明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2021年12月23日(木)

             年内、稼ぎまくりです。

                12月23日(木) 18:50更新

目先ポイント水準まで戻して来た日経平均。
あとは、先物が28,780円を上回って引けて来れば、上げに一段の勢いがつくのですが、果して・・・
これまで二度の買い戻しが丁度終った水準ですからね。

そんな中、16日に“極秘個別情報会員”で新たに紹介した3銘柄のうち、まずは(7254)ユニバンスが大きく値を飛ばしましたが、続いて(6×5×)が上値を追い、更に(6△6△)が大きく値を上げて来ています。
この(6×5×)も(6△6△)も年内に短期で大きく値を飛ばしそうですので楽しみです。

また、本日新たに2022年(寅年)一番出世株候補NO.1銘柄を紹介しておきました。
この手の超大相場銘柄は、年を跨いで大きく上昇して行く銘柄がほとんどですからね。
攻勢の兆しが観えましたので、このタイミングで紹介する事にしたのです。

そして、“超高速売買会員”でも、新銘柄を紹介し、超短期回転売買を本格化させています。

いずれにせよ、少し遅れての餅つき相場が始まった様ですので、年内儲けるだけ儲けて頂いて、利喰い金を枕に年を越して頂こうと思います。

年明けは米株発のガラ(暴落)に警戒する形で2022年のスタートを切ってもらおうかと考えているところです。

とにかく、稼げるうちに目一杯稼いで、雲行きが怪しくなったら一気に護りを固めて波乱に備える・・・
これが出来るのも、毎晩紹介している“先物転換値”のお蔭なのです。
←左の“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ、“先物転換値”の絶大なる効力を目の当たりにする事が出来ると思いますので。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2021年12月23日(木)

                  12月23日(木) 12:45更新

“極秘個別情報会員”で2022年(寅年)一番出世株候補
NO.1銘柄を紹介しました。

目の覚める様な超大相場を狙ってみて下さい。

お急ぎのご参戦を。
 

  2021年12月22日(水)

          年末年始は訳有り個別で稼ぎまくれ。

                12月22日(水) 18:50更新

米株、急反発。
NYダウはこれまで一発高(大幅反発)だけで終る事はなく、これを切っ掛けに反発相場を作る事が出来ていましたので今回もそれが出来るかに注目です。

そして日経平均はグダグダ相場継続中。
クリスマス明け(来週)までは、この調子なのかな・・・??

そんな中、順調に値を飛ばすのが、先週16日に紹介した(7254)ユニバンス。
3度目のストップ高に期待しているところです。
また、同じ日に紹介した2銘柄も今にも一気に飛び出しそうで期待しているところです。

これら訳有り銘柄の動きを観る限り、年末年始は、この手の訳有り個別が大乱舞する、そんな地合になると観ています。
今年は餅つき相場も無かったですし、師走相場らしきものもありませんでしたので。
少し遅れての個別乱舞が始まるのではないかと考えます。

いずれにせよ、期待するのはユニバンスと同時に紹介した2銘柄。
静かに出番を待つが如き値動きを観せていますので・・・
一気の値幅取りに期待しているところです。

まずは、今晩のNYダウの動向に注目したいところです。

そして、明日はユニバンスの一段高にも注目です。

←左の“過去の紹介履歴”をご覧になって下さい。
皆様の投資スタンスに合った会員制度をお選び頂きご入会頂いて、この「生き馬の眼を抜く」と言われる株の世界で一緒に闘いませんか。
・・・かなりいい線いってると思います。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2021年12月21日(火)

   今年は訳有り個別の大乱舞で丑年相場を締めくくりそう。

                12月21日(火) 18:40更新

日経平均、昨日の中国利下げからの下落という矛盾を訂正するが如く、大幅反発。
昨日の利下げは経済失速を食い止めようとしてのものだったのに対し、中国景気減速という悪材を唱えての売り叩きによる急落だった様です。

この矛盾を訂正する動きが出たものの、日経平均的には未だ方向性は観えず状態。
ここから更なる強さを観せる事が出来れば、次は売り方が慌てる番となるのですが・・・・

そんな中、16日に紹介した(7254)ユニバンスが再度ストップ高をつけていました。
引けに掛け利益確定の売りに押される形で上げ幅を縮めていますが、勢い的にはまだまだ上値が望めそうですので、年末相場の主役として大きく値を飛ばす事に期待しているところです。

また、同じ日に紹介した他の2銘柄も、いい感じで一気の上値追いを狙っている様で、この2銘柄にも大いに期待しているところです。

そして、全体の地合、流れを観て、年跨ぎで大きく値を飛ばしそうな新銘柄を紹介しようと思います。
日柄的にかなり煮詰って来ていますので、“その時”はかなり近そうですからね。

とにかく、ここからは訳有り個別で短期の値幅取りを狙うところだと観ています。
まさに値動きこそが全て。強さこそが買い材料・・・って感じになるのではないかと。

紹介中の訳有り個別の大乱舞が始まりそうです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2021年12月20日(月)

     今回もまた“先物転換値”に助けられました。

                12月20日(月) 18:40更新

米株の展開はほぼ想定通りでしたが、想定外だったのが中国の利下げ(1年8ヶ月ぶり)。

中国は利下げをしなければならないほど景気経済が悪化しているのか・・・という事で上海株は急落。
連れて日経平均もアジア株も急落。
この中国利下げは、恒大集団デフォルトに絡む問題に対し先手を打った感がありますので、警戒したいところです。

そんな中、“極秘個別情報会員”様には、28,780円どころで先物に売りヘッジを掛けながら、“短期高速回転狙い”で新銘柄を攻めて頂いていましたので、これら銘柄が大きく上げていた事で、地合悪化と共に利益確定を急ぎ、今回もまた先物売りヘッジを持ったままこの難局を乗り越えてもらう事が出来そうです。

もちろんの事“225先物売買会員”様も28,780円でドテン売り建てして頂いていますので、今回も大きな利幅を取って頂けそうです。

(←左の“過去の紹介履歴”をご覧頂ければ“株匠の技”の凄さをお分り頂けると思います。)

あとは、「コツン」の音を聞き分け、そして強相場転換の時を“先物転換値”で知り、“225先物売買会員”はドテン買い建てして強い流れに乗り、“極秘個別情報会員”は、先物売りヘッジを利益確定し、紹介中の銘柄に買いを入れ攻めの態勢を取り、強相場に付いて行く態勢を取るのです。

この強弱を見極めながらの投資スタンスがより大きな利益をもたらしてくれるばかりか、取った利益を減らす事なく、順調に増やす事が出来るのです。

この中期波動の潮目の変化を見極める為の“先物転換値”があるからこそ、長年「生き馬の眼を抜く」と言われる株の世界で生き残り勝ち残る事が出来ているのです。
だからこそ、長〜くお付き合い頂いている会員様が沢山居られるのです。

今年も残す事あとわずか。
今週の展開によっては、年明け早々からの大波乱もありそうですからね。
次の変化日柄は、10/6安値を起点とすれば1月17日〜1月21日となりますからね。(69日目〜73日目)
最悪、そこまで波乱が続いても何ら不思議ではないという事です。

いずれにせよ、今は次なる攻め時、ドテン買いの時、を静かに待っているところです。
毎晩紹介の“先物転換値”を目安にして・・・

ここは次なる潮目の変化を見極める意味で重要な局面だと観ています。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -