明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2020年09月07日(月)

     最後で最高の仕込み場が・・・

                    9月7日(月) 19:00更新

米株、レーバーデー明けの好材料出現の準備は、ほぼほぼ整った様です。

急落に乗じる形で、悪材料を故意に表面化させて突込ませる。
そして、下げ過ぎからの押し目買いが入る事を想定し、ギリギリの水準まで下げたところで“コツン”を演出する為に意識的に買いを入れ押し目買いを誘い込む。
そんな策略を講じる事で、目先底打ちさせる形で短期の値幅調整を完了させる。

更に、レーバーデー明けに帰って来る投資家達を意識し新たな好材料を出して米大統領選に向けての最後の吊り上げ相場に持ち込む・・・そんな策略が施されたと観ています。

だからこそ、明日が10月半ば高に向けての最後で最高の仕込み場となるのです。
そんなベストなタイミングで、裏取り中の“有力ファンド超訳有り銘柄”の裏取り完了の吉報が引け後に届いたのです。
さっそくというか、ギリギリのタイミングというか、明日、地合と玉の入り方を観て、参戦して頂こうと考えているところです。
想定以上の背景と新たな好材料が観えて来ましたので、これまで以上に強気で攻め込みたいと考えています。

いずれにせよ、この故意とも取れる急落局面を利用して、11月の米大統領選に向けての吊り上げ相場に上手く乗っかるべくベストのタイミングで他のどの銘柄より、より早くより大きく上げて行く訳有り銘柄を狙い撃ちして、大きな大きな利益を手にしてもらおうという事なのです。

さー、強気参戦のその時が来た様です。

お急ぎのご入会、お急ぎのご参戦、お待ちしております。
 

  2020年09月04日(金)

     騙される事なく淡々と強気で臨みたいところです。

                    9月4日(金) 19:10更新

昨晩の米株の急落は、イレギュラーな急落であり、短期的な行き過ぎを是正する、そんな下げだと観ています。

また、この急落の裏には、NYダウの史上最高値突破に向けての策略があると考えます。
史上最高値突破の材料として追加財政策がありますが、この決着前に一度値を下げさす事で、それが“しゃがみ込み”となり、追加財政策の市場への効果をより大きなものにするのを意識しての今回の突発的急落ではなかったかと考える次第です。

そんな米株に連られる形で反落となった日経平均ですが、これも来週の米株の立ち直りと共に更なる高みを目指して行くと観ています。

そして、この急落で、またまた物色の流れが変わる事になりそうです。
ここ数日、堅調だった主力株に代り、個別材料株を中心とする物色の流れが新たに生じて来そうですからね。
だからこそ、来週の再攻勢に向けて紹介中の訳有り銘柄達は大きく値を下げる事もなく小調整の動きを観せているのです。

そんな中で一昨日に紹介した○○○○○は急落を追い風にして、まさに逆行高の強〜い動きを観せています。
あとは勢いそのままに、どこまで値を上げる事が出来るのか楽しみにしているところです。

また、裏取り中の“有力ファンド超訳有り銘柄”はこの下落で、良い買い場を提供してくれています。
今日のところは裏取り完了の吉報は届きませんでしたが、週明けには吉報が届き想定外に安い所で仕込み参戦出来そうですので、楽しみに吉報が届くのを待っているところです。

その背景も凄いものがありますが、隠された材料も、手掛けるファンドの資金も凄いものがありますからね。
この“有力ファンド超訳有り銘柄”をこの9月のメイン銘柄にしようと考えているところです。
それだけのポテンシャルを秘めた凄銘柄だと確信していますので・・・

この“有力ファンド超訳有り銘柄”で、より効率良く利益を掴み取られたらどうですか。
まさに絶妙のタイミングで参戦出来ると思いますよ。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年09月03日(木)

     出遅れない様に、乗り遅れない様に。

                    9月3日(木) 19:00更新

米株、11月の米大統領選に向けた本格吊り上げ相場が始まった様です。
まずは、7日のレーバーデー明けに追加財政策を決着させ、そのタイミングで一気にNYダウの史上最高値を更新させる。
その後、経済回復を全面に打ち出しながらタイミングを計り大統領選直前にワクチンの本格投与を特別認証し最後の仕上げに入るのではないかと・・・

そんな米株高への期待が膨らむ中で、日経平均も本格上値追いの狼煙が上がった様です。
日経平均の相場は日銀主導、GPIF主導の下支え相場ですので、一気に大きく日経平均が突走る事は考えにくく、ジリ高での高値取りの動きになるものと考えます。
そんな官製相場ですので妙味が増して来るのが、新興系の訳有り銘柄達なのです。
下値不安が小さいですので安心して小型の訳有り銘柄達を放り上げられますし、何より米大統領選挙までは米株は大崩れしないという読みがありますからね。
だからこそ、あと一ヶ月半の間は訳有りの個別株で、大きな利益を確りと掴み取らなければならないのです。

今日のところは足踏み状態にある訳有り個別達ですが、日経平均の上昇が一服となれば、その機を突いて一気に大きく値を上げて来そうですからね。
だからこそ、今は値動きの良い訳有り個別を強気で狙い撃って効率良く利益を取りに行くのです。

昨晩新たに紹介した新興系訳有り銘柄も今日のところは小確りの動きですが、ある事を切っ掛けにして、目の覚める様な一気の上値追いが始まる事になるのです。
まさに今が秒読みの真只中にあるのです。
動き出してからでは手が出せなくなってしまいますからね。
今のうち、大きくは動いていない今のうちに静かに、そして確りと参戦して頂けたらと思います。

そして、裏取り中のあの銘柄も、まもなく裏取りが終りそうですので、これへの参戦も楽しみにして頂けたらと思います。
何せ9月相場のメイン銘柄になる凄銘柄ですので・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2020年09月02日(水)

     あとひと月半は強気で攻めまくりです。

                    9月2日(水) 19:50更新

政治不安が遠のいた事で、強さが増し始めた日経平均。

あとは、サマーバケーション明けで戻って来た投資家が米株の株価を観て如何なる行動を起こして来るのか注目したいところです。
レーバーデー(9月7日)明けには、米追加財政策に決着がつきそうですので、そのタイミングも合せて注目したいところです。

米株に更なる強さが出れば、日経平均の堅調な動きも10月半ばあたりまでは続きそうですからね。
米大統領選挙ギリギリというより、少し早めに利益確定の動きが出るでしょうから、10月半ばを目途に強気強気で攻め込みたいところです。

約1ヶ月半で如何に効率良く利益を取るのか・・・
もちろんの事、軽さ、値動きが命である新興系個別株を狙い撃つのが一番かと。

当倶楽部では、既報銘柄はもちろんの事、矢継早に訳有り個別を紹介し資金を効果的に回してもらうべく強気で攻め込んでもらおうと考えています。

今晩は某有力投資グループが虎視眈々と短期値幅取りを狙う新興系の訳有り銘柄を紹介しておきましたからね。
ここに来てグループの用と思われる買いが断続的に入っていましたので、明日にも怒涛の大攻勢が始まるものと観ているところです。

とにかく、今年最後の個人投資家好みの個別株大乱舞の流れに乗り遅れない事です。
取れるうちに取っておかないと、その後の強烈なシッペ返しで痛〜い目に遭わされてしまいますからね。

1日でも早く、この個別乱舞の流れに乗る事です。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年09月01日(火)

     乗り遅れるな・・・この大チャンスに。

                    9月1日(火) 19:00更新

想定通りに9月は、新興系材料株が乱舞するそんな月になりそうです。

日経平均は10月上昇に向けた高保ち合いが続き、その間、物色の主流が新興系の材料株となるのです。
その兆候が実質9月相場入りとなる今日、ハッキリと観えて来ましたからね。
一服調整を入れていた訳有り個別達が一斉に動意づき始め、一気に臨戦態勢を取っていましたからね。

その中でも、当倶楽部激推し中の“株価倍増狙い銘柄”の動きは、先週末に突発的な波乱に見舞われた事で、上値が一気に軽くなり、それを利用する形で一気大攻勢の態勢に入りましたので、明日からの更なる攻勢に期待しているところです。

先週末の安倍首相辞任に絡む波乱が個々の材料株達に自然体で振い落しを掛けた形となり、その振い落しがまた新たな物色の流れを作り、その新たな流れが9月相場を牽引する事になる様です。

“株価倍増狙い銘柄”の他の紹介銘柄達も総じて臨戦態勢に入っています。
それぞれの持ち味を発揮する形で大きく値を飛ばして来ると思われますので、こちらも楽しみにしているところです。

いずれにせよ、会員ページの紹介銘柄達はまさに入れ喰い状態にあるという事です。
この9月相場は、今年で最も効率良く個人投資家が利益を掴み取れるそんな1ヶ月となりそうですので、確りと、そして大きな利益を掴み取って頂けたらと思います。

取れる時に目一杯取る。
儲けられるうちに目一杯儲ける。
これが投資における必勝法でもありますので・・・

この大チャンス、確りと掴み取って下さいね。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -