明日の投資戦略

更新は毎日20時

  2022年08月25日(木)

               緊急参戦です。

                8月25日(木) 10:40更新

値幅取り銘柄2銘柄、紹介しました。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしています。
 

  2022年08月24日(水)

           絶妙なタイミングかと・・・

                8月24日(水) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

明日、先物が28,○○○円以上で引けて来る様なら強相場復活の可能性が高くなります。

「225先物売買会員」様は、ドテン買いのタイミングを見計って頂いていますし、「極秘個別情報会員」様は、28,980円で建てた先物売りヘッジの買い決済のタイミングを計ると同時に、訳有り個別銘柄への本格参戦の好機をうかがって頂いているところです。

明日あたりからは、「極秘個別情報会員」様には、全体反転上昇からの強相場への転換を意識して、訳有り個別銘柄に「三段構えの買い下り」(1日目は枠の1割を使い買いを入れて、2日目は枠の2割を使い、3日目には枠の3割を使って買いを入れる)で参戦して頂こうかと考えているところです。

ここに来て日経平均は、苦労して破った3/29の28,252円という壁に急接近していますし、まずまずの抵抗力を観せ始めていますからね。
また、マザーズ指数の動きも、いい感じで上げて来ていますし・・・

だからこそ、半歩先に「三段構えの買い下り」で動いて頂こうと考えたのです。
すでに動意づき始めた訳有り銘柄もありますので、いいタイミングで参戦し短期の値幅取りが狙えると思いますので・・・
チョット早めにリバ取りに出る・・・そんな感じです。

いずれにせよ、今は「まだはもうなり、もうはまだなり」の状況にありますので、強相場転換の前に「三段構えの買い下り」という戦術で臨んで頂く事にしたのです。

絶妙なタイミングだと思いますよ。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2022年08月23日(火)

           淡々と攻め時、攻め所を待つ。

                8月23日(火) 18:50更新

ここからは、米株、日本株のそれぞれの強弱の見極めが重要になって来ると観ています。

NYダウは4日間で−1,089ドル(−3.18%)、ナスダックは5日間で−747P(−5.69%)の下落に見舞われていますが、日経平均は4日間で−770円(−2.6%)の下落となっています。
そもそも、中期的に観て米株の弱さが際立ち、日本株は強さが目に付いてますからね。
200日線絡みの動きを観ても一目瞭然かと。

そんな中、目先一反発入りそうな状況ですが、これが即目先底打ちとなるには疑問があり、ここは先物転換値に則って淡々と立ち回りたいところでもあるのです。
明日なら、先物が2○,○○○円以上で引けて来たら、強相場に転換するのですが、果して・・・

ただ、今の下落がそのまま暴落に直結する事はなく、本格調整は9月以降だと観ており、その前には、目先反発的なヒョロ戻しがあると観ているところです。
その戻し方によって、9月以降の本格調整の下値が大きく変って来るのです。

いずれにせよ、まだまだ気を緩める事なく、今の弱い流れに付いて行きながら、攻め所を探る、そんな局面だと思いますので・・・

日経平均、ここから28,252円を見に行くのか注目です。
ここで踏み止まる事が出来れば目先反発の可能性がグググッと高くなるでしょうからね。

全体の中期波動の見極め得意です。
←左の“過去の紹介履歴”をご覧になれば、ベストのタイミングで先物にヘッジを掛けたり、先物売買でドテン売り、ドテン買いしている事がお分り頂けると思いますので。

ここからは攻め所、ドテン買いのタイミングを見極めるだけです。
毎晩紹介する“先物転換値”がベストタイミングを教えてくれるでしょうから・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年08月22日(月)

           ここからは攻め所を探るだけ 

                8月22日(月) 18:40更新

想定通りに米国版SQ(ウィッチ)跨ぎで“変化”を観せた米株。
FRBによる大幅利上げを警戒しつつ、8/25〜8/27に開かれるジャクソンホール会合を気にしながら、如何なる動きを観せるのか気になるところです。

そして、日経平均は米株安もあり3日続落となり5日線を大きく割り込む形に。
今のところは、苦労して破った壁(3/29の28,252円)を踏み割る事なく、かろうじて守った感じ。
この28,252円をどんな動きをして見に行くのか気になるところです。
そして、踏み割るのか、踏み割る事なく反転上昇となるのか、気になるところです。

そんな中、当倶楽部では、会員様には28,980円で建てた先物売りヘッジを持ちつつ、先週金曜日のザラバ中にメールで紹介した(4080)田中化研及び他の強い動きの銘柄で護りながら攻める態勢を取って頂いています。
今回の日経平均の調整は、あっても苦労して破った壁あたりまでと観ていますので、ここは護りながら攻める態勢で臨んで頂いているところです。(本格調整は9月に入ってからだと観ていますので。)

とにかく、←左の“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ、潮目の変化を事前に察知し、会員様には半歩先に先物売りヘッジを掛けたり、手持ち買い玉の利喰いを急いでもらったりと、先手を打つ形で変化に対処して頂いている事がお分り頂けると思います。

ここからは、護りながら攻める態勢のまま、次なる攻め所(強相場転換の時)を待つだけです。

これについては、毎晩新たに紹介する“先物転換値”が教えてくれますので・・・

中期波動の変化を確りと見極める事が出来るからこそ、投資効率が格段に高くなるのですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年08月19日(金)

         米株の激変・・・気になるところです。

                8月19日(金) 18:10更新

今晩の米国版SQ(ウィッチ)跨ぎの米株の変化に要注目です。
先々月も先月もウィッチ跨ぎで流れが大きく変わっていましたからね。

そして、日経平均の5日線割れも気になります。
これまで、戻し一杯からの5日線割れで潮目が大きく変っていましたので・・・

そんな中、本日ザラバ中に、あえて新銘柄を紹介し参戦して頂きました。
有力ファンドが一気の値幅取りを狙う訳有り銘柄です。
既に、かなりの玉を吸い上げていた様で、不透明な地合を利用して一気の値幅取りに出て来るとの事でしたので・・・

いずれにせよ今は、不安が残る米株の動向を気にしつつ、米株とは一線を画す様な強い動きを観せている日経平均の動きを観ながら、ヘッジを掛けつつ訳有り個別の強さに付いて行く、「護りながら攻める態勢」で臨みたいところでもあるのです。

とにかく、ここからは全体の読みと情報力が物言う相場になるはずです。

←左の“過去の紹介履歴”をご覧になれば、全体の読み、情報力の凄さがお分り頂けると思います。

特に個別株の情報と日経平均の潮目の変化の見極めは得意中の得意ですので・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -