明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2021年09月08日(水)

     “変化”が出たら“蒼龍銘柄”の大攻勢が・・・

                9月8日(水) 19:50更新

日経平均、メジャーSQ前の最後の買い仕掛けなのか、利喰いの売り物を消化して8日続伸となり3万円の大台乗せ。
売買代金も3.67兆円と膨らんでいます。

注目は明日、上げ勢いに陰りが観られるのか。
明日、先物が30,×××円以下で引けて来たら、メジャーSQを跨いで目先の潮目が変って来そうですからね。

この“変化”が、物色対象の変化をもたらし、日経平均の更なる高みを目指すのに必要不可欠な目先調整入りとなるのです。

そんな“変化”を意識する形で、当倶楽部激推しの“蒼龍銘柄”も大攻勢に向けた一歩を踏み出しました。
あとは地合を睨みつつ、有力ファンドの攻勢が加速し、そして一気に噴き上げる形で、大相場へと駆け上がって行くのです。

まずは、株価2倍取りへ一直線か・・・

大攻勢の兆しが観えましたよ。
一気に参戦して一発大儲けを狙って下さいね。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2021年09月07日(火)

     機が熟した様です。

                9月7日(火) 19:50更新

「一番出遅れていた株が買われ始めたら、目先天井は近い」と言いますからね。

日経平均の本格上昇の有力指標であるソフトバンクとファーストリテがここに来て反転現象を観せましたので、全体の目先調整入りに注意したいところです。
明日なら、先物が29,×××円以下で引けて来る様なら、可能性はグググッと高くなりますからね。

ただ、この目先調整は個別株にとっては好都合で、特に静かに出番を待っていた訳有り個別には、強い追い風が吹く事に・・・
いよいよ、当倶楽部激推しの“蒼龍銘柄”の出番となりそうです。

その“蒼龍銘柄”、これまで幾度となく策略を施し、十分にパワーを溜め込んで来ましたので、怒涛の本格攻勢に向け、いよいよ“その時”が来たって感じです。

新月跨ぎの大攻勢が始まりそうです。
今のところは動きも無く無風状態ですが、この手の銘柄はガラッと相場つきが一変する形で色が一気に変わりますからね。

お急ぎ“蒼龍銘柄”にご参戦下さい。
一気の飛び出しから怒涛の大攻勢が今にも始まりそうですから・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2021年09月06日(月)

     全体のヤレヤレの一服を静かに待つ・・・

                9月6日(月) 19:00更新

この日経平均の急騰劇の始まりは、やはり先物の“踏み上げ”から始まった様です。
この踏み上げが大きいほど、その後の実需相場が大きくなる事がありますからね。



←左の“過去の紹介履歴”の225先物会員の欄をご覧下さい。
いち早く全体底打ちを察知し、ドテン買いに転じ今では
1,500円幅を大きく超える大幅な評価益が出ていますからね。
今は利喰い場、売り場を探っているところです。



そして外人勢の動向も、先行高の欧米株から、出遅れのアジア株へと向い始めている様で、日本株と上海株の動きが、外人勢の資金シフトを裏付けていると観ています。

ただ、ここに来て日経平均、TOPIX共にボリ+3σを超えて来てますし、「ストキャス(スロー)」が高水準ですし、そろそろ目先的にヤレヤレの一服が出るのではと考えるところです。

このヤレヤレの一服が、次の個別物色の呼び水となり、中でも訳有りの個別は一斉に値を飛ばして来ると観ています。
なので、本日も新たに訳有り銘柄を紹介し、物色の変化を先取りする形で個別乱舞に備えてもらったところです。

その中で中心銘柄として大きく値を飛ばし牽引するのが、激推しの“蒼龍銘柄”なのです。
いつでも飛び出せる態勢のまま、淡々と日柄合せの動きを観せていますからね。

“蒼龍銘柄”のドッカーン時は、もうすぐそこまで来ている様です。
だからこそ、先手を打つ形で急ぎ参戦し大事な大事な命玉(種玉)を手当てしてもらいたいのです。
ドカーンからの怒涛の大攻勢が始まる前に・・・

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2021年09月03日(金)

     ここは「人事を尽して大攻勢を待つ」だけです。

                9月3日(金) 19:50更新

日経平均、ポイントである26週線(28,658円)と半値戻り水準(28,740円)を上抜けたところで突然出て来た「菅総理辞任の意向」。
これで政治リスクが一気に後退すると共に新政権への期待から、日経平均は更に急伸し一気に29,000円台を回復。
そして、TOPIXも年初来高値更新。

こうなると、政治リスクを嫌気して様子見していた海外勢が次は如何なる戦略で臨んで来るのか気になるところです。
先駆して大きく上げていた欧米株に変わり、出遅れていた日本株に重点を置く投資スタンスに変わるのか注目したいところです。
そして、「買わないリスク、持たないリスク」をどこまで払拭しに来るのかに大いに注目したいところです。

・・・こうなると、しばらくの間は主力株中心の物色が続き、個別株は“蚊帳の外”状態になりそうですが、この日経平均の急騰は「山高ければ谷浅し」に繋がるでしょうから、上げ勢いが一服すれば、一気に物色の流れは個別へと向い、短期急騰銘柄が続出する事になりそうです。
その中から大きく大きく値を飛ばす銘柄が出て来て、その銘柄が個別株を牽引する役目を果すものと考えます。

その銘柄の第一候補になりそうなのが、“蒼龍銘柄”。
ここまで秋相場に向け有力ファンドが丹念に策を弄していましたからね。
個別株の出番が来れば、この“蒼龍銘柄”が先陣を切って大きく値を飛ばす形で駆け上がり、個別株乱舞の先導役として大きく大きく値を飛ばす事になるのです。

今はまだほとんど動いてはいません。
ていうか底値圏にありますので、一気の“常世放れ”の動きから大相場に向けて駆け上がって行く事になるのです。
それだけのドデカイ背景と隠れた大材料、そして桁違いの資金を持つ有力ファンドが動いていますからね。

いつ飛び出してもおかしくない状態にありますので、早めに種玉を手当てして、怒涛の大攻勢が始まるのをお待ち頂けたらと思います。
飛び出してからでは手が付けられなくなってしまうでしょうからね。

お急ぎのご入会、“蒼龍銘柄”への参戦、お待ちしております。
 

  2021年09月02日(木)

     この大チャンスを掴み取れ!!

                9月2日(木) 19:40更新

日経平均、5月から上値を押えて来た13週線を突破して来ただけに、先高感が一段と強まっています。
あとは、週末の明日、この上にある26週線(28,658円)を超えて引けて来る事が出来るのかに注目したいところです。

この26週線を超えて来れば、これまで見送りを続けて来た運用マネーが一気に東京市場に流入して来て、これまで活況だった欧米株に代って、日本株の独壇場になると観ています。
既に、日本株は先月とは違った環境になりつつあるだけに期待は膨らむばかりです。

そんな秋相場を意識して、最も効率良く値を上げる銘柄、大きく値を飛ばすであろう銘柄を今のうちに手当てしておくのです。

当倶楽部では“蒼龍銘柄”を中心に秋相場を強く意識した訳有り銘柄達を紹介し、大きな利益を手にする準備を進めて来ました。
それが、ここに来て実を結ぶ事になりそうですし、何より、“蒼龍銘柄”の本領発揮の時が近付いていますので、大きな期待を持って臨んで頂いているところです。

この手の訳有り銘柄は、相場つきが突然ガラッと一変しますからね。
突如大攻勢が始まり、アレヨアレヨという間に大きく値を飛ばして一直線に駆け上がって行くのです。
だからこそ、静かなうちに種玉を手当てして、動きが出たところで一気に買い乗せして、怒涛の大攻勢に付いて行くのです。
・・・何やら週明けから大攻勢が始まりそうです。

この大チャンス、確りと掴み取って下さいね。
絶対に後悔する事になるでしょうから・・・

お急ぎのご入会、“蒼龍銘柄”への参戦、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -