明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2021年03月15日(月)

  “ファンド系値幅取り銘柄”、本格攻勢がまもなく始まりそうです。

                3月15日(月) 19:10更新

世界的にグロース株(成長企業)とバリュー株(国内株)の綱引きが激化する中、日本株も同様の動きが観え始めています。

ただ注目したいのが、その間で大きく値を飛ばして来そうな訳有り個別株の存在。
その間隙をぬって大きく飛び出して来る銘柄が、個別の主役となり個別株乱舞を牽引する事になりそうですからね。

そのNO.1候補が、今強気で攻め込んで頂いている“ファンド系値幅取り銘柄”。
この銘柄、2月に(6699)ダイヤモンドエレクを一気に株価3倍弱まで放り上げた筋と同じ剛腕ファンドが手掛けていますからね。(←左の“過去の紹介履歴”でご確認を)
今は静かに爆騰相場への仕掛けのタイミングを計っている様ですので、本格大攻勢が始まる前に静かに参戦し、怒涛の大攻勢の時をお待ち頂きたいところでもあるのです。

この“ファンド系値幅取り銘柄”、私の見立てでは、控え目に観て、前のダイヤモンドエレク同様に3倍弱水準まで一気に値を飛ばしそうですからね。

とにかく、大攻勢が掛かる前に確りと玉を手当てしてもらたいのです。
起死回生の一発が狙えますし、桁違いの財を築く事が出来ると思いますので・・・

お急ぎのご入会、“ファンド系値幅取り銘柄”への参戦お待ちしております。
 

  2021年03月12日(金)

  “ファンド系値幅取り銘柄”来週本格攻勢となりそうです。

                3月12日(金) 18:10更新

メジャーSQという上蓋が外れた日経平均は大きく値を上げ一気に25日線とポイントであった29,336円を上抜いての大引け。(想定通りに5月高に向けての急伸に)

ただこの初戻り、「初戻りは売り」と言いますので目先調整を意識しながら、個別株の強い動きの銘柄に的を絞って攻めたいところです。

そんな状況の中、激推し中の“ファンド系値幅取り銘柄”も想定通りに狼煙が上がり、週明け早々からの一気攻勢に期待が掛かる、そんな動きを観せています。
週明け月曜日にポイントを確りと上抜けば本格的に攻勢が始まった事になり怒涛の爆騰相場入りとなりそうです。

何せ、前に紹介参戦した(6699)ダイヤモンドエレクを1ヶ月足らずで株価3倍まで一気に放り上げた剛腕ファンドが次に狙っているのが、この“ファンド系値幅取り銘柄”ですからね。
(←左の“過去の紹介履歴”でご確認を。)

今ならまだギリギリ間に合います。
て、いうか、今が絶妙の参戦タイミングだと観ています。

お急ぎのご入会、“ファンド系値幅取り銘柄”への参戦お待ちしております。
 

  2021年03月11日(木)

     狼煙が上がる前に急ぎ参戦を・・・

                3月11日(木) 20:20更新

今日の日経平均は明日のメジャーSQを意識した下支えがあった様な・・・
問題はSQ通過後に早々に25日線を上回って来る事が出来るのか。
出来なければ、下値は75日線絡みまでありそうですので・・・

そんな中、ほぼ想定通りに個別物色の流れが加速しつつあります。
このまま、日経平均が大崩れする事なく、強相場継続のままで推移してくれれば、一段と個別物色の流れに拍車が掛かりそうですからね。
そんな流れを先取りする形で、本日ザラバ中に大手ファンドが値幅取りに出るという訳有り銘柄を新たに紹介し参戦して頂きました。
力があるファンドだけに、どこまで一気に放り上げる事が出来るのか、楽しみにしているところです。

また、3月のメイン銘柄として静かに仕込み参戦して頂いていた“ファンド系値幅取り銘柄”も、ここに来てにわかに動意づいて来ています。
このまま上値を力強く追う事になれば、週明け早々からの一気の大攻勢もありそうですので、あの(6699)ダイヤモンドエレクの様な爆騰相場に期待が掛かることろです。
そのダイヤモンドエレクを手掛けた有力ファンドが、この“ファンド系値幅取り銘柄”も手掛けていますからね。

ここからグググッと上値を伸ばして来たら、爆騰相場への狼煙が上がったと観ますけどね。
早めに玉を手当てして、爆騰相場に備えてもらいたいものです。

まだ間に合います。

お急ぎのご入会、“ファンド系値幅取り銘柄”への参戦、お待ちしております。
 

  2021年03月10日(水)

   今のうちに仕込むのです、“ファンド系値幅取り銘柄”を

                3月10日(水) 18:30更新

荒れた後の小休止に入った感がある日経平均。
この局面は次なる個別物色の流れの方向性を見極める時だと思いますので、慌てる事なく本格個別物色の流れを見極めたいところでもあります。

そんな中、激推し仕込み中の“ファンド系値幅取り銘柄”も、一気攻勢の好機をうかがう形で静かに“その日”を待っているかの様です。
この手の訳有り銘柄は突然攻勢が始まり、一気に飛び出す形で大相場へのスタートを切る事が多いですので、早めに種玉を仕込んで、突然大攻勢が始まっても付いて行ける態勢を取りながら待つのが得策ですからね。

まもなく日経平均の小休止見極めの時間も終りそうですので、早めに“ファンド系値幅取り銘柄”を仕込んで頂けたらと思います。
何せ、あのダイヤモンドエレク(6699)を1ヶ月足らずで3倍弱まで一気に放り上げた剛腕有力ファンドが手掛けていますので・・・(←左の“過去の紹介履歴”でご確認を)

スタートを切れば一気の爆騰相場が始まる事になりそうです。

お急ぎのご入会、“ファンド系値幅取り銘柄”への参戦、お待ちしております。
 

  2021年03月09日(火)

     “ファンド系値幅取り銘柄”、仕込み遅れない様に。

                3月9日(火) 18:40更新

「コツン」と音がした感がある日経平均。
同時に、ドル円も原油も変潮の兆しが観えていますので、今後の動向に要注目です。

日経平均は、この後の反発力が重要になって来ますので・・・
反発力が小さく、弱さが出る様なら、再度強烈な急落に見舞われそうですので注意したいところです。

そんな中、強気仕込み参戦中の“ファンド系値幅取り銘柄”は、想定通りに虎視眈々と一気攻勢の好機をうかがいながら淡々とその時を待っているかの様です。
ひとたび攻勢が始まれば、あのダイヤモンドエレクの如く一気に飛び出し駆け上がって行くでしょうから、今のうちに命玉(種玉)を仕込んで、一気攻勢の時をお待ち頂けたらと思います。

何せ、この“ファンド系値幅取り銘柄”を手掛けているのは、あの(6699)ダイヤモンドエレクを1ヶ月足らずで3倍弱まで一気に放り上げた剛腕有力ファンドですからね。
(←左の“過去の紹介履歴”でご確認下さい。)
いずれにせよ、動き始めたら手が出なくなってしまうでしょうから、今のうち、静かな今のうちに玉を手当てして頂きたいのです。

ダイヤモンドエレクと同様、超大相場を狙っていますので・・・

お急ぎのご入会、“ファンド系値幅取り銘柄”への参戦、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -