明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2020年11月16日(月)

     お知らせ

                    11月16日(月) 14:10更新

新規で短期値幅取り銘柄紹介しました。
大手筋がまもなく大攻勢に出る様です。

お急ぎの参戦、お待ちしております。
 

  2020年11月13日(金)

     次に来る個別循環物色の流れに先手を打って・・・

                    11月13日(金) 18:50更新

日経平均、想定通りに9日ぶりの反落となり目先調整入りの可能性が高くなりました。
このまま調整色を深めるのか、それとも一服を挟んで更なる上値追いへと向うのか、週明けの動きに注目したいところです。
そして物色の流れが、主力株から個別循環物色へと変化するのかにも注目です。

そんな中、昨日新たに紹介した有力筋が大幅値幅取りを狙う新銘柄は、日柄を合せる形で来週からの大攻勢に向け確りと形を整えています。
物色の流れの変化の先陣を切る形での有力筋の大攻勢に期待しているところです。

そして週明け、流れを確りと極めたところで、また新たに攻め入るべく新興系の新銘柄を紹介しようと思いますので楽しみにして頂けたらと思います。

いずれにせよ、全体に調整入りの気配が観え始めましたので、その先にある個別株循環物色の流れに乗るべく先手を打って立ち回りたいところでもあるのです。
昨日紹介した新銘柄、更には週明けの地合を観て紹介予定の新興系の新銘柄、ここからが上げ本番となるでしょうから急ぎ参戦して頂いて上手く個別循環物色の流れに乗って頂けたらと思います。

本格的な大攻勢が始まる前に急ぎ参戦を・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2020年11月12日(木)

     目先潮目が変わりそう・・・

                    11月12日(木) 17:20更新

日経平均、そろそろ目先調整が入りそうな気配が・・・
と、なると流れは個別循環物色へ。
買い換えの動きが一服した事で、目先はこのまま個別循環物色へと流れ込みそうです。

そんな状況でしたので、入手した情報の中から、個別株物色の流れの先陣を切る形で大きく上値を追って来そうな新銘柄を紹介しておきました。
有力筋による怒涛の大攻勢がまもなく始まりそうです。

そんな目先潮目の変化を見極めるには、明日の先物の引け方が重要になって来ますからね。
明日、先物が25,×××円以下で引けて来る様なら、目先調整入りの可能性がグググッと高くなって来ます。
その目先調整の間は、ここのところ買われていた主力株ではなく、個別株を中心に買われ循環物色が始まる事になるのです。

そんな流れの変化が観え隠れしていましたので、取り急ぎ有力筋が大幅値幅取りを狙う新銘柄を紹介したのです。
あとは確りと変化を見極めたところで、また新たに訳有り個別株を紹介しようかと考えているところです。

さー、目先流れが変わりそうですよ。
次なる流れ、個別循環物色の流れにいち早く乗っかって頂けたらと思います。

本日、凄〜い訳有り新銘柄を紹介しておきましたからね。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年11月12日(木)

     極秘銘柄、緊急紹介しました。

                    11月12日(木) 11:00更新

有力筋が攻勢に出るという訳有り新銘柄を先ほど紹介しておきました。
かなりの上値を狙っている様です。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年11月11日(水)

     ここからは半歩先を睨んで先手を打つところではないかと。

                    11月11日(水) 18:50更新

当倶楽部の“225先物会員”様は、既に2,000円幅を大きく超える大幅な評価益を手にして頂いています。

次は“極秘個別情報会員”様に大きな利益を取って頂くだけです。
先週、半歩先を見越して紹介していた“緊急値幅取り銘柄”は大攻勢に向けて急動意づき始めています。
まもなく、怒涛の大攻勢が始まりそうです。

そして、新たな流れを読み切る事が出来ましたので、入手した情報の中から、魅力的な銘柄を選び出して参戦して頂こうと考えているところです。
とりあえず2銘柄ほど新銘柄を用意してはありますが、明日の地合、流れ、玉の入り方を観て再確認してザラバメールにて紹介し参戦して頂く予定です。

コロナ禍で売り込まれた主力株の買いが一巡すれば、次は個別株循環物色へと流れが向いそうですので、それを睨んで半歩先に個別循環物色を牽引する様な主役級の銘柄をまずは攻め込み、その後は細かな流れを観て適時新銘柄を紹介し攻め入って頂こうと考えているところです。
とりあえず、強相場はもう少し続きそうですので・・・

そして、弱相場へと転換しそうな時は、先物転換値として会員様には日々お教えしてありますので、それを参考にしながら立ち回ってもらっています。
弱相場へと転換しそうな時は、確りと先物に売りを建てヘッジを掛けながら、攻めて頂く戦略(護りながら攻める態勢)で波乱を乗り切ってもらいますからね。
その先物売りヘッジは時に絶大なる効力を発揮してくれます。(←左の“過去の紹介履歴”でご確認を)

いずれにせよ、ここからは半歩先を睨んで訳有り個別に静かに参戦する時だと思います。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -