明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2017年12月27日(水)

     今年は「四神」を枕に年越しです。

                    12月27日(水) 19:00更新

全て読み通りの流れとなって来ました。
日経平均は、このままもみ合い継続で年を越しそうですし、代って中・小型を中心とする新興系銘柄達の相場つきがガラッと一変しています。(新興市場が掉尾の一振となりそう・・・)

この一変を想定し、会員様には年内受渡し最終日に当る昨日、新たに“玄武”を紹介し仕込みに入ってもらったのです。
見事読みが当り、“玄武”もすこぶる順調な値動きとなっています。
また、「四神」の中の青龍も白虎も私の読みより少し早く動き始めて来ています。
今年は、これら「四神」(青龍、朱雀、白虎、玄武)を枕に年越しを・・・と早くから唱えて来ましたが、その効果たるや早くも想定を超えるものになって来ています。

まだ間に合うと思います。
今年中なら、何とか間に合うと思います。
この勢いからすると、年明け早々から一気の爆騰上値追いからの本格スタートとなりそうですからね。

この新興系個別を中心とする活況の中、この強い流れが年明けも続いて行くのは、ほんの一部の限られた銘柄に絞られて来ると観ています。
ですから、値動きだけを見て闇雲に飛び付いていたら、年を越したらペンペン草も生えない相場となってしまうものもありますから、ここは確りと狙いを定めて仕込むのが得策なのです。

だからこそ、「四神」を強く強く皆様にはお勧めしているのです。
来年、梅が咲き桜の便りが聞かれる頃に大笑いしたいのであれば、是非ともこの「四神」を今のうち、今年のうちに仕込んでもらいたいのです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2017年12月26日(火)

     「四神」、全ての銘柄が出揃いました。

                    12月26日(火) 19:30更新

年内最終受渡し日に当る本日、満を持して「四神」の残り1銘柄である“玄武”をザラバ中に紹介し仕込みに入って頂きました。
明日からは来年受渡しとなりますので、相場つきが激変する事を考慮し、本日紹介する事にしたのです。

これで「四神」(青龍、朱雀、白虎、玄武)全ての銘柄が出揃いました。
あとは、命玉(種玉)を仕込み、これら「四神」の種玉を枕に年越しです。
早いものは、大納会、大納会で、その存在感を全面に打ち出して動いて来るものもあるでしょうし、少し時を置いて動き始めるものと、それぞれのタイミングで筋の仕掛けが始まって来るのです。
そして、梅の香りが漂い、桜の花便りが届く頃には、それ相当の相場つきとなり、かなりの相場が観られている事になるのです。

おそらくは、この4銘柄に絡む材料が来年のメインテーマとなり、この4銘柄を中心とする銘柄群が市場の花形になって行くでしょう。
そんな追い風を受けて、この「四神」は想像を絶する超大相場を築くのです。
だからこそ、今年はあえてこの「四神」の命玉(種玉)を枕に年越しとしたのです。

早ければ、年末・年始に、その凄さの片鱗を観る事が出来るでしょう。
だからこそ、本格的に動き出していない今のうちに仕込んでもらっているのです。

今年も残す事、あと3日の立ち合い。
ここは来年を睨んで、株で財を築く為に「四神」を静かに仕込んでもらいたいのです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年12月25日(月)

     「四神」を枕に年越しを・・・

                    12月25日(月) 21:10更新

米株はクリスマス連休控えで閑散商い。
税制改革法案に大統領が署名し成立したものの、かなりの分、相場に織り込まれていた様で影響は限定的に。

一方、日経平均も薄商いの中(本日の売買代金は2015年12月以来の低水準)前場は小安く推移するも、後場から日銀ETF買いが入った様で小高く推移となり、大引けは小幅高に。
引け値ベースでの戻り高値を更新。

物色は主力は総じて小甘いも、個別は来年年明けに向けての準備が着々と進んでいる様で、当倶楽部の「四神」のほとんどが確りとなり、他も強張る銘柄がほとんどでした。

そんな中、玄武(2018年大出世株第二弾)の紹介を先延べさせて頂きました。
筋による形造りが進みつつある中、外から訳の分らない不明玉が大量に入って来るのを嫌う可能性がありましたので、明日以降まで先延ばしする事にしたのです。
とはいえ、明日、もしくは明後日までに紹介し仕込みに入ってもらおうかと考えていますので、ほどなくして仕込みに入って頂くつもりです。
慌てずに、筋の邪魔をしない様に静かに仕込んで、年明けからは筋と同調して動いてもらいたいですからね。

この“玄武”の紹介で「四神」全てが出揃います。
青龍、朱雀、白虎、玄武、いずれの銘柄も、来年の超大出世に大きな期待が持てる銘柄達ですので、この「四神」を枕に年を越して頂き、2018年は株で財を築く、そんな素晴らしい一年にして頂きたいのです。
その兆候はここ数日観られ始めています。
あとは、大きく動き出していない今のうちに確りと命玉(種玉)を仕込んで、攻め仕度を整えてもらうだけなのです。

今年も残す事あと4日立ち合い。
2017年を悔いなく過し、2018年をより素晴らしい一年としたい方は、お急ぎご入会下さい。
そして、確りと「四神」を仕込んで、これを枕に年を越して、2018年を攻めの気持ちで迎えるのです。
この攻めの気持ちこそが、幸運を招き入れ、勝負運を高まらせ、金運を最高のものにしてくれるのです。

さー、確りと「四神」を仕込んで、新年をお迎え下さい。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年12月22日(金)

     国宝級の四銘柄を・・・

                    12月22日(金) 20:00更新

米株も、税制改革分をかなり織り込んでいた様で、株高支援の好材料が次々と出たのにも限らず上値は限定的。
クリスマス連休控えとはいえ、もう少しインパクトのある動きを観せてもらいたかった昨日の米株です。

また、日経平均も外人勢不在の中、方向感なく、ただただもみ合うだけの相場に。
週明けに外人勢が帰って来ますが、掉尾の一振に向け4度目の正直で23,000円台に乗せて来るのかに注目です。

それと個別銘柄の中には、その存在感を皆に見せつける為に、大納会、大発会に大きく動かすべく策略が施され始めた銘柄が出て来ています。
その兆候が出たのが白虎(2018年大出世株第一弾)と青龍(超絶三倍相場株)の2銘柄です。{週明け早々もっと明確な動きが出れば朱雀(年跨ぎ大相場株)も可能性がグーンと高くなって来ます)
年末、年始の肝心なところでどんな風に華々しい動きを観せるのか楽しみでなりません。

そして、これから紹介する玄武(2018年大出世株第二弾)においては、年明けを意識してか今は全く動きはなく、淡々と日柄を消化する日々が続いています。
日柄的には丁度、大発会あたりがポイントになりそうですけどね。

ここからが大本命の出番となるのです。
青龍、朱雀、白虎、そして玄武。
この4銘柄は、2018年戌年に大笑いして頂く為の秘密兵器というべき銘柄達なのです。
この「四神」を枕に年を越し、そして梅が咲き桜の便りが届く頃には、高笑い、そして大笑いしているでしょうからね。
そんな国宝級凄銘柄達を今のうちに静かに仕込んでおくのです。
国宝級の財を掴み取る為に・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年12月21日(木)

     「四神」、いよいよ出揃います。

                    12月21日(木) 19:00更新

米税制改革案可決。
しかし、大統領署名は年明けにズレ込む見込み。
これを市場が如何に反応するのかに注目です。
一旦織り込み済みの調整を入れてから、10年で170兆円の減税による効果を相場に織り込みに行くのか・・・
それとも、170兆円もの減税による経済効果を再度唱えて更なる一段高を狙うのか・・・
一夜明けて、冷静になった今晩、ハッキリ方向性が観えて来ると思います。

とはいえ日経平均は下向きの可能性が高くなって来ており、主力株の動きからも、それが観えて来ています。

そんな中、当俱楽部の紹介銘柄達は元気一杯の動きを観せています。
ストップ高を交え連日大幅高が続いている(6626)SEMITEC。
短期値幅取り狙いの(4976)東洋ドライも・・・
また、18日に紹介した東証2部のアレも大きく切り返して来て一気の値幅取りが観られそうです。
もちろんの事、青龍(超絶三倍相場株)も朱雀(年跨ぎ大相場株)も・・・
白虎(2018年大出世株第一弾)は大発会爆発高を狙って小一服となっています。

そして来週は、「四神」最後の神銘柄、玄武を紹介します。
これで「四神」を枕に年を越してもらう事になるのです。

さー、ここからは、来年を睨んでの準備を進める時です。
ここでの立ち回り方によって来年前半のパフォーマンスが大きく変わって来ますからね。
今、激推しの「四神」を仕込んでおけば、来年、桜の便りが届く頃には、夢見心地で相場を楽しめている事でしょう。

選びに選び、絞りに絞り込んだ四銘柄ですから、東西南北の神々の名を借りて「四神」としたのです。

最後の“玄武”の紹介が近付いています。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -