無料本音メルマガ(毎晩配信中)  バックナンバー

毎週土曜日に過去一週間分のデータをまとめて追加します。
(約一ヶ月分の過去のデータを掲載しております。)


あと2手が重要に・・・ 2018年05月31日(木)

  この反発はまだ、単なる一服から来る反発ではないかと・・・
イタリア政局不安が一服となった事で、少しだけ投資家心理が改善しただけの事だと思います。
あと1〜2日、今日同様の強い戻しが観られれば、下値の恐怖は薄れて来るでしょうからね。
今のまま、今の水準のままなら「山低ければ谷深し」の状態が続いている事になりますからね。
早めに「山高ければ谷浅し」となってくれないかと期待しているところです。

とはいえ、現状は私の読み通りの展開になって来ています。
あとは日々の確認を経て、米朝首脳会談開催が実現すれば、更に状況は改善される事になるでしょうからね。


昨日のショック安で物色の流れは明らかにサマーラリーを意識した流れへと変わって来ています。
サマーラリーを意識して早めに動いていた個別は、このショックで出鼻をくじかれた形となっていましたので、丁度良い振い落しになった様ですからね。
これら個別が息を吹き返して来て、これが本格的サマーラリーへと繋がって行く事になるのです。

とにかく、この程度の反発で強気に成り過ぎるのは少々危険ですので、あと2手強さが続くのかを見極めてからでも遅くはないと考えてます。
その“2手”が保険という事になるのです。
 

イタリア・南欧リスクはほぼほぼ織り込んだかと・・・ 2018年05月30日(水)

  ここまでの下落で、世界の株は、イタリア、南欧リスクをかなりの分、織り込んだと観ています。
あとは状況を観ながら、耐性をつけに行くだけだと考えます。

そうなると次は、6/12米朝首脳会談に注目が集まって来ます。
問題は、この会談が先送りされる事なく開催されるか否かが重要になって来るのです。
一番恐いのが、開催されなかった時、一気に朝鮮半島の緊張が高まり、止まり始めたリスクオフの流れが再度加速する事になるからです。
開催して、その内容ウンヌンが問題視される事は、今回は無いと思います。
米朝会談が開催された事が、大きな一歩なのですから、今回は、この大きな一歩を高評価する事になるはずです。

だからこそ、今のイタリア・南欧リスクを早めに織り込んで、次の目玉である米朝会談の進展具合を観ながら、それを織り込みに行く番になるのです。
・・・目先は下げ渋り、下げ止まりから反転上昇へと転ずる事になりそうです。
これで、ほぼ欧州リスクを織り込んだ事になり、次への展開へと進んで行くのです。

明日、先物が22,△△△円以上で引けて来たら、戻りを試しに行くものと観ています。
その戻しに合せて、個々の銘柄達も戻して来ると思いますので、その戻りの強弱を観て、戻り売りするのか、追撃買いを入れ上値追いに乗るのか、その見極めが重要になって来るのです。
 

「コツン」の音を聞き分けている最中です。 2018年05月29日(火)

  日経平均、22,318円割れ・・・
これにより、好材料より悪材料の方が市場に響き易い地合が明確になって来た様です。
これで投資家心理は一気に弱気と傾き、恐怖心の中、身をすくめて相場を見守るだけの状態へと突入したと思います。
この恐怖心こそが、相場の底打ちタイミングで響き渡る「コツン」の音の聞き分けを鈍くするのです。

まもなく、セイリングクライマックス的動きが観られるはずです。
なぜなら、今、皆が恐れているのは、全て先に分っている悪材料によるものだからです。
イタリア政治混乱然り、北朝鮮問題然り、イスラエル・イラン問題然りです。
皆が知る悪材料は悪材料にあらずと考えるのであれば、まもなく波乱も収まり、リスクに対する耐性もつき、市場は冷静さを取り戻し反転するものと考えます。
明日、先物が22,〇〇〇円以上で引けて来れば、反転上昇の可能性が大きくなりますけどね。

とりあえず今は、23,000円どころで掛けた先物売りヘッジを持ちながら、次なる攻めどころを探っているところなのです。
 

今は“割り切り”が重要かと・・・ 2018年05月28日(月)

  日経平均が22,138円を割り込むか否かが重要になって来ます。
割り込む事があれば勢いそのままに週足基準線を割り込んで来て、相場的にはかなり悪化して来そうですからね。

そして、米朝首脳会談の行方も注目ですが、イタリア、EU絡みの問題やイスラエル、イラン絡み、更にはサウジが新規事業での独企業締め出しの報道も気になるところです。
今、世界的にリスク台頭が目に付いています。

市場的にはリスクオフの流れに傾きつつある様ですが、これらリスク要因が連鎖的に出て来るケースも有得ますので、ここは少し引き気味というより、護りに重点を置きながら、目先取りの感覚の中で、サマーラリーを意識して立ち回りたいところでもあるのです。

これら中・小型の個別や新興系銘柄を狙う基本姿勢は、強弱の見極めが重要になって来ますからね。
割り切って強さにだけ付いて行く。
弱くなったと思ったら、即手仕舞って他の強い銘柄に乗り換えるくらいのものが無ければ、高値掴みとなり、塩漬け銘柄が増える事になるのです。

今の地合の基本は“割り切り”ではないかと・・・
確りと個々の強弱を観て割り切って臨むべき時だと思います。
 

ここからは、サマーラリーを意識しながら・・・ 2018年05月25日(金)

  突然の米朝首脳会談中止。
どんな意図があっての事か・・・
そして自動車関税25%を検討・・・
日本株にとって逆風が2つも・・・

その割には米株も日本株も下値の固い印象が。
ここから注目したいのが、NYダウの昨晩の安値(24,605ドル)を実体相場で埋めに来るのか・・・
埋めに来れば、その次は底値を試す事になりそうです。
反対に反転上昇し25,086ドルを上抜いて来れば、ほぼほぼ“逆三尊”の形が完成する事になりますからね。
今晩の動向、気になります。

そして日経平均。
下値ポイントを割り込んだところで下げ渋りの動き。
週明け月曜日は日経平均の重要変化日に当りますので、まずは25日線を超えて来て、次に・・・となってくれれば強相場復活の芽が出て来るのですが・・・
まずは、25日線、5日線超えに注目です。

もちろんの事、物色の流れはサマーラリーに向けて個別中・小型、新興系に向いつつありますので、そのあたりの訳有り銘柄を静かに仕込みに入りたいところでもあるのです。

とにかく、週明け月曜日の“変化”には要注目です。
 

目先下値は届いたのでは・・・ 2018年05月24日(木)

  米株の底固さ、下値の固さを再認識する事が出来ました。
この背景には好調な米経済が控えているからでしょう。
とはいえ、トランプ大統領の発言は何かと市場を揺さぶってはいますが、これは言葉だけで実行へと移す可能性が低いから、米経済の強さ、米株の底固さに繋がっているのはないかと考える次第です。

そんな中、日本株は強烈なパンチに見舞われました。
トランプ大統領が自動車関税引き上げを検討・・・との事で、我が国の基幹産業である自動車企業に打撃となりますので、一斉に自動車株と関連銘柄に売りが出て、連れて人為的な売り叩きも出て日経平均は大幅続落に・・・
とはいえ、今の水準から下を叩くにはリスクがあり過ぎますので、ここから下を叩くには更なる悪材料が必要になって来ますからね。

また、日本株高に大きな影響を与えそうなのが、米長期金利の変動です。
ここのところ調整含みの動きを観せてはいますが、まもなく下げ渋り上昇に転ずるのではないかと観ています。
米長期金利と連動性の高いドル円も日足一目基準線どころで下げ渋っていますし、日経平均も日足一目基準線、26週線どころで下げ渋っていますからね。
これらを観る限り、目先底打ちの感を強く感じてしまいます。

明日25日と週明け28日は日経平均の重要変化日に当りますので、これを境に大きな変化が生じると考えています。
特に明日の動向と米株の変動に注目しながら、28日の変化を見守りたいところです。

28日は米市場が休場ですので、勢いそのままに29日まで引っ張って、変化をより明確にする事が出来ますからね。

そんな状況を意識して、明日もしくは週明けには、サマーラリーを強く意識して、新戦略銘柄を適時紹介して行こうと考えています。
遅くとも週明け月曜日までに、あの「鴻鵠の銘柄」も紹介し仕込みに入ってもらおうかと考えているところです。
こうやって、6月相場の声が聞こえるまでに、確りと仕込みを完了させ、あとはサマーラリーの醍醐味を味わってもらうだけなのです。

・・・おそらくは、明日、週明けが絶好の仕込み場となるはずです。
これぞサマーラリーに向けての“天与の買い場”となりそうですので、乗り遅れる事なく確りと参戦して頂けたらと思います。

チャンスは後ろハゲと言います。
確りと前髪を掴み取って大きな大きな利益を掴み取って下さいね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

いい波乱になってくれそうです・・・ 2018年05月23日(水)

  これからは、悪材料の方がより市場に響き易い地合となりそうです。
昨晩の米株は、まさにそれです。
中国が自動車関税を引き下げるという報道には反応薄で、イランや北朝鮮の地政学リスクの方がより強く大きく反応していましたからね。

また、この地合の変化は、トランプ政権が11月の中間選挙で勝つ為の必須条件である株高でより明確に演出する為の策ではないかと観ています。
おそらく、11月に向け株高に持ち込むには、このタイミングがタイムリミットだったのでしょう
ここで一度相場を故意に壊す事で、新たな上昇波動を造り出しに来たのではないかと考えています。
今晩の米株の下げ方、陰線の大きさを観れば、その本気度を推し量る事が出来ると思います。
昨晩と同等か、それ以上の大きな陰線を示現すれば、間違いなく23,500ドル割れを演出しに来ると観ています。
そこまでの急落を観せ、強烈な振い落しに掛ける事で上値が軽くなり、新たなる上昇相場が造り易くなるからです。

・・・そうなると、日経平均の下値も、深くなって来そうです。
22,000円どころと言わず、21,500円、21,000円と深くなって来るでしょう。
いずれにせよ、今晩の米株の陰線の大きさに注目です。

そんな波乱含みの中、会員様には昨日23,000円どころで先物に売りヘッジを掛けてもらいました。
また今回もこのヘッジが会員様の精神安定剤となった様です。
そして一昨日に2銘柄、昨日1銘柄に続いて、本日、急落する寸前に1銘柄、新銘柄を紹介しておきました。
この波乱の中、一昨日紹介の2銘柄は確り推移。
昨日の銘柄は好調そのものの動き。
本日の新銘柄は地合に足を引っ張られる事なく確りと強張ってくれていました。
あとは、全体に「コツン」の音が響き渡るのを聞き分けて、残り4銘柄を果敢に攻め込むだけです。

流れによっては、早め早めに仕込みに入ってもらおうかと考えていますので、あえて火中の栗を拾いに行ってもらうかも知れませんけどね。
いずれにせよ、ここからは、この波乱の先にあるサマーラリーを意識して、この波乱期に乗じて仕込みに入りたいところでもあるのです。

特に力を入れて仕込んでもらいたいのが「鴻鵠の銘柄」。
おそらくは、この「鴻鵠の銘柄」がサマーラリーを引っ張って行き、一番大きな相場を出して来る事になるでしょうからね。

状況次第では、この「鴻鵠の銘柄」一銘柄で桁違いの財を築けそうですから・・・
それだけの材料、背景、そして大きな手が入った銘柄なのです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

ここは先手を取る事が重要なのです。 2018年05月22日(火)

  米株は米中貿易協議の米国寄りの進展や原油高、長期金利の一服という3つの追い風を受け大幅高に。
出来れば、もう一段高を観せてくれれば、より底値もみ合い放れが確かなものになるのですが・・・
中東・北朝鮮リスクが残っている間は、そう簡単には底値放れとはなりそうもありませんけどね。

そして日経平均。
再燃した加計問題が重しになったのか小反落となっています。
節(23,105円)抜け前の小一服となればいいのですが、本格調整入りの可能性だって残っていますからね。
長引く加計問題・・・外人勢にとっては厄介と捉えられ一旦利喰いなんて事も・・・

そんな中、流れは明らかにサマーラリーを意識した流れになって来ています。
昨日、今日とそれが鮮明になっています・・・読み通りの展開です。
そして今日も1銘柄、新興銘柄を新たに紹介しておきました。
昨日2銘柄、今日1銘柄、新戦略銘柄8銘柄のうち3銘柄を紹介してあります。
このサマーラリーを先取りする動きを観せた訳有り銘柄達は、サマーラリーの期間中目一杯を使って大きく大きく育って来ますからね。
だからこそ、この2日で矢継ぎ早に3銘柄を紹介しておいたのです。
サマーラリー期間中の大相場を狙っての事です。

また明日も動意づいて来る銘柄が出て来るでしょう。
そうなれば、躊躇する事なく強気で攻め入ってもらうつもりです。
なぜなら、地合も物色の流れも、相場つきも、いずれもが、個別材料株や新興株向きの流れへと変わって来ていますからね。

あとの5銘柄、どのタイミングで動き出す事やら・・・
あの「鴻鵠の銘柄」はいつ動意づいて来るのやら・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

乗り遅れない様に・・・ 2018年05月21日(月)

  日経平均が23,105円を超えて来たら、もっと景色が変わる事でしょう。
23,105円を超えれば、もみ合いを明確に上放れた事になり、更に加速して行きそうですからね。
そして、流れはサマーラリーへと向うのです。

そのサマーラリーへと繋がる動きが、今週になって明確に観え始めました。
・・・まさに読み通りの展開です。
そんな読み通りの展開の中、新銘柄2銘柄を紹介しておきました。
1つは早く大きく飛び出しそうな短期値幅取り狙いの銘柄で、あとの1つはジリジリと下値を切り上げながら機を観て大きく跳ね上げそうな、そんな銘柄です。

この2銘柄も、新戦略8銘柄の中の2銘柄なのです。
あとの6銘柄については、動意づき始めた出っ鼻を狙って紹介しようと思います。
また、例の「鴻鵠の銘柄」については、最終確認が取れ次第仕込みに入ってもらおうかと・・・

いずれにせよ、サマーラリーで最大限の利益を手にする為の戦略と戦術を今から始めなければならないのです。
この半歩先を歩く戦略こそが最大限の利益をもたらしてくれるのですから・・・
この好機に乗り遅れない様にして下さい。

まだまだ超目玉商品(新戦略銘柄)は6銘柄も残っていますからね。
特に「鴻鵠の銘柄」は次元の違う凄銘柄ですよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

出遅れない様に・・・ 2018年05月18日(金)

  機が熟した様です。
ここからは、サマーラリーに向けての流れが生じ始め、6月相場の声が聞こえる頃には、第一陣がグググッと動き始める事になりそうです。

日経平均も週足8陽連を示現し、腰の入った底固い展開となっていますから、次は新興系を中心とする訳有りの個別株達の出番となるのです。
攻め込む準備は万全整っています。
あとは週明けの地合、流れを観て適時紹介して行くだけです。

用意してある新戦略銘柄は8銘柄。
いずれも魅力ある凄銘柄達ばかりですが、中でも超目玉銘柄なのが、新興系のあの銘柄です。
これを「鴻鵠の銘柄」と呼び、新戦略銘柄の柱と位置づけ攻め入ってもらうつもりです。
この「鴻鵠の銘柄」は、先に紹介した(5727)東邦チタニウムの様な凄い動きを観せてくれると確信している銘柄でもあるのです。

さー、来週から地合を観ながら順次攻め込んでもらいますよ。

・・・これまで溜りに溜ったウップンを一気に晴らす事が出来るでしょう、この8銘柄なら。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -