩きが出たら、一気にこの戻りも崩され、今度は買い方が底割れの恐怖に怯える事になるのです。

今はまだ強相場の中にありますので、淡々とこの強さに付いて行く局面です。
「株は弱くなるまで強い」と言いますので、弱さの兆候(先物売り転換)が出るまでは強気で攻めるのです。
その兆候が出ないまま一気にポイントを突き破り大きく上値を追う事だってありますからね。
とにかく今は淡々とこの強さに付いて行くしかないのです・・・弱くなるまで淡々と。

そんな中、前々から入手していた情報の中から、某有力ファンドが手掛ける超大相場型の銘柄が急動意づいて来ましたので、今晩新たに銘柄を公開し明日より参戦して頂く事にしました。
年末年始の波乱も力づくで乗り切った感がありますので、ここからの大攻勢に期待が掛るところでもあります。

今動いているバイオ系の柱サンバイオの次の新たな物色の流れの主役は、このファンド系の新銘柄になると観ています。
これら銘柄を経ながら、連休明けからは、○○関連のあの銘柄(一昨日新たに紹介したあの銘柄)が大きく動いて来る事になるのです。

まずは今晩紹介のファンド系銘柄で大回転をつけながら、○○関連のあの銘柄を少しずつ仕込んでおくのです。
そんな戦術で臨んで頂けたら、今年も幸先の良いスタートが切れると思いますよ。

ちなみに、今晩新たに紹介した新銘柄は先に紹介した(3906)ALBERTに匹敵するくらいの超大相場を出してくれるものと考えていますけどね・・・

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

次なる流れを読んで仕込んで待つのです。 2019年01月08日(火)

  日経平均の戻りのポイントは21,000円どころ。
NYダウは24,300ドルどころ。
SP500は2,630P、ナスダックは7,000P、ドル円は110円どころではないかと・・・
これらポイントで打ち返される様なら、再度の底割れの恐怖が頭をもたげるでしょうし、一気に上抜けば、景色もまたガラッと一変する事になりそうです。
よってここは弱くなるまでトコトン今のこの強さに付いて行きたいところです。

そんな中、今はバイオ株を中心に物色されていますが、この流れは短期資金を中心とする流れですので、続いても今週一杯、早ければ週後半には、また新たな流れが生じると観ています。
そんな新たな流れを読んで、昨日より仕込みに入ってもらったのが、あのテーマの裏銘柄です。
某有力グループが値幅取りを狙って静かに動いている銘柄です。
これに流れが向い、短期資金が向って来れば一気に手を入れ大きく値を飛ばして、超大相場への第一歩を踏み出させるものと考えます。
とにかく力のある筋ですので、潤滑油となる短期資金が流入すれば、目の覚める様な火柱高を演出しながら一気に突走らせるのは間違い無いという事です。

とにかく、世間の眼がバイオに向いている今だからこそ、静かに次のテーマ株を仕込んで待つのです。
ここに来ての動意づき方からして、次にこのテーマに流れが向うのは間違いないところですからね。
だからこそ、大きく飛び出す前に確りと玉を手当てしてもらいたいのです。
乗り遅れて後悔する前に確りと・・・

早ければ今週後半、遅くても連休明けには流れが向いて来ると観ています。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

“歪曲相場”に警戒しながら・・・ 2019年01月07日(月)

  先週末の米株の大幅反発を受け日経平均も大きく切り返しています。
あとは、この強さがどこまで日経平均を引き上げてくれるのか・・・
出来れば、転換線の上で推移しながら下値を固め、来週から下げて来る基準線にポンと乗っかってくれれば更なる高みも期待出来るのですが、果して・・・

とはいえ今年は“歪曲相場”となり、難しい相場が続くと観ています。
昨年10月までの相場つきと全く違った弱い相場になると観ています。
だからこそ今年は例年以上に先物売りヘッジが重要になって来るのです。
トップページ左にある“過去の紹介履歴”を見れば、昨年のほとんどの急落の前に売りヘッジを掛けて、「災い転じて福と為す」を実践する事が出来ていましたからね。
今年は去年以上にこの先物売りヘッジが効力を発揮して、皆様の大切な資金、財産をお護りする事が出来るものと考えています。

それでも今のところはまだ強相場の中にありますので、本日新たに新銘柄を紹介した次第です。
某有力グループが虎視眈々と値幅取りを狙う凄銘柄で、支援の追い風が吹けば超大相場に向けて一気に加速し大きく育つ事になるでしょう。
そんな銘柄です。まだ大きく動いてはいない今のうちに確りと玉を手当てして、一気の攻勢に備えて頂けたらと思います。

とにかく今年は“歪曲相場”ありきで臨むべき年だと思います。
歪曲相場を乗り切る為のヘッジ掛けのタイミングお教えしますよ。
そして、強い相場の時に攻め入るべき訳有り銘柄をも紹介して、この難解な1年を乗り切ってもらおうと考えているところです。

まずは、某有力グループが手掛ける銘柄で大回転をつけて頂けたらと思います。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

まもなく流れが変わるのではないかと・・・ 2019年01月04日(金)

  大発会早々の急落を受け、心理状態は総じて弱気へと傾きつつある様です。
アップル株の急落や急激な円高進行を見たらこれも仕方無いところか・・・

でも、ほどなくして大きな流れは目先上値追いへと変わると観ています。
今晩の米雇用統計が、これの切っ掛けと成り得ると思います。
本来なら、昨晩の米株(NYダウ)は1,000ドルの下げに見舞われても何ら不思議ではなかったからです。
また、今日の上海株も大幅下落となり底割れ寸前まで急落していたと思います。
なのに上海株は急反発となり上値指向を強め、日経平均も前場後半から引けに掛け値を戻していましたからね。
この一連の流れを観る限り、まもなく流れが大きく変わって来そうに観えてしまいます。

その根底にあるのがAIです。
そのAIが想定外の動きを出したところで大体の流れが変わっていましたからね。
今回はドル円が一気に4円もの円高へと流れた事で、株も為替も目先流れが変わったと観ています。
その確認作業として、今晩の米雇用統計を受けた米株、ドル円の反応を観たいのです。
これで流れが強い方へと傾けば、次は売り方が苦しむ場面へと変わるのではないかと・・・
また、先物も未だ弱さの兆候は出ていませんからね。
だからこそ、もう1日だけ様子見して、2019年の第一歩を踏み出してもらおうかと考えているのです。

今晩の米市場の反応と週明けの日経平均の動きを観て攻めに転じるのです。
今の一推しは超大相場銘柄のあの銘柄。
更に、2019年の目玉銘柄と成りそうな新銘柄を数銘柄ほど用意してありますので、これについても一気に公開し攻め入ってもらおうかと考えているところです。

とにかく、流れが変わりそうです。
だからこそ、1日様子を見て、攻め込むか否かを見極めているのです。

攻めるなら、超大相場銘柄のアレか、新たに紹介予定の目玉銘柄達。

お急ぎのご入会お待ちしております。

2019年の第一歩、これが大事ですから・・・
 


- Web Diary ver 1.26 -