明日の投資戦略

更新は毎日22時

調整入りの兆候を見逃すな・・・ 2016年11月15日(火)

                    11月15日(火) 21:00更新

NYダウ、勢いは無くなりつつあるものの6日続伸に。
長期金利の上昇が強さを下支えしている感が・・・
そして、ドル円は108円台半ばまでドル高が進み、連れて日経平均も強張るも、大引けは小幅反落に。

そろそろの感が漂い始めてはいるものの、17日、18日以降の変動を観てみない事には何とも・・・って感じです。
18日は米国版SQのウィッチでもありますし・・・

そんな反省タイム入り、調整入りを待つ感じの日経平均ですが、調整入りした際の下値目処を推し量りたいところですけど、トランプ新大統領誕生による新たな流れが生じ始めたばかりですので、下手に日経平均の下値を読むより、ドル円の大まかな下値目処を読んで、それを1つの目処として日経平均の下値を見極められたと思います。
ドル円の下値目処は、200日線水準の106.50円あたりではないかと・・・

いずれにせよ、今は米市場の反省タイム入り、日経平均の調整入りを待ちたいところです。
明日にも、日経平均が調整入りする様なら、先物が17,△△△円以下で引けて来てからとなりそうです。
その水準までは、まだ差が大きいですので、やはり17日、18日に変化の兆候が出るものと考えていますけどね・・・果して。

下への変化が生じ、反省タイム入り、調整入りとなれば、これまで活況だった主力大型に代り、何とか大崩れする事なく強張りを見せていた新興系の個別や中・小型の出番となるでしょう。
当倶楽部の推奨銘柄達も、飛び出す好機を待つが如く、良い強張りを観せている銘柄ばかりで、調整入りとなれば、他のどの銘柄より先に大きく大きく動き出す銘柄ばかりと観ています。
それだけの背景と手、そして材料を持った銘柄だけを厳選して紹介しているからなのです。

・・・反省タイム入り、調整入りが待ち遠しいです。
早く推奨銘柄達の雄姿が見てみたいものです・・・ドッカーン、ドッカーンと急騰する姿を・・・

お早めのご入会、お待ちしております。

ちなみに、昨晩新たに紹介した超短期値幅取り狙いの割り切り銘柄、想定通りの急騰劇を演じてくれています。
あとは、予定の17日までに、どこまで上値を伸ばせるか期待しているところです。
 

本音と建て前 2016年11月14日(月)

                    11月14日(月) 21:30更新

未だ反省タイムの兆候すら観えずに、NYダウは5日続伸。
日経平均もドル高円安進行の流れを追い風に続伸。
次は2/1高値17,905円がターゲットに。

中々、調整に入りませんが、ポイントになりそうなのが17日だと観ています。
17日は安倍・トランプ会談やイエレン議長の議会証言が予定されていますし、日経平均の重要変化日にもなっていますからね。
17日まで上げ続けて、17日を目先ピークとして調整を入れて来るのか・・・
それとも17日前に小調整を挟み、再び17日から上げ始めるのか・・・
17日の動向も注目ですが、18日の変動は、もっと重要になると考えます。

そこで確りと調整を入れてくれないと、上手く物色の流れが変わって来ませんからね・・・
今の主役は主力大型株。
これに代って個別の中・小型株が出て来るには、反省タイム入り、調整入りが不可欠ですからね。
このまま、淡々と上値追いの強さだけが続けば、個別は単なる幕間つなぎ役となり、主力の引き立て役で終ってしまいそうですからね。
18日からの動向次第だと考えています。

そんな中、個別の中にも、全体の強さ、主力の活況を背景に、たまらず仕掛けて来た個別銘柄が出始めています。
本来なら一調整入ってから・・・とは考えていましたが、情報によると、ここからスタートさせ短期値幅取りに出るとの事でしたので、今晩その銘柄を、短期値幅取り狙いの割り切り銘柄として紹介しておきました。
おそらくは、ここ数日の間に、目の覚める様な上昇を演じてくれるはずです。
超短期値幅取り銘柄で1回転つけてから、調整の入り方を観て、次なる銘柄を狙ってみるのも一興かと考えています。

・・・今の基本スタンスは、建前では調整待ち押し目待ち。
本音では、全体の強さに乗じて仕掛けて来る短期値幅取りの銘柄で1回転つけて18日以降の変動を見守り、次なる展開、流れに乗じて立ち回る様にする・・・そんな感じではないかと。

今晩新たに紹介した超短期値幅取り狙いの割り切り銘柄、私の経験上、かなり面白い銘柄になると思いますよ、ホントに・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 

反省タイムの時、どう動くべきか・・・ 2016年11月11日(金)

                    11月11日(金) 22:00更新

NYダウ、史上最高値を大きく更新。
なのにNASDAQは反落・・・

ダウにはトランプ政策の恩恵を受ける銘柄が多く、NASDAQは民主党寄りだったり移民の多いハイテク株が多い事から売られたのではないかと・・・
と、なると、米市場は良いところばかりではなく、悪いところも織り込み始めたという事になります。
また、NYダウも金利もかなりのところまで来ていて、加熱感が出始めていますからね。
そうなると、反省タイムの時が近付いている様です。
これまで、はしゃぎ過ぎた分の打ち返しと、次は悪い所を更に織り込みに行く番ですからね。
どの程度の調整を入れて来るかに注目したいところです。

米株が反省タイムに突入すれば、連れて日本株も・・・となるでしょう。
そうなれば、ここのところ強さを見せている主力株達は総じて売られ、当然ながら個別も連れ安となるでしょう。
しかし、ここでの調整が個人にとって有利に働くのです。
主力に代わって個別が物色の主流となり、その中でも厳しい吟味の眼で選ばれた銘柄だけが大きく抜け出し大きく育って行く事になるのです。
早くも師走相場を意識する流れが始まると思います。

中でも大きく育ちそうなのが、好業績はもちろんの事、背景が大きくて、しかも確りとした手が入り旗を振ってくれる筋が居る、そんな銘柄です。
本日、そんな流れを想定し、早く大きく値を飛ばしそうな新銘柄2銘柄を紹介しておきました。
今日のところは良い動きではありませんが、ほどなくして、物色の流れが変わる好機を見計っての一気呵成の攻勢が始まるものと確信しています。
ここからの押し目は絶好の買い場になるという事です。

また、この好機を確りと掴み取って頂く為に、あえて波乱含みの展開の時に、新銘柄を追加紹介し、師走相場を睨んだ戦略のもと仕込みに入って頂こうかと考えています。
週明け月曜日にでも、地合を観ながら適時メールにて紹介しようかと・・・

来週から約1ヶ月の間は、個人投資家の年内最後の書き入れ時となりそうですからね。
だからこそ、少しだけ早く、半歩だけ先に動いて、超値幅取り銘柄を静かに仕込むのです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

明朝、寄り前に超値幅取り狙いの2銘柄を紹介予定・・・ 2016年11月10日(木)

                    11月10日(木) 21:20更新

一夜明け景色はガラッと一変。
東京市場のガラ(暴落)に対し、昨晩のNYダウは大幅続伸となり、史上最高値をうかがう水準まで戻しています。

本来なら、トランプ勝利で株価急落、円高進行となる流れが真逆の展開に。
トランプ新大統領誕生を歓迎するが如き市場の反応・・・
レーガン元大統領当時を思い出してか、良いとこ取りの流れとなっています。

こうなると注目されるのが、NYダウの新高値、史上最高値の取り方、抜け方。
力強く、勢い良く一気に突き抜けて来れば、今の良いとこ取りの流れも、もうしばらくは続きそうですが、チョイ抜け程度で、産道をあけた程度なら、ほどなくして、次は“悪いとこ取り”の流れとなり、トランプ新大統領の悪い面を織り込みに行くと思われます。
出来れば今晩にしても、力強く上抜いて、確りと引け新値で終ってくれたら良いのですが・・・

そんな中、昨晩の米市場の動向を観て、言い様の無い違和感を強く感じてしまいましたので、本日の新戦略、新銘柄をもっての攻め込みは、とりあえず見送りとさせて頂きました。
今晩の米市場で強さの再確認が出来たところで、明朝寄り前に改めて、新銘柄2銘柄を紹介し、「初めは処女の如く」立ち回って頂きつつ、全体の更なる強さを見極めたところで、更に数銘柄を追加紹介し、「脱兎の如く」攻め込んで頂こうと考えています。

とにかく、「株は弱くなるまで強い」と言いますので、弱さが観えるまでは、先物が売り転換となるまでは(明日なら16,〇〇〇円以下で引ける様なら)強気で攻めて頂こうと思います。
弱くなる前には、必ずやそれなりの“兆候”が出ますので、それを見逃さない様にして・・・

・・・明日、新紹介予定の2銘柄、かなり効率良く値幅が取れるのを紹介する予定ですので、まずはこの2銘柄で大きく1回転つけて頂き、次に狙うは本丸のあの大相場候補の銘柄達を・・・って感じです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

次は攻めの好機を見極めるだけ。 2016年11月09日(水)

                    11月9日(水) 20:00更新

まさに、選挙は水物、誰にも結果は分らないを地で行く様な大統領選の結果となりました。
トランプ氏勝利!!

これにより、トランプショックが・・・
ドル円は105円前半水準から一気に101円台前半まで円高が進み、日経平均も連れて1,000円強の急落に見舞われていました。
あとは、この流れ、結果を米市場が如何に受け止め如何なる反応を見せるかに注目です。
そして、どんな動きを観せ、このトランプショックを織り込みに行くのかにも注目です。

・・・当倶楽部では幸いな事に、10月の終り近くに17,400円どころで先物に売りヘッジを掛け、トランプショックに備えて頂き、その後のヒラリーメール問題訴追で大きく下振れたところで、半分だけを先に利益確定し、残りの半分の先物売りヘッジを持ったまま、大統領選を見守って頂いていました。
早い時間は、色々と迷わす動きも見られましたが、結果は万万歳となりました。
トランプ勝利となる様なら、先物を更に売り乗せしガラ(暴落)に付いて行く様にとしておきましたので、おそらくは昼頃に売り乗せして一回転つけて頂く事が出来たと思います。

あとは高いところでの売り玉を持って、静かに流れを見守りつつ、ヒョロヒョロ戻しの局面で更なる売り乗せをし、強相場が戻って来るまで、徹底して弱い相場に付いて行って頂こうと思います。
今日のトランプショックが呼び水になって、英ブレグジットや移民問題に絡んだ国際情勢不安が一気に噴き出して来るやも知れませんからね。

いずれにせよ、今は大きな大きな流れの変化具合を静かに見守るしかありませんからね。
そして、そうこうしているうちに、必ずや市場に「コツン」の音が響き、底打ち反転となり強相場入りする時が来るのです。
それさえ確りと見極め半歩先に動き始める事が出来れば、次は“買い”で大きな利益を掴み取る事が出来ますからね。
“究極の売り”が出来るのですから、底打ち反転のタイミングを見出す事は意外と簡単なのですよ、本当に・・・
次は底打ち反転のタイミングを見極めるだけ。
そして、それを機に現物銘柄で一気呵成に攻め込むだけなのです。

今日のガラ(暴落)で、新たに狙っている銘柄達はバーゲンセール状態ですからね。
どのタイミングで、買いの手を振って頂くか・・・ってところなのです、今は・・・

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -