明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2017年03月28日(火)

     刻一刻とその時が・・・

                     3月28日(火) 20:50更新

NYダウ、8日続落となるも、下げ渋りの気配が・・・
こうなると、値幅調整、日柄調整のいずれかになっても、ポイントである20,300ドルどころが下げ一杯の水準となりそうです。
この調整、あっても20,300ドルどころで下げ止まると考えています。

そしてドル円も半値押し水準(109.90円)を見に行く事もなく反転へ。
そんなドル円を好感してか、日経平均も微妙な水準で下げ渋りを観せています。

・・・これら動き全てが読み通りの展開。
あとは、明日の権利落ち日に、落ち分を即日埋める事が出来るかと、3月末までに、4月新年度相場期待や期末ドレッシング期待で、どこまでの強さを観せる事が出来るのかに注目したいところです。

そんな中、当倶楽部の主戦3銘柄は、すこぶる順当な値動きを観せています。
特に激推し新至宝銘柄ver2は想定以上の動きを観せつつ、更なる上値追いの気配をプンプンと漂わせていました。
この分だと、3月月内に加速をつけ、実質4月相場入りと同時に次元の違う爆上げと共に、個別の牽引役を務める事になりそうです。

他と比べてもポテンシャルの違いは歴然です。
背景も材料も手掛ける筋さえも桁違いなのです。
楽しみです。一気の大攻勢が掛かる“その時”が楽しみです。

その時は刻一刻と近付いている様ですよ。
今のうちに・・・、今のうちに・・・

・・・お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年03月27日(月)

     ここが今年前半のターニングポイントかと・・・

                     3月27日(月) 21:45更新

例の驚くべき税制改革案期待で下げ渋り気味のNYダウ。
ドル円も昨年11月からのドル高波動の半値押し水準(109.90円)近くまで来て下げ渋り気味。
そんな流れを受けドスンで寄った日経平均も19,000円を少し割り込んだ水準で下げ渋り気味。

ドル円が半値押し水準を大きく割り込んで来たら、日経平均も大もみ合いの下値水準18,650円を割って来るとは思いますが、例の驚くべき税制改革案が残されているうちは、109.90円割れも18,650円割れも無いと考えています。

だからこそ攻めるのです。
少しの勇気と少しの胆力と少しの希望と大きな夢を持って、ここは果敢に買いの手を振るのです。

もちろんの事狙うは、当倶楽部既報の3つの凄銘柄と、激推しの新至宝銘柄ver2。
これらの突込み押し目を買い下がる事で大きな夢を掴み取る事が出来るのです。
誰もが身震いして手が出せない今だからこそ、少しの勇気と胆力、希望を持って買いに入るのです。

この行動が後々、大きな利益となって返って来るのです。
大きな褒美となって資金を潤してくれるのです。

この局面、今年前半のターニングポイントになりそうです。

お早めにご入会頂いて、激推しの新至宝銘柄ver2をまずは確りと買い集めてみて下さい。
その動きに度肝を抜かれ一気に夢心地になるはずですから・・・
もちろんの事、大きな財をももたらしてくれるはずです。

・・・お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年03月24日(金)

     「コツン」の音が・・・

                     3月24日(金) 22:00更新

ここに来て、米株に対するネガティブな見方が広がりつつある様です。
確かに米株の戻りは鈍く、上値が重い様に観えていますが、ここの調整は、おそらくは想定内の調整ではないかと・・・

昨年11月の米大統領選直後からの上げ相場において、いくつもの節目(防波堤)を作りながら上げ相場を築いて来ていましたからね。
直近の安値も、ある節目まで下げたところで下げ渋らせており、この下があっても20,300ドルどころで下げ止まる様にはしてありますからね。
ここからあっても300ドル強の下落で止まると考えるのであれば、ここは買いの手を振りながら強弱の見極めをすれば良いのではないかと考える次第です。

目先下値、目先「コツン」の音は、日経平均19,000円割れの水準で響き、届いたと思います。
だからこそ、ここからは打診買いを入れながら、全体の強弱を観て行くのです。

その状況で、是非とも買いを入れてもらいたいのが、当倶楽部激推しの新至宝銘柄ver2。
先に紹介してある既報3銘柄も面白いのですが、ここからは、この新至宝銘柄ver2が一番面白いのではないかと・・・
そして、来週の状況を観、流れを読んで、新たに足の早そうな短期値幅取り狙いの新銘柄を紹介したいとも考えています。

とにかく、ここは胆力をもって打診買いを入れ強弱を推し量る局面だと思います。
もちろんの事、次なる勝負銘柄は、戻り相場の筆頭牽引役を務めそうな、新至宝銘柄ver2なのです。

これなら勝負出来ますよ、大きな財を掴み取る為の勝負が・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年03月23日(木)

     ここからは胆力をもって凄銘柄の押し目買い下りで・・・

                     3月23日(木) 20:00更新

米株、少々危険な足型に・・・
ドル円は2月安値水準を割り込んで来ていますし、米株にこの足型を見て更なる売り物が出ないかが心配です。

・・・が、このままガラ(暴落)に突入する事はないと思いますので警戒し過ぎる事なく、「コツン」の音を聞き分けたいところでもあります。

一方、日経平均は18,650円を割り込まなければ、まだまだもみ合い相場の中にあるという事ですからね。
だからこそ、この警戒心が強く表れている今のうちに確りと次なるスター銘柄の押し目を強気で買い下るのです。

当倶楽部の激推しは、新至宝銘柄ver2。
これを狙うも良し、先に紹介した既報銘柄達の押し目を狙うも良しです。
いずれの銘柄も大相場濃厚の凄銘柄ばかりですからね。

・・・米国には、まだ伝家の宝刀(驚くべき税制改革案)が残っている事を忘れる事なく、この弱局面は反転上昇の好機を睨みながら、大相場型銘柄の押し目を確りと仕込んでおくのです。
その銘柄こそが、当倶楽部激推しの新至宝銘柄ver2なのです。

全体が落ち着きを観せれば、大きく動き始める事でしょう・・・今のうちに、今のうちに。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年03月22日(水)

     ガラ(暴落)が来るのはまだ先の事。

                     3月22日(水) 21:20更新

やっぱり来ましたね、NYダウの目先天井を打った様な急落が・・・

先週水曜日あたりから、その兆候は出ていましたからね。
そんな時に、会員様には先物に売りヘッジを掛け、護りながら攻める態勢を取って頂いていました。
そして先週末に、より異様な違和感を感じ、会員様には再度ヘッジを確りと掛けておく様に忠告しておいたのです。

ただこの急落が、このままガラ(暴落)へと連動する事は考えにくく、この下落はNYダウ大勢の上げ三波をより大きく、より派手に上昇させる為の故意の下落演出だと考えます。
この下げがピークを打つ頃に、例の「驚くべき税制改革案」を出せば、景色は一変し、上げ三波を演出する上で、大きな弾みがつきますからね。
今回の下落は、そんな狙いがあっての故意の下落だと考えています。

本格的ガラ(暴落)が来るのは、大勢の上げ第三波が出て大きく値を上げた後、高値圏で大きな上下動が繰返された後だと考えています。
その大きな上下動こそ「波高きは天底の暗示なり」という事になりますからね。
その上下動の局面で、今度はガラが来ても大儲け出来る様な策が施されて売り仕掛けの準備が始まるのです。
その局面こそ、本気で人生を掛けて、一生一代の先物売り建てを建てる局面なのです。
そんな読みから昨晩の急落がガラに繋がる事は無いと考えているのです。

おそらくは、あと数日もすればNYダウも下げ渋りが観え、「コツン」の音が響き渡る事になるでしょう。
そして、そのタイミングで日経先物も強相場を示す様な引け方をして、反転上昇のタイミングを教えてくれるのです。

そのタイミングで、その少し早い反転のタイミングで一気呵成に攻め込むだけです。
既報銘柄と新至宝銘柄ver2を中心にして、新銘柄をも追加して攻め込んでもらうのです。

とにかく今は新至宝銘柄ver2の押し目を胆力をもって静かに買い下がってもらいたいのです。
その理由は、全体が落ち着きを観せ始めた時、株価がそれを証明してくれるはずですから・・・
今のうちに、波乱含みの展開が続いているうちに、確りと安い所を買ってもらいたいのです。

そのポテンシャルや他とは比べ物にならないばかりか、流れも味方してくれそうですからね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -