明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年12月26日(水)

     観自在 いつも水の如く・・・

                    12月26日(水) 20:30更新

今晩のNYダウ、SP500が弱気相場入りとなるか否かに要注目です。
NYダウが21,462ドル水準、SP500が2344P水準を割り込んで来たら弱気相場入りとなり、市場心理は一気に弱気へと傾く事になるでしょうからね。
そうなれば、世界同時株安の流れに拍車を掛ける形で負のスパイラルへと一気に突入する事になるのです。

そんな重要な1日(今晩)を前に日経平均は、方向感乏しい上下動となっていました。
おそらく明日には、上下どちらかに大きく窓を空けた形で動いてくるでしょう。
今晩の米株の動向に則って大きく動いて来る事になるのです。
だからこそ今はどちらに動いても立ち回る事が出来る心構えを造り上げて臨む事が重要になるのです。

今、会員様達は21,210円で建てた先物売り建てと、来年の1番出世の座を激しく争うであろう2銘柄の安い買い玉を少しだけ持って、様子をうかがってもらっているところです。
そして、今晩の米株の動向を受け、明日の窓空けの方向を確認して立ち回る様にしてあります。
上窓を空けて来る様なら、手持ち玉の追撃買いを。
下窓なら、手持ちを大きく減らして、ヘッジと共に様子見継続。
更には明日、先物が19○○○円以上で引けて来る様なら、先物売りヘッジを決済し、更に強気で手持ち銘柄を買い増しして、リバ取りを狙いつつ、戻り具合を観て臨機応変に対応して頂こうと考えています。

いずれにせよ、今晩の米株の動向次第です。
今晩の動きで、今後の展開が大きく変わって来るでしょうから・・・
ここは「観自在 いつも水の如く」で臨みたいところなのです。

とにかくここは流れに則って、流れに合せて来年の1番出世の座を争う銘柄に参戦してもらいたいのです。
今の水準は、まさにバーゲンセールの水準にありますので・・・

お早めのご入会、そしてご参戦、お待ちしております。
 

  2018年12月25日(火)

     ここからが真の正念場。

                    12月25日(火) 20:30更新

連休明けの日経平均、一気に高値から20%安水準(弱気相場入りとなる水準)19,558円を割り込んで19,000円ギリのところで引けています。
NYダウ、SP500は何とか弱気相場入りする寸前のところで引けていましたので、今後の動向が気になるところでもあります。

株価命のトランプ政権だけになり振り構わずに策を打ち下げ止め反転上昇させに来るのか・・・
それともトランプ大統領の乱心であっさりと20%以上の下げとなり弱気相場入りとなるのか。
今晩、米市場は休場だけに、流れを激変させる様な材料を出してくれれば、そのクリスマスプレゼントに大喜びする事になるのですが・・・

いずれにせよ、弱気相場入りとなったら建て直すのが大変ですので、その前に何らかの策を打って来ると観ているのですが、果して・・・

そんな中、会員様には21,210円で建ててもらった先物売り建てをヘッジとしながら、来年の1番出世株候補銘柄を静かに少しずつ買い下がってもらっています。
おそらく、米株に何も株価吊り上げの支援策が出なければ、弱気相場入りとなり、パニック的な売り物が出て下げを加速させる事になるでしょう。
それを受けて日本株もセイリングクライマックス的投げ売りが出て来るはずです。
そのセイリングクライマックスに向けて、買い下がる為の準備を進めてもらっているところです。
枠を空けたまま、成り行きを見守りつつ次なる攻め所を探るのです。

それは米株の動向に大きく左右されますので、ここからはしばし買いの手を休めて枠を空けたまま様子を見て、米株の流れに則って立ち回って頂くのです。
セイリングクライマックスの後には間違いなく反発局面(リバウンド)が観られるはずですから、そのリバ狙いで買いを入れ、その後の戻り具合を観て追撃買いを入れるのか、それとも一旦利喰いを入れて少し様子見するのかを判断すればいいだけの事ですからね。
だからこそ、先物の売りヘッジを持って、来年の1番出世株を少しだけ買って、次の流れを待っているのです。
枠を大きく空けたまま、次なる攻め所を探っているのです。

とにかく、ここが正念場です。
ここでの立ち回り方次第で、先々の利益が大きく変わって来ますからね。

「夜明け前が一番暗い」と言いますが、今がその夜明け前なのか・・・
それとも、「明けない夜は無い」と言いますが、今は何時頃なのか・・・
全ては米株の動向次第、トランプ大統領の考え方、立ち回り方、策の出し方次第ではないかと・・・

次の攻め所、強気攻めの絶妙なタイミングと狙うべき凄銘柄、お教えしますよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年12月21日(金)

     まもなく目先「コツン」の音が・・・
                    12月21日(金) 18:30更新

個別銘柄に観え始めた大幅急落の動き。
これこそがセイリングクライマックスの動き。
あとは、どのタイミングで総投げ売りの動きが出て悲鳴と共に底打ちするのかに注目したいところです。

私は、あと200円も下げれば悲鳴と共に「コツン」の音が響くと観ていますけどね。
だからこそ、今日から来年の1番出世株と成り得る2銘柄(新シークレット銘柄と超大相場銘柄)に買いを入れ始めてもらったのです。
今日は枠の1割を使って買いを入れ、連休明け火曜には2割を使い、翌水曜には3割といった具合に三段構えの買い下りで対応する様にしましたけどね。

「天底など誰にも分らない」とは言いますが、株は下げ続ける事はありませんし、必ずやどこかで反発し上値を試し、その戻りが鈍ければ再度売り込まれて下値を探りに行くものですからね。
そのリバウンドを上手く利用する形で、益出しを狙うと同時に、戻しの強弱を観て、更に攻め込むのか、降りるのかを判断する事が出来ますから。

その相場のアヤを上手く掴む事が出来れば下げ相場であったとしても確りと利益を出し積み上げる事が出来るのです。
そして、“下”へと転換しそうな時は、確りと先物に売りを建てて、下落で利益が出せる様にすればいいだけの事ですからね。
今、会員様は21,210円で建てた先物売り建てをヘッジとして持ちながら、来年の1番出世候補の2銘柄を三段構えの買い下りで対応してもらっているところです。
ほどなくして、目先底打ち“上”へと転換するでしょうから、少し早めに買いの手を振ってもらってリバ取りを狙ってもらったのです。

とにかく、ここは胆力をもって打診買いを入れてみるところではないかと考えます。
早ければ連休明けには変化が観られそうですからね。

狙うは来年の1番出世候補の2銘柄。
今なら、かなりいい所が買えそうですよ。

お早めのご入会、お急ぎのご参戦、お待ちしております。
 

  2018年12月20日(木)

     ここからは“三段構えの買い下り”で臨みたいところ。

                    12月20日(木) 21:30更新

FOMC前に出たトランプ大統領による利上げ牽制発言に対する意地なのか、FOMCでは利上げを発表していました。
この状況での利上げは、我が国のバブル崩壊後も続いた日銀による利上げを思い出してしまいます。
あの愚策が無ければ“失われた20年”は無かったと考えていますので・・・

そんな過ちを繰り返すが如き今回の利上げ、この先の展開が気になるところです。
とはいえ、次のFOMC(1/30、1/31)においてこの過ちを改むる事が出来れば、何とか危機を回避する事が出来ると思いますけどね。

そんな愚策で大幅続落となり年初来安値を割り込んだ米株。
日経平均も一気に下げて年初来安値をあっさりと割り込んでいます。
とはいえ、ここは“節抜け後の一戻り”が出るところでもありますので、目先は一旦下げ止まる感じで戻りを試すものと観ています。
だから、ここからは三段構えの買い下り(1日目に枠の1割で買いを入れ、2日目は2割、3日目は3割といった具合に買い下る方法)で対応したいところでもあるのです。
そして、その戻り反発力の強弱を見極めたところで、次の一手を考えればいいだけの事ですからね。

この状況から、山より大きな猪は出ないと考えます。
出るとしたら一旦戻りを試した後、その戻りが弱ければ、再び猪が姿を現すと観ていますけどね。
いずれにせよ、ここからは胆力をもって買いの手を振る所だと思います。
そして狙うべきは、来年大きな相場を出して大きく出世して行く一番出世株。
当倶楽部では、来年の1番出世を争う2銘柄を紹介し、三段構えの買い下りで攻めて頂きます。(新シークレット銘柄と超大相場銘柄を)
ただ会員様は21,210円どころで建てた先物売り建てをヘッジとして持ってもらっていますので気兼ねなく買いの手を振る事が出来ますけどね。

とにかく、ここからは胆力をもって買いの手を振ってみるところ、打診買いを入れてみるところだと思います。
それも、超訳有り銘柄に狙いを絞って攻めるのです。
この胆力買いが必ずや来年報われて、大きな財を掴み取る事が出来ると思いますので・・・

お急ぎのご入会、そしてご参戦、お待ちしております。
 

  2018年12月19日(水)

     人事を尽して天命を待つ

                    12月19日(水) 20:30更新

会員様には先に建てて頂いていた先物売りヘッジを持ちながら静かに成り行きを見守って頂いているところです。
そして今晩のFOMCを受け流れが好転する様なら(明日、先物が20,×××円以上で引けて来る様なら)、ヘッジを外して、来年の1番出世の座を争うであろう2銘柄を中心に攻め込んでもらおうかと考えています。
1つは新シークレット銘柄のアレ。
あとの1つは超大相場銘柄のあの銘柄。
いずれも株価5〜10倍を狙える凄銘柄です。

おそらくは、今晩生じる新たな流れで、この先3か月の流れは決まって来るでしょうから、ここは出た目に合せて淡々と立ち回るべきところだと観ています。
米株も日本株も、ここまで強烈に下げて買い方が嫌〜な思いをし、売り方が調子に乗っているところですから、FOMCの内容次第で流れは劇的に変わるでしょうからね。

今晩のFOMCの結果、そしてパウエル議長の会見を受け如何なる変化を観せるのか・・・
悪ければ、ドン底を見に行きセイリングクライマックス待ちの形になるでしょうし、良ければ、大リバウンドが入り戻りを試す展開に・・・
今晩の米市場、米長期金利、ドル円の動向が気になるところです。

とにかく、ここまで売り込まれたのですから、反転はかなり強烈なものになるでしょうからね。
その時に狙うべき銘柄で、来年のパフォーマンスが大きく変わって来ると思います。

来年の1番出世の座を争う2銘柄(新シークレット銘柄、超大相場銘柄)、参戦なさってみてはどうでしょう。
桁違いの大きな大きな財を掴み取る事が出来るはずですからね。

お急ぎのご入会、そしてご参戦お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -