明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2022年03月24日(木)

         美味しい流れに乗り遅れない様に・・・

                3月24日(木) 18:40更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

「225先物売買会員」様は、3月10日に25,130円でドテン買い建てした買い建て玉を持ったまま、次のドテン売り(利益確定)のタイミングを待って頂いているところです。
明日、先物が27,×××円以下で引けて来たら、ドテン売り建てとなるのですが、果して・・・

ただドテン売りとなっても、今回は戻りが大きかっただけに下値は浅いと観ています。
「山高ければ谷浅し」という事です。
また、今の日経平均は一見強くは見えてはいますが、私の経験則からして、短期的な急反発は見掛けほど強くないという事ですので、ポイントである26週線あたりで頭打ちとなり目先調整を入れてに来るのではないかと・・・

ここで目先調整を入れたとしても、下値が浅くもみ合いに近い動きとなれば個別株の出番となりそうです。
その兆しとして、本日久々に騰落レシオが100を超えて来ましたので、この100超えが続けば更に個別物色の流れが加速するでしょうからね。

当倶楽部の「極秘個別情報会員」で紹介中の訳有り個別達も一斉にいい感じの動きを観せています。
特に激推し中の「有力ファンド株価3倍狙い銘柄」は、小調整を終えて今にも大きく動き出しそうな、そんな動きですし、昨日新たに紹介した新銘柄も一気に上値を追って来そうです。
まだまだ他にも大きく値を上げそうな銘柄ばかりです。(入れ喰いの時近し・・・って感じ)

いずれにせよ、ここからは個別株を中心に狙いを定め、訳有り個別の強気攻めで対処し、短期大幅値幅取りを狙う時だと思います。
「有力ファンド株価3倍狙い銘柄」も凄い事になりそうですが、他の紹介銘柄達いずれも凄い事になりそうです。

個別株を攻めるなら今です。
年に数回しかない個人好みの相場が本格化しそうですので・・・

出遅れない様にして下さい。
美味しい流れに乗り遅れない様にして下さい。

お早めのご入会、お急ぎの参戦お待ちしております。
 

  2022年03月23日(水)

         ここからは26週線水準がポイントに

                3月23日(水) 18:40更新

昨年8月20日の「コツン」から9月14日の年初来高値までの急騰劇を彷彿させる強さを観せる日経平均。

本来なら、これを自律反発と観るのであれば、戻り日柄は4月上旬となりますが、あえてこの局面で計算値を出すとすれば26週線あたりが大きな節目となると観ています。
本日、この26週線に差し掛かっただけに、明日以降の展開が気になるところです。

ちなみに、明日先物が27,×××円以下で引けて来たら、目先潮目が変わり、弱相場に転換し調整を入れに来ると思いますけどね。

←左の“過去の紹介履歴”の「225先物売買会員」のところをご覧下さい。
今は3月10日に25,130円でドテン買い建てして頂いた買い建て玉を持って、次なる転換の時を待ってもらっているところです。
既に、2,500円を超える大幅な評価益を持ったまま、決済の時、ドテン売り越しのタイミングを待ってもらっていますので・・・

この中期的な潮目の変化、中期波動を読み取る事が出来るからこそ、先物売買だけではなく、現物の攻めのタイミング、護りのタイミングも半歩先に知る事が出来、より大きな利益を取る事が出来ているのです。

「225先物売買会員」様は、2,500円を超える大きな評価益を取って変潮を待ち、「極秘個別情報会員」様は、訳有り個別の目先利喰いのタイミングを待ちつつ、先物ヘッジ売りのタイミングを待っているところなのです。
この先物売りヘッジが、これまで波乱の局面で幾度となく大きな利益をもたらしてくれましたので・・・

とにかく、大きな流れの見極めが出来なければ、現物で得た利益を護り切る事は出来ませんし、一発のガラ(暴落)で全てを失ってしまう事もありますからね。

この変化の見極めの大元が毎晩紹介する“先物転換値”なのです。
これがあるからこそ、変化の兆候をとらえ半歩先に手を打ち立ち回る事が出来ているからこそ、如何なる地合の時でも利益を確りと積み上げる事が出来ているのです。

“先物転換値”の凄さ、体感してみて下さい。
もちろんの事、情報力の凄さもですけど・・・

本日、短期値幅取り狙いの新興系新銘柄をあえて紹介しておきましたけどね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2022年03月22日(火)

           夢を叶えてくれるでしょう。

                3月22日(火) 19:00更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

自律反発中の日経平均。
一般的には自律反発の場合は、計算値より日柄を目安にするものですので、それに従うのであれば、目先は4月上旬あたりまでが戻り日柄となるという事です。

そして、未だに物色の方向性は定まらずに今日は、先週から一気に流れが変わっています。
本格的な個別物色に入るには、もみ合い相場入りとなるか、個別を牽引する様なリード役が出て来なければ、個別株大乱舞とはなりそうにありませんので・・・

そのリード役になりそうなのが、当倶楽部激推し中の「有力ファンド株価3倍狙い銘柄」ではないかと・・・
地合、流れを観ながら、いつでも飛び出せる態勢のまま、静かに“その時”を待っている様ですからね。
確りとした発射台に乗って、“その時”を待っているのです。

そして、ドッカーン高を合図に怒涛の大攻勢が始まり、一気に超大相場へと駆け上がって行くのです。
それだけの背景と材料、そして大きな資金が流入しているのが激推し中の「有力ファンド株価3倍狙い銘柄」なのです。

桁違いの利益を取って下さい。
夢の様なお金を手にして下さい。
それらを可能にしてくれるのが、「有力ファンド株価3倍狙い銘柄」ですから・・・

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2022年03月18日(金)

          短期値幅取り狙い・・・順調です。

                3月18日(金) 19:50更新

米株堅調推移も、ロシア国債の利払いや元本返済が月末までに未だ約6億ドルも残っていますので警戒したいところです。
このデフォルトを切っ掛けにして、潮目が大きく変わる事もありそうですから・・・

また日経平均は、チャート的にも、その他の理由でも色々とそれらしき理由をつけて一服安が入っても不思議ではない状況にありますので、目先一調整も頭に入れつつ立ち回りたいところでもあるのです。

だからこそ、当倶楽部の会員様には、新興系訳有り銘柄を中心に攻めて頂いているのです。
3連休明けには新銘柄を紹介する予定ですし、激推しの「有力ファンド株価3倍狙い銘柄」も、今にも大きく飛び出しそうな、そんな動きを観せていますからね。

全体の強弱は、毎晩紹介の“先物転換値”で推し量りながら、狙うは新興系訳有り銘柄で、短期で大幅値幅取りを狙う・・・そんな感じで立ち回る地合だと思いますよ。

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。
“225先物売買会員”も凄い事になっていますからね。

いずれにせよ、“今が稼ぎ時”です。

お急ぎのご入会、お待ちしております。



←にある“無料本音メルマガ”への登録、強くお勧めします。
本文では中々書く事が出来ない本音をポロッと書いてしまう事もありますし、超極秘ネタのヒントも意識して書く事もありますからね・・・
立ち会い日の夜、1日1通だけ“無料本音メルマガ”を配信しております。
同業他社の様に、1日数通から数十通の勧誘メールの配信等は全く行っていませんので安心してご登録下さい。
仮にあったとしても月一程度、特選情報を入手した時にお知らせする程度です。
 

  2022年03月17日(木)

        ここからは訳有り個別で攻めまくりです。

                3月17日(木) 18:50更新

米株、FOMC結果はほぼほぼ想定通りの内容で材料出尽しで大幅続伸。
これに連れ、日経平均も大幅続伸。

ただ、この底打ち反発が本格的な上昇戻りへと繋がるとは考えにくく、目先自律反発の範チュウにあると観ています。
そして、この自律反発が本格的な上昇に繋がるのかは、ウクライナ戦争の停戦後の動向で決まるのではないかと考えているところです。
停戦で好材料出尽しと市場が取るのか、悪材料出尽しとして更なる高みを目指すのかの見極めが重要になると考えます。

よって、ここからも毎晩紹介の“先物転換値”で全体の強弱を推し量りながら、淡々と今の強相場に付いて行きますけどね。
もちろんの事、今の様な地合には、新興系の個別株を中心に「短期で大きな値幅を取る」戦略で臨むのが良いですからね。

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均の底打ちを早々に確認したところで、“極秘個別情報会員”様には訳有り個別株へ静かに参戦して頂きましたので、ここ2日の全体の大幅上昇に伴い大きく値を上げています。
もちろんの事、“225先物売買会員”様は、3月10日に建てた25,130円でのドテン買い建てを持ったまま強相場に付いて行ってもらっているところです。

そんな状況の中、激推ししているのが、今月の条件付き銘柄として14日から参戦して頂いている「有力ファンド株価3倍狙い銘柄」です。
ロシアによるウクライナ侵攻が始まってからの悪地合を利用して、確りと玉を吸い上げ発射台を築き、そして今一気に飛び出そうとしていますからね。

全ての流れから観て、この「有力ファンド株価3倍狙い銘柄」が、今の地合の中心銘柄として大きく値を飛ばして超大相場に向け駆け上がる事になるのです。
言い換えれば、新興系個別株の主役として颯爽と姿を現す事になるという事です。

ここからです、本格攻勢が始まるのは・・・
参戦するなら今ですよ。

お急ぎの参戦お待ちしております。

・・・ちなみに、先月(2月)の条件付き銘柄であった(4174)アピリッツは、本日SP高となり一気に値を飛ばしていますからね。
今月の条件付き銘柄である「有力ファンド株価3倍狙い銘柄」も一気に値を飛ばして来そうです。
 


- Web Diary ver 1.26 -