明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2020年12月24日(木)

     満を持しての紹介です。

                12月24日(木) 13:10更新


年跨ぎ大相場狙いの新銘柄を1銘柄紹介しました。
来年の大出世株の可能性大だと観ています。

お早めのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年12月23日(水)

     ここは年跨ぎの大相場を狙って、果敢に買いの手を振りたいところ。

                12月23日(水) 18:30更新

未だ下げ渋っただけの日経平均。
ここから“強さ”を観せられるのか注目です。
もちろんの事、マザーズ指数が更なる強さを観せる事が出来るのかにも注目です。

日経平均は、明日先物が26,〇〇〇円以上で引けて来たら強相場復活の可能性が高くなります。
個別株は、マザーズの続伸は最低条件で、出来れば転換線超え、5日線を超えて来るのか気になるところです。

そんな状況ですが、“アク抜け”を意識してか、当倶楽部の紹介銘柄達は大攻勢に向け淡々と準備が進められている様です。
あとは全体との絡み、マザーズ指数の動向によって展開は変って来そうですので、先物、マザーズ指数の動向を睨みながら、淡々と個々の強さに付いて行くだけです。

まもなく訳有りの売り物も一巡しそうです。
だからこそ、この局面は訳有り個別に狙いを定め胆力を持って果敢に買いの手を振りたいところでもあるのです。
年跨ぎの大相場を狙って・・・

お早めのご入会、お急ぎのご参戦お待ちしております。
 

  2020年12月22日(火)

     嵐が過ぎれば、新たな個別物色の流れが・・・

                12月22日(火) 19:00更新

今日は個別株にとって、嫌〜な思いをした1日になった様です。
まさに、魔の1日。

特に下値圏にある銘柄ほど、今年得た利益を相殺する為の“損出し売り”が加速して惨憺たる状況となっています。
それらとは別の銘柄達も、6月3週目に高値をつけた銘柄達の期日売りが出たりと・・・
更に下落に拍車を掛けたのが、マザーズ指数の目先底割れ。
これらが、売りが売りを呼ぶ展開となり、複雑に絡み合う形で、新興銘柄を中心とする急落、暴落に繋がったと観ているところです。

ただ、こうした現象は一時的な需給の崩れであり、むしろ“アク抜け”に繋がり易い事から今は我慢、辛抱の時だと考えているところです。
裏を返せば、この局面は個別株のバーゲンセール状態というところですので、ここからは、訳有り個別に狙いを定め胆力をもって買い下がりたいところでもあるのです。

これら訳有りの売り物が一巡すれば、今の状況とは反対の動きが出て、大きく反発し戻すでしょうから、その反発力、戻し方を観て参戦するのも悪くはありませんからね。
いずれにせよ、この個別にとっての波乱含みの展開の先には、年末年始相場を華々しく彩る新たなスター銘柄が登場する事になるのです。

そのスター銘柄候補は既に準備、用意出来ていますので、タイミングを観て一気に紹介し参戦して頂こうかと考えているところでもあるのです。
とにかく、この波乱含みの局面は、新年相場に向けての肝(キモ)になる局面だと観ています。

あえてここから強気で買いの手を振りたいのが“極龍銘柄”を中心とする紹介銘柄達なのです。
まさに、天与の買い場を提供してくれていますからね。

ここは年跨ぎ大相場を意識して攻め込みたいところでもあるのです。

お早めのご入会、お急ぎのご参戦お待ちしております。
 

  2020年12月21日(月)

     新たな物色の流れが生じそう・・・

                12月21日(月) 18:50更新

目先は、急ぎの売り物(益出し売り、損出し売り)が加速しそうです。
そして、その売り物が一巡した後に、年末年始に向けた新たな物色の流れが生じる事になるのです。

そんな変化の兆しを感じ取りながら、先に来る新たな物色の流れの中心銘柄に成るであろう銘柄が“極龍銘柄”なのです。
また、この他にも新たな流れを想定し色々なパターンの新銘柄を準備用意して、次なる新たな流れの方向性を見極めているところです。

そして、その変化の兆候が観えたところで新銘柄を紹介し、年跨ぎで大きく利益を掴み取って頂こうと考えていますので・・・
もちろんの事、そんな事情のある銘柄達を牽引するのが、当倶楽部激推し中の“極龍銘柄”ですけどね。

とにかく、年を跨いで大きな相場を出す訳有り銘柄は意外と多いのですよ。
だからこそ、年跨ぎで大相場を出しそうな銘柄を中心に攻めながら新年相場に向けての準備を進めてもらっているのです。

“極龍銘柄”も凄いですけど、他の掲載中の銘柄も、新紹介準備中の銘柄も凄い銘柄ばかりですけどね。

・・・今なら色々とあった2020年を華々しく締めくくる事も出来ますし、丑(うし)つまずくの2021年を幸先良くスタートダッシュを決める事も出来ますよ。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年12月18日(金)

     個別の景色がガラッと変わりそう。

                12月18日(金) 18:40更新

来週、損出しの売り物が一巡した後が楽しみです。
年末から年始、そして年を跨ぐ形で大きく動き出す銘柄と終焉を迎える銘柄がハッキリするからです。

今は用無しに観える個別銘柄が、突如急動意づいて年を跨いで大きく動き始めるものが出て来るのです。
その中心となりそうなのが、今月の激推し銘柄である“極龍銘柄”。
一気大攻勢に向け攻めたり引いたりしながら、一気攻めのタイミングを計っている様ですからね。
そして、“第2の不二精機”も虎視眈々と一気攻めのその時を待っているかの様です。

とにかく、来週には、個別銘柄の景色がガラッと一変しそうです。
活況だった銘柄は終焉を迎え、用無しで蚊帳の外だった銘柄に資金が集まり、一気に大きく動き始めるのが来週なのです。
だからこそ、半歩先に先手を打って怒涛の大攻勢に備えるのです。

意外と年を跨いで大きな相場を出す銘柄は多いのですよ。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -