無料本音メルマガ(毎晩配信中)  バックナンバー

毎週土曜日に過去一週間分のデータをまとめて追加します。
(約一ヶ月分の過去のデータを掲載しております。)


  2024年02月29日(木)

            超大相場銘柄で大勝負です。

                2月29日(木) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、今晩22:30に発表される「1月個人消費支出(PCE)」の内容が、先に出された「CPI」や「PPI」と同様強ければ、大きく下げる事になりそうです。
2/13(火)の「CPI」の時は、NYダウは−524ドル、ナスダックは−286Pとなっていましたし、2/16(金)の「PPI」の時は、−145ドル、−130Pとなっていましたからね。
今回の「PCE」次第では、米株は本格的な調整入りもありそうですので、警戒したいところです。

また、ここに来てのドル円の動向も気になります。
日銀による金融政策の早期正常化を意識したのか、一気に150円を割り込んで来ていますので・・・

これらが高値圏で一服・横這い中の日経平均に大きな影響を及ぼしそうですからね。(中国株も大きく買われていますし・・・)

そんな不透明要因が重なる中、当倶楽部では「新スター銘柄」と命名して、ある超大相場銘柄を明日から強気参戦して頂こうかと考えているところです。
昨年より強気一貫で推奨して来た(3993)PKSHATECを手掛けた超有力ファンドが攻勢に入るという超訳有りの銘柄です。
昨年はPKSHATECを仕掛けるに当り、地合柄、日数を要しましたが、今年は地合も良い様ですので、想定以上に早く株価2倍3倍を達成してくれそうですからね。
だからこそ、「新スター銘柄」と呼び、強気で攻めて頂くのです。

既に日柄を掛けて玉の吸い上げは終っている様で、ここに来て動意づいて来ていますので、実質月替りの明日か週跨ぎの来週には本格的大攻勢が始まる事になりそうです。

滅多に出る事のない超大物です。
超大相場を建てる為の全ての要素を満たしているのが、この「新スター銘柄」なのです。

一財産築けますよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年02月28日(水)

     物色の変化に確りと付いて行く事が重要なのです。

                2月28日(水) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

NYダウ続落も、ナスダックは2021年11月19日(金)につけた史上最高値16,057Pまであとわずか。(あと+12Pで史上最高値更新)
ナスダックが16,057Pを超えたところで達成感が出て米株が調整入りとなるのかに要注目かと・・・
今はAI関連が相場を牽引している様ですが、これがポイントになりそうですので。

そんな中、日経平均は39,000円で下値固めの最中なのか・・・
このまま日柄調整が続くのか、それとも39,000円を割り込み本格調整を入れて来るのかは、米株次第ってところか?

そんな調整入りの展開を先取りする形で、調整による物色の変化の先を読んで本日も新銘柄を1つ紹介しておきました。
これで先取りする形で紹介した訳有り銘柄は26日に紹介の2銘柄と、本日紹介の1銘柄とで3銘柄になります。
この先、物色の変化が明確に出る頃には、この3銘柄いずれもが大きく値を上げているでしょうからね。

その間に先駆して大きく上げたAI関連銘柄達は調整を入れ、再び上値を目指して大きく買われるのです。
だからこそ、大相場を取る為の“種玉”(安い買い玉)が非常に重要になるのです。
この“種玉”があれば、再度参戦する事が出来るばかりか、「大天井を買ってやる」くらいの強い意思をもって本物の大相場に付いて行く事が出来るからです。

当倶楽部では、この次の次のシナリオまで考えて、紹介銘柄の準備を進めていますので・・・

とにかく、ここは物色の変化に確りと付いて行く事が重要なのです。
そして“種玉”は、もっと重要になるのです。

次の新たな物色の流れを睨んだ新銘柄3銘柄、かなり期待出来そうですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年02月27日(火)

          だから面白いんですよ、株は・・・

                2月27日(火) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

物色の主流だったAI関連株の物色内容が、ここに来て出遅れのAI関連へ向っており、物色の裾野の広がりも顕著になって来ていますので、ほどなくして目先物色の流れが変わり、連れて全体も目先調整入りとなるのではないかと考えているところです。
明日、先物が39,×××円以下で引けて来る様なら、目先本格調整が加速しそうですので、注意したいところです

同様に米株もAIを中心とするハイテク株が相場の中心にあり相場を牽引している様ですので、これらが上げ一杯となり利喰い売りが加速するのか気になるところです。
その利喰い売りが、また利喰い売りを呼び込む形で、ズルッと来そうですからね。
とりあえず今の米株は、調整入りの切っ掛け待ちってところですので。

そんな中、この物色の先を意識して紹介した銘柄達は、今日のところは一服状態で、全体調整入り、物色の変化を待っているかの様です。

また、先駆して大きく上げた銘柄達の上値も重くなって来ており、買い気は強いが、買いたい“良い銘柄”が少なくなっているから、出遅れや関連の薄い銘柄まで買われる状況なのです。
これこそが、「一番出遅れていた株が買われ始めたら、目先天井は近い」という状況に当てはまるのではないかと・・・(今日あたりは、大きく売り込まれた銘柄に買いが入っているのがお分り頂けると思いますし、出遅れていた中国株も買われてますし・・・)

いずれにせよ、ここからは強気に成り過ぎる事なく、安い買い玉(種玉)を少し残して相場に付いて行く感じで、目先本格調整を待つ局面だと観ています。
ただ明日、先物が39,○○○円以上で引けて来たら話は別で、一気に40,000円の大台へと突走る事になりそうです。

とにかく、会員ページで紹介してある“先物転換値”が先に方向性を明確に示してくれますので、それに則って立ち回ればいい事なんですけどね。

「株は難しい・・・」だから面白い。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年02月26日(月)

      次の物色の流れを読んで2銘柄を新たに紹介。

                2月26日(月) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、NYダウ、SP500は高値更新中も、ナスダックはザラバ中に更新も打ち返され安で終了。

日経平均は続伸で史上最高値更新中。
ただ、フシ抜け後の調整が入りそうですので少し注意したいところです。
米「財政の崖」問題も出て来ましたし・・・

明日の先物の引け方如何で、調整色が一段と強まりそうですからね。

そんな中、全体調整入りと物色の変化を先取りする形で、本日新たに2銘柄を紹介しておきました。
この2銘柄も時間を掛けずにドカンドカンと目の覚める様な急騰劇を演じてくれそうですので・・・(紹介中の銘柄達は、いずれもドカンドカンと大きく値を上げて来てますので、次の短期値幅取りの新銘柄という事です。)

いずれにせよ、明日の先物の引け方(15:15)と物色の変化に注意しながら上手く立ち回りたいところでもあるのです。

「好事 魔多し」

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年02月22日(木)

          祝、日経平均史上最高値更新!!

                2月22日(木) 17:50更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米半導体大手エヌビディアの好決算を受け、日本の半導体関連株が買われ、日経平均は4日ぶりの反発となり、史上最高値を一気に更新し39,000円台に乗せて終了。

青天井に突入した日経平均。
こうなると、どこが天井かは全く見当がつかず、行き着くところまで付いて行く事が重要になって来ます。
ただ、相場は波動の上に成り立っていますので、中期波動の上下動は、毎晩紹介している“先物転換値”が変潮を先に教えてくれますので、それを使いながら、トコトン付いて行くだけです。
この“先物転換値”さえあれば、突発的事態でも上手く乗り切る事も出来ますので・・・

そして、日経平均が史上最高値を更新した事で市場には“達成感”が漂い始めますので、まずは、フシ抜け後の小調整がどこで入るのかが注目されるところです。
そんな小調整の時に大きく値を飛ばすであろう訳有りの新銘柄を週明け早々に一挙公開しようと思います。
これまで紹介して来た多くの銘柄達は、既に大きく値を上げた銘柄ばかりですので、ここは二番手を狙い短期で稼ぎまくってもらおうと考えているところです。
それで得た利益で、長期的に大相場が取れる様な主力に近い銘柄を買い増ししながら、日経平均の青天井相場にトコトン付いて行くのです。

心配な波乱急落は、先に“先物転換値”が教えてくれますので、安心して個別銘柄での短期値幅取りを狙うのです。

さー、新たな時代が来ましたよ。

ここからは、中期波動の読みと個々の銘柄情報力とで稼ぎまくるだけです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年02月21日(水)

         さてさて、どちらの目が出ますやら・・・

                2月21日(水) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、本日は重要変化日にもかかわらず変化らしい変化は見られず。
変化があるとしたら、明朝6:20に発表される半導体のエヌビディアの決算を挟んでからではないかと・・・

また、世界各国の株式市場を1つの銘柄として見て、そして世界を1つのマーケットとして観た時、これまで一番出遅れていた中国市場が大きく買われているところを観ても、「一番出遅れていた株が買われ始めたら目先天井は近い」という格言を思い出させる動きとなっていますからね。
東京市場でも、先駆して上げた銘柄達は総じて売られ、代って出遅れていた銘柄達が買われ始めていますので、そろそろ目先天井か・・・を強く意識したい頃合いでもあるのです。

そんな変潮の切っ掛けとなりそうなのが、エヌビディアの決算です。
米市場も、これまでの様に「悪材料より好材料の方が市場に響き易い」好地合から、「好材料より悪材料の方が響き易い」悪地合に変って来た様に思えますからね。

さてさて、どっちの目が出ますやら・・・

当倶楽部では、昨日の日経先物が高いところで会員様には確りと変潮に備える態勢を取って頂いていました。(毎晩会員ページで紹介中の先物転換値に則って)
そして、今日の重要変化日に5日線を割り込んで来て、目先の上げ勢いに陰りが観えています。
これら兆候が観えた以上、潮目の激変には十分警戒したいところでもあるのです。

そんな中、当倶楽部では、その先(変潮の先)を意識する形で、入手した情報銘柄の中から、次の物色の流れの中心となりそうな銘柄を選別しているところです。
様々な状況をシミュレーションしながら、新たな物色の流れにいち早く乗っかって頂く為です。

とにかく、昨日の時点で潮目の変化の兆しが出たところで、会員様は手持ち買い玉の利喰い売りを急ぎ、先物に売りヘッジを掛けて変潮からの調整入りに備えて頂いていましたので・・・
あとは、心静かに今晩の米株、明朝のエヌビディアの決算を観て動けばいいだけの事ですからね。

この“先物転換値”があるからこそ、先手先手を打って立ち回る事が出来るからこそ、より大きな利益を取る事が出来るばかりか、「生き馬の眼を抜く」と言われる株の世界を生き抜き勝ち抜く事が出来ているのです。

・・・全体の流れの読みも得意です。
・・・個別銘柄の値幅取りも得意です。
だからこそ、株の世界で生き長らえて来れたのです。

相場の流れに乗って儲けたい方。
個々の銘柄で稼ぎまくりたい方。
お急ぎご入会下さい。
一財産も二財産も築けるでしょうから・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年02月20日(火)

            上か下か、さーどっち・・・

                2月20日(火) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、明日の「重要変化日」を前に、先物に買い仕掛けが入り、一時38,730円(+210円)まで急騰し過去最高値に迫る場面があったものの、またもや打ち返された事で、一旦利益を確定しておこうという流れが出て、日経平均は続落、TOPIXは反落で終了。
今日のところは、成長株も割安株も様子見状態。

明日の重要変化日、5日線キープラインが38,370円(+7円)以上となりますので、上か下か何らかのアクションが起こりそうです。

とはいえ、当倶楽部では、先に“先物転換値”が方向性を示してくれましたので、会員様はそれに従って確りと態勢を整えて頂きましたけどね。
これが出来るからこそ(半歩先に動けるからこそ)、より大きな利益を掴み取る事が出来ているのです。

上か下か・・・さー、どっちの目が出ますやら・・・

明確に方向性が出てからでは遅いのですよ。
だからこそ、毎晩紹介する“先物転換値”があれば、「生き馬の眼を抜く」と言われる株の世界を悠々と勝ち抜き稼ぎまくる事が出来るのです。

さー、稼ぎまくりましょう・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年02月19日(月)

     “先物転換値”で強弱を見極めつつ攻めまくるのです。

                2月19日(月) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、史上最高値更新への期待が続いています。
とはいえ、いずれどこかで調整は入れて来るでしょうから、それも頭に入れて臨みたいところでもあるのです。
“強い”からと言って値幅調整は無いという考えはいかがなものか・・・ですし、日柄調整と言ってもいかがなものかと・・・

いずれにせよ、その調整がフシ抜け後(史上最高値更新後)かフシ抜け前かは分りませんので、当倶楽部では毎晩紹介する“先物転換値”で強弱を見極めて頂いていますので、その“先物転換値”に則って攻めを継続するのか、目先護りに入るのかを判断して会員様には立ち回って頂いていますので・・・(225先物売買会員様には、36,180円で建てた買い建ての利喰い場、ドテン売りのタイミングを待って頂いているところです。)

そんな中、半歩先の物色の流れの変化を先取りする形で新銘柄を1つ紹介しておきました。
全体の動きが鈍くなり調整色を深める事になれば、この手の訳有り個別が一気に大きく値幅取りへと出て来ますので、それを先取りする形での新参戦です。
この新銘柄もストップ高を交えて短気でガンガン値を飛ばし、悪地合を追い風に一気に株価2倍超へと突走るのではないかと、大いに期待している銘柄です。

また、会員ページで紹介中の銘柄達も、まさに入れ喰い状態。
時間差こそあれ、いずれの銘柄もガンガン値を飛ばしているところですからね。
この良い流れにまだまだ乗れますので、お急ぎご入会して頂いて、個人投資家好みの地合、流れで「我が世の春」を謳歌して頂けたらと思います。

全体が目先調整が入りそうな時には、“先物転換値”が先に教えてくれますので、先物に売りヘッジを掛けたり手持ちの利喰いを急いだりして目先調整に備えればいいだけの事ですから・・・

この美味しい流れで稼ぎまくるのです。
ガンガン稼ぎまくって、本格調整入りのタイミングで、今度は、先物売りヘッジで大儲けするのです。

まだまだ面白い銘柄、大きく値幅が取れる銘柄はありますからね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年02月19日(月)

               重要なお知らせ

                2月19日(月) 13:40更新

ここから一気に株価2倍も狙える訳有りの新銘柄を紹介しておきました。
ストップ高を交え一気に値を飛ばして来そうです。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2024年02月16日(金)

                そろそろか・・・

                2月16日(金) 18:10更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

週明け月曜日、先物が38,×××円以下で引けて来る様なら、波乱調整に要警戒です。
来週水曜日(2/21)は重要変化日に当りますので、その前に変化の兆しが出そうですので・・・

そんな中、当倶楽部の「225先物売買会員」様は、先週半ばに36,180円どころで建てて頂いたドテン買い玉の利喰い場、ドテン売り場を待って頂いているところです。

また、「極秘個別情報会員」様は、大きく大きく値を飛ばしている訳有りの紹介銘柄達の利益確定の好機を待って頂いていますし、そのタイミングは、毎晩会員ページで紹介している“先物転換値”が先に教えてくれますので、それを使って売り場・逃げ場・先物売りヘッジ掛けのタイミングを見計って頂いています。

「超高速売買会員」様は、それらは関係なく、ほぼ日計りでガンガン資金を回転して頂いています。

いずれにせよ、“その時”は限りなく近づいて来ているという事です。
“その時”を見極め先手を打って行動するには、“先物転換値”が必要不可欠なのです。

この株式相場の「匠の技」を是非一度体験してみて下さい。
神技と思わず口から出て来るでしょうから・・・(個々の銘柄の情報力もかなりのものだと自負してますけどね。)

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -