明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2017年02月16日(木)

     地合が悪い時だからこそ、あえて訳有り銘柄に買いの手を振るのです。

                     2月16日(木) 20:20更新

米株は“強い”そのもの。
背景に「驚くべき税制改革案」が控えているだけに期待が膨らんでのNYダウ5連騰。
少し上値が重くなったら、トランプ大統領お得意のツイッターで、減税に関するコメントを出せばいいだけの事ですからね、昨晩もそうでしたね。

そんな堅調な米株に対し日本株は今一の動き。
ドル円の変動に一喜一憂する日経平均が戻って来た様です。
明日、先物が19,〇〇〇円以下で引ける様なら、一旦は下値を試しに行くやも知れませんが、何せ、米国には“減税”という切り札があるだけに、日本株だけを売り叩く事は出来ないと思いますから。

その下値試しの局面こそ、万が一に備え先物に売りヘッジを掛けながら、指数よりより離れたところに在る新興系、準新興系の訳有り銘柄の押し目買いに徹する時だと思います。
当倶楽部で今日から仕込み始めた「1番出世株ver3」は、背景、材料、手掛ける手、全てにおいて申し分の無い、ハイポテンシャル銘柄ですからね。
地合が悪くなり、仕込み辛い時だからこそ、あえてこの手の銘柄に買いの手を振るのです。
先の先を睨んで買いの手を振るのです。
結果は大きな大きな値幅と大きな相場となって返って来るはずですから・・・

先週水曜日から紹介を始めた「1番出世株ver2」は既に大相場へ向け旅立ちましたからね。
次はこの「1番出世株ver3」の番です。

静かなうち、静かな今のうちに、確りと仕込んでもいらいたいものです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年02月15日(水)

     満を持して仕込み始めます、ver3を。

                     2月15日(水) 22:00更新

トランプ政権も安倍政権同様、“株高頼り”の政権となるのでしょうか・・・
昨晩のNYダウの動きを観ても自然体というより人為的なものを強く感じてしまいました。
足元が固まらないままで、株を弱くさせたら一大事・・・って事なのでしょうか。

この国策的株高があるうちは、トコトン強さを見せつける事でしょう。
まずは、例の「驚くべき税制改革」が出るまでは、一気に上値を追い、出たところで小一服となるのではないかと・・・
その税制改革の内容も、色々とありますからね。
所得税減税とか、法人税減税、自動車税減税、キャピタルゲイン減税とか多岐に渡りますからね。
この“減税”という武器は色々とありますので、これを株価吊り上げの為の道具に使えば、株はどこまでも上げて行くでしょうからね。

・・・その後、万策が出切った後、エンジンが切れた後が怖いのです。
その時のガラ(暴落)と来たら想像を絶するものになるからです。
そんな、ブラック・スワンの事も頭に入れながら、今は何も考えず淡々と“強さ”だけに付いて行けばいいのです。

そんな状況ですので、今晩新たに短期大幅値幅取り狙いの銘柄を紹介しておきました。
先に紹介した「1番出世株ver2」が、いよいよ大きく飛び出しそうでしたので、これに続く銘柄としての紹介です。

そして満を持して、新凄銘柄となる“ver3”「1番出世株ver3」を明日から仕込んで頂く事にしました。
この銘柄、最初に紹介した「2017年1番出世株」と比べたら、スケールこそ劣りはしますが、そのポテンシャルと来たら勝るとも劣らないと観ています。
「2017年1番出世株」は3倍弱狙いでしたが、今回新たに紹介する「1番出世株ver3」はそれ以上を狙う事が出来る銘柄だと考えています。

この「1番出世株ver3」も、皆様が今抱えている矛盾を一挙に解消させ、そして大きな大きな財をもたらしてくれるそんな銘柄だと考えています。

いよいよ仕込みを開始します。
早い方がいいですよ、同じ仕込むなら・・・いつドッカーンとスタートするやもしれませんからね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2017年02月14日(火)

     米政権内の不協和音に米市場は如何なる反応を観せるのか。

                     2月14日(火) 20:10更新

ここに来ての東芝決算先延ばしや米大統領補佐官辞任と新たな波乱材料が出て来ました。

まずは今晩、大統領補佐官辞任に対する米市場の反応と、イエレン議長の議会証言内容とそれに対する反応を観てみたいところです。
そして明日は、東芝ショックの悪影響の度合を観て、先物が19,〇〇〇円以下で引けて来ないかを注視しながら立ち回りたいところでもあります。
19,〇〇〇円以下で引けて来たら、再びの下値探りへと向いそうですからね。

そんな中、12月に至宝銘柄として紹介した(6728)アルバックがSP高をつけ、SP高買い気配で引けていました。
ここに来て、ようやく本領発揮となりました。
これに続くのが、今、一推しの「1番出世株ver2」です。
おそらくは、今週中に大きく飛び出して、超大相場に向け旅立って行く事になるでしょう。
まずは、今のうちに、まだ大きく動いてはいない今のうちに確りと玉を手当てしてもらいたいものです。
この「1番出世株ver2」でも大きな大きな財が築けるはずですから・・・

また新たに新凄銘柄の紹介タイミングを計っているところでもありますので、この新凄銘柄も楽しみにお待ち頂けたらと思います。
紹介の時、近付いて来てますからね。

とにかく今は、超大相場銘柄、大相場型の訳有り銘柄を狙い撃ちしないと・・・
こんな地合、環境だからこそ出て来るのですよ、超大相場が狙える銘柄達が・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年02月13日(月)

     ここからは、本物だけが大相場へ向け育って行くのです。

                     2月13日(月) 21:00更新

日米首脳会談、想定通り“アメ”ばかりの会談内容に。
これを好感しドル円は一時114円台へ。
日経平均は、警戒心が解けて19,500円を挟んでのもみ合いに。

こうなると、ドル円は114.50円がターゲットになり、日経平均は、節(19,615円)抜け前に一服するのか、抜けてから一服するのかに注目です。
その節の抜け方も重要になって来ますからね。

そんな中、先週水曜日から強気推しの「1番出世株ver2」、順調な足取りを観せています。
ほどなくして、次元の違いを全面に打ち出し大相場に向け旅立って行く事になるでしょう。
そして、今晩新銘柄を1つ紹介しておきました。
こちらは手換り銘柄で、新たなファンドが玉の手当てもほぼ終り、新しい相場に向け仕掛けを開始して来る銘柄です。
スケールこそ「1番出世株ver2」に劣りますが、その背景は凄いものがある様ですからね。

また、「2017年1番出世株」や「1番出世株ver2」に勝るとも劣らないポテンシャルを持った新銘柄の情報が入って来ています。
これについては、大切に大切に扱いたいと思いますので、じっくりとタイミングと地合を見計いながら紹介しようと考えています。
それだけのデカイ背景と、デカイ手、そしてデカイ材料がある凄銘柄ですからね。

そんな状況です。
まずは「1番出世株ver2」を仕込んでもらい、次は新激推し銘柄の紹介を待つ・・・こんな感じで臨んで頂けたらと思います。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年02月10日(金)

     この銘柄で1本勝負出来ますよ、「1番出世株ver2」で。

                     2月10日(金) 19:00更新

ここに来て“ブラック・スワン”を一蹴する様な手を打って来ましたね。

トランプ大統領が驚くべき税制改革案を2〜3週間以内に発表すると表明。
これにより、減税による警戒拡大期待から米長期金利が上昇し、ドル円は113円台へ。
そして、米主要3指数は揃って史上最高値を更新。
これも日米首脳会談を意識しての“アメ”の様にも思われますが、果して??

この流れを受け日経平均も大幅高で寄り付いた後も上げ幅を広げる展開となり、上値レジスタンスにタッチ。
ドル円もドル高円安が進み、25日線にタッチ。
これら上値抵抗線を上抜く事が出来れば、日経平均は4度目の正直での新高値抜けからの2万円を取りに行く動きが観られそうですし、ドル円は115円を目指す動きが出ると思われます。
抵抗線を上抜き一段の強さを観せる為には、何と言っても日米首脳会談での成果が期待される事になります。
もう1つ2つ、トランプ大統領が日本に対して“アメ”をくれるのであれば、難なく抵抗線を上抜き、また新たな景色が観られるものと考えています。

そんな中、会員様には今週水曜日から強気強気で攻めて頂いていましたが、その成果が一気に開花した様です。
中心に攻めて頂いたのが「1番出世株ver2」。
ここに来て、一気の上値追いの雰囲気がプンプンと漂い始め、週明け早々の爆騰に大いに期待出来る動きを観せています。
ここで一気に上へと突走れば、超大相場に向け華々しく旅立って行く事になるのです。
だからこそ、未だ大きくは動いていない今のうちに確りと玉を買い集めてもらいたいのです。

後から、この「1番出世株ver2」がどの銘柄か分ったら、絶対に、絶対に後悔するでしょうからね・・・
あの「2017年1番出世株」は未だ超大相場へ向けての旅の途中ですが、この銘柄が何かと分かっただけで、当倶楽部の“凄さ”がお分り頂けるものと思います。
訳あって今は、それが何であったかを晒す事が出来ませんが・・・(入会して頂ければ、絶対に驚かれるはずです)

そんな期待の大きな超大相場型の銘柄です「1番出世株ver2」は。
これ1本で勝負出来ますし、財を築けるはずです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。

絶対に後悔はさせませんよ、絶対に・・・
 


- Web Diary ver 1.26 -