明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2017年05月09日(火)

     一番信頼の置ける情報元からの情報銘柄、紹介しておきました。

                     5月9日(火) 20:20更新

明日こそ日経平均は2万円の大台に乗せて来るのか・・・
それとも節抜け前の一服調整を明確に観せるのか・・・

そんな状況の中、物色の流れは主力から個別株へ。
主力にとっては、ここは絶好の押し目となりそうですが、個別、新興銘柄にとっては絶好の値幅取りの局面となりそうです。

そこで今晩は新たに一気の値幅取りに出て来る銘柄を満を持して紹介する事にしました。
おそらくは、あの銘柄の様に他を圧倒する様な動きを見せながら、大きく育って行くものと期待している逸材なのです。

結果はおのずと付いて来るでしょう。
大きな上昇と共に、皆さんに喜びという利益をもたらしながら・・・

このチャンス、絶対に掴み取ってもらいたいのです。
だからこそ、あえてこのタイミングで紹介に踏み切ったのです。

お早めのご入会、お待ちしております。

この情報、当倶楽部で一番信頼の置ける情報元からのものです。
 

  2017年05月08日(月)

     反省タイムが終った後が重要なのです。

                     5月8日(月) 20:35更新

日経平均、節抜け後の一服、目先調整の入り方、度合によって、今後の展開が変わって来るものと考えます。
簡単に言うなら、北朝鮮絡みのリスクに対する反省タイムが、そろそろ終りそうだという事です。

今日の日経平均の強さを観る限り、リスクオフの巻き戻しが仏大統領選の結果を受け一段と加速し、買い戻しがピークを迎えた様に観えてしまったからです。
こうなると、次なる上値追いの新たな支援材料が出なければ、目先調整入りはもちろんの事、北朝鮮の更なる挑発でもあれば、一気に流れは下値追い加速となるでしょうからね。

「良事魔多し」と言います。
ここは大保ち合いを上放れたからといって、浮れ過ぎる事なく、目先調整の入り方を見てから動き始めてもいいのではと考える次第です。

当倶楽部推奨の銘柄達も、すこぶる順調な値動きを観せています。
だからこそ、強気になり過ぎる事なく、冷静な眼をもって次なる攻め所を見計っているのです。
明日、先物が19,〇〇〇円以上で引けて来る様なら、1つ新銘柄を紹介し攻め込んで頂こうかと考えています。
19,△△△円以下で引けそうなら、目先調整入り、目先波乱を警戒して、護りながら攻める戦略で立ち回って頂こうかと・・・

韓国大統領もありますし、それに対する北の動静も気になりますし、ここは一呼吸置いてから・・・って感じで。

・・・相場状況に応じて、多様な新銘柄を用意してあります。
状況を観ながら「観自在 いつも水の如く」紹介して行こうかと・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年05月02日(火)

     連休明けからが本番です。

                     5月2日(火) 20:30更新

NYダウ、昨晩発表の米経済指標(3月個人所得、4月ISM製造業景況指数)が軟調だった事や、FOMCでの発表内容を見極めたいとの手控えムードなどから続落。
しかし、テクノロジー株の上昇に牽引されたナスダックは史上最高値を更新。

一方、日経平均は135円高と続伸。
弱含みの円相場を好感し寄り付きから買いが先行、好業績銘柄を中心に買われたほか、トランプ大統領が「条件が整えば金正恩に会うだろう」と発言。
北朝鮮の対応次第で直接対話に応じる考えを示した事から、地政学リスクが後退。
国内連休中の海外イベントに対する警戒感も低下し、投資家心理が改善した模様。
また、ドル円も米債券利回りの低下とともにドル高円安が進み、約1か月ぶりに112円台を回復。

ここからは例年言われている「Sell in May」ではなく、「Buy in May」となるのかに注目が集まるところです。
そんな中、当倶楽部では5連休明け月曜日から、会員ページに掲載している日経平均の条件(先物が19,○○○円以上で引けて来れば・・・)を満たせば、一気に攻め込もうと考えています。
狙うのは、連休明け早々に飛び出す気配も漂って来ている短期爆騰株ver2、ver3などです。
今まで公開するタイミングを計り、ここに来て満を持してのご紹介となりますので今後の動きが楽しみでならない銘柄達です。

まずは連休中の海外市場の反応を受け、日経平均が如何なる反応を見せるのかに注目しながら、会員様には「観自在 いつも水の如く」といった様に臨機応変に立ち回って頂こうと思います。

お早めのご入会のほどお待ちしております。

それでは、良い連休をお過し下さい。
 

  2017年05月01日(月)

     今は流れに合せて立ち回る時

                     5月1日(月) 20:30更新

先週末のNYダウは小幅反落。
発表された1-3月期GDPが弱かった事や週末、月末の利益確定売りが重しになった模様。

一方、週明けの東京市場は、4/29の朝方に発表された北朝鮮のミサイル発射失敗のニュースなどの影響も特になく小安くスタート。
前場に、米議会担当者が1兆ドルの歳出法案で暫定合意、というニュースが伝わるとドル円は111円台後半に。
日経平均も前引けにかけ19,200円台後半で堅調に推移。
後場は前場終値を若干下回って始まるも、大引けにかけ本日の高値となる19,311円をつける場面もあり、好業績物色やドル高円安の動き、そして米政策進展への期待感も支えになった模様。

そんな中、個別は先週末にコメントした通り、値の軽い新興系小型株を中心とした短期値幅取りの動きが見られました。
当倶楽部が先週末に公開した短期爆騰株も順調な動きに。今のところは地味な動きで目立ってはいませんが、ひとたび動き出せば相場つきがガラッと一変する事になるでしょう。そして、大相場に向けての第一歩を踏み出すのです。
ひょっとすると連休の谷間である明日が最後の買い場になるかも知れません。
連休明け早々からドカーンという事に・・・

とにかく、今は流れに合せて立ち回る事が大きく勝つ為には必要な時だと思います。
ここから大きく勝ち、確りと株で財を築きたい方、お早めのご入会のほどお待ちしております。
 

  2017年04月28日(金)

     短期爆騰株、紹介しました。

                     4月28日(金) 22:30更新

NYダウ、日経平均共々、嫌〜な足になって来ましたね。
この分だとズルッと来て窓埋め・・・なんて事に。

やはり格言通り「はらみは変化の前兆なり」となりそうです。
と、なると物色の流れが次に向う先は??
おそらく連休の谷間は(来週月・火)短期的な買い物が値動きの軽い新興系小型へ向いそうですが、その中でGW明けの大攻勢を睨んで動いて来る銘柄もあると観ています。

本日、会員様に新たに紹介した短期爆騰株がソレに当ると考えています。
静かに形を作りながら、打って出るタイミングを見計っていた様で、本日から筋の買い物らしき玉が入り始め、5月相場に向けて飛び出す準備をしていましたからね。
おそらくは、週明け早々、それなりの動きを観せた後、一旦休ませて、本番はGW明けからではないかと観ています。
まだ動き始めたばかりです。
ここからの加速が面白く楽しいのです。
そして、上げ本番のGW明けには、目の覚める様な爆騰劇を見せてくれると大いに期待している銘柄です。

この新銘柄、早いです、デカイです、美味しいです。
だから短期爆騰株と呼ぶのです。

大きく動き出す前に確りと仕込んでもらいたいものです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -