明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2020年09月11日(金)

     起死回生の一発狙えます。

                    9月11日(金) 19:40更新

騙し迷わせる動きが続く日経平均。
これも公的資金介入による下支えの弊害と思いますが、まもなく米株がこの悪状況を打開してくれそうですので期待したいところです。

ただ、今の日経平均は打開されたとしても一気に値を伸ばしたり急落する事は無いでしょうから、より効果的に値幅が取れそうな新興系の訳有り銘柄に絞り込んで攻め込んだ方が良さそうです。
米株の強さも11月大統領選挙までと期間限定となりそうですので、それまでにより効率良く値幅と利益を取る事が出来る新興系の訳有り銘柄を狙い撃つのです。

その中心銘柄となりそうなのが、当倶楽部の9月の主戦銘柄である“有力ファンド超訳有り銘柄”なのです。
来週の大攻勢に向け、今週は息を潜め死んだぶりをしているところですので、この機を逃さず仕込み参戦して頂いて、来週からの目の覚める様な大攻勢に備えて頂きたいのです。
10月半ばまでの短期間に如何に効果的に値幅を取り如何に効率的に利益を掴み取るのかが重要になって来ますので・・・

大きく飛び出してからでは手が出せなくなってしまいますから、大きく動くその前に確りと、そして静かに命玉を手当てして有力ファンドによる大攻勢に備えるのです。
ドデカイ背景と凄〜い材料、そして桁違いの資金が流入しているのが、この“有力ファンド超訳有り銘柄”ですからね。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。

この状況で起死回生の一発が狙える数少ない凄銘柄でもありますので・・・
 

  2020年09月10日(木)

     米大統領選挙に向けた吊り上げ相場が本格化する前に・・・

                    9月10日(木) 19:30更新

アストロゼネカによるワクチン臨床実験中断が一転、来週にも臨床実験再開の一報で、米株は節目ギリギリで下げ止まる形で大幅反発となっています。
一昨晩のトランプ大統領による対中経済強硬姿勢の出し方を観ても、ワクチン臨床中断のタイミングを観ても、故意に米株の目先調整にダメ押しを入れに来たと観ています。

ワクチン中断から時間を置かずに訂正し来週からの再開を報じている事を観ても、米株の再攻勢の為の策略が講じられたと観るべきです。
11月大統領選に向け、好印象を持たせる為に故意に株を吊り上げる為だという事です。
と、なると流れは自然体の形で上値へと向い始まる事になりそうです。

そんな中、日経平均もメジャーSQを跨ぐ形での変化が観られそうです。
そして、今日のところは主力株中心の買い戻す動きが観られてはいますが、この流れが一巡すればやっぱり個別の材料株に物色が向い、日経平均上昇の露払い役を務める形の新たな流れが生じる事になりそうです。

その個人投資家好みの流れが生じる前に、最後の振い落しと思える下げを演じているのが、当倶楽部の既報銘柄達であり、9月の大本命銘柄である“有力ファンド超訳有り銘柄”なのです。
日柄的にも丁度良いタイミングで振い落しを入れた感じになっていますので、来週の反転大攻勢に向けて、いい感じで上げのリズムを刻む事が出来ますからね。

今が絶妙の買い場ですよ。
今が絶妙の仕込み場ですよ。
このタイミングで“有力ファンド超訳有り銘柄”に参戦すれば、より効果的に、より効率良く値幅を取る事が出来ると思いますので・・・

この絶妙の仕込み場に出遅れない様にして下さい。
これがラストチャンスかも知れませんので・・・

お急ぎのご入会、“有力ファンド超訳有り銘柄”へのご参戦、お待ちしております。
 

  2020年09月09日(水)

     ここは“災い転じて福となす”で臨みたいところ。

                    9月9日(水) 19:10更新

米株、トランプ大統領による故意の対中経済姿勢表明と、突発的なアストロゼネカのワクチン臨床試験中断という悪材料により、サマーバケーション明けから大幅下落。
節目水準まで下落して来ましたので、ここからの展開が気になるところです。

そんな流れを受けた日経平均は、昨日の反発から一転し大幅反落となり弱い展開に。
想定外のワクチン絡みの悪材料の影響で主力株は総じて弱さを観せるも訳有り個別達の“本物”だけは、目先筋を降ろす動きを観せながら、次の攻め所を探っているかの如き動きを観せています。

そんな中で、特に期待しているのが、裏取り完了から参戦したばかりの“有力ファンド超訳有り銘柄”。
確りと目先筋が降りる売り物を吸い上げる形で確りとした足取りを観せながら、次なる大攻勢のタイミングを計っているかの様です。
日柄的には、明日あたりから週末、週明けの大攻勢に向けて有力ファンドの攻勢が始まりそうです。

今日の波乱は“有力ファンド超訳有り銘柄”にとっては、ほど良い冷水が入った事になりそうですので、確りとこの機を利用して玉を手当てして、まもなく始まるであろう怒涛の大攻勢に備えて頂きたいのです。

起死回生の一発も狙えますよ。

お急ぎのご入会、お急ぎのご参戦、お待ちしております。
 

  2020年09月08日(火)

     あとは心静かに怒涛の大攻勢を待つだけ

                    9月8日(火) 19:20更新

米市場がレーバーデーで休場の中、日経平均は、上げに対する必要最低条件を満たしての大引け。

何やら、米株のレーバーデー明けの“上”への変化に期待しているかの様な動きを観せています。
今晩、米株に対し新たな好材料が出て来るのか、それとも期待外れで大幅下落が続くのか、注目したいところです。

こうなると俄然活気づいて来るのが新興系の訳有り銘柄達。
特に力づくで放り上げ可能な小型の訳有り銘柄達に期待が集まるところです。
そんな地合を見越して裏取り中だった“有力ファンド超訳有り銘柄”の裏取りが昨日終ったという事で、この不透明な中、あえて強気で紹介し参戦して頂いたところです。

米株に変化の兆しが観えたり、下げ渋る動きが出れば、ここぞとばかりに力づくでの放り上げが始まりそうだからです。

この“有力ファンド超訳有り銘柄”は、いつでも飛び出せる態勢は出来ていますので、早めに参戦し玉を手当てして頂いて、有力ファンドによる放り上げを待ちたいところでもあるのです。
一気に大きく値を上げる事で、買いが買いを呼ぶ展開となり、あっという間に青天井を駆け上がる事になりそうです。

大きく動き出してからでは手遅れです。
まだ大きくは動いていない今のうちに命玉を手当てして、怒涛の大攻勢を静かにお待ち頂けたらと思います。

チャンスはいつまでも待ってはくれませんからね。

お急ぎのご入会、お急ぎのご参戦、お待ちしております。
 

  2020年09月08日(火)

                      9月8日(火) 9:05更新


“有力ファンド超訳有り銘柄”、強気参戦しました。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -