明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年01月30日(火)

     次なる攻め所、お教えします。

                    1月30日(火) 21:00更新

米株も欧州株もアジア株も、日経平均も・・・
そして為替も、コモディティも、金利も、これまでとは違った動きになりつつあります。

日経平均は下窓を空け安寄りした後も下落幅を広げ25日線も一目基準線も一気に割り込み下値探りを鮮明にして来ています。
問題は明日、重要変化日に当る明日に、一目基準線を回復し引ける事が出来るか否か。
出来れば、2/7からの出発の可能性が残り、出来ずに下げ幅を更に広げる様だと、2/7から出発の可能性は、ほぼゼロになってしまいます。
また可能性がゼロになれば、1/23からの下げ三波まではあるとして、更なる一段二段安に警戒しなければならなくなります。

そんな展開を想定し、1/24から一貫して注意を促し、警戒を呼び掛けて来た当倶楽部では、会員様には24,000トビ台で先物に売りヘッジを掛けて頂き、手持ち玉の大半を先に利確し、安〜い買い玉だけを残して、護りながら攻める態勢で臨んで頂きました。
時間が過ぎるに連れ状況が悪化すると共に、手持ちを減らしながら、攻め手を弱め、護りを固めながら今に至っているところです。

あとは次なる攻め所を探るだけなのです。
「コツン」の音を聞き分け、新たに生じるであろう流れを読んで、新銘柄の仕込み時を推し量るだけなのです。
もちろんの事、「四神」銘柄とシークレット銘柄を中心に置きながら、新たな物色の流れ、テーマに則った銘柄を矢継ぎ早に攻め込み、またまた大きな利益を掴み取りに行くのです。

相場は個別の情報も大切ですが、全体の流れ、リズムを読んでリズムに合せて立ち回る事は、もっと大切なのです。
中期波動を読んで、攻め時、護り時をいち早く会員様にお伝えし、それぞれに態勢を取りながら、流れに則った形で相場に付いて行きながら、利益を積み上げて行くのです。
株は上げ一辺倒ではありませんし、下げ一辺倒だけでもありません。
“ウネリ”を少しだけ早めに感じ取り、本能のままに身をひるがえし立ち回る事で、リスクを大きく減らし、大きな利益を掴み取る事が出来るのです。
・・・次は攻め時を探るだけなのです。

その前に「四神」銘柄の“青龍”、“朱雀”、“白虎”の安い所は少しでもいいですから拾ってもらいたいところですけどね。
もちろんの事、シークレット銘柄の安い所も・・・

とにかく、ここからは次なる攻め所を見極め、新しい流れに則った新銘柄の攻め時を推し量るだけなのです。

絶妙なる攻め時、攻め所、お教えしますよ。

お早めのご入会、お待ちしております。

ちなみに、本日決算が出た既報銘柄の(6292)カワタ、ストップ高買い気配となっていますよ・・・
 

  2018年01月29日(月)

     31日からの一段安に要警戒。

                    1月29日(月) 22:00更新

日経平均、一目基準線を大きく割り込んで来る様なら更なる一段安となり、2/7からの反転上昇の芽は無くなってしまいますからね。
まずは、一目基準線を踏み割るか否かに注目したいところです。

それに大きく関わるのが、ドル円の変動。
108円を割り込んで来る様な事になれば、日経平均も基準線割れからの下値探りが加速して来そうです。
今日あたりの地合、個別、主力の動きを観ても、決算絡み以外は、更なる一段安を警戒してか、上値が重くなって来ています。
この状況で、ドル安円高が更に進む事になれば、日経平均の意外安は避けられなくなるでしょう。

とはいえ、こんな時だからこそ、背景のデカイ、高ポテンシャルな訳有り銘柄を安く買う事が出来るのです。
例えば、「四神」銘柄の押したところとか、シークレット銘柄の安い所が拾えるのです。
こんな時でなければ、中々に安い所は拾えませんからね。
こんな時だからこそ、あえて火中の栗を拾いに行く戦術もあるという事です。

とにかく、一目基準線割れに注目しながら、「四神」銘柄の押し目買い、シークレット銘柄の押し目買いを狙うのです。
反転上昇の好機を意識しながら・・・

また、こんな状況だからこその、訳有り銘柄の情報も入って来ています。
こちらについては、玉の入り方、上値の買い上り方を見て適時判断して行こうかと考えています。
・・・こんな地合だからこそ、想定外の爆騰となる時がありますからね。
それを確りと見極めながら紹介して行こうかと・・・
それは明日かも知れませんよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年01月26日(金)

     そろそろか・・・

                    1月26日(金) 20:30更新

・・・別の要人発言(トランプ大統領、「最終日にはドル高が望ましい」発言)により想定通り反転上昇に転じたドル円でしたが、上値を試した後はジリジリと値を下げ、再度下値を探る動きとなっています。
トレンドがドル安へと傾いていますので、仕方無いところか・・・

そんなドル円の変動を受け、高寄りした日経平均でしたが、その後のドル安進行の流れとともに上げ幅を消し下落に転じ続落となっています。
新値足もダマシ無しの陰線2本目を示現し、25日線を意識する水準まで下げて来ています。
問題はドル円が下値108円50銭どころで下げ止まり、再びの反発を見せられるのか。
その時、日経平均は25日線と絡んだところで下げ渋り反発する事が出来るのかに注目が集まるところです。

25日線に絡んだあたりで下げ渋り、そのまま日柄を消化して行き2/7までもみ合いが続く様なら、次こそは本格上昇が観られるものと考えます。
上に行きたいのなら、ここでの下値探りは浅い方が良いに決まっていますからね。
「谷浅ければ山高し・・・」って事です。

そんな中、次なる物色の流れを読んで新銘柄を1つ紹介しておきました。
当俱楽部の主戦銘柄である「四神」銘柄とシークレット銘柄は、すこぶる順調な値動きを観せ上値を追っていましたので、新たな訳有り銘柄を紹介し攻めてもらったのです。

また、週明けのドル円、日経平均の変動を観ながら、次なる新たな物色の流れを読んで新銘柄を紹介していこうと思います。
1/31が日経平均の重要変化日、如何なる変化を観せるのかを睨みつつの紹介です。

とにかく、目先下値が届きそうな今、あえて火中の栗を拾いに行ってもいいのではないかと・・・
もちろんの事、24,000円台で建てた先物売りヘッジを持ちながらですけどね。

攻めに転ずる時、近し・・・と観ています。

全体が下げ止まり、反転上昇の気配が漂い始めたら、会員ページの既報銘柄達は一斉に大きく動き出しそうですからね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年01月25日(木)

     そろそろ、次なる反転上昇の事を考えながら・・・

                    1月25日(木) 20:30更新

今年始めて5日線が下向きとなった日経平均。
SQ値(23,723円)を割り込んで来た日経平均。
新値足も陰転して来た日経平均。
次は、如何なる変動を観せてくれるのか・・・

その下落の要因が、ムニューシン財務長官による「ドル安は我々にとって良い事」発言。
これにより、下落トレンドにあったドル円は下げを加速し、ポイントであった週足一目雲の下限を一気に踏み抜く形に。
とはいえ、要人発言によるドルの急落ですから、また別の要人発言で展開がガラッと一変する事も考えられますので、その点も頭に入れながら臨みたいところでもあるのです。

そんな状況の中、会員様には先に24,000円台で掛けていた先物の売りヘッジを3分の1だけ先に決済し利益確定して頂きました。
また、ここから更に突込む様なら、あと3分の1を先決済し利益を取って頂いて、残り3分の1を抱いたまま、護りながら攻める態勢で、次なる反転上昇の機をうかがってもらおうと考えています。
そして狙いを絞って攻めて頂いているのが、「四神」銘柄とシークレット銘柄。
他にも強い動きの銘柄もあるのですが、安心感は断然に、こっちの方がありますからね。

そして明日にも、次なる新た流れを想定して、新銘柄を紹介し攻め入ってもらおうと思います。
地合が悪い今日、想定通りの値動きを観せていましたからね。
近々大きく飛び出して行きそうです。

とにかく今は、日経平均が明確に上放れする為に必要な下値を探っているところなのです。
ですから、如何様にも対応し、反転上昇にも迷わずに付いて行ける様に、護りながら攻める態勢で臨んで頂いているのです。

少し早いかも知れませんが、先々の反転上昇を意識して、明日、新銘柄を仕込みに入るのです。
ものによっては、一気に駆け登って行くやも知れませんからね・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年01月24日(水)

     またまた読み通りの展開に・・・

                    1月24日(水) 21:30更新

やっぱり・・・
日経平均、24,000円に乗せたとはいえ、明確に上放れた訳では無かった様です。
本日、失速し、先物が24,050円以下で引けて来ましたので、次は下値を探る展開になるという事です。

今日の日経平均安の背景には、ドル安円高の流れが強く関わっている様ですので、一気に110円を割り込んだドル円の変動(週足一目雲の下限を勢いそのままに観に行くのか)に注目しながら、日経平均の下値を探りたいところでもあります。
この下値探りの後が、本格上昇相場の始まりかも知れませんからね。
それを確りと、そして冷静に見極める事が重要になって来るのです。
日柄的にも良い具合に進みそうですからね。

そんな状況の中、当俱楽部の会員様には確りと護りながら攻める態勢を取り、先物に売りヘッジを掛け、個別は「四神」銘柄とシークレット銘柄を中心に、強い動きをしている既報銘柄も含んで攻めて頂いています
特に注目したいのが“青龍”(5727)東邦チタニウムと“白虎”(3891)ニッポン高度紙です。
地合悪関係なく値を飛ばしています。
また、本日新たに紹介した短期値幅取り(踏み上げ)狙いのあの銘柄も、一気に突走しってくれています。

あとは、強い銘柄を中心に攻め込みつつ、この反落調整後に来るであろう新たな流れを読んで、入手している情報の中から新たな流れに乗った新スター銘柄を発掘するだけなのです。
・・・こんな地合だからこそ、あえて大きく動いて来る銘柄もあるのです。
急動意づいて来たら、地合関係なく銘柄を紹介し、攻め入って頂くつもりですけどね。

ここからの日経平均の下値探りは、次なる上昇相場を出す為にも必要不可欠な調整、下値探りとなると考えています。
ですから、今回は少し強めの下値探りとなり、ヒャーッとする場面があるとも考えているところです。
日柄的にもいい感じになって来ていますからね。

いずれにせよ、ここからの狙い目は「四神」銘柄とシークレット銘柄の押し目と、次に来る新たな流れを読んで紹介する新銘柄だという事です。
2銘柄ほど候補は挙がっています。
あとは流れを確認し攻め入ってもらうだけです。

この流れの変化に乗り遅れない様にして下さい。
・・・絶対に後悔しちゃいますからね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -