明日の投資戦略

更新は毎日20時

  2023年11月08日(水)

             チャンスですよ・・・

                11月8日(水) 19:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、NYダウは昨年7/10〜7/26までの13連騰以来の7連騰。
ナスダックは、2021年10/25〜11/8までの11連騰以来の8連騰。
一方、日経平均は、11/2〜11/6に空けた3つ目の窓を埋め、直近高値から27%の押し。(TOPIXは42%押し)

そうなると、気になるのが次の弱相場入りのタイミング。
明日なら、先物が32,×××円以下で引けて来る様なら、弱相場転換となり、先物ドテン売り、先物売りヘッジ掛けの好機となりますからね。

とはいえ、今のところは下値は限定的だと観てはいますが、1,000円超の下落があっても何ら不思議ではありませんので・・・

そして、次の弱相場転換で、物色の流れが大きく変わると観ています。
次は個別材料株を中心とする個別物色の流れが明確に観えて来るはずです。
そんな新たな物色の流れを意識する形で攻め入りたいところですが、ここは訳有りの超短期値幅取り狙い銘柄を中心に、下落過程で「三段構えの買い下り」で参戦して頂こうかと考えているところです。

これまで物色の蚊帳の外だった訳有り個別銘柄達ですので、これを機にと大きく値を飛ばす銘柄が続出しそうだからです。
だからこそ、「三段構えの買い下り」で参戦して頂き、「頭から尻尾」まで確りと取って頂きたいのです。
そして、年末年始に向けて大きく大きく値を飛ばす銘柄が登場して来ますので、そんな銘柄に狙いを絞って攻め込めばいいのです。

さー、年末に向けて個人投資家好みの個別物色の流れが始まりますよ。
まずは、弱相場入りでヘッジ売りで一儲けして、そして訳有り個別を「三段構えの買い下り」で参戦し、頭から尻尾まで全〜部を美味しく頂いて、更に大本命の大きく大きく値を飛ばす銘柄を狙い撃つのです。

そうです、ここからが個人投資家の稼ぎ時なのです。
だからこそ、少し早めに戦略を練って大儲けの準備を進めるのです。
そして、儲けまくって、稼ぎまくって、これまでのウップンを一気に晴らして、良い正月を迎えるのです。

大儲けの準備出来てますか・・・?

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2023年11月07日(火)

          稼ぎまくりの準備を急いで下さい。

                11月7日(火) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株の上値の重さが気になる中、日経平均は、想定通りのフシ抜け後の小反落となっています。
こうなると、このまま弱相場に転換する事になるのかが気になるところです。

明日、先物が“先物転換値”を下回って引けて来たら、弱相場転換の可能性がグググッと高くなりますからね。
ただ、今回は「山高ければ谷浅し」という事で、下値は限定的だと観てはいますが、果して・・・(下値限定だとしても1,000円超の突込みはありそうな感じが)
そんな中期波動の変化が生じれば、物色の流れも大きく変わって来そうです。
次の主流は、中・小型の個別材料株へと向うと観ています。
これら中・小型の訳有り銘柄達が年末〜年初に掛けて大きく値を飛ばすのです。

当倶楽部の紹介銘柄達も一気攻勢に向け着々と事が運ばれていますし、新たに入手した訳有り銘柄達については、地合と流れ、玉の入り方等々を観て、より効果的に値を飛ばして、より早くより大きく動くものを厳選し紹介参戦して頂こうかと考えているところですからね。

・・・ここからが個人投資家の稼ぎ時なのです。
より効率良く儲けるには、凄い情報と凄い相場の読みが必要不可欠ですからね。
そのいずれも持ち合わせているのが、「株式格闘倶楽部」なのです。

・・・全ては読み通りの展開です。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2023年11月06日(月)

            銘柄の選別が始まりますよ。

                11月6日(月) 19:00更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、NYダウは5日続伸で10/17の直近戻り高値を更新し、ナスダックは6日続伸で10/11の直近戻り高値を更新。

日経平均は、3つ目の窓を作って今年1番の上げ幅となり、10/12の直近戻り高値を更新。(TOPIXも10/12直近戻り高値を更新。)

今日大きく値を飛ばした銘柄の中から、より強い訳有り銘柄達が更に買い上げられる形で、銘柄の選別が始まると観ています。

当倶楽部で紹介中の訳有り銘柄達も、大きく値を上げ個別銘柄の牽引役を務めそうな銘柄が続出していますからね。
この中から出て来るのです、年末年始の訳有り個別を牽引する凄銘柄が・・・
そして、ここからの選別を確りと見極めたところで、また新たに凄銘柄を紹介しようかと考えているところです。

そんな凄銘柄が正体を現すのが全体の上値が重くなり始めた頃で、それから調整入りのタイミングで大きく仕掛けが入って来るのです。
その仕掛けの半歩前に参戦すれば、美味しいところだけ頂けますからね。
そんな訳有りの凄銘柄候補が5銘柄ほど揃っていますので、流れ、玉の入り方、仕掛け方を観て、参戦の好機を探ろうかと考えているところです。
中でも期待出来るのが、裏取り中の超訳有り銘柄。
近々裏取りも終りそうですので、裏取りが終り次第(結果が良ければ)、一気に参戦して頂きますので・・・

いずれにせよ、ここからは、訳有り個別がもっともっと面白くなるのです。
会員ページに紹介中の銘柄でも良し、新たに紹介する訳有り凄銘柄でも良し、ってところです。

本格的に始まるであろう、個別物色の流れにいち早く乗っかって、稼ぎまくりたい方は、お急ぎご入会下さい。
超がつくほどの大相場が取れそうな銘柄ばかりズラッと揃っていますので・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2023年11月02日(木)

           「勝ち易きに勝つ」・・・ですよ。

                11月2日(木) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

FOMCでは、今回の利上げは無し、12月は可能性アリという内容で、米株は続伸。

日経平均は、FOMCと議長会見を波乱なく通過し、米株高、米長期金利低下でナスダックが大きく上げた事を受け、続伸。
前日の大幅高、3連休控え、短期の利喰い売りが気にされるも、大した事はなく高値圏で3連休入り。
ただ、32,000円以上になると、価格帯別出来高が目立って多くなるので、ブレーキが掛かり、終り値では、先物も日経平均も32,000円台乗せはお預け。

本日は半導体関連銘柄が大きく買われた一方で、日経平均の上値の重さを観てか、中・小型株へと資金が流れる感じで個別材料株達も目立った動きを観せています。
今の状況は、全体のモタつきの間に、強い動きの個別株が買われそうですので、ここは、訳有り個別を「高きを買い、より高きを売る」戦術で臨んだ方が良いかと考えるところです。

当倶楽部で紹介中の銘柄達は、どれもが強い動きの訳有り個別銘柄達ですので、いよいよ、ここからが本領発揮の場面だと観ています。
おそらくは、3連休明けの月曜日あたりから大きく値を飛ばして、大仕掛けの狼煙が上がる凄銘柄も出て来るのではと期待しているところです。

そんな中、また新たに短期大幅値幅取りが狙える新銘柄を紹介しておきました。
この銘柄なら、年内株価倍増も狙える銘柄だと観ていますけどね。

いずれにせよ、ここからは訳有り個別狙いで、「高きを買い、より高きを売る」という戦術で臨み、ガンガン儲けまくる時だという事です。

この流れは、全体が弱相場に転換するまで続くと観ています。
弱相場に転換したら、全体は調整に入り、訳有り個別は一時的に利喰い売りに押されるものの、全体の落ち着きを機に、再び攻勢が掛かり、上値追いの動きが始まる形で個別株物色の流れが続くものと考えます。

・・・とはいえ、「高きを買い、より高きを売る」戦術には、絶対的な情報力が必要になって来ますからね。
何でもかんでも強い銘柄に付いて行っていては、ドッスンと痛い目に遭わされて身動きが出来なくなってしまうでしょうから、注意する事です。

とにかく、全体の強弱の流れは“先物転換値”で推し量りながら、厳選された訳有り個別で儲けまくるのです。
ここからは「高きを買い、より高きを売る」戦術でガンガン稼ぎまくるのです。

そんな状況の中、年跨ぎで株価3倍をも狙えそうな訳有り銘柄の裏取りを行っているところです。
裏取りが終り次第、参戦して頂き大きな初夢を掴み取って頂こうと考えているところです。

お早めにご入会頂いて、ガンガン稼ぎまくって下さいね。

取れるうちに目一杯取りまくるのです。
それは今からです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2023年11月01日(水)

          半歩先に動く事が重要なのです。

                11月1日(水) 18:10更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、FOMC公表を前に買い戻しが継続し続伸。
日経平均は、悪材料出尽し(日銀の政策修正)で急伸後も米株続伸や日経先物(夜間)の急伸を受け堅調地合が続き、ブレる事なく急上昇となり、今年2番目の上げ幅で終了。

あとは、今晩のFOMCで想定通りの「利上げ見送り、政策金利据え置き」となり、パウエル議長会見も無事終了した後、今度は米株が好材料出尽しとなり売られる事になるのかが、少し心配ですけどね。

とはいえ、当倶楽部の「225先物売買会員」様は、10/30に30,740円どころで建てた先物売り建てを、昨日(10/31)に30,560円どころでドテン買い建てして頂いていましたので、わずか1日で1,000円幅を超える評価益を出して頂いていますからね。
あとは、次なるドテン売りのタイミングを待って頂いているところです。
たった1日で1,000円幅の評価益が出たのですから、ここからは会員様個人の器量で少しずつ売り上り益出ししながら強い流れに付いて行きつつ、次のドテン売りのタイミングを待てばいいだけの事ですけどね。
10月下旬の数日は激しい上下動に見舞われ、難しい展開でしたが、大損する事なく見事今回も上手く波動を捉え乗っかる事が出来ましたので、チョットだけホッとしているところです。

そして、「極秘個別情報会員」様には、本日、新銘柄を紹介し、紹介中の訳有り銘柄と共に、短期で値幅取りを狙って頂いているところです。

また、「超高速売買会員」様は、これまで通り淡々と目先取りで細かく利益を取って頂いていますけどね。

とにかく、全体の強弱を半歩先に見極める事が出来るからこそ、如何なる投資スタンスでも利益を出す事が出来ているのです。
それらを可能にしているのが、会員ページで毎晩新たに紹介している“先物転換値”なのです。
この“先物転換値”が半歩先に潮目の変化を教えてくれますから、それに則って上手く確りと立ち回ればいいだけの事ですからね。

さー、11月相場も面白くなりそうですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。



←にある“無料本音メルマガ”への登録、強くお勧めします。
本文では中々書く事が出来ない本音をポロッと書いてしまう事もありますし、超極秘ネタのヒントも意識して書く事もありますからね・・・
立ち会い日の夜、1日1通だけ“無料本音メルマガ”を配信しております。
同業他社の様に、1日数通から数十通の勧誘メールの配信等は全く行っていませんので安心してご登録下さい。
仮にあったとしても月一程度、特選情報を入手した時にお知らせする程度です。
 


- Web Diary ver 1.26 -