明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2020年04月13日(月)

     全て読み通り。あとは目玉銘柄の怒涛の大攻勢を待つだけ。

                    4月13日(月) 19:40更新

日経平均の重要変化日に当る今日、変化の兆しが観えています。
あとは、ここからの“深さ”と“下げ方”が問題なのです。
ダラダラと時間を掛けての女性的な下げなら二番底をつけに行く可能性が高くなりますが、早々に4/3安値を踏み割って来る様なら、底割れの可能性も出て来ますので注意したいところです。

そんな波乱含みの展開を想定して、先週末から、あえて参戦して頂いた目玉銘柄は、指数よりより離れたところに在る新興銘柄ですので、波乱の展開を追い風にして今にも攻勢が始まる様な、そんな動きを観せています。

この目玉銘柄なら、目先波乱の展開も良し、ダラダラと二番底を探る流れも良しの新興銘柄を牽引する様な、そんな訳有り銘柄ですからね。
確りと攻勢に向けての態勢が整いつつある様ですので、怒涛の大攻勢の時は近いと観ているところです。

・・・地合悪を追い風に怒涛の大攻勢が始まる前に急ぎ参戦してもらいたいのです。
ひとたび攻勢が始まれば一気に値を飛ばし、まずは上場来高値を取りに来るはずですから・・・
それだけの背景と材料、そしてここでは書けない理由があるからです。

お急ぎのご入会、目玉銘柄への参戦、お待ちしております。
 

  2020年04月10日(金)

     半歩早めに参戦したのには、言えない、書けない理由があるのです。

                    4月10日(金) 18:40更新

週明け月曜日(13日)、日経平均は正念場となりそうです。
先物が19,×××円以下で引けて来る様なら、再度護りを固めなければなりませんし、19,○○○円以上で引けて来て、直近の戻り高値を上抜いて来る様なら、本格的戻り相場入りとなり、更なる上値追いが観られる事になりそうですから。

そんな中、会員様には、あえて裏取りが終ったばかりの目玉銘柄を紹介し参戦して頂きました。
何せ背景も材料も桁違いですし、何より少しくらい地合が悪い方が攻勢が掛け易い新興銘柄ですので、あえてこのタイミングで紹介し参戦してもらったのです。
前の4銘柄(新凄3銘柄とあの銘柄)を凌駕する様なすさまじい動きを観せてくれるでしょうからね。
それを期待しての参戦なのです。

とにかく、週明け月曜日は日経平均の正念場ですが、本日紹介の目玉銘柄は、ここからが本領発揮の局面だと観ていますので、少しだけ早めに紹介し参戦してもらったのです。

・・・早いですよ。
・・・デカいですよ。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年04月10日(金)

                      4月10日(金) 10:00更新

裏取り完了の目玉銘柄、参戦開始しました。
 

  2020年04月09日(木)

     目玉銘柄、参戦します。

                    4月9日(木) 18:50更新

米株に追い風が吹き始めた今、日本株の動向が気になるところです。
週明け13日の日経平均の重要変化日を前に小動きとなっていましたからね。

今の日本株は、海外からの追い風に対して、国内からはコロナ拡大懸念の逆風が吹き始めていますからね。
週明け13日の重要変化日、「小動きの後に大振れあり」となって上・下どちらに振れるのか注目したいところです。

そんな中、裏取り中だった目玉銘柄の裏取りが終ったとの知らせがありました。
目論み通りに私が想定してた様な背景と材料が隠されていました。
さっそく明日から、まずは打診買いから入ってもらおうと思います。
そして週明け13日の全体の流れを観て追撃買いの有無を決めればいいだけの事ですから・・・

これで戻り相場を牽引する凄銘柄5銘柄が出揃います。
前に紹介した新凄3銘柄と先に紹介した新銘柄、それとこの目玉銘柄です。
この5銘柄が今年の主役の座を争うべく大きく動いて来る事になるのです。
まずは全体相場の戻り局面で値を大きく上げて来る事になるかと・・・

目玉銘柄、かなりのポテンシャルを秘めた凄銘柄ですよ。

大相場必至の凄銘柄だと観ています。

お急ぎのご入会、ご参戦、お待ちしております。
 

  2020年04月08日(水)

     まるで13日の日経平均の重要変化日を待っているかの様です。

                    4月8日(水) 19:00更新

直近戻り高値を抜けそうで抜けない日経平均。
13日の重要変化日を控え、上抜くか抜かないかに注目したいところです。
上抜く事なく下への変化となれば、「山低ければ谷深し」となりそうですからね。

そんな中、着々と大相場に向けての歩みを進めているのが、新凄3銘柄と一昨日紹介した新銘柄。
いつ一気の大攻勢が観られるのか楽しみな足取りになって来ています。

また、裏取り中の目玉銘柄は、調べれば調べるほど、そのポテンシャルの高さを再認識させられているところです。
ここに来て訳有りの買い物も静かに入り始めた様ですので、裏取りを急ぎ参戦のその時を心待ちにしているところです。
この目玉銘柄、全体相場が落ち着き戻り相場が本格化する際には主役となって相場を牽引して行く事になりそうですので、お早めに入会頂いて、目玉銘柄の参戦を楽しみにお待ち頂けたらと思います。

紹介は明日やも知れませんし・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -