明日の投資戦略

更新は毎日20時

  2024年03月19日(火)

             今から大儲け出来ますよ。

                3月19日(火) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日銀、マイナス金利政策を解除し、ETFの新規買い入れ終了。(−0.1%→0〜0.1%へ)
想定より利上げ幅が小さかった事でドル円は大きく円安ドル高へ傾き、日経平均はまずまずの堅調ぶりで利喰いをこなして上伸し40,000円台回復。

次に気になるのが、明日の米国のFOMC。
日本時間3/21(木)の明け方4:00に出される政策金利と、4:30のFRB議長の定例会見。
これにより米市場が如何なる反応を観せるのか、気になるところです。

そんな中、日銀の政策変更と市場の動向と流れを確りと見極める事が出来ましたので、新たな物色の主役、柱となり大きく値を上げるであろう中心銘柄を今晩紹介しておきました。
かなりの高みを目指して一気に攻勢を掛けて来る様ですので、大きな利幅と利益を取る事が出来る、そんな凄銘柄です。
何せ、日本有数の凄いファンドが動いている様ですので・・・
この銘柄を中心にしつつ、他は短期回転で利益を取って、その利益で買い増せば投資効率は桁違いのものになりますからね。

また、昨日新たに紹介した「新スター銘柄Part2」は想定通りに急騰して大相場に旅立ちましたし・・・

さー、稼ぎまくって下さい。
会員ページの紹介銘柄達は、連日ストップ高を演じる銘柄が続出していますよ。

次は・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年03月18日(月)

  攻めは「新スター銘柄Part2」で。護りは“先物転換値”に則って。

                3月18日(月) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、日銀による「マイナス金利政策解除」期待で大きく上昇。
TOPIXは安かったものの、円安を好感し、輸出関連株などへの業績面での恩恵を意識する形でハイテク・輸出関連が買われ大幅上昇に。(Fリテイリングとアドバンテスト、東京エレクの3銘柄で日経平均を407.27円押し上げ。)

注目は、史上最高値をこの上昇波動で大きく上抜けるのか。
上抜けなければ、目先二番天井の可能性がググッと高くなりますので・・・

そんな中、満を持して「新スター銘柄Part2」を紹介しておきました。
目先株価2倍は通過点だと観ている逸材ですので・・・

さー、ここからは史上最高値を巡る攻防に要注目です。
とはいえ、まずは明日の日銀会合の結果と総裁会見が気になるところです。

次に攻めまくるべき物色の流れの見極めは終りました。
あとは毎晩紹介する“先物転換値”で強弱を推し量りつつ淡々と流れに付いて行くだけです。
変潮の予兆があれば、ほぼ間違いなく“先物転換値”が先に教えてくれますので・・・

攻めるは「新スター銘柄Part2」。
護りは“先物転換値”に則って・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年03月18日(月)

                  速報

                3月18日(月) 14:10更新

「新スター銘柄Part2」強気参戦中!!

目先株価2倍以上超狙っています。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年03月15日(金)

        厄介で難しいからこそチャンスなのですよ。     

                3月15日(金) 18:50更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均は、米国PPIが良かった事での米金利上昇とドル買い(円安)を受け、輸出関連を中心に買われるも、半導体関連が軟調で足を引っ張られる形で下落。
25日線を割り込み、25日線と5日線がミニデッドクロスに・・・
今は日銀会合によるゼロ金利解除からの流れを警戒する動きと、これを織り込んだと観る動きがあって、それが乱高下の要因だと観ています。

とはいえ、ここからの注目は心理的フシ目である38,000円を割り込んで来るか否か。
割り込んでから、目先セイリングクライマックス的な動きが出たら、目先「コツン」と来て底打ちする可能性が高くなるのですが、果して・・・

また、米株も、来週(19日・20日)のFOMCを控えて同様の思惑入り乱れた展開となりそうですので、注意したいところですけどね。

そんな中、攻めるべき銘柄は準備万端、用意出来ていますからね。
「新スター銘柄Part2」や固く中期で大幅値幅取りを狙いたい柱銘柄や、長期で財を築きたい、そんな大黒柱銘柄、その他には短期値幅取り狙いの上げ足が早い銘柄と様々です。

いずれにせよ、この局面は正念場だという事です。
日銀やFOMCの出方如何で展開はガラッと一変しますからね。
だからこそ、頼りにしたいのが、これまで幾度も難解相場、厄介相場の中、正解へと導いてくれた“先物転換値”なのです。
この“先物転換値”があったからこそ、この「生き馬の眼を抜く」と言われる株の世界で長年生き抜き勝ち抜いてこれたのです。

ちなみに、週明け月曜日なら、先物が38,○○○円以上で引けて来たら、強相場転換の可能性が高くなり、相場の景色が一気に変わってくるはずですので・・・

その際の物色の中心は、これまで蚊帳の外だった中・小型の訳有り個別ですからね。
その中心銘柄となりそうなのが、潮目の変化を確認したところで一気に攻めて頂く「新スター銘柄Part2」なのです。

さー、厄介で面白い相場になって来ましたよ。
厄介だからこそ、大きく儲ける事が出来るチャンスでもあるのです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年03月14日(木)

              チャンスかも・・・ 

                3月14日(木) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、今晩(21:30)発表の「2月卸売物価指数(PPI)」を受け如何なる反応を観せるのか注目です。

そして明日、日経平均が米株の反応とドル円の動向を観て如何に反応するのか気になります。
今日のところは何とか25日線をキープしたものの、明日は2/8の36,863円(+743円)からの25日間になりますので、25日線のハードルが上がって来ますからね。(5日線は、3/8の39,688円が消えるので楽になりますが・・・)

また、明日の先物転換値は、38,○○○円以上となって来ますので、明日は目先潮目の変化という事では、重要な1日となりそうです。

とはいえ、未だ確りと日銀によるゼロ金利解除を織り込んだとは思えませんので、明日の取り引きは、思惑と駆け引きとでかなり難しい展開になりそうですからね。

だからこそ、ザラバ中の上下動に惑わされる事なく、先物引け値を待って強弱を判断する“先物転換値”が重要になって来るのです。
明日、弱相場継続のままなら、会員様には39,970円どころで建てて頂いた先物売りヘッジを持ったまま様子見しながら強相場転換の時を待って頂きますし、強相場に転換しそうな時には、まずは「新スター銘柄Part2」を紹介し、先物売り建てを決済し益出しして短期大幅値幅取りを狙って頂きますし、他に長期で安心して値幅が取れる柱銘柄と、中期で固く利幅が取れる中心銘柄も、状況を観ながら適時紹介しようと考えているところです。
その合間合間に上げ足の早い短期値幅取り銘柄を交えながら、強気で稼ぎまくってもらおうかと・・・

とにかく、明日の先物の引け方によって目先潮目が変わって来ると観ています。
明日、先物が38,○○○円以上で引けて来たら、強相場転換の可能性がグググッと高くなり、強めの反発が発生しそうです。
そうなれば、物色の流れも変わりそうですので、選手交代となるのではないかと・・・

ここは難しくもあり、チャンスでもあるという事です。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -