明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2019年12月20日(金)

     突如始まるのです、“白虎”の大攻勢が・・・

                    12月20日(金) 19:30更新

年末特有の流れが加速しつつある日経平均。
買い手不在の中、年内の損出し売りや利確の売りでジリジリと下値を切り下げています。
正月休みを控え無理もないところですが、堅調な米国株に不穏な動きが出れば日経平均は一気に下げ足を早め大窓を埋めに来そうですので、警戒心を持って臨みたいところでもあります。

・・・こんな地合の時は、やっぱり訳有り個別を狙うのが一番。
会員ページに紹介してある銘柄のほとんどが年内仕上げに向けて動き始めています。

また、年末年始の一気の大仕掛けに期待する四神銘柄“白虎”は想定通りに来週から大攻勢を仕掛けられる態勢を観せています。
おそらく週明けから攻勢を掛け、実質来年受け渡しとなる26日から怒涛の攻勢が始まり、勢いそのままに、大納会か大発会にはストップ高をつけさせて、その余韻で2020年子(ね)繁盛の年のスタートを切らせると観ています。
そんな離れ技が出来るのが、“白虎”を手掛けている相場の天才なのです。

年内に大回転をつけるも良し、年を跨いで大相場を狙うも良しなのが、この四神銘柄“白虎”なのです。

今はまだ“死んだふり”をしているところですので、参戦するなら今が良いかと・・・

お急ぎのご入会、“白虎”へのご参戦お待ちしております。
 

  2019年12月19日(木)

     来週からの一気の大攻勢に向け着々と・・・

                    12月19日(木) 18:50更新

日経平均、切り返すのか、それとも窓埋めに向うのか・・・
米株が天井圏でもみ合い始めただけにその動向に要注目です。
トランプ大統領の弾劾か、それとも北朝鮮ミサイル発射か、悪材料の動向にも注目です。

そんな中、年末年始攻勢に向け着々と事が運ばれているのが四神銘柄“白虎”。
明日は週末、来週からの大攻勢に向け確りと形造りを進めて来そうです。
年末大攻勢に向けての大仕掛けが始まる前にお急ぎの参戦、お待ちしております。
そして、大納会か大発会にストップ高を交えて・・・

まもなく始まりそうです。目の覚める様な大攻勢が。

お急ぎのご入会、“白虎”への参戦、お待ちしております。
 

  2019年12月18日(水)

     始まります、“白虎”の怒涛の大攻勢が・・・

                    12月18日(水) 17:00更新

日経平均、想定通り弱相場突入の兆候が・・・
今晩、米株が大きめの反落となれば、ほぼほぼ確定かと。

そして、このタイミングで北朝鮮がミサイルを発射すれば世界的にリスクオフの流れが加速する事になるのです。
これまで“強さ”に踊らされて来た相場だけに、その反動はかなり強烈なものになりそうですからね。要注意です。

そんな潮目の変化を感じながら着々と年末年始大攻勢に向け事を運んでいるのが四神銘柄“白虎”。
地合悪化を待ち望んだ感じで怒涛の大攻勢がまもなく始まるのです。
そして大納会、大発会のいずれかでSP高を演じて勢いそのままに新年相場を駆け抜け一気に株価2〜3倍へと駆け上がるのです。
その状況で更に地合が味方してくれれば株価4〜5倍も・・・と観ています。

いずれにせよ、波乱を追い風にして大攻勢が掛かる四神銘柄“白虎”を狙い撃つのです。
今抱える大きな矛盾を一発で解消出来るでしょうし、何より2020年を幸先良く迎える事が出来るでしょうからね。

この“白虎”が、亥(い)固まる年のラストチャンス銘柄なのです。
子(ね)繁盛の年を気分良く迎えられるのもこの“白虎”ですからね。

お急ぎのご入会、“白虎”への参戦、お待ちしております。
 

  2019年12月17日(火)

     乗り遅れるな!!“白虎”の大攻勢が始まります。

                    12月17日(火) 19:10更新

「株は弱くなるまで強い」・・・の状態の中、「天井三日」の格言が妙に気になるのは私だけでしょうか・・・
本日の空売り比率は36.3%と今年最低の水準まで下げていましたし、明日、先物が23,9××円以下で引けて来る様なら、「天井三日」の可能性がグググッと上がって来ると観ていますので・・・果して。

そんな中、強気の虫に誘われてむやみに買い付くのは、いかがなものかと考えます。
狙うのであれば目先調整、波乱があってもそれを追い風にして大きく攻勢が掛かる様な訳有りの個別株を狙うのです。
年末年始、年を跨ぐ形で大きく値を飛ばし2020年に大出世する様な桁違いの訳有り個別を狙うのです。
その銘柄こそが四神銘柄“白虎”なのです。

この“白虎”は強い地合の時は静かに形を整えつつ一気攻勢の好機をうかがい、全体に暗雲が漂い始めた時に本領発揮と言わんばかりに攻勢を掛けて大きく飛び出す事になるのです。
そんな曲芸が出来るのが、この四神銘柄“白虎”なのです。
何せ、知る人ぞ知る相場の天才が手掛けていますからね。
桁違いの資金と究極の相場観を持ち合せた天才の手が入っていますので当り前と言えば当り前の事ですけどね。

いずれにせよ、四神銘柄“白虎”の大攻勢が始まりそうです。
この“白虎”を枕に年を越すも良し、年内大攻勢の際に半分を利喰い手仕舞いして矛盾を解消してから、残りの半分を持って年を越しても良しってところです。
なぜなら、年明け早々からも怒涛の大攻勢が続きそうですから・・・
大発会もSP高から始まったりして・・・

とにかく、ここから新たに参戦するなら四神銘柄“白虎”が一番だという事です。
亥(い)固まる年を気持ち良く締めくくり、子(ね)繁盛の年を気分良く迎える事が出来るのが、この“白虎”なのです。

もう時間がありません。

お急ぎのご入会、“白虎”への参戦、お待ちしております。
 

  2019年12月16日(月)

     四神銘柄“白虎”、刻一刻と出番が近づいています。

                    12月16日(月) 18:10更新

材料出尽し、更には重要イベント内容見直しから来る反省タイム入りには十分に警戒したいところです。
そして、北朝鮮のミサイル発射がその反省タイム入りを加速させそうですからミサイル発射も合せて警戒したいところです。
子(ね)繁盛に向けて、ここらで一波乱入りそうですからね。

そんな中、令和元年の大トリを務めそうなのが四神銘柄“白虎”。
今でこそ静かに目立たぬ様に日柄を消化してはいますが、全体に暗雲が立ち込め地合が悪化し波乱含みの展開となれば、この“白虎”の様な訳有り個別が大きく動き出す事になるのです。

そして、令和元年を締めくくり、大納会か大発会でSP高を演じ、勢いそのままに新年相場を駆け抜けて、株価2倍3倍へと怒涛の攻勢が続くのです。
更に地合が味方してくれれば、4倍5倍もと観ていますけどね。

いずれにせよ、今年一年を確りと締めくくり、子(ね)繁盛の年を幸先良く迎える事が出来るのが、相場の天才が手掛けるこの四神銘柄“白虎”なのです。

今年も残す事あと2週間。
この2週間で起死回生の一発を狙えるのが“白虎”なのです。
そして、2020年を気持ち良く迎えスタートダッシュを決める事が出来るのも、この“白虎”なのです。
この四神銘柄“白虎”で今年の嫌〜な事を全て忘れてもらえたらと思います。

・・・桁違いの利益掴み取れますよ。
・・・桁違いの財を築く事が出来ますよ。

お急ぎのご入会、“白虎”への参戦、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -