明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年09月27日(木)

     読み通りの展開。だからこそ・・・

                    9月27日(木) 20:30更新

やっぱりね・・・って感じ。
やはり一番出遅れていた上海株が大きく買われ始めた矢先に先駆した米株も、二番手の日本株も目先天井を打つ形で調整入りとなった様です。

その切っ掛けが米国金融政策において「緩和的」という表現が削除された事で利上げ方針が終るのでは・・・という懐疑が生まれた事によるところが大きかったですからね。
「金利は全てに優先する」と言いますので、ここでの大きな資金の流れに変化が観えた事による巻き戻しの加速には注意したいところでもあるのです。

こうなると目先調整入りはほぼ確実。
あとは値幅調整なのか日柄調整なのかを見極めつつ、主力一服の物色の流れの中、如何なる個別銘柄が先陣を切って動き出すかに注目が集まるところです。

こうなると様子見気運の中、淡々と攻め時をうかがう小確りした個別銘柄が出て来るはずです。
明日は週末ですので、仕掛け辛いでしょうから週足を考えて動かして来ると思います。
そして本番は、実質10月相場入りとなる週明け月曜日。

ここで大きく窓を空け飛び出して来そうな銘柄達が当俱楽部の既報銘柄達なのです。
中でも、ファンド系大材料銘柄であるあの銘柄は、文句無しにその筆頭であると言える銘柄なのです。
そして桁違いの大材料銘柄も、あの凄銘柄も・・・
今日のところは、全体調整入りの流れが観えましたので、手を入れる事なく自然体の動きをしていますが、明日には引け味を造って週足を形造って10月相場早々の一気仕掛けの準備を進めて来る事になるはずです。

そんな少しダレたところを確りと仕込んで、週明けからの一気攻めに備えてもらいたいのです。
大材料が出たら文句無しに突走るでしょうが、明日の演出次第では一気の仕掛けも可能になりますからね。

とにかく、未だ大きくは動いていない今のうちに、静かに淡々と命玉を仕込んでもらいたいのです。
この2銘柄なら、年内株価倍増も夢ではありませんからね。
小回り3ヶ月で十分に倍まで育て上げられると観ています。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月26日(水)

     訳有り個別にとって、いい流れになりそう・・・

                    9月26日(水) 21:00更新

「出遅れていた株が買われ始めたら、目先天井は近い」と言います。
米株が天井圏でもたつきを観せる中、出遅れていた日本株、中国株は重要イベント控えでも強い動きを観せています。
特に一番出遅れていた中国株が大きく買われ始めたという事は、世界的に株の目先天井打ちの時は近いと観る事も出来るのです。

今晩FOMCの結果が出て、今、協議中の日米貿易協議の結果が出れば、目先は明確な潮目の変化が生じると思います。
悪ければ悪かったで大きく売られるでしょうし、良かったら良かったで好材料出尽しという形で目先利喰い売りが出て潮目が変わって来ると観ています。

米中貿易摩擦が悪化する中、株は悪材料出尽し、「皆が知る悪材料は悪材料にあらず」と言わんばかりに強い上昇を観せて来ました。
そんな材料を背景に上げて来た相場だけに、今度は好材料出尽しで利喰い売りが出て目先調整入りに入るのではないかと・・・
明日、先物が24,×××円以下で引けて来る様なら、ほぼほぼ間違いなく目先調整入りとなると考えます。

日経平均の本格上昇は10日の新月を跨いで始まりました。
そうなると次の反落調整は、昨日の満月を跨いだ明日あたりから本格化しそうな感じがしています。
まさに今日の高値をピークに調整入りするのではないかと考えているところです。

いずれにせよ、上げ続ける株はありませんし、下げ続ける株も無いという事です。
目先激変に確りと警戒したいところなのです。

そんな地合となれば、俄然元気づいて来るのが、ここに来て一服を入れ静かに体力を蓄えている訳有り銘柄達。
当俱楽部強気推し中のファンド系大材料銘柄と桁違いの大材料銘柄なら、相場全体が波乱となる中、我関せずとばかりに大きく値を飛ばし、その存在感を全面に打ち出して来ると思います。

・・・何せ、両銘柄とも桁違いの大材料を内包していますからね。
その大材料が、どのタイミングで出て来るかも楽しみなところなのです。
ある程度大きく相場を出したところで材料が出て仕上げに掛る方法もありますし、先に大材料を出して一気に放り上げて、あとは淡々と相場を造りながら大相場へと育てる、こんなやり方もありますからね。
どちらの方法を取って来るのか、楽しみなのです。

・・・おそらく全体は目先調整へと突入する事になるでしょう。
そんな波乱の中、この2銘柄を静かに静かに買いを入れ命玉(種玉)を仕込むのです。
あとは地合と手掛ける筋、そして大材料が超大相場へと導いてくれるはずですからね。

この波乱、好機です。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月25日(火)

     こんな時だからこそ、あえて買いの手を振るのです。

                    9月25日(火) 19:00更新

FOMC控えで動き辛い中、明日、先物が23,×××円以下で引けて来る様なら警戒レベルを引き上げなければなりません。

米国による対中貿易制裁第四弾、日米貿易協議の行方など、相場つきをガラッと一変させる様な材料が隠れていますからね。
また、FOMCの金融政策の変更も相場に影響を与えそうですから・・・

いずれにせよ、ここは流れに則って、観自在に立ち回る事が重要になるでしょうからね。

そんな読み難い相場つきだからこそ、訳有りの個別株に狙いを絞って攻め入るのです。
ファンド系大材料銘柄も桁違いの大材料銘柄も、飛び出すタイミングを虎視眈々と狙っていますからね。
この手の訳有り超大相場型の銘柄を狙うのです。

一気仕掛けのその時、もうすぐそこに来ている様ですよ。

飛び出す前に静かに仕込んでもらいたいものです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月21日(金)

     悪材料らしき悪材料が見当たらない事が悪材料ではないかと・・・

                    9月21日(金) 20:00更新

日経平均、強さを観せて24,000円をうかがう強い動き。

ただ、この強さ、今年1月初めの強さの時と同じ感覚を抱いていますので、状況の激変には十分に警戒したいところです。
“天井三日”とも言いますし、「良事 魔多し」という言葉もある事ですし・・・
いずれにせよ、悪材料らしい悪材料が見当たらない今ですので、その事自体が悪材料という事になりそうですから・・・

そんな中、当俱楽部の紹介銘柄達はいずれも、今にも飛び出せる態勢が整っている様です。
特に、ファンド系大材料銘柄と桁違いの大材料銘柄に期待が集まるところです。
全体が目先調整入りとなる様な事になれば、満を持しての一気の仕掛けが始まるからです。
連休明け早々の急騰も視野に立ち回りたいところです。

年内に株で財を築くなら、この2銘柄を狙うのが一番かと・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月20日(木)

    変化の時が近づきつつあります。

                    9月20日(木) 22:00更新


自民党総裁選、想定以上の健闘を見せた石破氏。
そして直前に石破氏支持を出した小泉進次郎氏。
これを受け、日経平均も一時的に急落する局面がありましたが、ほぼほぼ想定通り安倍さんの三選決着となり、日経平均はかろうじてプラス引けに。
あとは明日以降、この強さが続くのかに注目したいところです。

今日までの強さが自民党総裁選を意識しての吊り上げだったとしたら、明日にはメッキもはがれ反落となり目先調整入りとなりそうですからね。
その目安となるのが、明日の先物の引け方。
明日、先物が23,×××円以下で引けて来る様なら、目先調整入り濃厚となります。
そんな変化を見越してか、主力株の多くが引けに掛けて値を消していました。
これを観ても、目先調整の時が近づきつつある事を現わしていると思います。

そして全体が押し浅の調整入りとなるのなら、物色の主流は、自ずと中・小型の材料株へと向う事になります。
それを読んで、先に紹介してある桁違いの大材料銘柄であるあの銘柄や、ファンド系大材料銘柄のあの銘柄も、いつでも飛び出せる態勢を取っていましたからね。
目先潮目が変わったとなれば、一気の攻勢が始まるのです。

この両銘柄、双方共に発射準備が整い、いつでも飛び出せる態勢は出来ていますからね。
・・・乗り遅れないで下さいね。
後になって、この2銘柄の名を知った時、絶対に絶対に後悔してしまうでしょうから・・・

まもなく一気呵成の大攻勢が始まります。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -