明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2016年11月22日(火)

     自然の変調にも気を配りながら・・・

                     11月22日(火) 22:30更新

米株、3指数揃って史上最高値を更新。
達成感が出るかも知れません・・・
米長期金利も上昇し、連れてドルが強張り、こちらは過熱感が出るやも知れません・・・

そんな流れを受け、日経平均は、早朝の地震の影響も無く強〜い動きとなり上値を追う展開に。
ここに来て、トランプノミクスが一段と加速した感が漂い始めた様にも思えます。

あとは、明日の日本の祭日、明後日の米国の祭日を狙って、為替に波乱を巻き起こす様な仕掛けが入らないかに注目したいとこです。
ブラックフライデー、サイバーマンデーを前にして目を疑いたくなる様な波乱が・・・とならないかに十分に警戒したいところです。

そんな状況の中、気になる点がもう1点。
今朝の地震の前に確か10日ほど前にニュージーランドで大きめの地震があった様に記憶しています。
あの東日本大震災の前、約2ヶ月くらい前にもニュージーランドで大きな地震がありました。
そんな関連性の中、今朝の福島沖の地震直後(9:19)にもニュージーランドで地震があった様です。
この関連性、非常に気になるところです。
経済関連指標、株、為替、債券以外の面でもリスクに目を配りたいところです。
本来、「天災は買い向え」と言いますが、「地震は売りで火事(人災)は買い」とも言いますので、この一連の地震には十分に警戒したいところなのです。

東日本大震災の前日、3月10日になぜか先物が売り転換となり、あの日を迎えた事を今でもハッキリと覚えています。(左にある“過去の紹介履歴”でご確認のほどを)
当時の事は皆さん良くご存知ですよね・・・
この一連の地震、要警戒だと思いませんか???

いずれにせよ今、この局面で言いたい事は、「良事 魔多し」という事です。
株も為替も金利も上げ続ける事は無いという事です。
どこかで調整を入れながら、上下動を繰返しながら上げて行くのが本当に強い相場なのです。
上げ続ける事で相場に歪みが生じ、その歪みの修正で起きる調整は、かなりきつくなるはずですから、その想定以上の調整を警戒する局面を迎えつつあるのではないかと考える次第です。
祭日中に何も起こらなければ良いのですが・・・
また、ニュージーランドと日本との奇妙な地震の連動性も気になるところです。
とにかく、「良事 魔多し」、「青天の霹靂」には十分に警戒したいところだと思います。

そんな状況の中、波乱の展開を待って、確りと押し目を仕込んで頂きたい至宝の銘柄があります。
この銘柄、間違いなく来年の相場を背負い牽引して行く銘柄に育つものと考え自信満々で紹介しようと思います。
波乱の時でないと、安い所は買わせてはくれない様ですし、何より、大きな大きな資金が流入し、丹念に安い所を拾い集めていますからね。
だからこそ、波乱のドサクサに紛れて仕込むしかないのです。

この銘柄、祭日明けの地合を観て紹介する予定です。
調整入りを想定し、少し早めに紹介しようとも考えていますので、祭日明けくらいがベストのタイミングかも知れませんからね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2016年11月21日(月)

     ここは「たわけになりて・・・」ではないかと。

                     11月21日(月) 21:10更新

ナスダック、ザラバ中に新高値を更新。
NYダウは高値圏もみ合い中。
そして、米長期金利の上昇は止まらず、連れてドル円は111円台に突入し、そのドル高を追い風にして日経平均は18,000円台乗せ。

ドル高進行の割には外需主力株達の値動きは鈍く、その他、先駆組も一応に今一の動き。
一見して、全体は強く見えるものの、個々の主要主力株を観る限り、そろそろの感が漂い始めた様に思えます。
明日になれば、強相場、弱相場を見分ける先物の分岐点、転換値がグググッと引き上がって来ますので、調整入りの可能性がかなり上がって来たと思います。

そんな状況を観て、本日の新銘柄の紹介は、あえて先延ばしする事にしました。
紹介した途端に、全体がズルッと来たら「ヘタクソ」・・・なんて言われそうですからね。
明日の地合、雰囲気を観て、そして先物の引け具合を見て、動いて頂こうと思います。

明日の先物の引け方、かなり重要になると思いますよ。
引け方で、全体の調整入りの可能性が大きく変わって来ますからね。
米市場を見ても、NYダウに続きナスダックが新高値を更新したり、長期金利が異常とも思える上げを見せたりと、達成感やら過熱感やらが出始めて来た様ですし・・・
また、23日は勤労感謝の日で東京市場は休場となりますし、24日は米市場は感謝祭で休場になります。
この2日の休場が、全ての状況を大きく変えそうですからね。
特に為替の変化が気になるところです。
いずれにせよ、新銘柄の紹介は先送りになると思われます。
3ヶ月で大きく大きく育ちそうな銘柄も、来年の主役と成り得る銘柄も、師走相場の牽引役となりそうな銘柄も、ここから入るであろう全体の調整明けに一気呵成に攻め込んでもらおうかと考えていますが、来年の主役と成り得る銘柄は、中々に安い所は買わせてはくれなさそうですので、調整の局面で丹念に少しずつ安い所を拾ってもらおうかと考えています。
明日、全体の調整入りを確認したところで、この銘柄の紹介タイミングを検討しようかと考えています。

とにかく、ここは一歩引いた目線で相場を見ながら、「新値八手は利喰い」ではありませんが、上手く強いうちに立ち回った方が良いと思います。

この局面で何はともあれ重要になるのが先物の引け方と先物の転換値なのです。
この転換値を知ると知らないとでは、雲泥の差が出るという事です。

知っていれば、先に益出しをして押し目を待てますし、ヘッジで売りを建てれば、その利益さえも手に出来、年末相場に向けての弾みがつきますからね。

当倶楽部新紹介予定の至宝の3銘柄も安い所が仕込めるでしょうし・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2016年11月18日(金)

     待つも相場・・・

                     11月18日(金) 20:50更新

イエレン議会証言は想定通り12月利上げを示唆。
これを受け米長期金利はさらに上昇し、ドル高円安の流れが加速し、ドル円は110円台に。

そのドル高の流れを受け、日経平均は上窓を空け高寄り。
ドル円が110円をつけ、日経平均も18,000円をつけた事で達成感が出ると思いきや、ドル円は更にドル高が加速し110円台後半へ。
しかし、日経平均は大引けに掛け上げ幅を削り18,000円台を割り込んでの大引け。

とりあえず東京市場では達成感らしき動きは出ませんでしたが、問題は今晩の米国市場、米国版SQ(ウィッチ)通過後の変化やら、ナスダック、SP500の史上最高値更新後の達成感には十分に警戒したいところでもあります。

そんな不穏な空気が漂い始めていましたので、本日の新銘柄の紹介は、あえて来週に持ち越す事にしました。
今晩の米市場の動向を観て、週明けの東京市場の雰囲気、地合を感じた上で、攻め込むか否かを決めたいという事です。
週明け月曜日には、先物の転換値も17,△△△円以下とググッと引き上がって来ますからね。
全体の流れが転換し、売り方優勢、弱相場入りの可能性が一段と高くなりますので、これを確りと見極めてからでも遅くはないとの判断です。

今日、明日で相場が終ってしまう訳ではありませんし、何より弱相場入り濃厚となれば、全体相場は目先調整へと突入し、そうなれば、紹介予定の凄銘柄達の安〜いところが買えますからね。
「買いは三日待て」ではありませんが、もう1晩、もう1日だけ待つ事で、全体の変化を見極めたところで判断出来ますからね。
・・・待つも相場というところです。

準備してある新紹介銘柄達は、いずれもが楽しみな銘柄ばかりですから、より安い所を拾って、より大きな利幅を会員の皆様には取ってもらいたいのです。
ここ3ヶ月で大きく大きく育ちそうな銘柄、師走相場を牽引してくれる様な銘柄と、いずれもが大化けの可能性大の銘柄ばかりなのです。
この銘柄達なら、きっと皆様の抱えている大きな矛盾を一気に解消してくれるはずです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2016年11月17日(木)

     勝負どころ・・・

                    11月17日(木) 22:30更新

NYダウ、反落・・・
日経平均も反落しそうでしたが、日銀による初の国債オペの指値により、円高が抑制される形で、日経平均は昨日とほぼほぼ同水準まで値を戻していました。

本日の日経平均の重要変化日から下げ始めるのか・・・と一時は期待しましたが、日銀による円高抑制策により、明日にお預け。
こうなると、今晩0:00から始まるイエレン議長の議会証言がより気になってしまいます。
12月利上げは、ほぼほぼ決まりでしょうから、注目はそれ以降の利上げに関しての言及があるか否か・・・
あったとしても、そのペースによって判断が大きく変わって来ますからね。
それを米市場が如何に捉え判断し反応を観せるかに注目したいところです。
もちろんの事、安倍・トランプ会談も気になりますが、今は米利上げペースの方がより気掛りです。

明日18日は、もう1つの日経平均の重要変化日に当ります。
明日、先物が17,△△△円以下で引けて来る様なら、反落、調整入りの可能性大となり、目先ドル円は106.50円どころ、日経平均は17,100円台を目指す流れとなりそうです。
反対に、ここより更なる強さを観せる様なら、まずは18,100円台にある節抜けにトライに行くでしょうからね・・・そうなればドル円も110円抜け・・・なんて感じに。

いずれにせよ、明日の変動が重要になります。
ここで一調整入れてくれれば、年末年始高に向けて一段の期待が持てる事になりますからね。
そして、一調整挟む事で、新たな物色の流れが生じ、新たなスター銘柄が誕生し相場を確りと牽引して行くのです。

・・・準備は完璧です。
調整入りした後の展開を様々なパターンでシミュレーションし、流れに合った材料、銘柄を選び、あとは1つ1つ確認の作業を済ましながら、より適した銘柄を紹介していくだけなのです。
ここ3ヶ月の間に大きく大きく育ちそうな銘柄や来年の主役を務めそうな銘柄、師走相場の牽引役と成りそうな銘柄と、そうそうたる銘柄を用意し、会員様の矛盾を一気に解消すべく準備を進めて来たのです。

この局面、おそらくは年内最後の大きな勝負どころとなるでしょう。
ここで勝ち組になり、来年へとつなげるのか・・・
それとも一歩出遅れて、後塵を拝しながら新年を迎えるかが、大きな差となり、その差こそが大きなパフォーマンスの差となりのしかかって来るのです。

だからこそ、一歩も二歩も先に準備をし、臨機応変に動くのです。
どのタイミングで、どの銘柄を中心に、どの程度の力で攻め込むのか・・・これが重要になってくるのです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2016年11月16日(水)

     上げ続ける相場は無いという事です。

                    11月16日(水) 21:00更新

NYダウ、7連騰となるも、物色の流れに変化が・・・
先駆した金融株に代り、出遅れ気味のエネルギー関連や通信、ハイテクに流れが・・・
これを好循環物色の始まりと取るのか、それとも、出遅れが買われ始めたので目先ピークは近いと取るのか・・・

昨晩は好調な指標を受け、12月利上げ観測の高まりから、ドル円は一気に109円台乗せ。
連れて日経平均も高寄りし18,000円をうかがう様な強さを見せていました。
明日は最注目の17日。
明日、ドル円は110円にタッチし、日経平均は18,000円にタッチとなり、目先達成感が出ないかに注目したいところです。

そして、夜の安倍・トランプ会談、イエレン議会証言を受け、米市場が変調をきたさないかに注目です。
その流れで翌18日、弱相場入りとなれば、17日高値を高値決まりとする様な流れが生じ、下値を探る展開(反省タイム、調整入り)となりそうですからね。
日・米共々の調整入りとなれば、ドル円は106.50円どころ、日経平均は17,100円どころを意識する展開になると思います。
まずは、明日の変動、そして翌18日に弱さを観せて来るのかに注目です。

そんな展開を想定するのであれば、明日の強張るところでは、手持ちの半分くらいを先に利確、整理し、枠を空けて翌18日の動向を見てみたいところです。
18日に弱含み、“下”への変化となりそうなら、ヘッジを掛けつつ、調整に付いて行きつつ、次なる反転上昇のタイミングをうかがう。
反対に、更なる強さを観せる様なら、利確、整理した分の枠の半分を使い買い乗せし、それを回転玉としながら、少し引き気味で更なる強さに付いて行く様にするのです。

そんな事も頭に入れつつ、当倶楽部では、調整入りを睨んでの次なる展開を想定し、目先底打ち反転のタイミングで一気呵成に攻め込むべく、凄〜い新銘柄を準備万端整えているところです。
皆様が今抱えている矛盾を年内に一気に解消し、更なる喜びをもたらしてくれる、そんな凄〜い銘柄を厳選し、攻め時を待っているのです。

とにかく今は、調整入りを念頭に入れつつ、次なる上げ相場の主流は何か、どの銘柄が主役となり牽引して行くのかを考えながら、次なる展開を読む必要があるのです。
当倶楽部では、あの銘柄とあの銘柄、いずれかが前後しながら師走相場、年末・年始相場を牽引して行くものと考えています。
そして、その2銘柄が来年の大出世株へと育って行くと確信しているのです。
本格的に大きな大きな“力”が動き始めた今、大きな背景を背負って、大きく大きく育って行く事になるのです。
ここ3ヶ月は、この2銘柄だけで売買を繰り返すだけで、かなりのパフォーマンスが上げられるものと考えています・・・
紹介の時近し・・・という事です。

お早めのご入会、お待ちしております。

全体が調整入りする事で、仕込み易くなりますから、調整入りを確認したところで一挙公開しようかと・・・
 


- Web Diary ver 1.26 -