明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2017年01月26日(木)

     NYダウの窓埋めを警戒しながら・・・

                     1月26日(木) 20:50更新

トランプラリー第2幕突入か・・・
NYダウ、大窓を空け2万ドル台乗せ。
SP500もナスダックも大窓を空け連日の史上最高値更新。
ただ、この流れで米長期金利が上昇したにもかかわらずドル高が進まなかった事が気掛り。
確かにドル円は先につけた高値で二番天井を示現し反落となっていて、上値の重い動きとはなっていますが、あまりにも米金利に対する反応が鈍い点が気になります。

そんなドル円を横目に、日経平均は米株活況に反応し、こちらも窓空けの大幅高に。
更なる上値への期待も膨らむところですが、ここから上を狙うには、円安ドル高のフォローが必要不可欠と思われますので、ドル円の動向及び、日経平均の強さには要注目です。

そして、米株で気掛りなのが、NYダウがフシ抜け後の一服が入るか否か。
私が考えるシナリオなら、この一服を利用して意識的に調整を入れに来るのではないかと・・・
その際、本格調整入りとなるのなら、昨晩空けた窓をすんなりと埋めに来て、値幅を伴う調整となり、窓を埋めずに反転上昇させる様であれば、天井は更に高くなり、本格的トランプラリー第2幕の始まりとなるでしょう。
そんな事も考えつつ、米株の窓埋めとドル円の変動とそれに絡む日経平均の動きに注目したいところです。

そんな中、誰もが“強さ”を実感し、前のめりになりつつある様ですが、当倶楽部ではここであえて強いのに付くのではなく、先に紹介した既報銘柄達の一段高を見つつ、激推し3銘柄と今仕込み中の「2017年2番出世株」を丹念に攻めて頂いています。
特に2番出世株は、意識的に売り物を出し、故意に上値押えに出ている様ですので、ほどなくして、何らかの大材料が出るのでは・・・と考えているところです。
全体が活況な今日、あえて冷し玉を入れ目立たぬ様にしている点が臭います。
先に紹介した激推し3銘柄達も、飛び出す前に同様の動きが観られていましたからね。
この局面、天与の買い場となりそうです。

そんな「2017年2番出世株」、是非とも種玉を仕込んで頂いて、あの1番出世株の様な夢心地をもう1度味わってもらいたいのです。
超大相場に向け華々しくスタートして行った1番出世株。
それに追随し、大きく上値を目指す動きを観せている「底値からの大出世株」と「大器覚醒銘柄」。
それらに続き、次は「2017年2番出世株」の出番となるのです。

ハッキリ言って、この2番出世株でも大きな財が築けるはずです。
ここから3倍弱を狙える銘柄ですからね。

今が絶好の仕込み場。
後悔しない為にも、今仕込まないと・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年01月25日(水)

     「2017年1番出世株」の後継者として2番出世株を新たに紹介。

                     1月25日(水) 20:30更新

米株はアメリカファーストを好感し織り込みに行っているかの如き強さを観せています。
トランプラリー第2幕突入を予感させる様な、そんな動きになって来ています。
ただ、NYダウ2万ドルタッチからの調整入りには十分に警戒したいところですけどね。

一方、日経平均はドル円がドル高円安に傾き114円台絡みの水準まで戻した事で、19,000円台を回復しています。
が、未だ中途半端な水準にあり、この水準だと格好の売り叩きの餌食になりそうな水準ですから、更なる強さを観せてもらいたいところでもあります。

そんな中、大きく大きく超大相場に向け旅立って行った「2017年1番出世株」に代って、新たに「2017年2番出世株」をあえて不安定なこの時期に紹介しておきました。
昨日、急動意づいた事もありますが、今ならまだ底値圏で玉を仕込む事が出来そうでしたので紹介に至ったのです。
スケールこそ1番出世株には劣るものの、そのポテンシャル、材料、そして今の株価水準から観て1番出世株同様に3倍弱の超大相場に育って行くものと考えています。
1番出世株が3倍弱の大相場に向け華々しくスタートを切った今、狙うはこの「2017年2番出世株」なのです。

今ならまだ底値圏で、安い所を仕込む事が出来ますよ。
この状況で材料が出れば、底値からの立ち上りとなり、一気に水準を切り上げ、常世離れとなりそうですからね。
後から、この2番出世株がどの銘柄か分って悔しい思いをしない為にも、今参戦してもらいたいのです。
そして、1番出世株を紹介した時の日付、株価位置を知ったら、「入会して買っとけば良かった〜」ときっと後悔するはずですからね。
そんな1番出世株の後継者に成り得る2番出世株ですから、凄くない訳はないですからね。

今です、今のうちに確りと種玉を仕込んでおいてもらいたいのです。

お早めのご入会、お待ちしております。

・・・先に紹介した「底値からの大出世株」も「大器覚醒銘柄」も、まだまだこれからですけどね。
 

  2017年01月24日(火)

     「2017年2番出世株」明日紹介致します。

                     1月24日(火) 19:00更新

未だ反省タイム継続中。
NYダウは1/19安値を試しに行きそうですし、ドル円は112.50円を割って来れば一気に111〜110円半ばへと走りそうですし・・・
そうなれば日経平均も18,500〜18,300円どころを観に行く事に・・・

なんて事も頭に浮びますが、新大統領の側近に元証券関係者が多く居る事から、NYダウを崩れそうに観せ掛けて一気に新高値抜けからの、二番天井崩しからの2万ドル超えに持ち込む荒技を持っているでしょうからね。
その荒技を“見えない神の手”なんて表現するのではないかと・・・

そんな事も考えつつ、ここは相場の表面的な強弱より、心理面での強弱を推し量りながら冷静な「観の眼」を持って臨みたいところです。
明日なら、先物が18,〇〇〇円以下で引けて来たら、警戒レベルをグッと引き上げなければなりませんけどね。

そんな中、先に紹介した「2017年1番出世株」は今日も大活況を呈し大相場へ向け順調な足取りを観せています。
「底値からの大出世株」も材料が出て力強く上昇していますし、「大器覚醒銘柄」も、これまでとは一味違った強さを見せ始めています。
そして、1番出世株が超大相場に向け旅立ちましたので、明日から新たに「2017年2番出世株」を紹介し、超大相場取りの新戦力として使って頂こうと考えます。
スケールこそ1番出世株には劣るものの、材料の豊富さや背景、株価水準から見て、1番出世株同様に3倍弱を狙える銘柄として紹介する事にしました。
未だ底値圏に在る銘柄ですので、まずは確りと立ち上がって・・・というところです。

この銘柄も、先に紹介してある激推し3銘柄に負けずとも劣らない出世株に成り得る銘柄だと思います。
激推し3銘柄が大きく動き出した今、次の狙いは「2017年2番出世株」という事です。
・・・本日より、想定通りの買い物が入り動意づき始めています。
早ければ明日にも一気に底値から立ち上がりが見られそうです。

大きな財を築く為の銘柄、第4弾という事になります。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年01月23日(月)

     “2017年2番出世株”近々公開致します。

                     1月23日(月) 20:35更新

・・・「2017年1番出世株」、夢の超大相場に向け華々しく旅立って行きました。
と、なると次の出番は「大器覚醒銘柄」となりそうです。

全体が“アメリカファースト”の言葉に怯えている中、我関せずとばかりに凄〜い勢いでスタートを切った「2017年1番出世株」。
次は「大器覚醒銘柄」、「底値からの大出世株」と続いてい行くでしょうけど・・・

また新たに“出世株”を発掘しなければなりません。
「2017年2番出世株」を今準備しているところです。
確りと背景と裏付けを取り、手掛けている筋を調べ、内包するであろう材料をも調べ上げた上で皆様に紹介するのです。
それだけ手間暇を掛けた銘柄を“出世株”として紹介するのです。
今、候補としては2銘柄ほど挙がっています。
全ての要素を鑑みて“出世株”を掘り出すのです。
・・・もう少しで全貌が観えて来るところです。
楽しみに、楽しみにお待ち頂けたらと思います。

そんな中、今晩、目先値幅取り銘柄を紹介しておきました。
これについては短期3割強を狙っていますけどね。
でもやっぱり狙い目は、「大器覚醒銘柄」と「底値からの大出世株」ですけどね。(2017年1番出世株は本日華々しく大相場へ向け飛び立ちましたからね)

さてと、次はどの銘柄が超大相場に向け旅立って行くのでしょうか・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年01月20日(金)

     “上”へのシナリオなのか?それとも“下”への・・・

                     1月20日(金) 19:00更新

大統領就任演説の内容よりも、その後の株、為替の動向が重要になって来ます。
トランプ新大統領の周りには、証券関係出身者が多く側近として要職に付いていますからね。
彼らが描くシナリオ次第で方向性が大きく変わってしまうからです。

新大統領を更に大きく観せる為には、株を吊り上げ、大きな陽線を示現させれば、勢いのまま2万ドルを突破出来るでしょうし、反対にトランプノミクスを一段落させたいのであれば、株を売り叩き、調整入りの下値模索の展開と持ち込めばいいのですからね。
NYダウのチャート形状を見ても、どちらに転んでも確りとトレンドが出せる水準で終っていましたからね、昨晩は。
だからこそ、演説内容より、その後の株、為替の変動が重要になるのです。

そんな事で、少し引き気味で相場に臨んで頂いている当倶楽部ですが、今晩の米市場の動向を観て、“攻め込める”と判断した際は、週明け月曜日の早い時間に、短期値幅取り狙いの新銘柄2銘柄を紹介し、攻めに転じて頂こうと考えています。

これら2銘柄、ここに来て急動意づいていましたので、一気の上値追いが早いうちに見られそうですからね。
また、「2017年1番出世株」も虎視眈々と好機をうかがっており、こちらも来週から新たな上昇波動へと突入しそうです。
「底値からの大出世株」「大器覚醒銘柄」は一服していますけどね。

とにかく、目先早回しをして大きめの利益を手にしたいのなら、月曜日に新たに紹介する2銘柄で。
腰を据え、超大相場に乗り、大きな財を掴み取りたいのなら、激推し3銘柄(2017年1番出世株、底値からの大出世株、大器覚醒銘柄)を狙えばいいのです。
入会頂いて、先に新銘柄を回転し利益を手にしてから、激推し3銘柄を買いに入る・・・
こんな事も今なら出来ますけどね。

とにかく、月曜日、月曜日なのです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -