明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2020年12月10日(木)

     新たな個別物色の主役は・・・

                12月10日(木) 18:40更新

明日のメジャーSQを跨いで“変化”が生じそうです。
大きな流れの変化ではなく、個別物色の流れの変化だと観ています。

そんな兆候が見え隠れしていましたからね。
だからこそ、第二の不二精機と成り得る超短期値幅取り銘柄をザラバ中に紹介し参戦して頂いたのです。
不二精機に代り大きく値を飛ばし、次なる個別物色の流れの主役となる新銘柄です。

そして、この新たな個別物色の流れの次に来るであろう流れを見越して、得た大きな利益で激推しの“極龍銘柄”を買い込むのです。
少し日柄がズレ込んで年跨ぎでの大相場となりそうですが、その分十分にパワーを溜め込んだだけに、超一流筋の一気の大攻勢に期待が掛かるところです。

いずれにせよ、新たな個別物色の流れが生じそうですので、急ぎご入会頂いて、個別物色の次なる主役と成る本日紹介したばかりの超短期値幅取り銘柄に参戦して頂けたらと思います。
一気に株価倍くらいまで放り上げて来そうですので・・・

そして大本命の“極龍銘柄”に資金をシフトすればいいのです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2020年12月10日(木)

                  12月10日(木) 9:50更新

第二の不二精機候補No.1銘柄、紹介しました。
ここから怒涛の大攻勢が・・・

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。

(←左の“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ・・・)
 

  2020年12月09日(水)

     第二の不二精機を紹介しようかと。

                12月9日(水) 18:40更新

米株、ワクチン投与開始がハッキリすれば見直し買いによる上値追いが始まり、追加経済対策が決着すれば、米株は青天井一気駆けへ・・・

そんな状況の中、日経平均もメジャーSQ週の荒れる水曜日の今日、買い方の攻勢により、5日線、転換線を回復し、新値足も陽転。
ただ、未だ高保ち合いの中にありますので、明日、先物が26,9〇〇円以上で引けて来るのかを観ながら強弱を見極めて頂けたらと思います。

そんな中、11月25日夜に紹介した(6400)不二精機は個別物色の中心銘柄となり大きく値を飛ばしています。
そして、この不二精機に続き華々しい一気の上値追いに期待が掛かる新銘柄を明日紹介しようと考えているところです。
この超短期値幅取り銘柄で短期大回転をつけた資金で“極龍銘柄”に参戦してより効率的に利益を取って頂こうと考えているところです。

とにかく、明日紹介する超短期値幅取り銘柄でまずは回転をつけて頂きたいと思います。

私的には、第二の不二精機に成り得る凄銘柄だと観ていますので・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2020年12月08日(火)

     次なる個別物色の主役は・・・

                12月8日(火) 18:00更新

米株は追加経済対策早期決着を催促し、日経平均は25日線のセリ上がりを待つ展開か。
明日は荒れるSQ週の水曜日、売り方と買い方が最後の闘いとなりますので、波乱の行方に注目したいところです。

そんな中、次なる新たな個別物色の流れに向け、昨日急落した訳有り個別達は一斉に息を吹き返す動きを観せています。
この中から、次なる個別物色の流れの中心となり、主役を務める銘柄が出て来るものと考えます。

それに一番近いと考えているのが、超一流筋が手掛けている“極龍銘柄”。
手を抜き、終った素振りを観せつつ次なる攻め所を探っている、そんな相場巧者らしい動きを観せていますからね。
だからこそ、超一流筋の邪魔をしない様に筋の歩調に合せて静かに玉を拾うのです。
この超一流筋なら必ずや目の覚める様な大攻勢から大相場を取らせてくれるでしょうからね。
これまで幾度も美味しい経験をさせてもらいましたし・・・

そんな凄〜い銘柄へと育ちそうなのが“極龍銘柄”なのです。
飛び出す前に、一気の大攻勢が掛かる前に急ぎ玉を手当てして、怒涛の大攻勢をお待ち頂けたらと思います。
先に手掛けて仕上げに入っていた凄銘柄の玉抜け相場もそろそろ終りそうですので・・・

お急ぎご参戦下さい。突然ドッカーンと飛び出しスタートさせるのを得意とするのが、この超一流筋ですからね。

お急ぎのご入会、“極龍銘柄”への参戦、お待ちしております。
 

  2020年12月07日(月)

     全て読み通りの展開です。

                12月7日(月) 18:20更新


想定通りに目先調整が入り始めた日経平均。

米株も三指数揃って史上最高値を更新した事から、節抜け後の調整を入れて来そうですので、追加経済対策の行方と米株の動向に注目したいところです。
日経平均は、5日線割れ、新値足陰転、ボリ+1σ割れが投資家心理に如何様に影響を及ぼすのか注目したいところです。

そんな中、当倶楽部の会員様には、先物に26,800円台で売りヘッジを掛けながら、“極龍銘柄”を中心に護りながら攻める態勢で臨んで頂いていますけどね。

こうなると、この目先波乱の次に来る物色の流れを読んで、ここは狙いを定めて果敢に攻め入りたいところでもあるのです。
その銘柄こそが“極龍銘柄”。
初動中の初動の段階での全体調整ですので、間違いなく次の物色の流れ、個別物色の流れの先陣を切って大きく値を飛ばす形で訳有り個別を引っ張りながら怒涛の大攻勢が始まる事になるのです。

だからこそ、あえてここは火中の栗を拾いに行くのです。
手掛ける超一流筋も意識して手を抜き、目先売り物を吐き出させていましたからね。

・・・これでいいんです。
この水準で目先筋を一気に降ろした事で、より大きな飛び出しが観られそうですからね。

今なら、いい所が拾えますよ。
そして、年内怒涛の大相場狙います。

お急ぎのご入会、ご参戦、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -