明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2021年12月10日(金)

  週明け月曜日、年末相場を占う意味で重要な一日になりそう・・・  

                 12月10日(金) 18:50更新

今晩の米CPI発表で米株が如何なる反応を観せるのか注目。
金融政策転換が早まる様な内容になっているのか気になるところです。

一方日経平均は、想定に反する形でSQの落しどころが28,500円どころに。
今夜のCPI発表を控え、抗う買いも焦った売りも出辛い状況となっていました。
あとは週明け月曜日、SQ通過、一目雲のネジレ通過で如何なる“変化”を観せてくれるのか注目したいところです。

週明け月曜日に、先物が28,×××円以下で引けて来る様なら弱相場変換の可能性がググッと高くなり、今晩の米株の動向如何では、強烈な波乱に見舞われそうですからね。注意したいところです。
(戻りが小さかっただけに「山低ければ谷深し」となりそうですので・・・)

そんな中、来年の大出世候補4銘柄を今晩メールにて紹介させて頂きました。(「2022年、大出世候補株」として)
例年になく凄い銘柄達を用意する事が出来ましたし、来年は大きな波乱が想定されますので、この手の超訳有りの出世株を軸にして、大きな利幅と利益を追求して頂けたらと思います。(極秘個別情報会員にて紹介しております。)

もちろんの事、大きな波乱は臨むところで、確りと先物売りヘッジで対応すればいいだけの事ですからね。
(←左の“過去の紹介履歴”でご確認下さい。)

いずれにせよ、週明け月曜日が年末相場を占う意味での重要な一日となりそうです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2021年12月09日(木)

         「良事 魔多し」を頭に入れながら・・・

                 12月9日(木) 18:30更新

米株は金利絡みの材料に要注目です。
今この高値波乱らしき展開の中で“利上げ”となれば一気に崩れ、今の高値波乱が“天井波乱”となってしまうからです。

そして、日経平均はメジャーSQ通過後、早々に第二の関門である29,100円どころを上抜けてもらいたいところです。
上抜く事なく頭打ちになる様なら、まさに「山低ければ谷深し」となってしまいそうですからね。

そんな中、日経平均の強弱を見極める為の目安として頂いているのが、毎晩新たに紹介する“先物転換値”なのです。
これを目安にして、弱相場へと転換しそうな時は、先物に売りヘッジを掛けるか(1580)日経平均ベアに買いを入れて、ヘッジを掛けて手持ちの買い玉を大きく減らして、波乱に備えて頂いていますけどね。
(←左の“過去の紹介履歴”の極秘個別情報会員でご確認下さい。)
そして、強相場に転換(コツンと来たら)訳有り個別を中心に一気に攻めて頂いています。
この“先物転換値”があるからこそ、大切な資金を護るばかりか、得た利益も護る事が出来ていますので、投資効率を一段と高める事が出来ているのです。

また、明日の夜には「2022年、大出世候補株」4銘柄を“極秘個別情報会員”で一気に紹介します。
訳あってメールにての紹介になりますが、いずれの銘柄も、凄い背景と材料、そして大きな手(資金)が入っている桁違いに凄い銘柄達ですからね。
だから「2022年、大出世候補株」としたのです。

今回は例年になく凄い銘柄を揃える事が出来ました。
まさに、長〜いお付き合いの情報元、ファンド仲間、友人、そして師匠に感謝感謝です。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2021年12月08日(水)

            さーラストスパートです。

                 12月8日(水) 18:30更新

日経平均、29,100円どころを目前に一服するのかに注目。

そして、一服の間に新興銘柄が大きく動き出すのかにも注目。
ここに来てマザーズ指数が目先底打ちからの反転上昇へと転じそうですので・・・

そんな物色の流れの変化を読んで、“極秘個別情報会員”では、ファンド系短期値幅取り銘柄を新たに紹介し、“超高速売買会員”では、一気飛び出しから値幅取りに出る新興系銘柄を紹介して、これから始まるであろう新興系訳有り銘柄の乱舞に乗っかって頂こうと動いて頂いたところです。
少し遅れた餅つき相場から、一気に師走相場へとなだれ込みそうですからね。

また、“225先物売買会員”は、27,670円どころでドテン買い建てした買い玉を持ったまま、利益確定のタイミングを計ってもらっているところです。
この利確タイミングは、毎晩新たに紹介する“先物転換値”を目安にドテンの好機を待って頂いています。
(←左の“過去の紹介履歴”でご確認を)

そして、「2022年、大出世候補株」については、“極秘個別情報会員”にて今週中に紹介します。
今年は例年以上に凄い銘柄達を用意する事が出来そうですので、この「2022年、大出世候補株」の活躍に大いに期待しているところです。

いずれにせよ、まだまだ年内に大回転をつけられる銘柄が出て来ますから、大回転で得た利益で「2022年、大出世候補株」を仕込んで年を越すなんて事も出来そうですよ。

新興系個別大乱舞の流れに乗り遅れない様にして下さい。
大きく値幅が取れる銘柄は、これからまだまだ出て来ますので・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2021年12月07日(火)

   出遅れない様に・・・少し遅めの師走相場が始まりますよ。

                 12月7日(火) 19:30更新

米国立アレルギー感染症研究所所長のファウチ首席医療顧問が、「オミクロン株感染者の重症化の度合はそれほど高くない様だ」との発言を受け、米株は大きく反発。

連れて日経平均も大きく反発。
やはり日本株はオミクロン株を気にしていた様で、これまでにない反発力を観せています。
あとは、ここからの反発→戻り相場へというトレンドが出るのかに注目したいところです。

今日まではリバウンドの動きでしたが、ここからは明確に買われる銘柄とそうでない銘柄とが二極化する事になりそうです。

そして新たな物色の流れの本流が観えて来る事になるのです。
その流れを確りと見極めてから、新銘柄を紹介し、少し遅めの師走相場で大きな利益を掴み取ってもらおうと思います。
新銘柄の準備は確りと出来ていますので、あとは流れを見極めて参戦して頂くだけですからね。(極秘個別情報会員で参戦予定。)

更に、「2022年、大出世候補株」を3〜5銘柄ほど選び出して、今週中に紹介しようと思います。(極秘個別情報会員にて紹介。)
今の時期に大きく動き始める銘柄の中から、翌年の出世株が出て来た事が多々ありますからね。
また今年も例の如く“大出世候補株”を紹介し、千里を走る寅の年の如く一気に大きな相場と利益を取って頂こうと思いますので・・・

さー始まりますよ、少し遅めの本格師走相場が・・・

ここからが本番です。
出遅れない様にして下さいね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2021年12月06日(月)

     ここからは、我慢の先を意識して立ち回りたいところ。   

                 12月6日(月) 19:40更新

米株は早期金融緩和引き締めに警戒し、日本株は、オミクロン株感染拡大と岸田政権による“財務省寄りの政策”に警戒している様で・・・

そして米株が買われ強さを観せる裏では、日本株が売りヘッジに使われていますので、それが日本株の頭の重さとして現れている様です。

とはいえ、ヘッジ売りは先々の買いに繋がりますので、今は年末特有の損出し売り、益出し売りに押され上値の重さが際立っていますが、これが一巡したら新たな局面に入り、そのタイミングで世界的好材料(オミクロン株の重症化は無い)等々が出て来れば、買い戻しが入り戻りが加速する形で年末の「掉尾の一振」に繋がるものと観ています。

そんな中、地合好転と共に一気攻勢が掛かるファンド系訳有り個別の情報を入手しましたし、有力ファンド達が来年を睨み玉を静かに手当て中の訳有り個別の情報も入手する事が出来ました。
年内大回転を狙う銘柄もありますので、これらは玉の入り方を観て参戦して頂こうと考えているところです。

いずれにせよ、今は耐える時です。
まもなく流れも変わり、年末に向け大きく値を飛ばす銘柄が乱立する事になるでしょう。
そんな銘柄の中から出て来るのです。
来年の大出世株達が・・・

とりあえず今週中に大出世株候補銘柄を、入手した情報の中から数銘柄選び出し一挙公開しようと思います。
有力ファンドが仕込み中の銘柄もありますし、仕込みが終りそうな銘柄や、地合好転を機に一気に攻勢が掛かる、そんな銘柄達も用意して、寅年らしく一気に突走ってもらおうかと考えていますので・・・

これら情報を入手するだけでも、桁違いの価値があると思いますよ。
いずれの銘柄も、背景も材料も流入資金も凄〜いものがありますからね。
だからこそ、年を跨いで大きく大きく出世して行くのです。

公開の時近し・・・です。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -