明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2018年09月19日(水)

     一番出遅れていた中国株が買われ始めた・・・

                    9月19日(水) 21:30更新

「一番出遅れている株が買われ始めたら、目先天井は近い」という格言があります。

世界を1つの株式市場と見て、各国の株式市場を個々の銘柄と見立てるならば、今は二番目に出遅れていた日本株が大きく買い上げられる中、一番出遅れていた中国株が買われ始めた状況になります。
まさに、一番出遅れた株が買われ始めた状況です。
この格言からすると、まもなく目先天井を打つ動きが出る事になります。
明日、先物が23,×××円以下で引けて来る様なら、目先天井打ちの可能性がグググッと高くなりますけどね。

そんな全体の目先天井打ちのタイミングを待っているのが、当俱楽部強気推しのファンド系大材料銘柄のあの銘柄と、桁違いの大材料銘柄であるあの銘柄。
その時を静かに待つが如く、目立たぬ様に発射の準備を進めています。
・・・全体調整入りのその時こそが好機。
その気を狙って一気呵成の大攻勢が始まり、年内超大相場にに向け華々しく飛び出して行くのです。

大材料が出るのが先か、全体調整入りが先かは分りませんが、とにかく年末に向け目の覚める様な爆騰劇が観られる、そんな2銘柄なのです。

大きく動き出す前に、一気に飛び出す前に確りと命玉を仕込んで、その時を待つのです。
ここに来て、筋の用と思われる玉が矢継ぎ早に入り始めましたからね。

お急ぎ下さい。大きく動き出す前に・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月18日(火)

     “いい感じ”、ですが・・・

                    9月18日(火) 21:00更新

日経平均、悪材料が響き難い良い流れになって来ました。
私の想定を見事に裏切り、一気に23,000円台を駆け上がっています。
やはり先人の教え通りの展開となった様です。
(「三つの山を4回目に越えた場合は大相場が出易い」、「三尊天井破りは大相場の兆し」)

とはいえ、この強い上昇の背景に色々な説が流れ始めています。
@持たざるリスクを持つ者たちが慌てて買いに入った。
A20日の自民党総裁選に向け意識的に放り上げた。
Bグローバルファンドが日本株の持ち高を高める方向へ
 と転換した。
Cこの4年間の9月〜12月の上昇を利用してヘッジFが動
 き始めた。
と、いう様々な説が流れています。
どれがそうだと言い切る事が出来ませんが、20日以降の動き、週内の動きを観ればある程度、先が読めて来ると観ているところです。

そんな中、満を持して裏取りが終ったファンド系大材料銘柄を紹介しておきました。
いい感じです。年末に向けていい感じで動き始めた様です。
また、先に紹介した桁違いの大材料銘柄もここに来て本格上昇となりそうですし、(6292)カワタも(3857)ラックも・・・

とにかく、「株は弱くなるまで強い」と言いますので、今の強相場にトコトン付いて行きたいところです。
手を変え、品を変えながら、トコトン付いて行くのです。
まだ他にも新銘柄の情報が入っていますから地合、動きを観ながら、適時攻め入ってもらおうと考えているところです。

・・・桁違いの大材料銘柄もデカイですが、今日紹介したファンド系大材料銘柄もデカイです。
まだスタートしたばかりですよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月14日(金)

     連休明け早々には・・・

                    9月14日(金) 22:00更新

日経平均、23,000円台乗せ。
自民党総裁選を意識しての事か・・・
それとも、メジャーSQ通過を機に買い方が一斉に仕掛けて来たのか・・・
いずれにせよ、連休明けの動向を観れば次の展開が観えて来ると思います。

・・・私は、節抜け後の一服となり、目先は調整が入るのではないかと観ています。
ここまで上げて来た後の調整ですので、押し浅ではないかと・・・

そうなると、主力に代って個別株の出番が来るはずです。
ここに来て一服していた訳有り銘柄達が一斉に息を吹き返し大きく上値を追って来るのではないでしょうか。
そして、裏取り中のファンド系大材料銘柄も、まもなく重要部分の裏が取れそうですので、連休明け早々には一気に攻め入って頂く事が出来そうです。

先に紹介した銘柄達も順調に上値を追って来そうですし、ここに来て新たに年内株価倍を狙えるファンド系大材料銘柄も紹介出来ますから、増々楽しみなところです。

この新銘柄、是非とも参戦して頂きたい凄銘柄です。
調べれば調べるほど、そのポテンシャルの高さや、背景、材料、手、どれを取っても桁違いのものを持っていますからね。
だからこそ、このファンド系大材料銘柄で財を築いてもらいたいのです。

このチャンス、絶対に掴み取って下さいね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月13日(木)

     早ければ明日、遅くても週明けには・・・

                    9月13日(木) 21:00更新

米国から出された米中貿易協議再開案。
すんなりと中国が乗って来るとは思えませんし、米国も引く気は全く無いと思いますので、この話、決別する確率はかなり高いと観ています。

ただ、中国とロシアが急接近している事を牽制する意味で、米国が少しだけ譲歩する事もありそうですけど、11月の中間選挙を控えて弱腰になる事はまず無いと思いますけど・・・
今晩の米株の反応を観れば、ある程度は見通す事が出来ると思います。

そんな状況の中、強い動きを観せた日経平均ですが、メジャーSQ直前という事もあり、買い方が一気に攻勢を掛け、売り方を力づくで締め上げた感もありますので、明日のメジャーSQを通過した後の動きに注目したいところです。

そんな中、先に紹介した(3906)ALBERTに続き、あの桁違いの大材料内包銘柄もいい感じです。
これら凄銘柄に続き、次はファンド系大材料銘柄を紹介しようと思います。
只今裏取り中ですので、裏が取れ次第参戦して頂こうと考えているところです。
早ければ明日にも、遅くても連休明けには紹介出来そうです。

このファンド系大材料銘柄も、先に紹介したALBERT、桁違いの大材料内包銘柄に勝るとも劣らないポテンシャルを秘めている逸材銘柄だと考えています。
この銘柄も、年内に大きな大きな財を築き喜びを運んでくれるそんな凄銘柄だと確信しているところです。

早めに入会して、紹介の時を静かにお待ち頂けたらと思います。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2018年09月12日(水)

     次はファンド系大材料銘柄を・・・

                    9月12日(水) 21:00更新

ここに来て世界的株価上昇の切り札が出て来ました。
二度目の米朝首脳会談の開催を金正恩委員長が打診して来た事です。
この切り札をどのタイミングで使って来るのか・・・
それは、おそらく、米国による対中貿易制裁第四弾を明確に示した後、株が世界的に波乱に見舞われた時ではないかと観ています。

今は、米国の好景気だけが主な株高材料ですので、ここから更に一段高させるには、今の膠着状態を対中貿易制裁第四弾を出して一旦壊した後、二度目の米朝首脳会談開催を打ち上げて一気に次なる上昇相場を作りに行くのです。
11月6日の米中間選挙前に、これら策略が実行されるのではないかと観ています。

そんな中、日経平均は、三角保ち合いの中、目先は上値を試すものの、売り方の買い戻し一巡後は再度下値を探りと向うと思います。
このまま、新たな好材料も無しに23,000円台へ突入するのは無理だという事です。
三角保ち合いが収斂するタイミングで米国が対中貿易制裁第四弾を打ち出して来れば、上記策略が実行される時だという事になります。

そんな状況ですので、主力株達は果てしなく弱含む動きとなっています。
代って指数より、より離れたところにある中・小型の個別株が次第に存在感を強めつつあります。
ここに来てあの桁違いの大材料内包銘柄もいい感じになって来ており、先に紹介した(3906)ALBERT、(3857)ラックと共に更なる高みを目指している様です。

そして本日、また新たな情報が飛び込んで来ました。
今度はファンド系で大材料を秘めた凄銘柄です。
さっそく裏取りを始めましたところですので、ほどなくして紹介し参戦して頂く事が出来ると思います。
早ければ週内、遅くても連休明けには紹介出来ると観ています。

桁違いの大材料内包銘柄もデカイですが、このファンド系大材料銘柄も凄〜い銘柄だと私の経験上感じています。
先に紹介した凄銘柄に勝るとも劣らないそんな凄銘柄なのです。

とにかく、参戦してもらいたいのです。
桁違いの大材料内包銘柄でもいいですし、新たなファンド系大材料銘柄でもいいですから・・・
これで大きな大きな財を築いて下さい。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -