明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2020年03月24日(火)

     ここからは新凄3銘柄を狙って・・・

                    3月24日(火) 18:50更新

全て読み通りの展開です。

金相場反転上昇を機に大きく反発となった日経平均。
この兆候は3月18日の先物の引け値に出ていましたからね。(←左の“過去の紹介履歴”の右側をご覧になればお分り頂けるかと)

これにより、翌19日より、新凄3銘柄を中心に、既報の個別銘柄達を強気攻めに転じましたからね。
そして、今日の日経平均の大幅反発となったのです。

ここからは、リバウンド取りで一回転つけて、その後に大きく値を伸ばすであろう新凄3銘柄に資金を集中して、更なる高みを狙って頂こうかと考えているところです。
先駆した新凄3銘柄は今、小一服中ですので他の銘柄でリバウンドを取った資金で買い増しして、この後の大相場に向けた一気の駆け上がりを狙ってもらうのです。

いずれにせよ、今はこの戻り、この強い流れに淡々と付いて行くしかないのです。
弱くなるまで付いて行って、その戻りの大小で次なる相場の展開を読んで立ち回ればいいだけの事ですからね。

その半歩先を睨んで強気で攻めたいのが、小一服中の新凄3銘柄なのです。
この3銘柄は、今年の中心銘柄となり、柱銘柄となり、大出世銘柄と成り得る凄〜いポテンシャルを秘めた3銘柄ですからね。
だからこそ、全体が不透明な時を狙って、あえて火中の栗を拾いに行ってもらったのです。

とにかく、ここは半歩先を睨んで新凄3銘柄の強気攻めで対処したいところなのです。

ドデカイ財を築いてもらう為にも・・・

お急ぎのご入会、新凄3銘柄へのご参戦、お待ちしております。
 

  2020年03月23日(月)

     想定通りの展開に・・・、狙うは新凄3銘柄。

                    3月23日(月) 19:30更新

資産の現金化が加速する中、ドル高の流れもそろそろ一杯となりそうな、そんな気配です。

この現金化によるドル買いの流れの一巡を見極めるには、金相場の下げ止まりからの反発を観れば見極められると思います。
金が反発に転ずれば、現金化が一巡した事になり、パニックによる初期的流れが一巡して、次は安くなったものへの打診買いのタイミングを見計う事になるのです。

そんな打診買いの気配が漂い始めたのが日本株。
欧米株は、まだパンデミックの最中ですので買いを入れ辛いところですが、日本株はそれに比べて下げが早く、想定通りにいいところまで(16,000円水準)まで下げて来ていましたからね。
この水準はとりあえず打診買いを入れてみる水準だと思いますので、想定通りの買い物が入り始めたと観ています。

そんな中、当倶楽部の訳有り個別達にも買いが入り始め、ほどなくして、新凄3銘柄にも追撃的な買い物が断続的に入って来る事になりそうです。

こうなると、日経平均は目先反発から戻りを試す事になりそうです。
問題は、その反発力。
反発力が弱ければ再度売り込まれる形でドン底を探りに行きそうですし、強ければ本格的戻り相場突入となりそうですからね。
その見極めの目安となるのが、下げて来る転換値、基準線の抜き方なのです。
力強く上抜けて来れば戻り相場入りへ。
大きく打ち返される様ならドン底探りへっていう感じです。

いずれにせよ、ここは果敢に買いの手を振り打診買いを入れてみる局面だという事です。
狙うは今年の中心銘柄、主役銘柄、出世株となりそうな、新凄3銘柄です。
この新凄3銘柄で桁違いの財を掴み取って頂けたらと思います。

お急ぎのご入会、新凄3銘柄へのご参戦、お待ちしております。
 

  2020年03月19日(木)

     トランプ大統領、大きな秘策を持っていそう・・・

                    3月19日(木) 19:10更新

相場は売っても売っても、叩いても叩いても下げなくなったら、自然発生的に買い物が入って来て一旦は大きく戻すものなのです。
その戻りの大きさ、強弱によって、再度売られたり叩かれたり、反対に勢いそのままに戻り相場を出しに行く事もあるのです。

そんな潮目の変化が近付きつつある様に思えます。
特に注目したいのが、トランプ政権の動向。
トランプ大統領就任時の株価を割り込んで来たにもかかわらず、未だ目玉というべき強烈な経済支援策を出して来てませんからね。
考えるに、この強烈な経済支援策とセットにして出したいのが、原油高への対策ではないかと。
この二つをセットにして、相場のカンフル剤として打ち出せば、間違いなく米株は大きく反発して、新型肺炎に対する暗いムードを打ち消す事が出来ますからね。

それに追随する形で、各国が協調して経済支援策を打ち出したり、新型肺炎に対する治療薬が出て来れば、ムードはガラッと一変するばかりか、これまでの悲観の巻き戻しが一気に始まる形で、怒涛の大リバウンドが観られるのではと考えているところです。

今、このタイミングで米株を建て直しに入れば、11月大統領選までには、何とか形にはなるでしょからね。
そのタイミングが週明け月曜日の満月の日か、NYダウの重要変化日に当る4月1日かは分りませんが、限りなく“その時”は近付きつつあるという事です。

だからこそ、当倶楽部激押しの新凄3銘柄を強気、強気で攻めているのです。
この手の超訳有り銘柄達が全体反発の時には、先陣を切って大きく値を飛ばすのです。
そして、勢いそのままに大相場へと育って行くのです。
それだけの背景、材料、ポテンシャルを秘めた3銘柄がこの新凄3銘柄なのです。

・・・もう時間がありません。
お急ぎ参戦して頂いて、確りと命玉(種玉)を仕込んで頂けたらと思います。

お急ぎのご入会、新凄3銘柄へのご参戦お待ちしております。
 

  2020年03月18日(水)

     もうすぐそこまで・・・

                    3月18日(水) 19:20更新

好材料が徐々に市場に響き易くなって来た様に思えます。
これまでは、新型肺炎に対する恐怖ばかりが市場を支配していましたが、ここに来て各国協調による経済支援策も、新型肺炎の治療薬に対する反応も出て来ましたからね。

あとは、米政府による1兆ドル規模の追加支援策が明確にそして具体的に出た時に目先の潮目が本格的に変ってくれれば、地合は一気に改善し、目先は巻き戻す動きを巻き込みながら一気に戻りを試す流れと転換すると観ています。

そんな気配を強く感じたからこそ、この不透明な局面で、あえて火中の栗を拾いに行ってもらったのです。
新凄3銘柄を“三段構えの買い下り”で参戦してもらったのです。
その新凄3銘柄も、期待通りの動きを観せながら、静かに実需の買いと思われる買い物が入る形で、一気の飛び出しを待っているかの様です。

そんな状況です。
この新凄3銘柄の命玉(種玉)を仕込みつつ地合の好転、本格的潮目の変化を心静かに待ちたいところでもあるのです。
確りと先物転換値を睨みながら・・・

その時は、もうすぐそこまで来ていると観ています。
もうすぐそこまで・・・

お急ぎのご入会、新凄3銘柄へのご参戦お待ちしております。
 

  2020年03月17日(火)

     最後で最高の仕込み場になりそう・・・

                    3月17日(火) 19:20更新

目先底打ち反転の切っ掛け待ちの日経平均。
トランプ政権による強烈で具体的な財政政策がそれになるのか・・・
それとも、新型肺炎の治療薬登場か・・・

そんな中、日経平均は他力本願とはいえ目先底打ち反転の兆しを観せ始めています。
明日、先物が16,△△△円以上で引けて来る様なら、戻りを試す展開へと変ると観ています。
そうなれば、目先戻り目処は18,300円どころになって来ますからね。

そんな流れを読みながら、昨日より“三段構えの買い下り”で参戦して頂いている新凄3銘柄はいい動きを観せてくれています。
私の読み通り目論み通りの動きを見せながら、全体相場の先陣を切って飛び出す準備を進めているかの様です。
あとは、全体が強相場へと転換すれば一気に飛び出して牽引役としての本領を発揮する事になりそうです。
そして、相場全体の主役として大相場へと駆け上がって行くのです。

明日は新凄3銘柄に参戦して3日目です。
全体はそろそろ目先底打ちの可能性が高くなり始めていますので、三段目の買いは絶妙な買い場となると観ています。

この新凄3銘柄の安〜い命玉を拾いたいのなら明日しかありませんよ。
明日には先物転換値もグググッと引き下がって来ますので、いい所を拾う事が出来ると思います。

お急ぎのご入会、新凄3銘柄へのご参戦お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -