明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2022年03月31日(木)

         新年度相場で大儲けして下さい。

                3月31日(木) 19:20更新

いよいよ新年度相場入り。
早々に調整入りとなりそうですので少し警戒したいところです。(以前より4月初旬からの調整入りを唱えて来ました。)

そうなれば、俄然活気づくのが新興系訳有り銘柄達。
3月の条件付き銘柄として紹介した“有力ファンド株価3倍狙い銘柄”は、待ってましたとばかりに材料を出して本格スタートを切ったところですからね。
聞き及んでいた通りに、4月から株価3倍取りに向け本格攻勢が始まった様です。
ここからどんな相場つきで株価3倍取りへと向うのか楽しみなところです。
この“有力ファンド株価3倍狙い銘柄”は、まだまだ底値圏にありますので、このスタートを機に美味しい思いが出来ると思いますよ。

そして、新年度相場に入ったら、また新たに仕掛けられる銘柄が出て来て、大相場を出す銘柄が出て来るのです。
その筆頭となるのが本日より攻勢が掛り始めた“有力ファンド株価3倍狙い銘柄”なのです。
この他にも主役候補の新興系銘柄を用意してありますが、これらについては、明日か週明けの動きを観て、より効率良く値を上げそうな銘柄に乗って頂いて、より資金効率を上げてもらおうかと考えているところです。

←左の“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ、先物売りヘッジと個々の訳有り銘柄とを上手く組み合せて、より効果的に資金を回転して頂いている事がお分り頂けると思いますので・・・

いずれにせよ、新年度相場入りは全体調整に警戒しつつ、指数よりより離れた新興系訳有り銘柄を狙い値幅を取りに行くのです。

さー、個人投資家好みの個別材料株の本格乱舞が幕を開けますよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年03月30日(水)

          次なる大物、まもなく参戦です。

                3月30日(水) 18:20更新

ロシアとウクライナの停戦交渉進展期待から昨晩の欧米市場は大幅高に。

これを受け日経平均は、権利落ち分を埋め小幅高で寄り付いた後は、買い注文が途切れ反落に向い、売り一巡後(500円を超える下落)は、切り返して下げ幅を約半分に減らして、落ち分程度の下げで大引けに。

色々とお騒がせなウクライナ情勢も、一晩明けたらロシアの本質の部分への疑いが増幅される形となり、市場は混迷の展開となっています。

とはいえ、ウクライナ情勢の悪いところは、相当分織り込んでいますので、目先は下値は浅くダラダラの展開が続きそうです。

だからこそ、当倶楽部では、「護りながら攻める」戦略で臨んでもらっているのです。
万が一の事態(核攻撃、原発爆破)に備え、とりあえず先物に売りヘッジを掛けつつ、狙うは指数よりより離れたところにある新興系の訳有り銘柄です。

←左の“過去の紹介履歴”をご覧になれば、どんな銘柄を攻めつつ、「護りながら攻める」態勢で臨んでいるのかお分り頂けると思います。

次なる新銘柄の紹介は、実質月替りとなる4月1日の個々の動向を観て、得た情報と照らし合せて紹介しようかと考えているところです。
今は全く動きが無くても、実質月替りと同時に一気に攻勢が掛かり、一ヶ月間上げっ放しという銘柄が出て来るのです。
特に新年度入りですから、手掛ける筋もスタートダッシュを決めて来るでしょうからね。

次なる大物、用意してありますよ。
急ぎご入会頂いて、参戦準備を整えて頂けたらと思います。

・・・財築けますよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年03月29日(火)

       ここからが「匠の技」の見せどころかと・・・

                3月29日(火) 19:40更新

日経平均、3月権利付き最終日高のジンクスは7年連続高で継続。
そして、ウクライナ情勢がここに来てにわかに進展しそうですので、今晩のウクライナ情勢の行方と、それに対する米市場の反応が気になるところです。

ただ、日経平均的には、ここらで一調整欲しいところでしたので、好材料が出た後の単発的な急騰にならない事を願うばかりです。

明日なら、先物が28,×××円以下で引ける様なら、かなり強烈な下げに見舞われそうですからね。
年度末、権利落ちを挟んだ波乱の展開に注意したいところです。

だからこそ、ここは指数より、より離れたところにある新興系訳有り銘柄に狙いを絞って攻めて頂いているのです。
この手の銘柄は、少し地合が悪い方が大きく動き易いですからね。

←左の“過去の紹介履歴”をご覧になれば、先物ヘッジ掛けと訳有り個別を上手く組み合せて利益を出して頂けている事がお分り頂けると思いますので・・・

難局相場、得意とするところです。
だからこそ、「生き馬の眼を抜く」と言われる株の世界で長い間生き残り勝ち残ってこれたのです。

・・・株式相場で勝ち抜き、大きな財を築きたい方は、お急ぎご入会下さい。
当倶楽部の本領発揮の時が来た様ですので・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年03月28日(月)

      強気になり過ぎず、弱気になり過ぎず・・・で。  

                3月28日(月) 19:20更新

明日は権利付き最終日。

そして、日経平均は28,000円台に乗せてから明日で5日目。
5日線キープが出来るのか、それとも割り込んで弱さを露呈し、「三空」の窓埋めに向うのか注目。
ただ最近の3月権利付き最終日は6連勝中だけに、どうなる事やら・・・

いずれにせよ、ここは強気になり過ぎず、弱気にもなり過ぎず、淡々と流れに付いて行くのが賢明かと・・・

そんな中、この波乱含みの展開の中、追い風に乗って大きく値を飛ばしそうな訳有り個別の紹介タイミングを計っているところです。
全体は不透明感が強まりつつありますので、この手の訳有り個別の出番となりそうですからね。
動きが出たら即無条件で参戦して頂こうと考えていますので。

とにかく、全体は目先下振れもありそうですから少し警戒しつつ、狙うは波乱を追い風に大きく値を飛ばしそうな訳有りを狙い撃って短期値幅取りを狙う・・・こんな感じで良いのではないかと。

難しくなりそうですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年03月25日(金)

           本領発揮の時が来そうです。

                3月25日(金) 19:10更新

週明け月曜日に先物が28,×××円以下で引けて来る事になれば、潮目が変わり目先調整が入って来そうです。
まずは連騰記録を10に伸ばす事が出来るのかに注目しつつ、先物が28,○○○円以上で引けて来て、強相場が継続するのかに注目です。

「225先物売買会員」様には、3月10日に25,130円でドテン買いして頂いていますので、今回は3,000円幅近い利幅を取って頂けそうです。
(←左の“過去の紹介履歴”でご確認を)

そして「極秘個別情報会員」様には、弱相場転換となったら先物に売りヘッジを掛けて頂き、手持ち買い玉を減らして、今回は“護りながら攻める態勢”を取って頂く事にしました。
ここまで大きな自律反発が出たという事は、「山高ければ谷浅し」となり、調整下値は浅くなると観ていますので・・・
そうなると俄然、訳有り個別が元気になって来ますからね。

いずれにせよ、ここは目先潮目に注意したいところです。
市場を取り巻く悪材料は事欠きませんし、ここまで日経平均が短期的に急反発したのですから、私の経験則からして「短期的な急反発は見掛けほど強くない」と考えますからね。

・・・ここからが難しいのです。
相場の声を聞きながら臨機応変に対応しないと、せっかく手にした利益を大きく減らす事になりかねませんよ。

先物ヘッジ掛けのタイミング、情報力を駆使した訳有り個別での値幅取り、ここからが当倶楽部の出番、本領発揮の時なのです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -