明日の投資戦略

更新は毎日20時

  2024年03月06日(水)

     必勝法はないが、多勝法はいくらでもあるのですよ。

                3月6日(水) 19:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株は米株、日本株は日本株・・・
そんな状況になって来ています。

米株は、上値が重くなりつつある中、日経平均は「先高期待」や「買い意欲旺盛」で一線を画す動きを観せています。
物色の流れを観ても、日経平均型とTOPIX型とが上手く入れ替る形で物色され、両輪が上手く噛み合っているからの強さではないかと・・・

となると、出遅れで買われる銘柄の相場は思いのほか小さく、確りと手が入った銘柄は、幾度も買われる形で相場を造りながら、大きく大きく育って行く事になりそうです。

当倶楽部で激推し中の「新スター銘柄」も想定通りの動きを観せつつヤキモキさせながら、最後には誰も手が出せない様な急騰劇を演じたところで目先天井を打つ、そんな感じになりそうです。
おそらく、その目先天井は、限りなく株価3倍に近い水準となり、調整を入れて次は一気に3倍超へと駆け上がるものと考えています。
それだけの背景と材料、そして手掛ける筋も超一流ですので、当然と言えば当然の事ではないかと。

また、「新スター銘柄Part2」については、筋は別の銘柄を今は手掛けており、それが一段落してからとの事でしたので、これについては追々、値動きを観ていれば、筋が入った事が分りますので、そのタイミングで紹介参戦して頂こうと考えているところです。

そんな中、これとはまた別のグループが仕掛けて来るという新銘柄を、明日にも紹介し参戦して頂こうかと考えているところです。
既に十分な玉数を手当てした様ですので、一気に放り上げに出て来そうだからです。

いずれにせよ、今は超大相場を出しそうな中心銘柄(当倶楽部では「新スター銘柄」)を主戦銘柄としながら、他は短期で回転をつけて利益を取りながら、取った利益で主戦銘柄を買い増す形で、より大きな利益を追求する時だと思います。
だからこそ、「好事 魔多し」を頭に入れつつ、突発事態に備えながら、ガンガン強気で訳有り個別の“強い銘柄”を攻めまくるのです。稼ぎまくるのです。
そして、本格的に地合が悪くなったら一気に手を引いて、次の攻め所、攻め場を静かに待つのです。
その攻め時は、毎晩紹介している“先物転換値”が先に教えてくれますので・・・

とにかく、「必勝法はないが、多勝法はある」として、今は攻めに徹したいところです。

「新スター銘柄」も面白いですが、目先の短期値幅取り銘柄も面白いですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。



←にある“無料本音メルマガ”への登録、強くお勧めします。
本文では中々書く事が出来ない本音をポロッと書いてしまう事もありますし、超極秘ネタのヒントも意識して書く事もありますからね・・・
立ち会い日の夜、1日1通だけ“無料本音メルマガ”を配信しております。
同業他社の様に、1日数通から数十通の勧誘メールの配信等は全く行っていませんので安心してご登録下さい。
仮にあったとしても月一程度、特選情報を入手した時にお知らせする程度です。
 

  2024年03月05日(火)

           柳の下に二匹目のドジョウが・・・

                3月5日(火) 19:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、「売りたい神の手」の策略が炸裂するのか・・・
炸裂するとしたら、週末の雇用統計あたりかと・・・

そんな中、日経平均は強張りながら、個別物色の流れが加速しています。
この流れを観ても、物色の裾野の広がりは相場の最終局面で出易いものですから想定通りに、週末のメジャーSQを挟んで大きく変わるのではないかと・・・
米国も雇用統計を挟んで流れが変わりそうですし・・・

そんな物色のピークに近い状況ですので、SP高銘柄が続出しているのではなかと・・・
まさに、「歓喜の中で・・・」を地で行っている感がします。

そして、目先天井打ちとなり、調整を入れ始めると、力のある手(筋)が入っていない銘柄は、ズルズルと下げを加速するでしょうし、手が入っている銘柄は、故意にズルッとさせて目先筋を降ろして、上値を軽くしたところで再度手を入れて一気に相場を建て直して来て、独歩高を演じるのです。
そんな、力のある筋が手掛けているのが、激推し中の「新スター銘柄」なのです。
この「新スター銘柄」が全体調整局面で一本立ちして華々しく相場を建てに来るのです。

また、「新スター銘柄」と双璧になりそうな「新スター銘柄Part2」も準備出来つつありますので、この二本柱で、調整絡みの厄介な相場を勝ち抜いて、桁違いの利益を手にしてもらおうかと考えているところです。

個別銘柄の中心であり、柱であり、スターとなり個別相場の両輪となるのは、この二本柱ではないかと観ています。
「新スター銘柄」より、チョット遅れて出て来るところがミソなんですよ。

「新スター銘柄Part2」の大攻勢が近そうです。

とにかく今は、全体の目先天井打ちと個々の銘柄の強さの両睨みで確りと
立ち回りたいところですからね。

稼げるうちに目一杯稼ぎまくるのも、相場で生き抜く為に大切な戦略の1つでもありますので・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年03月04日(月)

            まもなく怒涛の大攻勢が・・・

                3月4日(月) 18:00更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株の3指数揃っての史上最高値更新が目先ピークの合図となるのか・・・
それとも、見えない悪材料が隠れているのか・・・
ここに来て、妙な雰囲気が米市場に漂い始めていますからね。
「見えない神の手」ならぬ、「売りたい神の手」の様なものが・・・

そんな中、日本株は今週末がメジャーSQですので、その前か、その後かはハッキリとしませんが、この“強さ”は今週中にピークを打つのではないかと・・・

そんな潮目の変化を先取りする事が出来るのが会員ページで毎晩紹介している“先物転換値”なのです。
これがあるからこそ、弱相場に転換するまで強気で攻めまくる事が出来ているのですよ。
ちなみに、明日なら先物が40,×××円以下で引けて来たら、弱相場転換に要警戒ですからね。

その弱相場転換を機に怒涛の大攻勢が始まりそうなのが、当倶楽部で激推し中の「新スター銘柄」なのです。
全体調整入りの中、先駆し大きく上げた銘柄達に代って、次の主役を務めるべくこの「新スター銘柄」が本格的に大きく動き始めるのです。
この「新スター銘柄」を中心に、物色の裾野が広がり、大きく値を飛ばす訳有り銘柄達も登場する事になりそうですからね。

とにかく、ここからは全体調整入りを警戒しつつ、その先に大きく動くであろう訳有り銘柄をターゲットに大儲けを狙う局面だという事です。
激推しの「新スター銘柄」、株価2倍は通過点と観ていますので・・・

今のうちに参戦しないと、ストップ高が入ったら一気に突走りそうですからね。

今のうち、今のうちに・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年03月04日(月)

               緊急のお知らせ

                3月4日(月) 12:20更新

「新スター銘柄」急動意づいています。

お急ぎのご参戦、お待ちしております。

一気に突走りそうですので・・・
 

  2024年03月01日(金)

            絶妙な参戦タイミングです。

                3月1日(金) 19:00更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米国の「1月個人消費支出(PCE)」が2021年2月以来の低さとなった事で、過度なインフレ懸念が和らぎ、利下げは「夏まで我慢」のムードが「6月かも??」への期待と変って米株は反発。
ナスダックは過去最高値を更新。

日経平均は、米株高を好感し、半導体株を中心に買われて、3/27(火)の高値を3日ぶりに上回り、過去最高値を更新。
昨日の安値(38,876円)から、今日の高値(39,990円)まで1,114円の急上昇となり、これで週末高は5週連続。

ここに来て、ようやくナスダックが過去最高値を更新した事での“達成感”が気になるところです。
また、日経先物は40,000円で引けており、こちらの“達成感”も気になります。

とはいえ、先物の動きを観る限り、来週末のメジャーSQを意識した買い煽りがあった様で、この強さは遅くてもメジャーSQあたりまでではないかと観ているところです。

メジャーSQまでに弱相場に転換しなければいいのですが・・・
週明け月曜日なら、先物が39,×××円以下で引けて来たら、弱相場転換の可能性が高くなり、強烈な打ち返し安に警戒しなければなりませんからね。

そんな中、当倶楽部では、今のこの強い流れの先に生じるであろう流れを見越して、物色の中心となる「新スター銘柄」を次の主戦銘柄とすべく仕込み参戦して頂いているところです。
さすがに、(3993)PKSHATECを手掛けた筋だけあって流れとは真逆の展開にして、目先筋を降ろす形で、先の大攻勢に備えていましたからね。
この動きを観ても、おそらくは全体の頭打ち調整入りを機に一気攻勢が始まり、スタートは目の覚める様な急騰劇から始まるのではないかと・・・(ひょっとしてSP高スタートかも?)

いずれにせよ、ここは今の強さではなく、その先に来るであろう調整、波乱を先取りする形で次期主役銘柄の種玉を手当てして、全体調整を逆手に取る形で大きく儲ける準備を進める時なのです。
全体が弱相場に転換したら、先物に売りヘッジを掛けて、この「新スター銘柄」を買い増す形で、Wで大きく儲けるのです。
何せ、手掛けている筋は、去年から(3993)PKSHATECを株価3倍以上に上げた剛腕ファンドですので・・・

絶妙な参戦タイミングです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -