明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2022年03月09日(水)

             まもなくの様です。

                3月9日(水) 18:40更新

スタグフレーションへの警戒が高まりつつある中、株は自律反発への期待をうかがわせる動きを観せ始めています。
昨日の長い上ヒゲが、それではないかと・・・
ただ、明確なる自律反発には、それなりの好材料が欲しいところですけどね。

これを観る限り、全体の目先底打ち反転の時も近づきつつある様で、明日なら先物が24,○○○円以上で引けて来る様なら、「コツン」の音が響き渡り、目先自律反発の動きが明確に出て来そうです。

“225先物会員”様には、そのタイミングで先に建てた26,300円での先物売り建てを利益確定して、ドテン買い建てに回ってもらいます。
また、“極秘個別情報会員”様には、26,300円どころで建てて頂いた先物売りヘッジを決済利益確定して頂いて、本日より“三段構えの買い下り”で参戦して頂いている新銘柄を一気に買い増しして、強相場に付いて行く態勢を取って頂きます。
更に新銘柄を一気に公開し、リバウンド取りからの大幅値幅取りを狙って頂こうかと考えているところです。

(←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。)

いずれにせよ、ウクライナ情勢が長引いたとしても、相当分は相場が織り込んだと思われますので、ここらでの自律反発に期待したいところです。
ただ、危惧しているのが核絡みの展開です。
ロシアが原発を爆破したり、核攻撃に踏み切る事になれば、それが暴落の引き金となるでしょうから・・・

「最悪を覚悟し、最善を夢見る」を心に秘めながら、ここは強相場転換に淡々と付いて行きたいところでもあるのです。

・・・攻め込む準備は出来ていますか?
もうすぐそこまで、攻め時が来ていますよ。

お急ぎのご入会、新銘柄への参戦、お待ちしております。
 

  2022年03月08日(火)

              そろそろか・・・

                3月8日(火) 19:30更新

「ウィリアムズ%R」が「−100%」に。
底打ち反転の時が近いのか・・・

また、「冷水三斗で底が入る」と言いますので、今日の下落が二斗目だとしたら、明日の下落が気になるところです。

いずれにせよ、ここからは打診買いを入れるタイミングと「三段構えの買い下り」で臨むタイミングを見極める局面だと観ています。
本来なら“先物転換値”で「コツン」の音を確りと聞き分けてからの買い参戦という事になりますが、今日あたりの買い物の入り方を観ても、買い戻しはもちろんの事、実需の買いと思われる買いも入り始めている様でしたからね。

とにかくここからは、買い参戦の時を心静かに見極めるところでもあるのです。
会員様に26,300円どころで建てて頂いた先物売りヘッジのドテン買い戻しのタイミングを計りつつ、現物買い参戦の時をうかがっているところなのです。

安全策なら、毎晩紹介する“先物転換値”で強相場転換を確認して打って出てもいいのですが、何せ「ウィリアムズ%R」が「−100%」を示現しましたので、目先底打ちがかなり近そうですので、「三段構えの買い下り」でここは攻め所を探りたいと考えているところです。
(三段構えの買い下りとは、1日目には枠の1割を使い打診買いを入れ、2日目は2割、3日目には3割と言った具合に日を追うごとに買い増しするという戦略です。)

ただ、今はプーチン大統領の胸先三寸で物事が動いてしまいますので、ここは闇雲に三段構えで参戦するより、先物転換値を併用する形での参戦が良いと思われますので、これらを総合して、買いの手を振る時を冷静に見極めたいと考えているところです。

もちろんの事、買い参戦の狼煙となるのが、新銘柄のザラバ紹介です。
この新銘柄のザラバ紹介から「三段構えの買い下り」戦術が始まり、買い参戦となるのです。

・・・その時はもうすぐそこまで来ている様ですからね。

お急ぎのご入会、そしてお早めの参戦準備をお願い致します。
 

  2022年03月07日(月)

       プーチン大統領の「胸先三寸」ですから・・・

                3月7日(月) 19:00更新

日経平均、一気に目先底割れ。

今晩予定の3回目の停戦協議も進展は無さそうで・・・
このまま泥沼化するのを気にしての底無し状態へ突入するのか気掛りです。

米株が目先底を割り込んで来たら、日経平均は2020年11月の週足窓を埋めに来る事になりそうです。
テクニカル指標からは、売られ過ぎを暗示するものも出始めてはいますが、この戦争の行方はプーチン大統領の“胸先三寸”次第ですから、何とも・・・

とはいえ会員様には、先週末に26,300円どころで先物に売りヘッジを掛けて頂き、手持ち買い玉を大きく減らす形で波乱に備えて頂いていましたので、また今回も波乱を逆手に取って大きな利益を取って頂けそうです。(たった2営業日で1,000円超の大幅評価益ですからね。悪くないでしょ。)

あとは、ドテン買いのタイミング、攻めのタイミングを見計い一気に攻め込んでもらうだけです。
「天底など誰にも分らない」と言いますので、ここは日々変わって来る“先物転換値”に則って、目先底打ちを確認したところでドテン買い、そして攻めに転じて頂きますけどね。

これまで幾度も、この“先物転換値”が、護り時、攻め時を教えてくれて、それで何度も助けられましたからね。
・・・まさに神技に近いのが、この“先物転換値”なのです。
(←の“過去の紹介履歴”で確認を)

次なる攻め時を毎晩紹介の“先物転換値”で知り、そのタイミングで訳有り個別を一気に攻め、まずはリバウンドを取り、そして、大相場に育って行く訳有り銘柄に資金を集めて、大きな大きな利益を掴み取るのです。

また、本日の新銘柄の紹介は、地合が悪過ぎましたので見送りとさせて頂きました。
ここは慌てず騒がず焦らずで、ゆっくりと攻めの好機を待つのが得策だと考えたからです。
むやみに、落ちるナイフに手を出していたら、大怪我させられてしまいますからね。

とにかく、ここからも“先物転換値”で大きな流れの変化を知り、「初めは処女の如く、あとは脱兎の如く」攻め入るだけなのです。

・・・特に、225先物売買をなさっている方は、この“先物転換値”こそが、「打ち出の小槌」になる事を確認して頂けたらと思います。
(←左の“過去の紹介履歴”でご確認下さい。)

「山より大きな獅子は居ない」と言いますよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年03月04日(金)

      起死回生の短期大幅値幅取りを狙って下さい。

                3月4日(金) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

危惧していたロシアによる原発攻撃により日経平均は急落し26,000円を割り込んでの大引けに。
ロシアが原発を占拠した様で、何とも厄介な事に・・・

そんな突発的な状況をも想定し会員様には先物に売りヘッジを掛ける様に前晩に“先物転換値”をお教えしておきましたからね。
確りとヘッジを掛けて、手持ち買い玉を減らして護りを固めて状況を見守って頂けていると思います。
(←左の“過去の紹介履歴”で確認を)

この護りを解く目安となるのが、これまた“先物転換値”なのです。
週明け月曜日、先物が26,△△△円以上で引けて来る様なら、強相場復活の可能性がグググッと高くなりますからね。
そして、強相場復活となれば、準備してある訳有り個別を一挙紹介し攻めに転じて頂こうかと考えているところです。

今日みたいな突発的な重要事態があったにもかかわらず、日経平均の下値は固かったですからね。
こうなると、事態が落ち着けば訳有り個別を中心にして一斉にリバウンドが入って来ますので、まずはそれを狙っているのです。

そんな訳有り個別の中から、リバウンドからの一段高となり大きく相場を出す銘柄が出て来るのです。
その銘柄こそが、本日紹介を迷いに迷った訳有り銘柄です。
今日のところは原発絡みの波乱でしたので、紹介したい気持ちを押えに押えて紹介は見送りとしましたが、ほぼほぼ間違いなく、この不透明な地合の中、大きく値を飛ばす銘柄になると確信していますので・・・

そんな訳有り銘柄を週明け月曜日に紹介し参戦して頂きます。
この土・日に事態の更なる悪化が無ければ、多少地合が悪くても、この新銘柄を紹介しようと考えていますので・・・
なぜなら「イケル!」って直感めいたものがあったからです。
ここは、その直感めいたものに素直に乗っかった方が良さそうだからです。
この直感めいたものは、年に2〜3回くらいしかありませんからね。
私のDNAを信じて参戦してもらおうかと・・・

ちなみに、前に直感めいたものを感じたのが昨年12月16日に紹介した(7254)ユニバンスでしたけどね。
あの時も一気にドッカーンと・・・

いずれにせよ、週明け月曜日に直感めいたものを感じた訳有りの新銘柄を紹介しますよ。
これで起死回生の短期大幅値幅取りを狙って下さいね。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2022年03月03日(木)

           “ヒット&アウェイ”で・・・

                3月3日(木) 18:20更新

3月FOMCでは0.25%の利上げ予定とパウエル議長。
ひとまず、大幅な利上げ懸念が和らぎ、目先の波乱要因が消えた形に。
そして今晩、ロシアとウクライナの2回目の停戦協議が。

日経平均は、とりあえず目先底割れ懸念が遠のいた事で上値を試す展開へ。
まずは25日線を上回って更なる高みを目指してもらいたいところです。
ウクライナ情勢で、よほどの事(ロシア核攻撃、原発爆破)が無ければ、大丈夫ではないかと・・・

そんな事で、状況好転を確認する事が出来ましたので、これまで入手して来た情報の中から、より効率良く値幅が取れそうな銘柄を厳選し、明日よりザラバメールにて紹介し参戦して頂こうと考えているところです。
明日のザラバの地合状況を観て紹介し一気の値幅取りを狙って頂きます。

とにかく今は、雲の晴れ間を狙う形で短期で値幅を取りながら、雲行きが怪しくなって来たら即護りを固めて波乱に備える・・・こんなヒット&アウェイ戦法で臨みたいところでもあるのです。
護りを固める際は、毎晩紹介の“先物転換値”を参考にして・・・

いずれにせよ、「株は弱くなるまで強い」と言いますので、全体が弱くなるまで訳有り個別の値幅取りでガンガン攻め込みたいところです。

「取れるうちに取り、護る時は確り護る」ですよ。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -