無料本音メルマガ(毎晩配信中)  バックナンバー

毎週土曜日に過去一週間分のデータをまとめて追加します。
(約一ヶ月分の過去のデータを掲載しております。)


このチャンス、絶対に掴み取って下さいね。 2017年12月15日(金)

  米株は税制改革を相当分織り込んだ上に、一喜一憂し始めましたし、ドル円はイベント通過で巻き戻す流れが続いていますし、日経平均は主役(外人勢)不在の中、力無く下値を試す動きが続いています。
・・・全てが読み通りの展開です。

そして個別銘柄も、当倶楽部の紹介銘柄達は、いずれもが年末、年始、来年を意識した動きを観せ始めており、材料が出た(6626)SEMITECにおいては、勢いそのままに高値をブチ抜き青天一気駆けとなりそうです。
「超絶三倍相場株」も「年跨ぎ大相場株」も“2018年大出世株”第一弾のアレも順次大きく飛び出して超大相場への歩みを本格化しそうです。

また、近々紹介予定の“2018年大出世株”第二弾も今は静かに攻勢の時を待っていますが、年が替れば、その実力を全面に押し出し目が覚める様な爆騰劇を見せてくれる事と思います。
もちろんの事、本日新たに紹介したあの銘柄も・・・ですけどね。

とにかく今は、「年内に取れる様に・・・」なんて欲をかかずに、年末、年始、来年を意識して種をまきに行くのです。
その結果、早めに飛び出し大きく動いたりする銘柄がありますので、その時は慌てる事なく益出しを優先して、得た利益と空いた枠で別に仕込んでおいた他の凄銘柄を買い増しすればいいだけの事です。

ご自身の都合で株と対峙するのではなく、相場の流れに合せて自身を変化させ、流れに則って利益を取りに行く事も大切なのです。
だからこそ、この絶妙な仕込みのタイミングを逃して欲しくないのです。

ここからですよ、ここから・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

今は、「銘柄を買うな、時を買え」ではな​いかと・・・ 2017年12月14日(木)

  ここに来て外人勢は4週連続の売り越し。
この影響で日経平均の上値は、かなり重くなって来ています。
この影響が、例年通りの師走相場らしい相場をもたらしてくれている様です。

ただ、今年は例年になく、年越しを控えての様子見気運が早めに広がるものと観ています。
今のところはまだ、個別を中心に活況を呈していますが、買い一巡、物色が一巡したら、流れは来年に向けての仕込みに向うでしょう。
ですから、今から目先取りに出るのではなく、年末年始を睨んでの仕込みに入り、来年大きく育つであろう凄銘柄に種をまきに行くのです。

年末〜年始に掛けて大きく動いて来そうなのが、明日紹介予定のあの銘柄。
そして、来年に掛け大相場を出して来そうなのが「超絶三倍相場株」と「年跨ぎ大相場株」。
更には、来年戌年に大笑い出来るのが“2018年大出世株”第一弾なのです。
今からの短期目先値幅取りは、リスクが大き過ぎます。
だからこそ、年末、年始、来年を睨んで財の種をまきに行くのです。

この分なら、意外に早く大きく動いて来そうな銘柄が出て来そうですので、その時は確りと資金を1回転させ、まだ大きく動き出していない銘柄に資金を回して大回転をつけに行くのです。

今は「銘柄を買うな、時を買え」。
そんな時期ではないかと・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

不透明さが増してます。だからこそ今は「急がば回れ」なのです。 2017年12月13日(水)

  今晩の米株、長期金利、ドル円の変動如何で、流れが大きく変わりそうです。
利上げウンヌンより、アラバマ州補欠選で民主党候補が勝った事による税制改革の不透明さを如何に市場が判断し織り込みに行くのかが要注目ではないかと・・・

今日の物色の流れは、大きく出遅れていた内需主力を中心とする流れと、個別は、ごく1部の超短期取り銘柄だけが目に付いています。
やはり、補欠選での民主党勝利を気にしている様です。
こんな不透明な状況が年が迫った時に出たのですから、ここは無理する事なく、来年を睨んで静かに種をまく時ではないかと考えます。
状況が状況ですので、無理する事なく静かに少しずつ種玉を仕込み、一気呵成の攻勢を待つのです。
静かな時、安い時に仕込んでおけば、突然の大攻勢が始まったとしても、躊躇する事なく買い増し参戦し超大相場の波に乗る事が出来ますからね。

今、当倶楽部の主戦銘柄は3銘柄。
「超絶三倍相場株」は年末から年始に掛け大きく値を飛ばして来そうですし、「年跨ぎ大相場株」は、年内に玉の手当てを完了させ新年早々の大攻勢を狙っている様ですし、“2018年大出世株”は、来年の大テーマを意識して、大きな資金が静かに、そして着実に玉を手当てしていますからね。

また、年内には、もう1銘柄“2018年大出世株”第二弾として紹介しようと考えているところです。
この新銘柄も、先の主戦3銘柄に勝るとも劣らないポテンシャルを秘めていますので、株で財を築く為には欠かせない凄銘柄だと思います。

とにかく今は、焦らずに、無理せずに、来年を意識して、来年大きく大きく育つであろう銘柄達の命玉を仕込みに行く時だと思います。
来年、春の足音が聞こえる頃には、「本当に良かった」と感謝の言葉が自然に出る事になるでしょう・・・
だからこそ、今、静かに命玉を仕込みに行くのです。

「急がば回れ」ですよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

早回しで得た利益で、大出世株を仕込む・・・ 2017年12月12日(火)

  20日までは、個別株で目先取りに励み、それで得た利益で、来年の出世株を静かに仕込みに入るのです。
今は静かな動きの“2018年大出世株”第一弾も年が変われば、桁違いの強さと共に、1番出世株に成るべく大きく動き出して来る事になるでしょう。

そして、これから紹介する“2018年大出世株”第二弾も、来年一年を通して大きく大きく育ち、夢の様な財をもたらしてくれるはずです。
この2銘柄の他にも、「超絶三倍相場株」や「年跨ぎ大相場株」も有りますので、これら凄銘柄を主にしながら、2018年戌年を確りと乗り越して頂けたらと思います。

来年は戌年、“戌笑う”と言いますので、これら凄銘柄で大笑いして頂けたらと思います。
特に楽しみにして頂きたいのが、これから紹介する“2018年大出世株”第二弾なのです。
第一弾は(6218)平田機工型の超大相場銘柄ですし、第二弾は(3053)ペッパーフード型の超大相場銘柄だと観ています。
上手く回転をつけ大相場に付いて行けば、幾らでも利益が取れる、そんな銘柄達だという事です。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

さー攻め込みますよ・・・ 2017年12月11日(月)

  明日の注目は、日経平均が12/1高値を上抜けるか否か。
抜けば20日あたりまで上昇相場が続きそうですし、抜けなければ、保ち合いもしくは小幅調整が入りそうです。

そんな状況の中、物色もここに来てようやく師走相場らしい流れを観せ始めています。
そんな中、本日、訳有りで足の早そうな新興系銘柄を新たに1つ紹介しておきました。
背景が背景だけに、想定外の高みも有得る、そんな短期値幅取りの銘柄です。

これら足の早い銘柄で取った利益で、年末・年始から来年に掛け大きな相場を出しそうな凄銘柄の種玉を仕込むのです。
“2018年大出世株”を仕込むも良し。
「超絶三倍相場株」の押し目を仕込むも良し。
「年跨ぎ大相場株」に淡々と種をまくも良し・・・そんな感じです。

ここでの種まきが、来年大きな利益となって財を築かせてくれるのです。
だからこそ、ここで目先取りに出て得た利益で種玉を仕込んだり、年明けからを楽しみに玉を手当てするのです。
また、今年抱え込んだ大きな矛盾を解決する為にも、今、この時期に入会し参戦して頂いて、矛盾を解消しに行くのです。
一発解消も出来れば、抱えた分の矛盾の倍返しで利を得て喜ぶ事も出来ると思います。

とにかく、年末だからといって歩みを止めない事です。
今年は例年以上に翌年を意識して動くべき年末だと考えています。

お早めのご入会、お待ちしております・・・後悔しない為にも。
 

来年の一番出世株の可能性大です。 2017年12月08日(金)

  一昨日の急落が、大波乱の予兆だったのか、それとも“ダマシ”だったのかハッキリするには、日経平均が22,819円以上で引けるか否かで読めて来そうです。
22,819円以上で引けて来れば、ほぼ“ダマシ”が確定し、年内23,000円台回復も掉尾の一振も有得ると観ています。
そうならなければ、下への恐怖を抱きつつ、22,500円を挟んでのもみ合いが続くものと考えます。

ただ、今日の足は、多くの節目を大窓を空けて跨いだ後も強かっただけに、“ダマシ”の可能性が高いのではと観ているところです。
そんな状況でしたので、あの“2018年大出世株”の紹介に踏み切ったのです。
先に紹介し大きな利益を得て頂いた平田機工(6258)型の超大相場を狙える凄銘柄だと確信し紹介した次第です。
今はまだ動き出してはいませんので、ゆっくりと命玉(種玉)を仕込んでもらいたいのです。

その為に、週明けから矢継早に足の早い新興系銘柄を紹介し、ガンガンに回転してもらいながら得た利益で、この“2018年大出世株”の種玉を静かに仕込みに行くのです。
この他にも、「超絶三倍相場株」「年跨ぎ大相場株」と年末年始に掛け大いに期待が持てる銘柄もあるのですが、スケールの大きさから観て、この“2018年大出世株”の方が少し上かも知れません。

いずれにせよ、ここからは、年内の締めくくりとして、確りと利益を得ながら、来年に向けた種をまく時だと思います。
来年は戌年。
戌笑う年に大笑いしたい方はお急ぎ入会して頂いて、来年大きな財を掴み取る為の大切な種をまくのです。

平田機工型の超大相場を体感したい方、お早めのご入会、お待ちしております。

おそらく来年の一番出世株となるのではないかと・・・
 

まずは命玉(種玉)を仕込みに・・・ 2017年12月07日(木)

  米株、エルサレム問題に対する反応は無し。
何か力づくで波乱の展開を押え込んだ様な感も・・・

この流れを受け、昨日急落した日経平均は高寄り後も強張りを観せ、昨日の急落分をほぼほぼ埋める形に。
昨日急落に見舞われた主力は値を戻し、個別に関しては、遅ればせながらと本格的師走相場を思わせる値動きとなっています。

こうなると、明日、日経平均が25日線を超え、一目基準線、転換線を超えて来るのかが問題です。
これら節目に打ち返される様なら、今一度、下値を試す事になりそうですからね。
そんなモタつきを観せる中で、エルサレム問題が時間差で影響して来れば、再びの水星逆行期の効力発揮となりそうです。

そんな中、会員ページにある紹介銘柄達も、待ってましたとばかりの動きを観せ始めています。
特に激推しの「超絶三倍相場株」と「年跨ぎ大相場株」は力強い足取りを見せながら、新たな上昇波乱入りをうかがわせる様な動きを観せています。
この分だと、予定より早めの一気駆けが観られそうです。

また、“2018年大出世株”第一弾のあの銘柄も、紛れて動意づいてはいましたが、これについては、明日のメジャーSQ通過後の全体の流れ、地合、変動を観て、慌てる事なく紹介して行こうかと考えています。
まずは、他の足の早い銘柄を回転し得た利益で命玉(種玉)を仕込み、大出世株が大きく動いて来そうな時に一気に買い増しをして、その買い増し玉を回転玉として噴き値売り押し目買いを繰返しながら利益を出しつつ、超大相場にトコトン付いて行くのです。
そして、安〜い時に仕込んでおいた命玉(種玉)をタダ券にして、最終的には「すっ天井は俺が買ってやる・・・」くらいの強気で相場に付いて行ってもらいたいのです。
これこそが株で財を築く為の極意なのです。

まずは、“2018年大出世株”の命玉(種玉)を静かに仕込んでもらいたいのです。
この命玉(種玉)が先々、参戦者の精神安定剤となり、超大相場に付いて行く上で無くてはならないものになって行くからです。

さー始まりますよ。
参戦して確りと確りと付いて来て下さいね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

「コツン」の音を聞き分け、一気に攻め込む・・・ 2017年12月06日(水)

  やっぱり来ましたね、ドッスーンと・・・
水星逆行期に入り、また新たな悪材料が出て来ました。

トランプ大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と認定し、大使館をテルアビブからエルサレムに移転する様に指示したのです。
これまで長年に渡り米国が取って来た中東政策を根本から覆すものですので、その影響のほどが不透明であり、読み切れないところでもあるのです。

市場が最も恐れるのが、眼に見えない影響です。
この広がりが、想定外の事態を生み出すからです。
この時期に(水星逆行期12/3〜12/23)に、想定外の材料が出た事を考えれば、更なる波乱も頭に入れ対応する必要がありそうです。

そんな中、当?楽部の会員様には、昨日の先物の終り値が転換値を割り込んで引けそうでしたので、先物に売り建てを建ててヘッジとして、手持ちは「超絶三倍相場株」と「年跨ぎ大相場株」を中心に残して、他は安〜い買い玉だけを残して、波乱に備えて護りながら攻める態勢を取って頂きました。
また今回も、先物売りヘッジが会員様を救ってくれそうです。
ちなみに前回は、11/9に先物に売り建てを建ててヘッジとして頂きましたけどね。

そして次は底打ち反転のタイミングをうかがいながら、「コツン」の音の聞き分けに全力を傾け、次なる攻め時を推し量るのです。
「コツン」の音が聞こえたら、まずはリバウン取りで新興系小型の訳有り銘柄を新たに紹介し、短期値幅取りで利益を取って頂いた後は、来年に向けて“2018年大出世株”の仕込みに入って頂きます。

今激推し中の「超絶三倍相場株」は年末には大きく動き出すでしょうし、「年跨ぎ大相場株」は早めに上値を取って一服を挟んでから、年を跨いで大きく値を飛ばして行く事になるでしょう。
そして“2018年大出世株株”第一弾は、松も取れて1月相場が本格化するあたりから、にわかに動意づき始め、超大相場に向け本格的上昇を開始するのです。

とにかく今は、水星逆行期という特殊な日柄の中に在りますので、更なる波乱に警戒しつつ、次なる攻め時をうかがいながら、年内最後の利益取りに全力を傾けるのです。
次は、その資金で、来年大きく育ち出世して行くであろう出世株の命玉(種玉)を仕込みに行くのです。

いい感じで買い場が近付いています。
全体も、新興系個別も、“2018年大出世株”も・・・
もちろんの事、「超絶三倍相場株」も「年跨ぎ大相場株」も絶好の押し目を与えてくれていますけどね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

「銘柄を買うな、時を買え」 2017年12月05日(火)

  想定通り、調整含みの展開になって来ました。
あとは波乱の度合、調整具合を見極めつつ、流れに応じて、新興系の足の早い銘柄を紹介するのか、来年を睨んで“2018年大出世株”を仕込みに入って頂くのかを決めるだけです。

今、米株は「波高きは天底の暗示」を思わせる動きとなっています。
こんな動きが観え始めた以上、これまで以上に波乱への備えが大切になって来ると考えます。
ですから、当倶楽部の会員様には、「超絶三倍相場株」と「年跨ぎ大相場株」に狙いを絞って攻めて頂いているのです。
この2銘柄なら、多少の波乱の方が動き易そうですからね。

そして、全体が波乱に見舞われ、誰もが買いの手が出せない時、“2018年大出世株”を果敢に買い下がってもらおうかと考えています。
そうする事で、下値不安も無く来年は強気強気でトコトン大相場に付いて行く事が出来ますからね。

年末、年始相場で大きく活躍しそうなのが、「年跨ぎ大相場株」。
年末から来年春に掛け、大きく上値を追って来そうなのが「超絶三倍相場株」。
そして、“2018年大出世株”は、その名の通り、2018年1年を通して大きく大きく出世して行くであろう凄銘柄なのです。

今週中に仕込みに入って頂こうと考えているのが、“2018年大出世株”の第一弾。
第二弾は年内にも紹介を始めようかと考えているところです。
この大出世2銘柄こそ、「銘柄を買うな、時を買え」・・・そんな銘柄なのです。

このチャンス、絶対に掴み取って下さいね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

“2018年大出世株”第一弾、仕込みに入ってもらいます。 2017年12月04日(月)

  水星逆行期(12/3〜12/23)入り直前に出て来たロシアゲート問題の再燃。
その前には北朝鮮による新型ICBMの発射が・・・
そして、それら悪材料を打ち消しに来たのが税制改革案。
これが2日に上院本会議で可決された事での市場の反応が気になるところです。
好材料出尽しで一時大きく上昇するも上げ幅を削り反落となるのか。
それとも、勢いそのままに青天井一気駆けに・・・
そんな今晩の米株の反応には要注目です。

一方、日経平均は、上値の重さを再認識させられる様な動きを観せています。
未だ調整が不十分な様で、明日、日経平均が続落する様だと、警戒レベルを引き上げなければなりません。
値幅調整となるのか、日柄調整となるのかは、水星逆行期の影響次第だと観ています。

そんな中、今年は例年になく益出しや損出しの流れが早めに早めに来ている様です。
このままの流れが続けば、新年の足音が聞こえ始める頃には来年に向けた新たな流れ、ウネリが生じ始めるのではないかと観ています。
そうなれば、2018年を意識した買い物が静かに入り始め、理由もなく上昇する銘柄達がチラホラと出て来て、これら銘柄が、2018年の大出世株候補となるのです。

そんな2018年大出世株に成り得る銘柄を、“2018年大出世株”として、今週内に1銘柄と年内にもう1銘柄紹介しようと考えているところです。
今一推しの「超絶三倍相場株」も「年跨ぎ大相場株」も大いに期待が持てる凄銘柄ですが、これから紹介する“2018年大出世株”は、それらを遥かに凌駕して桁違いの相場を観せてくれると確信している銘柄達なのです。

甲乙付け難い銘柄だからこそ、今週1銘柄、年内に1銘柄と紹介しておきたいのです。
全ての会員様が株で財を築ける様に・・・
そして「戌笑う」年に、株で大笑いして頂く為に・・・

このチャンス、絶対に掴み取って下さいね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -