明日の投資戦略

更新は毎日20時

  2024年05月28日(火)

             さー、勝負どころです。

                5月28日(火) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、上げたり下げたりの日々が続いています。
明日5/29(水)は安値をつけた4/19の応答日。
明日変化するのか、明日を跨いで変化するかは不明ですが、今週中には明確なる方向性が見えて来ると観ています。
明日、先物が“先物転換値”より下で引けて来たら・・・

この変化の方向によって、攻めるべき銘柄は大きく変って来ますからね。
“下”なら、訳有りの個別銘柄達が大きく動き出しそうですし、“上”なら海外勢による時価総額が大きく、海外でも有名で、ある程度歴史がある信用性の高い銘柄がターゲットになりそうです。

そんな変化の兆候が今日あたり出て来ましたからね。
訳有り個別と大型株や名の通った銘柄達が買われていましたよ。(紹介中の訳有り個別も動意づいて来ています。)

“上”へ向うのか、“下”へと加速するのか・・・
その方向性を先に示してくれるのが、毎晩会員ページで紹介している“先物転換値”なのです。
これがあるからこそ、半歩先に動く事が出来て先手を打つ事が出来るのです。

さー、難しくも面白い相場になって来ましたよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年05月27日(月)

         今週は6月を意識して動きたいところ。   

                5月27日(月) 19:00更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

3連休、週末控えの米株、幅広い銘柄に押し目買いが入り3指数揃って反発。
NYダウは−201ドル、−605ドル、+4ドルの流れで、ナスダックは3日ぶりの反発で最高値を更新。(エヌビディアは好決算発表後2日続伸)

日経平均は米市場がメモリアルデーで休場の中、小動き薄商いで反発。
14:00までは小動きも、14:00過ぎから上へ伸びる展開。

と、何とも悩ましい動きが続く日経平均ですが、今週半ばあたりから明確なる方向性が観られそうです。
これが“上”へ向うのか“下”へと加速するのかは、“先物転換値”が変化の前に明確に方向性を示してくれますので、それに則って立ち回れば、美味しい思いが出来るはずですからね。

そして、物色の流れも明確に変わって来そうです。
“下”へと加速しそうなら、個別材料株を中心とする短期値幅取り狙いの相場となりそうですし、“上”へと向うなら海外勢による、時価総額が大きく、海外でも有名で、ある程度歴史がある信用性の高い銘柄が物色対象となり、日経平均を押し上げそうですからね。

とはいえ、ここに来て6月相場を意識した様な個別銘柄の情報が入って来ているところから観ても、相場は調整を欲しがっている様で、それに合せて一気攻勢を目論む筋達が、にわかに動き出して来た様に思えます。
よって、ここは流れに則いつつ、「観自在 いつも水の如く」立ち回って頂き、6月も大きく稼いで頂こうと考えているところです。

全体の変化は“先物転換値”が先に教えてくれますし、個別は入手した情報銘柄の動きを観て付いていけばいいだけの事ですからね。
もちろんの事、次に狙うべき主戦銘柄の絞り込みも上手く行っているところでもありますので・・・

さてさて、6月は如何なる戦略と如何なる銘柄で儲けて頂きましょうかね。
月替り直前で動くのが一番効率が良さそうですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年05月24日(金)

             全て想定通りの展開に・・・

                5月24日(金) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、「エヌビディア」効果で反発から始まるも、景況感を示す経済指標が予想を上回った事で、経済は堅調でインフレ長期化の観方が強まり、利下げ開始時期の後ズレが意識され、利喰い売りが膨らみ、3指数揃って反落。(NYダウは今年最大の下げ幅に。)
ここからは、インフレ長期化による利下げ時期の後ズレを意識する展開が続くのか、それとも「不景気の株高」を意識する様な展開となるのか、冷静に見極めたいところでもあります。

日経平均は、「エヌビディア」効果を先取りする形で昨日は大幅反発となり戻り高値を更新していましたが、今日は米株安に連れ安する形で大幅反落。
昨日486円上げて、今日は457円の下げ。

こうなると米株、日本株共々、次の新たな流れを迎えるべく確りと値幅調整を入れてもらいたいところです。
特に米株は、11月の大統領選挙前に更なる高みを目指すなら、ここらで確りと調整を入れておいた方が後々楽ですからね。
日・米共々、先を意識した調整がどこまで入るのか心静かに見守りたいところでもあります。

そんな中、当倶楽部では、護りながら(先物に売りヘッジを掛けつつ)次の攻め所を待って頂いているところです。
その攻め所も、毎晩紹介する先物転換値が先に教えてくれますので、その時に先物売りヘッジの利喰いを急ぎ、返す刀で紹介してある訳有り個別に買いを入れて、強相場に付いて行く態勢を取って頂きますけどね。
もちろんの事、先物売買をなさっている方は、ドテン買いに回って頂きますよ。

さー、高みの見物とシャレ込みますか。
あとは静かに強相場転換の時、攻め時、ドテン買い時を待つだけですので・・・

全体の強弱の流れに乗っかるだけでも大きく儲ける事が出来るのですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年05月23日(木)

            「材料出尽くし」と「達成感」

                5月23日(木) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

「エヌビディア」は好決算と1対10の株式分割を発表。(夜間取引で一時1,000ドルに乗せる場面も)
これを好感した日経平均は大幅反発となり直近戻り高値を更新。
ただ前回のエヌビディア決算(2/22)後の反応と比べると、約半分程度の強さとなっています。

こうなると、今晩の米株の反応が気になるところです。
前回の様なエヌビディア効果が市場を一段と活気づかせる事になるのか、それとも「材料出尽くし」「達成感」(NYダウ4万ドル乗せ、エヌビディア株価1,000ドル乗せ)で目先ピークをつけるのか注目したいところです。
今晩は“満月”ですし、明日は“重要変化日”でもありますし・・・

また、米株は「不景気の株高」となりそうですが、日本株は「金融引き締め」に向いそうですので、大きな資金の流れも大きく変って来そうですからね。
そんな事を考えると、日本株を利喰って米株買い増しとなりそうですので・・・

いずれにせよ、ここからの“変化”には要警戒です。
明日、先物が39,○○○円以上で引けて来たら、また新たな変化が生じる事になりそうですからね。

今は「見の眼」より「観の眼」で相場を観て、裏に隠されている本質を観抜く力が必要な時でもあるのです。

お急ぎご入会下さい。
見事にこの難局を乗り切る形で、大きな利益を手にして頂きますので・・・

ここは今年前半で最も重要な局面になりそうですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年05月22日(水)

         エヌビディア決算を高みの見物です。

                5月22日(水) 18:50更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

NYダウは反発、SP500は3日続伸で高値更新、ナスダックは2日続伸で高値更新。
と、米株は良かったものの日経平均はSOX指数の下落を受け(エヌビディア決算を意識したか?)、値嵩半導体関連株が売り先行となり、その後も軟調に推移して続落。
エヌビディア決算控えで様子見ムードもあった様で・・・

そんな中、前回のエヌビディア決算控えの動きは、2/21の日経平均は−110円で、NYダウは+48ドル、ナスダックは−49Pとなり、引け後のエヌビディア決算は好決算で、翌日2/22の日経平均は+836円、NYダウが+456ドルでナスダックは+460Pとなり、エヌビディアの株価は+16.4%の大幅上昇となっていました。

今回の決算内容と市場の反応次第で、6月メジャーSQを意識した売り叩き、買い煽りが出て大きく動くものと観ています。
買い方は売り方総踏み上げを狙い、3月メジャーSQ値である39,863円超を狙って来るでしょうし、売り方はまずは38,000円割れを狙って来るでしょうからね。

そんな展開を前に、会員様は39,000円台で先物に売りヘッジを掛けて頂きつつ、手持ちの買い玉の利喰いを急ぎ、枠を大きく空けた形で、弱相場に付いて行く態勢を取って頂きましたので、明朝のエヌビディア決算を心静かに見守って頂けそうです。
あとは、決算を受けて東京市場とダウ先物が如何なる反応を観せるかで、その流れに付いて行けばいいだけの事ですからね。

もちろんの事、再度強相場に転換するタイミングは、会員ページに紹介してある“先物転換値”が先に教えてくれていますので、それに則って立ち回ればいいだけですので・・・
とにかく、上へ向うか、下へ行くかの重要な分岐点となりそうです。

皆様ご自身で上手く立ち回る事が出来ない方は、ご入会頂いて“先物転換値”で全体の強弱を知りながら流れに付いて行くのはいかがですか。
それに加えて、より効率良く上げて来る訳有り個別銘柄も利用すれば、投資効率は飛躍的に上がるはずですからね。

株式投資とは、単に儲けるだけではなく、手にした利益を減らさないのも大事な投資法ですからね。

ちなみに明日、先物が39,○○○円以上で引けて来たら、強相場復活の可能性がグググッと高くなりますので・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -