明日の投資戦略

更新は毎日20時

  2022年08月22日(月)

           ここからは攻め所を探るだけ 

                8月22日(月) 18:40更新

想定通りに米国版SQ(ウィッチ)跨ぎで“変化”を観せた米株。
FRBによる大幅利上げを警戒しつつ、8/25〜8/27に開かれるジャクソンホール会合を気にしながら、如何なる動きを観せるのか気になるところです。

そして、日経平均は米株安もあり3日続落となり5日線を大きく割り込む形に。
今のところは、苦労して破った壁(3/29の28,252円)を踏み割る事なく、かろうじて守った感じ。
この28,252円をどんな動きをして見に行くのか気になるところです。
そして、踏み割るのか、踏み割る事なく反転上昇となるのか、気になるところです。

そんな中、当倶楽部では、会員様には28,980円で建てた先物売りヘッジを持ちつつ、先週金曜日のザラバ中にメールで紹介した(4080)田中化研及び他の強い動きの銘柄で護りながら攻める態勢を取って頂いています。
今回の日経平均の調整は、あっても苦労して破った壁あたりまでと観ていますので、ここは護りながら攻める態勢で臨んで頂いているところです。(本格調整は9月に入ってからだと観ていますので。)

とにかく、←左の“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ、潮目の変化を事前に察知し、会員様には半歩先に先物売りヘッジを掛けたり、手持ち買い玉の利喰いを急いでもらったりと、先手を打つ形で変化に対処して頂いている事がお分り頂けると思います。

ここからは、護りながら攻める態勢のまま、次なる攻め所(強相場転換の時)を待つだけです。

これについては、毎晩新たに紹介する“先物転換値”が教えてくれますので・・・

中期波動の変化を確りと見極める事が出来るからこそ、投資効率が格段に高くなるのですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年08月19日(金)

         米株の激変・・・気になるところです。

                8月19日(金) 18:10更新

今晩の米国版SQ(ウィッチ)跨ぎの米株の変化に要注目です。
先々月も先月もウィッチ跨ぎで流れが大きく変わっていましたからね。

そして、日経平均の5日線割れも気になります。
これまで、戻し一杯からの5日線割れで潮目が大きく変っていましたので・・・

そんな中、本日ザラバ中に、あえて新銘柄を紹介し参戦して頂きました。
有力ファンドが一気の値幅取りを狙う訳有り銘柄です。
既に、かなりの玉を吸い上げていた様で、不透明な地合を利用して一気の値幅取りに出て来るとの事でしたので・・・

いずれにせよ今は、不安が残る米株の動向を気にしつつ、米株とは一線を画す様な強い動きを観せている日経平均の動きを観ながら、ヘッジを掛けつつ訳有り個別の強さに付いて行く、「護りながら攻める態勢」で臨みたいところでもあるのです。

とにかく、ここからは全体の読みと情報力が物言う相場になるはずです。

←左の“過去の紹介履歴”をご覧になれば、全体の読み、情報力の凄さがお分り頂けると思います。

特に個別株の情報と日経平均の潮目の変化の見極めは得意中の得意ですので・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年08月18日(木)

         訳有り個別で短期値幅取りを狙う。

                8月18日(木) 18:40更新

軽めの“押し”が入った日経平均。
日足的には短期的な買われ過ぎがあった様ですので仕方ないところか。
ただ、週足的にはそれは無く、この“押し”が買い場となりそうです。
いずれにせよ、今の日経平均は、日足は買われ過ぎ、週足はそれが出てないという状況にあるという事です。

この日本株に対する米株は、未だ一抹の不安が残っていますので、これもまた違った動きとなりそうです。
日経平均は多少は米株に連動するとはいえ、日本株は強く、米株には不安が・・・ってところです。

こうなると俄然活気づくのが、訳有りの個別株達。
会員ページで紹介の銘柄達も、いい感じで動意づいていましたからね。
これを観る限り物色の流れは訳有り個別へ向う事になりそうです。

そんな中、明日の流れ、地合、状況を観て、短期値幅取り狙いの新銘柄を紹介しようと考えているところです。
何やら、好材料と面白い背景がある様で、有力ファンドが丹念に玉を集めていた値幅取り狙いの銘柄で、いよいよ上げ本番となりそうな、そんな凄銘柄です。
どこまで一気に上値を伸ばすのか、楽しみな銘柄です。

とにかく、ここからは訳有り個別の短期値幅取りを狙いながら上手く立ち回る、そんな時だと思いますよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年08月17日(水)

              そろそろか・・・ 

                8月17日(水) 19:00更新

明日、先物が29,×××円以下で引けて来る様なら、潮目が変わり目先弱相場に転換する事に。

ここに来て強い上昇を観せる日経平均ですが、今日あたりは踏み上げを誘発させる為か、日経平均寄与度の高い銘柄に“買い煽り”が見られていましたからね。
この動きを観る限り、早々に買い戻しが一巡し目先天井を打ちそうです。

ここでの弱相場転換が、秋の暴落へと直結するかは未だ不明ですが、買い戻しが一巡すれば、それまで無理した分の打ち返しは必ずありますからね。
その打ち返しの度合、状況を観て、再度攻め時を探ればいいだけの事ですから・・・

それを見極めるのも、毎晩会員ページで紹介する“先物転換値”なのです。
この“先物転換値”があるからこそ、如何なる相場でも、ほぼ的確に潮目の変化をとらえて先手を打つ事が出来るのです。
だからこそ、誰よりも早く打って出る事が出来てより大きな利益を取る事が出来るのです。
また、その反対で、暴落や急落に備えて手持ち買い玉の利喰いを急ぎ、先物に売りヘッジを掛けて波乱を逆手に取って大きな利益を取る事も出来るのです。

←左の“過去の紹介履歴”をご覧になれば、“先物転換値”の確かな先見性をお分り頂けるばかりか、“先物転換値”を使って大きな利益を上げている事もお分り頂けると思いますので・・・
特に「225先物売買会員」様はウハウハですけどね。

とにかく、潮目の変化が近そうです。
お急ぎ入会して頂いて、目先波乱に備えて頂けたらと思います。

ここでの後手踏みは致命傷になりかねませんよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年08月16日(火)

           生き抜き勝ち残る為に・・・   

                8月16日(火) 18:10更新

明日、先物が28,×70円以下で引けて来る様なら、目先潮目が変わり弱相場転換となりそうです。

この弱相場転換が、単なるフシ(29,000円)抜け前の小調整となるのか、それとも秋の暴落を先取りする形で暴落へと直結するのか気になるところです。
「株は詭道なり」と言いますし・・・

←左の“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ、いいタイミングで潮目の変化を察知し、先手を打つ形で先物をドテン売りしたり、先物に売りヘッジを掛けたりして、会員様には上手く立ち回って頂き大儲けして頂いてる事がお分り頂けると思いますので・・・

そんな中、紹介中の既報銘柄達もいい感じで動き始めています。
こうなると日々加速する形で凄い上値追いが観られそうです。
特に7月の激推し銘柄のアレは凄い事になりそうです。

いずれにせよ、ここは毎晩紹介している“先物転換値”に則って淡々と流れに付いて行くだけです。
そして、弱相場転換となったら一気にスタンスを変えて先手を打って波乱でも儲ける事が出来る態勢を取るのです。

・・・この臨機応変さが、「生き馬の眼を抜く」と言われる株の世界で生き抜き勝ち残る為の最善の方法ですからね。

さー、大儲けして下さい。
個別銘柄でも、先物売りヘッジでも、先物売買でも・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -