明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2019年04月10日(水)

     週末を睨んで・・・
                    4月10日(水) 19:10更新

NYダウ、大幅続落・・・嫌〜な感じです。
それを受け大幅安で寄り付いて来た日経平均。
ジリジリと下げ幅を縮めるも、“強さ”の面では今一の展開。
このまま“強さ”も出ないまま、ダラダラと日柄を過す事になったら、来週の大波乱に警戒したいところです。
ガラ(暴落)とまでは行かないものの強烈な下げに見舞われそうですからね。

そんな波乱も想定しつつ、ここは訳有りの新興系銘柄に狙いを絞って攻めたいところです。
その攻めるべき新興銘柄の筆頭が“勝舞銘柄”。
それを追う形で“一撃必中銘柄”と“凱風銘柄”が力強く値を飛ばして来そうです。
特に“凱風銘柄”は想定通りの目先振い落しも終えた様で、筋による攻勢が本格化しそうですからね。
このタイミングこそが、“凱風銘柄”参戦の絶妙のタイミングかと・・・

また、“勝舞銘柄”も“一撃必中銘柄”も今週末が大きなターニングポイントになりそうですからね。

入会するなら今、この絶妙なタイミングを狙わないと・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2019年04月09日(火)

     波乱を警戒しながら“勝舞銘柄”を攻める。

                    4月9日(火) 19:20更新

日経平均、続落とはならずに最悪のケースは回避したものの、状態的にはかなり危険な状態にあると観ています。
今晩のNYダウが続落となる様なら、その“キケン”が更に鮮明に相場に現れると思いますので・・・
少し警戒心を持って臨んだ方が良いのではないかと。

そんな中、当俱楽部激推しの勝舞銘柄は相場の中心的役割を果すべく別格の動きを観せています。
他が動き辛いこの時に我関せずとばかりの動きを見せ、目先株価3倍取りへ向け一気に駆け上がって行きそうなそんな雰囲気です。
相場全体が不穏な動きを観せる中でのこの強さ、全く別物の強さを観せつけてくれています。
明日あたりにも、直近高値を上抜いて一気の爆騰が見られそうです。

また、他の激推し2銘柄は一服とはなっていますが、全体が波乱の展開となれば、個別株乱舞の先頭に立ち大きく動いて来ると観ています。
この一服は、日柄合せと同時にパワー充電の時間だという事です。

いずれにせよ、相場のデカさは“勝舞銘柄”がピカ一です。
それに続くのが“一撃必中銘柄”のアレと“凱風銘柄”のアレなのです。
これら3銘柄が三本柱となり、個別株大乱舞を支え牽引する事になるのです。

早々に次なる上昇相場へ向けて飛び出しそうです。

お急ぎのご参戦、お待ちしております。
 

  2019年04月08日(月)

     ラストチャンスか・・・

                    4月8日(月) 18:50更新

3/4高値を上抜けたものの寄り天陰線を示現してしまった日経平均。
これでは節抜け後の調整入りの可能性が高くなってしまいます。
明日、日経平均が続落となり、先物が21×××円以下で引けて来る様なら、来るであろう波乱(特に来週の)に備えなければなりません。

そうなると俄然活気づくのが指数より、より離れたところにある個別の材料株達。
そして大きく動いて来るのが、当俱楽部激推し中の勝舞銘柄と一撃必中銘柄、それに“凱風銘柄”。
この先、個別株大乱舞の先導役になり、柱となり、個別物色相場を引っ張って行く事になるのです。

本日、その兆候が観えています。
この分だと、それぞれの第2エンジンに火がつき爆騰一気駆けが観られそうです。
主戦の勝舞銘柄は目先は株価3倍超を目指して・・・一撃必中銘柄は短期5割高取りへと加速し、凱風銘柄は目先2倍狙いで一気に突走って行く事になるのです。

全てが想定通りの展開です。
これならば超GW前までに大回転をつける事が出来、大きな利益を枕に10連休を迎える事が出来るのです。

もうギリギリのタイミングだと思います。
超GWまでに大回転をつけるには、もうこのタイミングで参戦するしかないと観ています。

これがラストチャンスです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2019年04月05日(金)

     超GW前の個別大乱舞を読んで、ここは先に手を打つところではないかと。

                    4月5日(金) 19:30更新

日経平均、3/4高値を射程に収める水準まで上げて来ています。
この節目を取った後の動向が気になります。
節抜け後に一段高となるのか。
それとも、節抜け後の一調整を入れて来るのか。
その一調整入りの目安となるのが、週明け月曜日の先物の引け方ですからね。
週明け月曜日、先物が217××円以下で引けて来たら、節抜け後の一調整入りの可能性が大きくなりますからね。

そうなると、調整の間は個別物色の流れが明確に復活して、当俱楽部激推し中の“勝舞銘柄”も“一撃必中銘柄”も大きく上値を追う形で更なる高みを目指す事となりそうです。
そして、それを追う形で“凱風銘柄”の大攻勢が始まるのです。

そんな個別物色の流れへの兆候が出て来ています。
当俱楽部継続推奨中の(6182)ロゼッタが先陣を切る形で第2エンジンが点火された様ですからね。
この一連の動きを観ても、来週早々からは個別物色の流れが復活し、激推し中の三本柱を中心に個別物色の流れが繰広げられると観ています。

目先株価3倍超狙いの“勝舞銘柄”も短期5割高取りの“一撃必中銘柄”も目先は株価2倍を狙う“凱風銘柄”も、それぞれに特長を生かす形で力強く上値を追う事になるのです。

この個別物色の流れに乗り遅れない様にして下さい。
あと10日もすれば個別株大乱舞となり、あちらこちらで火柱高を演ずる銘柄が続出する事になるからです。
その局面で静かに売り上がり大きな利益を手にして、安〜い買い玉(種玉)だけを少しだけ残して、超GWを迎えるのです。
このシナリオ、案外いい感じで的を得てると思うのですが・・・

今なら何とか間に合いそうです。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2019年04月04日(木)

     「小動きの後に大振れあり」を注意しながら・・・

                    4月4日(木) 19:50更新

日経平均もNYダウも、「小動きの後に大振れあり」を思い浮べたくなる様な動きとなっています。
明日の動向が気になります。
明日、先物が21,6××円以下で引けて来たら目先調整入りの可能性が高くなりますからね。

そんな中、“凱風銘柄”は他の個別材料株の急落に連られて下げています。
とはいえ、売り込まれている銘柄達とは全く違った分野ですし材料も持っていますので、これらが落ち着きを観せれば、一気に相場つきが変わって来ると観ています。
それを機に筋が攻勢を掛ければ、この“凱風銘柄”が次の新たな物色の流れの先頭に立って相場を引っ張る存在になるのです。

この故意とも思える連れ安局面、果敢に買いの手を振りたいところでもあるのです。
急落した銘柄達が下げ止まり落ち着けば一気の攻勢が始まると思いますので・・・

“凱風銘柄”、今こそが絶好の買い場、仕込み場なのです。
早めに玉を手当てして頂いて、大攻勢が掛かるその時(日柄的に週明け早々からの可能性大)を心静かにお待ち頂きたいと思います。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -