明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2020年01月30日(木)

     今は“あの凄銘柄”を拾いに行く時。

                    1月30日(木) 19:10更新

わずか1週間余りで1,000円幅を超える評価益が出ています。
1月21日に24,000トビ台で建てた、先物売りヘッジです。
ここに来て改めてヘッジ掛けの重要性を認識しているところです。(←左の“過去の紹介履歴”でご確認を)

そして、この先物売りヘッジを持ちながら、果敢に攻め込んでいるのが、あの凄銘柄。
月替り早々からの大攻勢に向け着々と準備が進められていますからね。
週明け早々から目の覚める様な攻勢が始まりそうです。

そんな凄銘柄の他に、新たに入手した超訳有り個別の攻め所を静かに探っているところです。
全体に“コツン”の音が響き渡ったり、先物が買い転換となるタイミングを見計って会員様には攻め入ってもらおうかと考えています。
その参戦タイミングは、先物転換値が教えてくれるでしょうからね。

この先物転換値を前日夜に会員ページでお知らせする事で、潮目の変化をいち早く感じ取る事が出来るからこそ、今回の様に絶妙なタイミングで先物売りヘッジが掛けられるのです。
また、反転上昇の好機を捉える事が出来るのも、この先物転換値ですからね。
この転換値と、全体の“コツン”の音はほぼ同じタイミングで出て来ますからね。

今は静かに次なる攻め所を探っているところです。
その際に攻め込んでもらうのが、超訳有りの新個別銘柄なのです。

とにかく今は、あの凄銘柄を静かに買い集めるのです。
そして、月替りからの大攻勢を心静かに待つのです。
そうする事で、次の反転上昇の際は迷う事なく一気に攻め入る事が出来るはずですから・・・

週明け早々から怒涛の大攻勢が始まりそうです。

お早めにご入会頂いて、あの凄銘柄に参戦して頂けたらと思います。
もう時間がありませんから・・・
 

  2020年01月29日(水)

     明日の先物の引け方如何では・・・

                    1月29日(水) 18:10更新

米株、日本株、ここに来て反発の動きを観せてはいますが、これが目先巻き戻しの動きなのか、それとも下落過程での単なるヒョロ戻しなのかは、明日以降の動向で観えて来ると観ています。

明日、先物が23,×××円以下で引ける様なら弱相場続行中となり、23,○○○円以上で引ける様なら、目先“コツン”からの戻りを試す動きが出た事になると観ています。
この先物転換値と先物の引け方で、次の流れをほぼほぼ読み取る事が出来ますからね。(←の“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ・・・)

そんな中、次なる新たな展開を待つ形で訳有り個別達は、それぞれに意味のある動きを観せています。
特に、次なる大攻勢に向けた策を静かに進めているのがあの凄銘柄。
来週には、再びの怒涛の大攻勢が始まりそうですので楽しみにしているところです。
おそらくは、あの凄銘柄が訳有り個別の先導役となって、暗い相場に光明をもたらしてくれる事になるでしょう。

今のうち、今のうちに静かに参戦して、来週からの大攻勢に備えて下さい。
ドデカイ財を築く事が出来ると思いますので・・・

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年01月28日(火)

     今はただこの弱い流れに付いて行くだけ。

                    1月28日(火) 18:40更新

今日、日経平均が続落となった事で、更なる下値探りがあると観ています。

NYダウも、ここに来て大きく下放れる形でようやく新型肺炎を織り込み始めましたので、この弱い流れは次なるNYダウの重要変化日である2/3、2/4あたりまでは続くのではないかと考えます。
その重要変化日を挟んで、如何なる動きを観せるかが、今後の重要ポイントになるのではないかと・・・

そんな中、今回もヘッジの為に建てた24,000トビ台での先物売り建てが、資金面でも精神面でも会員様を救ってくれています。(←の“過去の紹介履歴”でご確認を)
あとは、“コツン”の音が響くまで、強相場への復活の兆しが観えるまで、淡々とこの弱い流れに付いて行くだけです。
次に大きく値を飛ばし超大相場へと駆け上がりそうな“義龍銘柄”を中心に攻めながら・・・

日経平均は、今日の続落で更に下値を探りに行きそうですので、23,000円割れからの1月安値割れがあるか否かに注目したいところです。
これを割り込めば、二番天井が確定する形で、昨年11月安値を強く意識する事になりそうだからです。
これをも割り込んだら、いよいよ22,000円を挟んだ攻防へと突入しそうですからね。

とにかく今は、波乱を追い風に大きく値を飛ばすであろう訳有り個別を狙うのが一番です。
中でも、今強気で攻めている“義龍銘柄”は、その背景も材料も手掛けている筋さえも桁違いのものを持っていますからね。
超大相場必至の訳有り個別がこの“義龍銘柄”なのです。

“義龍銘柄”、いい感じで一気に飛び出す好機をうかがっていますよ。

参戦するなら今。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年01月27日(月)

     四神銘柄“白虎”に続くは・・・

                    1月27日(月) 18:50更新

24,000トビ台で建てた先物売りヘッジが今回も絶大なる効力を発揮してくれています。
「生き馬の目を抜く」と言われる相場の世界でヘッジ掛けは重要ですね。(←“過去の紹介履歴”をご覧下さい。)

そして、この波乱の中、昨年末より強気推しの四神銘柄“白虎”(4644・イマジニア)は、大きく値を飛ばし逆行高となり、超大相場に向け加速しています。
・・・どこまでの高みを目指すのか楽しみでなりません。

また、この波乱でも確りと推移しながら、次なる攻め所を探っているのが、紹介中訳有りの個別銘柄達。
中でも“義龍銘柄”の動きは目を引くものがあり、次に大きく飛び出し、超大相場に向け駆け上がりそうなのは、この“義龍銘柄”だと観ています。
この波乱を利用して空売りを確りと呑み込んでいる様ですからね。
地合の落ち着きと同時に大攻勢が始まりそうです。
・・・お急ぎの参戦を。

そんな中、今大きく値を飛ばしている四神銘柄“白虎”級の凄〜い背景と材料を持つ、超訳有り銘柄の情報が飛び込んで来ました。
全体の地合と、筋による玉の出し入れを観ながら、参戦タイミングを計ろうかと考えているところです。
これも一気にドカン、ドカンと値を飛ばして来そうですからね。
四神銘柄“白虎”(4644・イマジニア)の様に・・・

ここからは、選ばれし訳有り個別達が大きく値を飛ばす事になりそうです。
また新たなヒーローが姿を現しそうですので、この好機を逃す事なく、果敢に参戦して頂けたらと思います。
この局面、ひょっとすると、180年に1度の“金運の年”の最後の仕込み場、買い場になるやも知れませんので・・・

狙うは今年の主流、訳有り個別。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2020年01月24日(金)

     訳有り個別大乱舞の流れに乗り遅れない様に・・・

                    1月24日(金) 19:00更新

WTOが非常事態宣言を見送り、今回の新型肺炎の致死率を3%程度とした事により(SARSの時は致死率が9.6%だった)懸念が和らぐ形で、米株も日経平均も下げ渋りの動きを観せています。
ただ、この後、突然変異によって改めて猛威を振るう事もありますので、その行方には十分に注意警戒したいところです。

そんな展開の中、四神銘柄“白虎”は本日、想定通りに大きく飛び出して超大相場へと旅立つ事になりました。
確りと参戦して頂いた方々は、ここからが上げ本番になりますので、超大相場を楽しみにトコトン超大相場に付いて行って頂けたらと思います。

そして、ザラバ中に新たに短期値幅取り銘柄を紹介し参戦して頂きました。
有力ファンドが静かに時間を掛けて玉を拾い集めていただけに、ここからの攻勢で一気に値幅を取りに来ると思われますので、楽しみなところです。
私が観る限り意外高もありそうですけどね。

また、“義龍銘柄”も来週には大攻勢が掛かりそうですし、ここからも訳有り個別の大乱舞は続きそうです。

とにかくここは訳有り個別の大乱舞に早く乗っかる事が重要だと考えています。
乗り遅れれば遅れるほど、そのリスクは大きくなるばかりか、目の前にある大きな利益をも取り逃す事になってしまいますからね。

まだまだ次々と出て来ますよ、超大相場狙いの訳有り個別達が・・・

お急ぎのご入会、お急ぎのご参戦、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -