明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2017年09月19日(火)

     ま・さ・か、解散風という追い風が吹こうとは・・・

                     9月19日(火) 22:00更新

意外高しちゃいましたねー。
その主な要因が解散風だったとは、全くの想定外です。
とはいえ、意外高ありきで会員様に動いて頂いていた当方にとって、今日はまさに「勝ちに不思議の勝ち有り」って事に。

そんな中、ようやく、もう片方の車輪も揃い、これで両輪揃った形で(主力株、個別株揃って)、ポイントである20,547円取りを狙う事が出来そうです。

そんな主力株、活況の中、幕間つなぎの展開を想定し新銘柄を1つ紹介しておきました。
将来性抜群の材料を秘め、大手筋が一気の大相場を目論む小型材料株です。
上手く全体の流れを観ながら、効率良く相場を作り大きく大きく育ててくれると思います。

また、先週末に紹介した「逸材青天銘柄」も、今日の主力活況の中、勢いこそ削がれてはいましたが、まだまだその勢いは衰え知らずの動きとなっています。
この週末には、更なる高みを目指し一段高必至だと観ているところです・・・すごく楽しみです。

いずれにせよ今は、淡々と、そしてヒョウヒョウと強さに付いて行くだけなのです。
弱さが観えるまで、強さに陰りが観えて弱くなるまで、淡々と付いて行くだけなのです。
会員ページには、強弱を見分ける目安として先物の転換値を日々更新し、それを目安にして会員様には立ち回って頂いています。
その目安が先に分っているからこそ、今は強気で攻め入る事も出来ますし、弱くなりそうなら、一気に手を引て護りに入る事も出来るのです。

ここから狙うべき銘柄は、本日新たに紹介した将来性抜群の材料を秘めたあの銘柄。
そして、先週末、満を持して紹介した「逸材青天銘柄」。
この2銘柄なら、地合、流れ問わずに我関せずとばかりの足取りで、大きく大きく駆け上がり、大きく大きく育って行くはずですから・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年09月15日(金)

     本日の北のミサイル、アク抜けからの意外高をもたらしてくれそうです。

                     9月15日(金) 22:00更新

北朝鮮が連休前にミサイル発射を強行してくれましたので、東京市場は一気にアク抜けした様です。

連休中の北の行動を警戒して動き辛かったところに、突然のミサイル発射。
これで市場は目先地政学リスクが遠のいたとして、一気に強気に傾いています。
日経平均は昨日の小一服を挟んでの強切り返しとなっていますので、意外高の可能性が更に大きくなったと思います。

連休中に北が更なる行動に出るのは考えにくく、台風18号が日本縦断しそうですし、本日のミサイル発射に伴い国連安保理が緊急に開かれますので、その内容と反応を見極めてから、北は次の出方を考えるでしょうからね。
そんな諸々の事を想定しての今日の日経平均のアク抜け的動きではなかったかと・・・

ドル円もリスクオンの流れとなり、一気に114円を意識する様な動きとなりましたからね。
連休中のドル円の更なる上値追いと、米株の史上最高値更新に大いに期待したいところです。

そんな中、例の「逸材青天銘柄」を寄り付き直後の玉の入り方を観て急ぎ紹介しておきました。
いよいよ、超大相場へ向けての助走が始まった様です。
某大材料が出るまで、確りとそしてジリジリと相場作りをしながら、材料表面化と共に本格的上昇相場に突入し、異次元の大相場を築きに来るのです。

この銘柄の持つポテンシャルは、他に類を見ないほどの凄いものがあります。
材料も、背景も、もちろん手掛ける筋も申し分なく、超大相場型銘柄にふさわしいポテンシャルを内包しているのです。

だからこそ、寄り直後の不自然な玉の入り方を観て紹介に踏み切ったのです。
訳を知る者達の用と思われる買い物が昨日から断続的に入っていましたからね。

この「逸材青天銘柄」なら、材料が表面化するまで、かなりの相場になるはずです。
そして材料が出てからが上げ本番となり異次元の超大相場へと発展して行くのです。

だからこそ、あえて3連休のリスク覚悟した上で紹介に踏み切ったのです。
連休中に材料が出たら悔んでも悔み切れませんからね。

どうですか・・・この「逸材青天銘柄」で超大相場の醍醐味を味わってみませんか。
そして、夢の様な財を掴み取ってみませんか。
この大チャンス、逃してはダメですよ。
一生後悔してしまうと思いますから・・・

ちなみに、先に紹介した(7760)IMVも(4971)メックも順調に上値を追っています。
連休明けには、また新しい銘柄を紹介する予定ですし・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年09月14日(木)

     この大チャンス、絶対に掴み取って下さいね。

                     9月14日(木) 20:20更新

本日、日経平均は想定通りの一服に。
一服入りの切っ掛けは北朝鮮の威嚇コメントからでしたが、このコメントタイミングも何か計られた感を感じるのは私だけでしょうか。
19,900円台に乗せたあたりでコメントが出された様ですからね。

とはいえ、ここでの一服、更には3連休を控えた明日の一服は、先々2万円台回復を目論むには必要不可欠の一服だと思います。
どの様な形での調整になるかは、今のところ分りませんが、間違いなくここでの一服が上昇相場のアクセントとなり、更なる高みを目指す糧となるはずです。

そんな中、前々から情報の裏取りをお願いしていた銘柄が、ここに来て動意付き始めて来ました。
ある程度のところまで裏が取れましたが、未だ核心部分の裏が取れていませんので、それを待っているところです。
でも、ここに来て、怪しげな買い物が断続的に入って来ており、この玉の入り方は材料、背景を知り得るごく一部の者達が足がつかない様に、遠回しに玉を手当てしている動きだと観ています。
これまで幾度となく、大材料が出る前には、この手の玉の入り方が多々ありましたからね。

未だ核心部分の裏は取れてはいません。
でも、玉の入り方を観ると、限りなく大材料が出て来そうな感じですので、明日も同様の動きが観られる様なら、見切発車も止むを得ずと考えているところです。

私はこの銘柄を「逸材青天銘柄」と呼ぶ事にしました。
大材料を内包し、高ポテンシャルで、更には青天井からの相場がデカイ・・・という意味で「逸材青天銘柄」としたのです。
まずは、核心部分の裏取りを待つ事にします。
でも、明日、この銘柄に異常な買い玉が入って来たり、値段構わず上値買いが入ったりしたら、躊躇する事なく見切発車し、付いて行ってもらう事にします。
なぜなら、大材料が出たり、その背景があからさまになってしまったら、ストップ高連発となり、とてもじゃないけど、現水準で玉を買う事は不可能になってしまいますからね。

こんな大チャンス、そうそうあるものではありませんからね。
確りと掴み取らないと一生後悔する事になってしまいますからね。

絶対に絶対に掴み取ってもらいます。
この大チャンスは桁違いの財を皆様にもたらしてくれるはずですから・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年09月13日(水)

     目先一服の入り方で次なる展開が観えて来る。

                     9月13日(水) 21:30更新

日経平均、3つ目の窓を空け一気に75日線を上回る強さを観せています。

とはいえ、ここからの更なる一段高は、相場寿命を短くしかねますので、ほど良い休息が欲しいところです。
節抜け後の一服・・・この入り方、押しの深さにより今後の展開が観えて来るのです。
また、3連休控えで、それを意識する動きも出て来るでしょうから、それら売り物を如何に吸収し確り推移と成るかも気になるところです。

よってここから数日は、一服ありきで立ち回った方が良さそうです。
その一服の間は、主力ではなく、少し外れたところに在る個別銘柄が存在感を観せる事になりそうですからね。

そんな状況の中、昨日寄り付き直後に紹介した短期値幅取り狙いの(7760)IMVは本日も堅調な値動きを観せ、もう1つの超大相場狙いの銘柄は、飛び出す機会を淡々とうかがっているかの様です。

そして本日も、来週からの大攻勢を睨みファンド系の銘柄を新たに紹介しておきました。
ファンドが新高値抜けから青天井に入ってからが面白いのですよ・・・と豪語している銘柄です。

とにかく、ここは攻めの一手です。
例年の9月相場ではなく、新たな9月相場の展開、意外高を見越して攻めまくるのです。
弱さが観えるまで、攻めて攻めて攻めまくるのです。
ここで攻めの手を緩めていたら、2万円台に乗せたところを慌てて買い付く破目に遭わされそうですからね。

弱相場転換の目安がハッキリと分っているからこそ、こんな芸当が出来るのです。
明日なら、先物が19,△△△円以下で引けて来る様なら、弱相場転換の可能性がググッと高くなりますけどね。

とにかくここは一服在りきで相場と相対したいところです。

・・・本日紹介したファンド系銘柄も、昨日紹介した超大相場狙いの銘柄も、ここからが面白いのですよ。
今なら確りとタップリと種玉が仕込めますよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年09月12日(火)

     ここで冷水を浴びなければ、意外高も・・・

                     9月12日(火) 21:50更新

日経平均、2つ目の大窓を空け堅調推移。
9/1の戻り高値もあっさりと上抜け、75日線に迫る勢いを観せています。

こうなると明日の後場の動きが気になるところです。
小回り3日の3日目の後場に流れが急変する事が多々ありますからね。
明日の後場も強張る様なら、今回の戻りは意外に高くなりそうです。
ここで突然の冷水(北の挑発行動)が浴びせられなければ、すんなりと2万円を強く意識する動きとなるでしょう。
明日、後場からの変動に注目する事にしましょう。

そんな中、本日、寄り付き直後に足の早い短期値幅取り銘柄を1銘柄と、14時過ぎに超大相場狙いの銘柄を1銘柄紹介しておきました。
寄り付き直後に紹介した短期高銘柄は、筋と呼吸がピタッと合ったのか一気にSP高まで駆け上がり、その後SP高買い気配となってしまいました。
そこで、買い気配で買えなかった会員様も居ましたので、明日紹介する予定だった超大相場狙いの銘柄を急遽紹介する事にしたのです。
これも筋が断続的に買いを入れていましたので、これに便乗する形で参戦して頂きました。

また、この他にも高ポテンシャル銘柄や足の早い銘柄も控えていますので、これらについては状況を観ながら適時紹介して行こうかと考えています。

とにかく、「株は弱くなるまで強い」と言いますので、ここは弱くなるまでトコトン強さに付いて行きたいところなのです。
弱さを計り知る目安は、先物の転換値です。
これを観て、弱くなりそうなら護りの態勢を取り、強さが続く様なら、更に攻め込むのです。
明日なら、この転換値は、先物が19,○○○円以下で引けて来た時となり、それが目安となるのです。
この目安、日々変わって来ますからね。
これが出来るからこそ、本当に美味しいところだけを味わう事が出来るのです。

相場全体の流れ強弱を観ながら、強ければ果敢に攻め込み、弱くなったら一気に護りに入り様子をうかがう。
だからこそ、株で財を築く事が出来るのです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -