無料本音メルマガ(毎晩配信中)  バックナンバー

毎週土曜日に過去一週間分のデータをまとめて追加します。
(約一ヶ月分の過去のデータを掲載しております。)


相場の核心を確りと見極めた上で・・・ 2018年05月17日(木)

  「小動きの後に大振れ有り」。
上に振れるのか、下に振れるのか・・・
その時は近そうです。

そんな中、新たに戦略銘柄を8銘柄用意し攻め時を推し量っているところです。
明日、先物が22,○○○円以上で引けて来そうなら、活きの良さそうな銘柄を選んで紹介しようかと・・・
22,△△△円以下で引けそうなら、新戦略銘柄の紹介は来週へと持ち越しです。
先物が22,△△△円以下で引けて来るという事は、下振れの可能性がまだ大きく残っている事になりますからね。

今の様に高値圏で気迷いを観せる相場ですので、ここは雰囲気や表面的な強さに惑わされる事なく、相場の核心を確りと見極めた上で動きたいのです。
この状況は、チョットした事を切っ掛けに大崩れしそうですからね。
もちろんの事、米株も同様の状況にあると観ています。

とにかくここは、より慎重に、より大胆に立ち回りたいところですので、先物の転換値を重視して動きたいのです。

ここは今年後半の相場を占う意味で重要な局面になると観ています。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

チャンスは後ろハゲ・・・ 2018年05月16日(水)

  米株も日経平均も窓空け反落となっています。
この窓を早いうちに埋めに行ければいいのですが、時間が掛ったり、下値が深くなったりしたら、再度の底割れも警戒しなければならなくなりますからね。

今、特に注視したいのがイスラエルの動向。
後ろに米国が付いているだけに、その過剰とも取れる行動が、大波乱の原因になりそうですからね。
どの状況でトランプ大統領がストップを掛けるのかも気掛りです。

また、ここに来ての北朝鮮の行動も気にはなりますが、これは米朝首脳会談を意識した駆け引きと思われますので、心配する事は無さそうです。
それより、今行われている米中貿易協議の方が心配です。
お互いに譲歩する形で決着すれば良いのですが、ここでまた駆け引きする様だと少し厄介な事に・・・

更には、急激に上昇している米長期金利の動向も気になります。
急激な上昇は米経済の足を引っ張ってしまいますからね。
これら波乱要因達が複雑に絡み合っての米株、日経平均の窓空け反落ではないかと・・・
だからこそ、想定外の事態を切っ掛けにして、次々と波乱要因が絡み合うのが怖いのです。

そんな状況ですので、今は護りに重点を置きながら、次なる攻め時を静かに見極める時だと思います。
少し引いた視点で相場を観ていれば、自ずと次なる攻め時も観えて来ますからね。
それを確りと見極めたところで、攻めに転ずるのです。

その潮目の変化で生じる新たな流れの中心となりそうな新銘柄を今準備しているところです。
裏を取り、材料を確認し、背景を見通して、手掛ける筋の仕掛けを待つ。
そんな感じです。

次なる攻め時は明日かも知れませんし、来週、もしくは月末かも知れません。
だからこそ早めに入会して頂いて、静かに攻め時を待ってもらいたいのです。

次なる攻め時は、今年の大チャンスとなるはずです。
その前に全体が大きめの調整を入れてくれれば、ほぼほぼ私の読み通りの展開となってくれるはずです。
この大チャンス、確りと掴み取って下さいね。

「チャンスは後ろハゲ」と言います。
目の前を通り過ぎてからでは、チャンスを掴む事は出来ませんからね。
お早めにご入会頂いて、心静かに大チャンスを待つのです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

まもなく・・・ 2018年05月15日(火)

  米株も日本株も、上値が重くなりつつあります。
これを打開するには、かなりの好材料が必要となりますし、それが無ければ一度調整を入れてからの出直り相場しか無い様に思えます。

“中東の地政学リスク”、調整に入る口実としては良いのではないかと・・・
ここで調整を入れる事で、6/12の米朝首脳会談での成果がより大きなものに観えて、一気に出直る事が出来て更なる高みを目指せるでしょうからね。

日経平均も、23,000円乗せ手前で足踏みしていますので、ここらで調整を入れ、「節抜け前の一調整」となればいいのですが・・・
明日、先物が22,△△△円以下で引けて来れば、調整入りの可能性が高くなります。

この調整は、これまでの物色の流れを壊して全てをシャッフルする形で新たな物色の流れを生み出すのです。
おそらくは、調整入りとなれば、一度全てのものが売られる格好となり、ご破算となり、そこで新たな物色の流れが生まれるのです。
そうなると、主力は調整入りとなり、代って早いうちから調整に入り時間を掛けて調整して来た個別銘柄や、好決算でも買い物が集まらずに目先上昇だけに止まった個別達に見直し買いが入ったりと、個別銘柄を中心に新たな流れが流れ始めるのです。

当?楽部の既報銘柄達の中からも、満を持して大きく動き出す銘柄が出て来るでしょう。
また、新たに入手した新銘柄の中から流れの柱と成り得る銘柄も出て来ましたので、これについては今慎重に裏取りを進めているところです。
裏が取れ次第、一気に攻め入ってもらうつもりです。

とにかく今からは、調整入りに警戒しつつ、新たな流れを待って、兆候を見逃す事なく素早く立ち回る事が重要になって来るのです。

変調に対する準備は、ほぼほぼ整いました。
あとは、一気に打って出るタイミングを見計うだけなのです。

その時は、もうすぐそこまで来てますよ・・・

お急ぎの会、お待ちしております。
 

「良事 魔多し」に警戒しながら・・・ 2018年05月14日(月)

  明日、先物が22,〇〇〇円以下で引けて来る様なら、警戒レベルを引き上げなければなりません。

今日、明日の高値を高値決まりとする様な動きを観せたら、警戒レベルを引き上げなければなりません。

NYダウが反落となり、上値の重さが更に鮮明になる様なら、警戒レベルを引き上げなければなりません。

ドル円が日足一目転換線を割り込み、目先安値を割り込んで来る様なら警戒レベルを引き上げなければなりません。

今は、悪材料よりも好材料の方がより響き易い地合となっていますので、怖さを強く感じる事は無い様です。
その証拠が、米イスラエル大使館エルサレム移転を悪材料と捉える事なく反応が薄かった事です。
イスラエルとイランの対立がより鮮明になっているにもかかわらず、見て見ぬ振り状態となっている事も、これを裏付けているのではないかと・・・

今、世界の眼は中東情勢より朝鮮半島情勢に向けられていますので仕方無いところですが、問題の大きさ、深さからいうと中東情勢悪化の方がより大きいですからね。
〇〇次中東戦争・・・なんて事態が来ないとも限りませんからね・・・イスラエルとイランの動向を観る限りは。

そんな状況ですので、ここは今元気の良い主力株を攻めるより、波乱時により存在感を強く出して動いて来る個別、それも新興系の訳有りを狙うべき時だと考えています。
だから本日、有力ファンドが多く値幅取りを狙う銘柄を新たに紹介しておいたのです。
あと数日もすれば、一気の仕掛けも・・・となりそうですので、今のうちに確りと種玉を仕込んでおいてもらいたいものです。

また明日も1銘柄、これとは少し毛色の違う銘柄を紹介しようと思いますので、お早めのご入会、お待ちしております。

とにかく今は、手放しで強気で臨むのではなく、少し引き気味で新興系訳有りを狙う時だと思います。

お早めのご入会、お急ぎのご入会、お待ちしております。

まもなく、満を持しての起死回生一発逆転銘柄を紹介しようとも考えているところですし・・・
 

1/23からのガラ(暴落)的急落を意識して・・・ 2018年05月11日(金)

  手放しで強気に傾くのはいかがなものかと・・・
週明け月曜日は日経平均の重要変化日に当ります。
その日に先物が22,△△△円以下で引けて来る様なら、今日の日経平均の保ち合い放れは“ダマシ”となり、今年1/23からの急落の様な展開もあると考えているところです。

今日はSQ日。
特殊な商いも多く含まれた1日でしたので、今日の一見したら保ち合い放れの動きを疑って掛かっても良いのではないかと考える次第です。
今年の1/24にその後の急落を見越して確りと先物に売り建てを建てて頂いてヘッジを掛けて、この波乱を上手く乗り切ってもらった事がありますので、今日の一見すると上放れした形も、本格的上昇相場を造る為の罠かも知れませんからね。
だからこそ月曜日の先物の引け方には要注目なのです。

今日の日経平均の動きと来週の転換値を観て、本日の新銘柄紹介はあえて見送りとさせて頂きました。
この程度の放れ足では本格的に上放れしたとは言えませんし、それに1/23を思わず連想してしまいましたからね。
だからこそ、もう1日、様子を観て、確りと強さを確認したところで、打って出る事にしたのです。

また、今日で物色の流れが変わったと思いますので、この休日の間、私の持てる力を全て発揮し、持てるブレーンを総動員して、新たな流れを絞り込み、それに合った新銘柄を入手して、月曜日の日経平均の動向と物色の流れを観て確認して、会員様には一気に攻め込んでもらおうと考えているところです。
ここは、より慎重に見極め、確りと自分の眼で確認して、一気に攻め入ってもらうのです。

ここが正念場だと観ています。
来週月・火の変動が肝になると観ています。
だからこそ、幾通りものシミュレーションをし、それに則った新銘柄を用意して週明けを迎えるのです。
週明け月曜日、先物が22,〇〇〇円以上で引けて来そうなら、脇目も振らず強気で果敢に攻め入ってもらいます。
22,△△△円以下で引けそうなら、先物に売りヘッジを掛け、1/24からのガラ(暴落)の様な下げを想定し備えてもらいます。

とにかく、今日の動きで上放れしたとは思わない事です。
そんな心の隙間を狙って、売り仕掛けが始まるものですから・・・

来週、月・火、かなり重要な2日間になると観ています。

お早めのご入会、お待ちしております。

(トップページの左にある“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ、ヘッジの大切さがよーくお分り頂けると思いますし、そのタイミングの凄さに驚かれる事と思います。是非とも確かめてみて下さい。)
 


- Web Diary ver 1.26 -