無料本音メルマガ(毎晩配信中)  バックナンバー

毎週土曜日に過去一週間分のデータをまとめて追加します。
(約一ヶ月分の過去のデータを掲載しております。)


第二のマイクロ波化学は・・・ 2022年11月24日(木)

  ←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

家電量販店の業績が市場予想を上回った事で、個人消費は底堅いとの見方が広がり、NYダウは続伸で戻り高値を更新。

一方、祝日明けの日経平均は材料難の中、ノコギリ型上昇トレンドで今回の反発でも直近戻り高値を更新。
ただ、高値更新の翌日には一服安する傾向があり、明日は如何なる展開になります事やら・・・

また、先物は11/11の28,270円の戻り高値を更新しましたので、次のターゲットは9/13の28,400円という事になり、その次は8/17の29,190円という事になります。
ここまで来れば、今年の年初来高値(1/5の29,270円)が射程に入ります。

いずれにせよ、日経平均は早めにポイントである28,500円を明確に上抜けて、ノコギリ型上昇トレンドを卒業して、TOPIX同様、強い上値追いを観せてもらいたいところです。

そんな中、当倶楽部の会員ページで紹介してる訳有り個別銘柄達は、皆一応にいい感じで動意づいており、特に先週と今週に新たに紹介した2銘柄は、今にも飛び出さんばかりの動きを観せています。
今日のところは、日経平均の急伸もあり目立ってはいませんが、日経平均が小動きとなれば、この手の訳有り銘柄が一気に値を上げ短期値幅取りの動きを観せる事になりそうです。

さー、ここからも短期値幅取り狙いの訳有り銘柄を攻めまくりますよ。
全体の強さに乗りつつ、より効果的に値幅が取れる訳有り個別を狙い撃ってガンガンに儲けまくるのです。

また、ここに来て超がつくほどの足の早そうな訳有り銘柄の情報が飛び込んで来ました。
相場状況を観ながら、地合を観ながら、適時紹介し目の覚める様な急騰相場を取って頂こうかと考えているところです。

とにかく、ここは投資効率を一番に考えてガンガン資金を回転し稼ぎまくる時だと思いますよ。

さてさて、“第二のマイクロ波化学”はどの銘柄になりますやら・・・
あの銘柄か、それとも紹介したばかりのあの銘柄なのか・・・

全ての紹介銘柄達があのマイクロ波化学みたいになったりして・・・(笑)

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

今年最後の個人投資家好みの流れに乗り遅れるな 2022年11月22日(火)

  ←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

今は、「木を見て森を見ず」で臨みたいところ。
特に、訳有り個別株を狙い撃って、より効果的に短期値幅取りを狙うところだと思います。

11/14ザラバ中に紹介した(9227)マイクロ波化学はわずか1週間の間にストップ高を交えつつ一気に98%の爆騰劇を演じてくれましたからね。

このマイクロ波化学に続く爆騰狙いの銘柄が、先週後半に紹介した銘柄と本日新たに紹介した銘柄の2銘柄です。
いずれの銘柄も、今にも一気に飛び出してストップ高を交えての爆騰劇を見せてくれそうな、そんな訳有り銘柄達です。
祝日明け早々から12月初旬に向けてマイクロ波化学同様の動きを見せてくれると期待しているところです。

いずれにせよ、今は年に数回しかない、年内最後の個人投資家好みの地合だと思いますので、儲けられるうちに目一杯儲けたいところでもあるのです。
だからこそ、より効果的に、より効率良く利益が取れる訳有り銘柄をベストタイミングで紹介する事に全力を注いでいるのです。

・・・まもなく、訳有り個別の大乱舞が本格化するでしょう。
だから、ガンガン資金を回転しつつ、より効果的に儲ける事が重要なのです。

そして、全体の流れが変わりそうになったら、サッと手を引いて護りに入ればいいだけの事ですからね。
その手を引くタイミング、護りに入るタイミングを教えてくれるのが、毎晩紹介している“先物転換値”ですので・・・
それを目安にしながら、訳有り個別を攻めまくればいいだけの事ですからね。

まだまだ、ガンガン取れますよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

まだまだこれからですよ・・・ 2022年11月21日(月)

  ←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

NYダウ、戻り高値更新まで、あと2ドル。
この次は、8/16(火)の34,152ドルがターゲットに。
日経平均は、今回も何とか3連敗を回避。
これまでの傾向として、「3日ぶりの反発からの・・・」という感じで期待したいところ。
良い感じの位置まで反発したNYダウ高を好感して・・・とはいかず、残念。

そんな中でも、先に紹介した(9227)マイクロ波化学は、ストップ高1円手前まで急伸・・・そして失速。
代って紹介から3日目のあの銘柄が、今にも大きく飛び出してストップ高に向けて突走りそうな動きを観せています。
明日あたり、グググッと伸びて週末に掛けてストップ高を交えた急騰劇が見られるのではないかと期待しているところです。

そして明日にも、また新たに短期で大幅値幅取りが狙える新銘柄を紹介しようと思います。
この銘柄もドッカーンと急騰劇を演じてくれそうですので期待しているところです。

いずれにせよ、この個人投資家好みの訳有り個別乱舞の流れに乗り遅れない事です。
儲けられる時に目一杯儲けて、護るべき時は確りと護りを固める・・・これが相場の鉄則ですからね。

まだまだこれからですよ、当倶楽部の本領発揮は・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

急騰銘柄、連発中!! 2022年11月18日(金)

  ←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株は方向感に乏しい展開が続き、日経平均は2日小幅続落でTOPIXは2日続伸。
日経平均は未だにSQ値(28,225円)を超えられずに1週間が経過。
早めにSQ値を突破して次なるステージに突入してもらいたいところです。

そんな中、順調なのが紹介した訳有りの個別銘柄達。
昨日紹介の新銘柄も今日は大きく値を上げて、前に紹介したSP高絡みの2銘柄(マイクロ波化学、Abalance)に勝るとも劣らない感じになっています。

そして、また週明け月曜日にもストップ高絡みの急騰が大いに期待出来るそんな新銘柄を紹介しようと思います。
この銘柄も、短期で目の覚める様な急騰劇を演じてくれそうですので、今から楽しみにしているところです。

とにかく、今のうちに稼ぎまくるのです。
とにかく、今のうちに資金を大きく膨らますのです。
そして、この個人好みの地合の先にある“恐怖”に備えるのです。
その“恐怖”に対しては、毎晩紹介している“先物転換値”が先に察知して教えてくれますので、その時は、手持ち買い玉の利益確定を急ぎ、先物に売りヘッジを掛けて、“恐怖”を逆手に取って大儲けを狙うのです。

今は、訳有り個別の強気買いでガンガン儲けて、地合が悪くなったら、先物売りヘッジで大儲けを狙うのです。
こうやって桁違いの利益を取りに行くのです。

いずれにせよ今は、この個人投資家好みの地合に、いち早く乗る事が重要なのです。

・・・急騰銘柄、続出中ですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

稼げるうちにガンガン稼ぐ。 2022年11月17日(木)

  ←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、2日マイナスからの反転上昇となるのか。
5日線割れからの反転上昇となるのか。
NT倍率低下からの反転上昇となるのか、要注目です。

そんな中、前に紹介した(3856)Abalance、(9227)マイクロ波化学に続くストップ高絡みの急騰相場狙いの訳有りの短期急騰銘柄を新たに紹介しておきました。
この新銘柄も、ストップ高を交えてのドカンドカン高に大いに期待しているところです。

今の地合は、個人好みの個別材料株の相場となっています。
だからこそ、儲けられる時に目一杯儲けて頂くべく、短期で大きく値幅が取れる訳有り個別を矢継早に紹介し、攻めまくってもらっているのです。

そして、地合が悪化する様なら、利益確定を急ぎ一気に護りを固めて波乱に備えればいいだけの事ですからね。
地合の悪化は、毎晩会員ページで書いている“先物転換値”が先に教えてくれますので・・・

いずれにせよ、個人投資家好みの地合が続く間は、訳有りの短期値幅取り銘柄でガンガン強気で攻めまくってもらおうと考えていますので。

この美味しい相場に乗り遅れないで下さいね。
この個人好みの相場の後には、“恐怖”が待っていそうですから・・・

稼げる時に、稼げるうちに目一杯稼ぎまくるのです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

訳有り個別でガンガン儲ける。 2022年11月16日(水)

  ←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、ノコギリ型の上昇トレンドは継続中。

今の地合は、断然個別材料株が優位にある様です。
そんな中、極秘個別情報会員様には昨日は(3856)Abalance、今日は(9227)マイクロ波化学がストップ高となり喜んで頂いているところです。
(マイクロ波化学は一昨日と今日ストップ高に)
そして明日もまた、ストップ高が狙えるそんな新銘柄を紹介し、ストップ高絡みの急騰相場を楽しんで頂こうと思います。

また、いい感じで短期回転で儲けて頂いているのが超高速売買会員様です。
今日も上げ足の早い銘柄を紹介出来ましたので、明日にも、また新たな銘柄に乗り換えて頂こうと考えているところです。

とにかく今は、より効率的に利幅が取れる銘柄をガンガン強気で攻めるのが得策ですからね。

儲けられる時に目一杯儲ける。
そして地合がおかしくなりそうな時には、先に“先物転換値”が教えてくれますので、その時は状況を観ながら、先物売りヘッジを掛けつつ、護りに徹するのか、護りながら攻めるかを判断し弱い流れに付いて行けばいいだけの事ですからね。

さー、本格的に始まりますよ、当倶楽部の得意とする訳有り個別の大乱舞が・・・

ここでの出遅れ、乗り遅れは致命的ですからね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

まだまだありますよ、ストップ高候補銘柄が・・・ 2022年11月15日(火)

  ←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、小動きで今晩の米株の動向待ち。
まだまだ予断を許さない状況にありますので、ここはより早く、より大きく値を飛ばす銘柄で一気の短期値幅取りを狙いたいところでもあるのです。

当倶楽部では、2日連続でストップ高銘柄を輩出していますよ。
また明日もストップ高する銘柄が出るのでは・・・と期待したくなる様な状況なのです。

そして、明日も1銘柄、新たに短期値幅取り狙いの訳有り銘柄を紹介しようかと考えているところです。
こちらの新銘柄もストップ高を交えて爆騰するのではと期待しているところです。

いずれにせよ、今は稼ぎ時なのです。
個人にとってガンガン利益が取れる地合でもあるのです。
だからこそ、毎晩紹介している“先物転換値”で全体の強弱を見極めつつ、ガンガンの強気で短期値幅取り狙いの訳有り銘柄を回転し、稼ぎまくるのです。

今儲けずしていつ儲けるのですか?
当倶楽部の鋭い読みと情報力の凄さを体感してみませんか。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

より早く、より大きく値を飛ばす銘柄を狙い撃たないと・・・ 2022年11月14日(月)

  ←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

今日の日経平均、前日の大幅高(+817円)の反動安(−300円)となっています。
ただ、今の下落は、ソフトバンクの決算が発表売りを誘った様で、ソフトバンクの下げだけで日経平均の足を約−181円引っ張った形となっていましたからね。

このまま明日、先物が28,○○○円以上で引けて来なければ、日経平均は目先調整色を深めると観ていますので気を付けたいところでもあるのです。

そんな中、地合関係なく短期で大きく値を飛ばすであろう新銘柄をあえて1つ紹介しておきました。
ドカンドカンドカン・・・あっという間に30%超なんて事になりそうです。

いずれにせよ、ここは先物転換値を睨みつつ、個々の銘柄の強さに淡々と付いて行きたいところでもあるのです。
今の様な地合には、より早く、より大きく値を飛ばす訳有り銘柄を狙い撃たないと駄目ですよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

弱くなるまでガンガン強気で攻めまくりましょう。 2022年11月11日(金)

  ←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米10月CPIは、約40年ぶりの高い伸びだった6月の+9.1%をピークにして4ヶ月連続で縮小。
伸びの鈍化と市場予想を下回った事で利上げペースが緩むとの期待が広がり、米株は大幅反発。
NYダウ、ナスダック共に今年1番の上げ幅に。

そして日経平均も大幅反発となり28,000円台に乗せて終了。
あとは、28,500円を一気に上抜き踏み上げを交えた急騰劇が見られるのか、注目したいところです。

とりあえず流れが変わった事で、次のFOMCまでは、強気で臨む事が出来そうです。
問題はその後。
次は米国の景気鈍化をネタに売り方が攻勢に出て来そうですからね。

いずれにせよ、「株は弱くなるまで強い」と言いますので、今は先の事は置いといて、淡々と今の強さに付いて行きたいところです。

次の潮目の変化は、毎晩会員ページで紹介している“先物転換値”が教えてくれますので、それに則って立ち回ればいいだけの事ですから・・・

そんな中、年末に向け大きく値を上げて来るであろう新銘柄を紹介しておきました。
まだ他にも短期でドカンドカンと値を飛ばしそうな銘柄を用意してありますので、状況を観ながら紹介し参戦して頂こうと考えているところです。

とにかく今は、より効果的に値幅が取れる訳有り銘柄を攻めるのが得策かと・・・

さー、ガンガン強気で攻めまくりますよ。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

買いで儲けて、売りでも儲ける。 2022年11月10日(木)

  ←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

今晩22:30発表の米CPIによって展開が大きく変わって来そうです。
NYダウ、更なる高みを目指すのか、それともナスダックが目先底割れとなるのか・・・

そして日経平均はジグザグ上昇トレンドが継続するのか、それとも・・・
明日、先物が27,○○○円以上で引けて来れば目先波乱も終り更なる高みを目指す事に。
27,×××円以下で引けて来るなら、弱相場継続となり、ジグザグ上昇トレンド消滅の危機となるのですが・・・

いずれにせよ、今晩の米CPIを受け米株が如何なる反応を観せ、ドル円が如何なる動きとなるのか注目したいところです。

この“先物転換値”、かなり役に立つと思いますよ。
これまで幾度となく会員様のピンチを救ってくれましたからね。
半歩先に潮目の変化が分かるのがこの“先物転換値”なのですから。

そして、強相場転換のタイミングで短期値幅取り狙いの訳有り銘柄に参戦すれば、より早くより大きな値幅を取る事が出来、より大きな利益を取る事が出来るのです。

とにかく、中期波動の見極めが株式投資にとって最も重要だと考えています。

買いで儲け、売りでも儲ける・・・だからこそ株式市場は面白いのです。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -