明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2017年12月20日(水)

     来年、桜の花の便りが届く頃には・・・

                    12月20日(水) 21:00更新

本日、米税制改革案が上院で一部修正され可決されました。
今晩、下院でこれを可決した後の実施日程が気になるところです。
クリスマス前に大統領署名となり、実施は来年へと持ち越しか・・・

これを受け、米株、米市場が如何なる反応を観せるのかに注目したいところです。
材料出尽くしで売られるのか・・・
それとも、更なる経済成長を見込んで一段高となるのか・・・

また、ドル円の変動にも注目です。
三尊天井を確定する様なドル安円高が進行するのか。
それとも三尊天井を否定する動きとなりドル高円安となるのか。

そして日経平均も、米国の風向きによって展開が変わって来るでしょう。
追い風ならば、4度目の正直で23,000円トライが観られそうですし、逆風なら25日線を意識する展開となりそうです。
いずれにせよ、明日、先物が22,8××円以下で引けて来る様なら、警戒レベルを引き上げなければならなくなりそうです。

そんな中、指数絡みの波乱を想定し、新たに新興銘柄を1つ紹介しておきました。
年末年始を睨んで筋が大仕掛けを目論んでいる銘柄です。
また、青龍(超絶三倍相場株)も朱雀(年跨ぎ大相場株)も白虎(2018年大出世株第一弾)も、ここに来て、より順調な足取りとなって来ました。
この分だと想定より早めの大攻勢が始まってしまいそうです。
この手の銘柄は、ひとたび攻勢に出たら、他に玉を買われたく無いとばかりに一気に並んだ玉を取っ払い目の覚める上昇を演じさせながら、超大相場に向けて加速して行きますからね。
今ならまだ間に合うと思います・・・が、今日の終り値が終り値だけに・・・

そして玄武(2018年大出世株第二弾)は目立つ事なく淡々と日柄を消化している最中です。
あと数日もすれば、次第に動意づき始めるものと観ています。
この玄武については、年内の紹介を考えているところです。

・・・昨日ストップ高買い気配で終った(6626)SEMITECは本日も順調な動きを見せていますし、もみ合い上放れとなった〇〇〇〇も順調な足取りとなっています。
明日になれば、先に紹介し日柄を整えていたアレが一気の爆騰が見られそうですし、少し調整していたアレも、そろそろ本格的上昇に転じて来そうですからね。

いずれにせよ、この年末は、良い銘柄は来年まで持ち越すくらいの意気込みをもって臨みたいところでもあるのです。
その主となるのが「四神」(青龍、朱雀、白虎、玄武)の4銘柄なのです。
だからこそ、東西南北、四方角の神の名を使わせてもらっているのです。

確りと命玉(種玉)を仕込んでおいて下さい。
来年、桜の花の便りが届く頃には、はるか高みを見に行っているでしょうからね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年12月19日(火)

     「四神」を枕に年越しを・・・

                    12月19日(火) 21:30更新

米株、税制改革実現を楽観視し過ぎるのではないかと・・・
問題は税制改革が成立し、大統領が署名して、いつからこの税制改革が実行されるかが問題なのです。
年内なら、適度な利喰いの売り物をこなしながら、程良い調整となりそうですが、来年へとズレ込む様なら、急ぎの利喰い売りが先行し、思わぬ波乱要因になりかねませんからね。
ここからは税制改革の実施時期を注視したいところです。

そして、日経平均は3度目の正直での23,000円乗せとはならず・・・
こうなると明日の重要変化日に如何なる変化が出るのかに注目したいところです。
今の日経平均には高値保ち合いの中で、強烈な下値クサビが3本打たれていますので、即急落からの下落相場入りとはならないと思いますが・・・

そんな中、連日好材料が出ていた(6626)SEMITECは本日目出たくストップ高買い気配で引けています。
会員ページの紹介コメント通りの展開です。
先週末に紹介した〇〇〇〇が今日からコメント通りの動きを見せ、一気のもみ合い上放れとなっています。
ここから更に上値追いを加速させて行きそうです。

また、2018年大出世株第一弾のアレは、ジリジリと今にも飛び出さんばかりの動きを観せ、一気攻勢のタイミングをうかがっているかの様です。
この分だと想定より早く見切発射となり、超大相場に向け目の覚める様な急騰劇を観せてくれそうです。

とにかく、「超絶三倍相場株」(青龍)、「年跨ぎ大相場株」(朱雀)、“2018年大出世株”第一弾(白虎)、それにこれから新たに紹介する、2018年大出世株第二弾(玄武)を「四神」と呼び、それぞれの超大相場に付いて行って頂くべく命玉(種玉)を確りと仕込んでもらいたいのです。

・・・米株は税制改革次第で展開が大きく変わって来ますが、波乱の兆候が観えたら、確りと先物に売りヘッジを掛けて、この「四神」を中心に攻めるのです。
この「四神」は、少しくらい地合が悪い方がいい動きとなり、他を引っ張って行くと思いますので・・・それだけの高ポテンシャルを秘める凄銘柄達だという事です。

今年は少し早めに、来年を睨んで行動を起こすのです。
そして、来年、大きく大きく上昇し、超大相場へと育って行く銘柄を静かに仕込んで、それを枕に年を越すのです。
来年、桜の便りが聞かれる頃には、今、私が言おうとしている事が現実のものとなるはずですからね。

この「四神」を上手く回転し確りと相場に付いて行く事が出来たなら、2018年には最低でも資金が3倍にはなっていると思います。
だからこそ、東西南北の神の名を借りて「四神」と命名したのです。

2018年、良いスタートを切りたい方は、この「四神」に参戦して頂きたいと思います。
そして、静かに命玉(種玉)を仕込んで一気の攻勢を待ち、それに合せて買い増しして超大相場へ確りと付いて行くのです。

“白虎”(2018年大出世株第一弾)が今にも飛び出して行きそうです・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年12月18日(月)

     今年は「株を枕に・・・」が得策かも知れませんよ。

                    12月18日(月) 21:00更新

米株は税制改革案の進展具合で一喜一憂。
年内成立を睨んで、かなりの分を織り込んでいる様ですから、成立後の変動が気になるところです。
クリスマスプレゼントになるのか、それとも・・・

そんな米国からの追い風を受け日経平均も再度23,000円トライの流れとなっています。
23,000円へのトライは今度で3回目。
3度目の正直で23,000円乗せとなるのか、それとも打ち返され、準備を整えてからの4度目の正直となるのか・・・株の世界では4度目の正直の方が高確率ですからね。
果して・・・

そんな中、先に紹介し好材料続出の(6626)SEMITECは本日も堅調推移。
新たに11日に紹介した短期値幅取り狙いのあの銘柄も本日急騰を見せています。
「超絶三倍相場株」も「年跨ぎ大相場株」も“2018年大出世株”第一弾もいい値動きを観せ、一気に飛び出すタイミングを淡々とうかがっているかの様です。

そして、本日も1銘柄、緊急的に追加紹介しておきました。
「年末、年始で大きく上値を追わせてみせる・・・」と筋が豪語している銘柄です。
その後は青天井一気駆けとなり、桁違いの高値を狙うとの事。
一気攻めのその時は、かなり近そうです。

とにかく今は、淡々と強さに付いて行くだけです。
2018年相場を意識しながら、それに向けての準備を進める時なのです。
・・・この年末、年始だけは、「株を枕に年越し」しなければ、年始早々出遅れる事になりそうですからね。
特にテーマ株は大きく買い上げられてしまい、高い所を買わされる破目に遭いそうです。
そんな先を見越して攻めて頂いているのが、当俱楽部激推しの3銘柄+既報銘柄達なのです。

ここは自分の都合で立ち回ってはダメですよ。
株の流れに合せ、自分自身を変化させながら淡々と付いて行くしか無いのですよ。

この大チャンス、逃さない様に・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年12月15日(金)

     読みの通りになって来ました・・・

                    12月15日(金) 22:00更新

読み通りの流れ、展開になって来ました。
米株は、かなりの分を織り込んだ税制改革案に一喜一憂し始めましたし、ドル円はイベント通過による出尽くしで巻き戻す流れが続いていますし、日経平均は主役不在(外人勢)の中、調整色を深めています。

日経平均は20日が重要変化日に当りますので、この20日前後の変動には十分に警戒したいところです。
25日線は下向きになって来ましたし、一目基準線、転換線を割り込んで来ましたからね。

そんな中、会員ページに紹介してある既報銘柄達の中から、力強く上値を追う銘柄が続出しています。
その中でも、材料が出た(6626)SEMITECは年末年始に掛け一気の青天井駆けが観られそうです。

そして、「超絶三倍相場株」は週明けからの一気駆けが見られそうですし、「年跨ぎ大相場株」は来週半ばあたりから本格的攻勢が始まりそうですし、“2018年大出世株”第一弾のあの銘柄は、予想より早く重要ポイントを取り、一気に青天井入りとなりそうです。
また、本日新たに紹介した銘柄も年末年始に大きく動いて来る事になるでしょうから、お年玉には事欠くことはなさそうです。

あとの“2018年大出世株”第二弾も、絶妙な仕込み場を提供してくれそうです。
これについては、慌てる事なくギリギリまで引き付けてから紹介に踏み切りたいと思います。

とにかく、どの銘柄もいい感じになって来てます。
“入れ喰い”状態になりつつあります。
お早めにご入会頂いて、確りとこの流れ、読み通りの展開に乗っかって頂けたらと思います。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年12月14日(木)

     今年は少し早めに年越しの準備を進めた方が良さそうですよ。

                    12月14日(木) 22:30更新

ようやくこの時期らしい相場つきとなって来ました。

米株は経済成長や雇用情勢の堅調が続くとの見解から更なる強さを見せ、税制改革期待の後押しもあり、終日堅調に推移。
そして、ドル円は目先材料出尽くしからドルが大きく売られ、日経平均も連れて弱含む展開に。
ここに来て外人勢が4週間に渡り売り越して来ている影響が次第に大きくなって来た様ですし・・・

そんな中、主力株達は総じて調整含みの動きとなり、代ってEV関連の個別が買われる中、中・小型の活況さも出て来ています。
ここに来て、ようやく師走相場らしい相場となって来た様です。

そして、当倶楽部の主戦3銘柄(超絶三倍相場株、年跨ぎ大相場株、“2018年大出世株”第一弾)も堅調推移を観せ飛び出す機会をうかがっている様な、そんな相場つきになって来ています。
おそらくは、年末からの本格始動となるとは思いますが、地合柄押さえ切れずに一気に見切発車・・・なんて事もありそうですので、目の離せない展開が続きそうです。
見切発車となれば、一切構わずとばかりに、超大相場へ向けて旅立って行く事になるでしょう。

また、“2018年大出世株”第二弾候補として最後まで悩んだ銘柄が、ここに来て動意づいて来ましたので、早めに紹介し、年末年始の爆騰に付いて行く態勢を取って頂こうかと考えているところです。
明日、ザラバ中の玉の入り方、値動きを観て、適時メールで紹介して攻めて頂こうかと・・・

いずれにせよ今は、頭の中の3分の1で目先値幅取りを考えつつ、残りの3分の2で、来年に向けての種をまく準備を考えながら立ち回る時だと思います。
年が差し迫れば迫るほど、人は焦って来ますし、慌てますからね。

今年は少し早めに年越しの準備を進めてもいいのではないかと・・・
もちろんの事、狙いは来年大相場を出すであろう当倶楽部の主戦3銘柄と年内紹介予定の“2018年大出世株”第二弾の4銘柄ですけどね。

これら4銘柄を枕に年越しと洒落込んでみてはどうでしょうか・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -