明日の投資戦略

更新は毎日20時

  2024年04月26日(金)

              もう時間がありません。
     「超ポテンシャル銘柄」の大攻勢が始まりますよ。

                4月26日(金) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、1−3月期GDP(速報値)が嫌気されドスン安スタートも、その後はジワジワと値を戻す展開。(利下げ開始時期が12月にズレ込むかも・・・状態。)

日経平均は、日銀の政策金利現状維持でドル円は一気に156円台に入るも、波乱なくサプライズ無しで確り高。
前日の下げ幅(−831円)の36%を回復。

その後の日銀総裁会見でもサプライズはなく、ただ為替介入への警戒感の高まりから、為替は一時的に大振れ。
イベント通過とはいえ、このまま何事も無く円安ドル高が続くとは思えません。
この策無しの状況を観ると「日米同時の為替介入」もありそうですので、強い警戒心をもって臨みたいところでもあります。

こんな読み辛い状況でも確りと方向性を指し示してくれるのが、会員ページで毎晩紹介している“先物転換値”なのです。
この“先物転換値”で強弱を推し量りながら流れに付いて行けば大丈夫ですからね。(これまでも幾度もピンチをチャンスに変えてくれましたので。)

そんな中、5月相場を強〜く意識する形で急動意づいて来たのが、当倶楽部激推しの「超ポテンシャル銘柄」です。
まさに、5月大攻勢に向けた動きであり、GWの谷間を利用して一気に値を飛ばしスタートさせて、あとは地合悪という追い風に乗って目の覚める勢いで上値を追って来るのです。
そして、本格的に夏が来る頃には、株価3倍超の大相場となりそうですからね。

おそらく、今が最後の買い場・仕込み場になるでしょう。
ひとたび攻勢が始まったら、手が付けられない急騰劇の中、アッという間に株価2倍以上まで駆け上がる事になりそうです。

もう時間がありません。
急ぎ参戦しないと、超大物を取り逃してしまいますよ。

お急ぎのご入会、「超ポテンシャル銘柄」への参戦お待ちしております。
 

  2024年04月25日(木)

          「ピンチの裏にチャンスあり」ですよ。

                4月25日(木) 18:00更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均は、ドル円が155円台に乗せて来た事で輸入物価の上昇圧力から、日銀が追加利上げをするのではとの憶測が働いたのか、利喰い売りが出てネックラインに打ち返される形でほぼ“往って来い”状態で終了し、一目基準線は下向きになり、「戻りに限界アリ」らしい展開に。

明日の日銀会合が注目されるところですが、前回(4/9)会合同様に追加利上げが見送られ、日銀総裁が「当面、緩和的な金融環境を継続すると考える」となれば、日米金利差が更に強く意識される形でドル買い円売りが加速しそうですからね。
さて、日銀が如何なる策をもって、この窮地を回避するのか気になるところです。

そんな読み辛く見通し難い状況ではありますが、当倶楽部では、ここも“先物転換値”を使ってピンチをチャンスに変えてもらおうと思います。
これまで幾度となく、ピンチをチャンスに変えてくれた“先物転換値”に則って立ち回れば、想像出来ないほどの大きな利益をもたらしてくれるでしょうからね。

そして攻めは、“超ポテンシャル銘柄”一本で。
今日の様な波乱の展開でも、淡々と売り物を吸収しつつ、迫った攻め時の準備を進めていましたからね。
“その時”は、かなり近づいて来ている様です。

この「超ポテンシャル銘柄」、中期で(2ヶ月〜3ヶ月で)株価3倍超を狙って頂いてますので・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年04月24日(水)

         ここからは反発力の見極めが重要に。

                4月24日(水) 18:50更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、ナスダックの大幅高と「テスラ」株が時間外で上昇してくれたお蔭で大幅高に。
75日線、38,000円台を回復し、今年3番目の上げ幅で終了。
指数寄与度の高い4銘柄(東京エレク、アドバンテスト、Fリティ、ソフトバンクG)で日経平均を411円押し上げ。

とはいえ、この反発は「戻りに限界アリ」の反発ですので、未だ「戻り」とは言えない状況です。
よって、ここからは反発力を見極めながらの展開となりそうですからね。
反発力が弱く、単なるヒョロ戻しなら、再度強烈な下げに見舞われますので注意したいところでもあるのです。

そして、物色は指数連動性の高い銘柄が目先反発の動きを見せているだけで、個別材料株達は総じて動きらしい動きは出てはいません。
とはいえ、このまま何の動きも無いまま終るとは思いませんが、何せ中心となる「テーマ」が無く材料らしき材料もありませんので、ここは仕方ないところかと・・・

こういう時には、全体一服や小調整の間に大きく飛び出して個別銘柄を引っ張る様な銘柄が出て来るものです。
その中心となりそうなのが、激推し中の「超ポテンシャル銘柄」なのです。
ここに来ていい感じで飛び出す態勢が整って来ましたので、全体一服となれば一気に飛び出して来そうですので、未だ静かな今のうちに確りと玉を手当てして、一気飛び出しからの怒涛の大攻勢をお待ち頂けたらと思います。
その背景も材料も、手掛ける筋さえも超一流ですので・・・

いずれにせよ、今は横目で全体の強さを睨みつつ、銘柄は狙いを絞って攻める時だと思います。
全体の見極めは会員ページで毎晩紹介している“先物転換値”が教えてくれますし、銘柄は「超ポテンシャル銘柄」を攻めればいいだけの事ですからね。

「超ポテンシャル銘柄」、飛び出す前にお急ぎご参戦下さい。
桁違いにデカイ利益を取らせてくれますよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年04月23日(火)

       「超ポテンシャル銘柄」大攻勢の時近し・・・

                4月23日(火) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均は、先週末の36,000円台が当面の下値打ちと思われ、目先はアノマリーである“5月連休時高”の可能性が高くなっています。
株価が上がり易い4月に、今年は想定外(75日線割れ)の下落が起きましたが、その様な年は、ここ33年間で5月は反動高が起こり易く月足で見た場合でも「陽線」の出る確率は高いですからね。
近年、4月に大きく下げた9回のうち、5月の月足が陰線になった年は2000年と2021年の2回しかなく、あとの7回は5月月足は陽線となっていましたからね。

また、今回の急落で物色の流れも変わり、牽引して来た半導体関連やAI関連に代り、また新たな物色の流れが生じて来そうです。
その中心となりそうなのが、当倶楽部激推しの「超ポテンシャル銘柄」です。
今回の急落局面でも値を崩す事なく確りと踏ん張り、筋が丹念に下値を拾い続けていましたからね。
あとは日柄とチャートを少しだけ整えて、一気の大攻勢が始まる事になるのです。
5月相場突入の前か、5月に入ってからか・・・
いずれにせよ、準備はほぼ整っていますので、静かに玉を手当てして、その時を心静かに待ちたいところでもあるのです。

この他にも、これまでとは少し毛色の違う訳有り銘柄を本日新たに紹介しておきました。
面白い筋が手掛けていますので、少し時間を掛けて大きく育ててくれそうですからね。

とにかく、ここからも“先物転換値”で全体の強弱を見分けつつ、弱くなるまでは淡々と個々の銘柄の強さに付いて行きたいところですので・・・

「超ポテンシャル銘柄」どちらにしても相場は大きいですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年04月22日(月)

           ここがプロの腕の見せどころ。

                4月22日(月) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、「コツン」と来たのか・・・
それは、重要変化日最終日である明日ハッキリするものと観ています。
明日、先物が37,○○○円以上で引けて来たら、強相場転換となるのですが果して・・・

そんな中、ここに来てこれまで強張っていた銘柄達が売られ始めています。
この状況は「強張っていた株が売られ始めたら全体の目先底打ちは近い」という格言もありますので、明日の先物の引け方が超重要だと観ているところです。

今日のところは、TOPIXの踏ん張りで日経平均は反発となってはいますが、日経平均寄与度の高い東京エレク・アドバンテスト・ソフトバンクの3銘柄で日経平均の足を189.02円分も引っ張っていましたからね。
やはり、世界的な半導体のカゲリが今の株安の背景にありますので、これまで浮かれていた分のツケを返す時の様ですので、今日の日経平均の反発を両手を挙げて喜ぶのはまだ早いみたいですからね。
だからこそ、今は会員ページで毎晩紹介している先物転換値で強弱を推し量りつつ、次なる攻め時、攻め所を探っているところなのです。

明日、強相場に転換する様なら、当倶楽部激推しの「超ポテンシャル銘柄」を中心に紹介銘柄達は大きく動意づき始めて、全体の強さを追い風に怒涛の大攻勢が始まる事になるのです。
その中心銘柄が「超ポテンシャル銘柄」という事です。

さー、ここがプロの腕の見せどころですからね。
ここでの確かな見極めが先々大きな利益となって返って来るのですから・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。

「超ポテンシャル銘柄」で起死回生の一発狙って下さいね。
 


- Web Diary ver 1.26 -