明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2020年09月18日(金)

     10月半ばの個別株大乱舞に向けて・・・

                    9月18日(金) 18:20更新

日経平均、4連休控えで方向感なく小確りの動きに。
ただ、マザーズ、ジャスダック指数が戻り高値を更新して来たのを観る限り、連休明け早々からの新興系の訳有り個別物色に拍車が掛かりそうです。
想定通りに10月半ばの個別株大乱舞に向け加速して行く事になりそうです。

そんな中、当倶楽部激推し中の“有力ファンド超訳有り銘柄”は、4連休明け早々の大攻勢に向け、いつでも飛び出せる態勢のまま連休を迎えています。
10月半ばの個別株大乱舞の流れの中心銘柄を務めるべく、一気飛び出しの好機をうかがっているかの様です。

この状況からして、飛び出してからでは手が出せなくなってしまうでしょう。
だからこそ、静かなうちに命玉を手当てしてその時を静かに待ってもらいたいのです。

4連休明け早々、怒涛の大攻勢が始まりそうです。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年09月17日(木)

     「国策に売り無し」・・・

                    9月17日(木) 18:30更新

米株の戻りの鈍さを警戒しながら、ここからは想定通りの訳有り個別物色の流れに付いて行きたいところです。
10月半ばの個別株大乱舞に向け訳有り個別への物色の流れが加速しつつあります。

そんな中、9月の激推し銘柄である“有力ファンド超訳有り銘柄”は、想定通りに発射準備完了となり、今にも飛び出しそうな、そんな動きを観せています。
菅政権に交代した事で、にわかに国策絡みの好材料が浮上して来ましたので、これを追い風にして一気の大攻勢が始まりそうですので、急ぎ参戦して頂きたいところでもあるのです。

あと約1ヶ月の間に如何に効率良く値幅を取って利益を掴み取るのかが重要ですので、この“有力ファンド超訳有り銘柄”はうってつけの短期値幅取り銘柄になるという事です。

「国策に売り無し」です。
だからこそ、国策を追い風にして有力ファンドによる一気の大攻勢が始まるのです。

発射準備完了です。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年09月16日(水)

     想定通りの展開。秒読み態勢に入った様です。

                    9月16日(水) 19:00更新

今晩のFOMC、パウエル議長の発言で展開が大きく変わりそうです。
米株は内容次第では、11月大統領選挙に向け本格吊り上げ相場が再開されそうですし、ドル円は更なる低金利政策により、ドル安の流れが加速し一気のドル高がありそうですからね。

このドル安円高への流れを警戒してか、日経平均は小幅な動きに終始しています。
この日経平均の底固いジリ高の流れこそが、個別株大乱舞に向けての追い風となり、想定通り10月半ばまでの個別株乱舞へと流れてゆくのです。

そんな兆しが、紹介中の既報銘柄達の動きにも現れています。
“有力ファンド超訳有り銘柄”を中心に動意づき始めており、いつでも飛び出せる態勢に入っています。
この手の新興系訳有り個別は、ひとたび攻勢が掛かると、大体2〜3週間は大きく値を上げて、短期で値幅を取らせてくれますからね。
だからこそ、より効率良く値幅を取る為にこの手の新興系訳有り銘柄達に狙いを絞っているのです。

さー、期間限定の個別株乱舞の地合が始まりましたよ。
10月半ばまで如何に効率良く利益を取るのかが重要になって来ますからね。

当倶楽部激推し中の“有力ファンド超訳有り銘柄”は、弓をジリジリと引き絞るが如くパワーを溜め込んでいますからね。
いつでも飛び出せる態勢のままで大攻勢の時を待っているのです。

大攻勢への秒読み態勢に入った様です。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年09月15日(火)

     この大チャンス、逃さない様にね。

                    9月15日(火) 17:50更新

米株は9月第2土曜日を過ぎて、少し流れが変って来た様に思います。
新たに吊り上げの為の支援材料が出て来るのか注目です。
FOMCやパウエル議長の発言も気になります。

そんな中、日経平均は節抜け後の小一服状態に。
ここからは、米株の動向を横目に、日経平均は二進一退を繰返しながら、10月末高に向け上値を追う展開になると観ています。
そして、物色は10月半ばの個別材料株大乱舞に向け、新興系訳有り銘柄への流入が加速する事になりそうです。

そんな新興系訳有り銘柄の中心、主役を務める事になりそうなのが激推し中の“有力ファンド超訳有り銘柄”。
既に有力ファンドが相当の玉を吸い上げている様ですので、あとは怒涛の大攻勢の時を待つだけの様です。

いつでも飛び出せる態勢は出来ていますので、どのタイミングで仕掛けて来るのかを楽しみに、その時を待っているところです。
だからこそ、仕掛けが始まる前に大きく飛び出す前に急ぎ命玉を手当てして頂きたいのです。
ひとたび攻勢が始まれば一気に新高値取りへと突走り、そして青天井一気駆けへと突入しそうですので・・・

この大チャンス逃さない様にして下さい。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年09月14日(月)

     出遅れない様に、乗り遅れない様に・・・

                    9月14日(月) 19:00更新

菅内閣への期待か・・・
それとも成るべくして成った、4度目の正直での高保ち合い上放れなのか・・・

いずれにせよ、この背景にはジャブジャブに投入された資金と、不安心理の中での株価割安感とが交錯しての潮目の変化が生じた様に思えます。
この強い動きが、またしても“ダマシ”とならないかに注目しつつ、4度目の正直となる今回は、期待を持って強気で臨みたいところでもあるのです。

ここからは、出遅れ株が多少買い上げられた後は、再び新興系の個別を中心とする訳有り銘柄に再度資金が流入する形で、日経平均の年初来高値取りへ向け先陣を務めるべく大きく値を飛ばす事になると観ています。
だからこそ、買われるべき銘柄と、用無し銘柄とがハッキリと選別される形で、強いものはトコトン買い上げられるのです。

その筆頭となりそうなのが9月のメイン銘柄に推している“有力ファンド超訳有り銘柄”なのです。
集まる視線を上手く外しながら、目先筋を降ろして上値を軽くしていますからね。
いつでも一気の大攻勢が掛けられる態勢にあるという事です。

この“有力ファンド超訳有り銘柄”の他の紹介銘柄達も同様に大攻勢の準備は出来ていますからね。

あとは、“その時”を待つだけです。
日経平均が本格的上昇となり年初来高値を取るべく力強く上昇する為の新興市場の先導役達が大きく動き出す“その時”を待っているのです。

・・・いい展開になって来ましたよ。
あとは心静かに大攻勢のその時を待つだけです。

お急ぎのご入会、“有力ファンド超訳有り銘柄”への参戦、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -