無料本音メルマガ(毎晩配信中)  バックナンバー

毎週土曜日に過去一週間分のデータをまとめて追加します。
(約一ヶ月分の過去のデータを掲載しております。)


  2024年07月03日(水)

       「鴻鵠銘柄」で株価5倍取り狙ってもらいます。

                7月3日(水) 19:00更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、バブルの臭いを漂わせながらNYダウは2日続伸、SP500とナスダックは2日続伸で高値更新。
どこまでの強さが続くのか気になるところです。

一方、日中取り引きの日経先物は、3/22の40,710円(終り値)の年初来高値とツラ合せしたとこで頭打ちとなり一服し、40,600円で終了。
日経平均は、500円以上の上げを演じ5/16(木)以来の500円以上高となり、40,580円で終了。(リバ率92%、高値抜けまであと308円)
TOPIXは、1989年12/18(月)の2,884.80Pまで、あと12.62Pまで上げて来ています。
この2,884.80Pを上抜いたところで一気に達成感が出て日経平均もTOPIXも本格調整に入るのではないかと・・・
ただ、日経VIを観る限り、本日が16.47で日経平均が40,888円の史上最高値をつけた3/22が18.50でしたので、3/22に比べても更に楽観度が高くなっていますので、今後の動きが気になるところでもあります。

こんな相場だからこそ、潮目の変化を先に教えてくれる“先物転換値”が重要になって来るのです。
今は6/20に強相場に転換しましたので、先物売買会員様は、38,520円での買い建てを持ちながら、強相場に付いて行って頂いているところです。
明日、弱相場に転換して潮目が変わった事を教えてくれるのも、会員ページで紹介している“先物転換値”なのです。

そんな中、「鴻鵠銘柄」の裏取りが終りましたので、参戦して頂いたところです。
その背景も材料も、流入している資金も、また新たな材料も、超大相場にふさわしいものでしたからね。
だからこそ、全体が強かろうと弱かろうと関係なく、秋の気配が深まる頃には株価3倍あたりまで駆け上がり、年を跨ぐ頃には株価5倍を狙っているのではないかと観ているところです。

全てのポテンシャルが凄過ぎるからこそ、超大相場銘柄にふさわしい“鴻鵠”の名を付ける事にしたのです。
この「鴻鵠銘柄」では、大相場ではなく超大相場を狙って頂きますので・・・

桁違いの財を築く事が出来そうですよ。

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2024年07月03日(水)

                  7月3日(水) 11:15更新

「鴻鵠銘柄」、裏取り完了。

今より静かに参戦開始です。

お急ぎの参戦、お待ちしております。
 

  2024年07月02日(火)

      裏取り中の「鴻鵠銘柄」に新たなる大材料出現。

                7月2日(火) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

TOPIX、1989年12/18(月)につけた2,884.80Pまで、あと28.15Pまで迫って来ています。(日経平均に換算すると395円の上げ幅)

日経平均は、4/4以来の4万円台乗せ。
このまま史上最高値を上抜くとは考えられず、目先天井打ちのタイミングは、おそらくはTOPIXが史上最高値(2,884.80P)を上抜いたあたりではないかと・・・
TOPIXが2,884.80Pを上抜くか、先物が40,×××円以下で引けて来るかのどちらかで、目先天井打ちが確定すると観ていますので。

そんな中、裏取り中の「鴻鵠銘柄」は、裏取り中に調べている材料背景の他に、また新たな材料が隠れている事が分った様で今はこの新材料も合せて裏取りを急いでもらっているところです。

この新材料が本物であるのであれば、想定上値をググググッと引き上げなければならなくなりそうです。
これまでは秋の気配が深まる頃には株価3倍超を想定していましたが、ここに来ての新大材料出現で、秋の気配が深まる頃の株価3倍を通過点にして、年内株価5倍超をも狙えると想定変更したくなる様な大材料ですので・・・

この新大材料が本物であれば、今年後半の1番出世株はもとより、今年の1番出世株の目も出て来ますからね。
とにかく、裏取りを急いでもらっているところです。

・・・が、全体の目先天井打ちの時も近そうですので、参戦タイミングが難しくなって来そうですが、その時は波乱調整を利用する形で、突込み買い、押し目買い、を繰返しながら仕込んで行けばいいだけの事ですからね。
その時に、先物に売りヘッジでも掛けて頂いていたら、儲けながら「鴻鵠銘柄」を仕込む事も出来ますので・・・

いずれにせよ、全体の目先天井打ちは近いと観ていますし、新たに「鴻鵠銘柄」の大材料が出現しましたので急ぎ裏取りを行っているという事です。

今、このタイミングで入会頂ければ、上手く先物に売りヘッジを掛ける事も出来るでしょうし、先物ドテン売りのタイミングも分るでしょうし、何より「鴻鵠銘柄」をいい感じで仕込む事も出来るという事です。

潮目の変化と超大物を逃がさない様にして下さいね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年07月01日(月)

      次は“鴻鵠銘柄”で超大相場を取りに行きます。

                7月1日(月) 18:20更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

明日、先物が39,×××円以下で引けて来たら、弱相場入りの可能性がグググッと高くなります。
仏の選挙絡み、米大統領選の絡み、我が国の自民党総裁選絡みと、色々と不透明な事態が待っていますので、警戒したいところです。

そんな中、波乱を追い風に大きく値を飛ばしそうな超訳有り銘柄の情報が飛び込んで来ました。
今急ぎ裏取りを行っているところです。
この新銘柄のイメージは、当倶楽部で先に「新スター銘柄Part2」として紹介した(5246)ELEMENTSの6月に入ってからのイメージです。

この新銘柄を今回は“鴻鵠銘柄”と呼び、株価3倍超を狙って頂こうと考えているところです。
それだけの背景、材料、資金が入っている凄銘柄ですからね。

この“鴻鵠銘柄”は、秋の気配が深まる頃には株価3倍超の攻防に入っているのではないかと・・・
だからこそ、今の不穏な気配漂う今から強気参戦して頂くのです。
早ければ明日、遅くても明後日には裏取りも終り参戦して頂けると思いますので・・・

全体は“先物転換値”で強弱を見極めて、弱相場転換となれば先物に売りヘッジを掛けて波乱に備え、個別では“鴻鵠銘柄”の一点張りで勝負出来るのではないかと・・・

いずれにせよ、お急ぎご入会頂いて、“鴻鵠銘柄”に参戦して頂けたらと思います。
動きが出たら裏取りを待たずに見切発車も考えていますので・・・

お急ぎのご入会、ご参戦お待ちしております。
 

  2024年06月28日(金)

  週明け月曜日、先物が39,×××円以下で引けて来たら・・・

                6月28日(金) 18:10更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

米株、一部のハイテク株が主導する形で続伸。

日本株は、TOPIXが一時年初来高値(バブル崩壊後の高値)を更新するも、打ち返され更新とはならず。
それでも戻り高値を更新した事で新値足陽線3本目を示現。
日経平均も反発も、一昨日の終り値より安くなり戻り高値更新とはならず。

そんな中、要注目なのが日曜日の仏の下院選挙。
この内容如何では波乱の展開も想定されますので注目したいところです。

仮に、週明け月曜日に日経先物が39,×××円以下で引けて来る様なら、波乱突入の可能性がグググッと高まりますからね。

そして波乱突入(弱相場入り)となれば、これまでの物色の流れがガラッと一変し、次は夏相場らしい(サマーラリーらしい)個別材料株が大きく動き始める事になりそうです。
中でも、虎視眈々と一気仕掛けを目論んでいる訳有り銘柄を中心に一気に大きく値を飛ばすのです。

その中心となりそうなのが、「初夏の主役銘柄」。
まずは一気に5割高あたりまで値を飛ばして、その後、残暑の気配が漂う頃には株価倍増以上の水準まで駆け上がっているのではないかと・・・

全体の流れは、毎晩会員ページで紹介している“先物転換値”で見極めつつ、弱相場に転換する様なら、先物に売りヘッジを掛けて、手持ち玉の安い玉を少し残して、一旦他は利益確定し、新たに生じるであろう物色の中心銘柄である「初夏の主役銘柄」を狙うのです。
この「初夏の主役銘柄」の他にも、ガンガン短期で値を飛ばすものが出て来るでしょうから、今から楽しみにしているところです。

さー、潮目が変わるのか、強相場が続くのか、まずは週明け月曜日の先物の動向が気になるところです。

・・・起死回生の一発を狙いたい方は、「初夏の主役銘柄」を狙ってみて下さい。
一発で矛盾が解消されるでしょうから・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年06月27日(木)

     まもなく個人投資家が稼ぎまくる地合がやって来る。

                6月27日(木) 18:10更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均は、米半導体メモリーの「マイクロン・テクノロジー」が時間外取り引きで下落(6−8月期の売上高見通しが予想以下だった)した事を受けて、本日は一服安。
また、ここに来て日本の長期金利も上昇している事や、急激に進む円安ドル高の流れも影響した様で・・・

今晩の米株の動向が気になるところですが、明日の先物の引け方がもっと気になるところです。
明日、先物が39,×××円以下で引けて来たら弱相場転換の可能性が高くなり、再度下値を探る流れへと突入しそうですからね。

とはいえ、紹介中の訳有り銘柄達は、全体の弱い動きを受けて上値追いの動きをより鮮明にして来ています。
この分だと、全体弱相場転換を機に一段高となり、「夏相場は訳有り個別の出番」となりそうな、そんな感じです。
「初夏の主役銘柄」も、他の紹介銘柄達も超いい感じになって来ていますので・・・

そんな中、また新たに上げ足が早そうな訳有り銘柄を新たに1つ紹介しておきました。
虎視眈々と一気駆けの好機をうかがっている短期値幅取り狙いの銘柄です。

いずれにせよ、ここからは目先潮目の変化を冷静に見極めながら、全体弱含みの中、大きく値を飛ばしそうな訳有り個別を狙って、先物に売りヘッジを掛けつつ、訳有り銘柄で大幅値幅取りを狙う感じでWで大きく儲けたいところでもあるのです。

さー、個人投資家好みの地合がやって来ますよ。
稼げる時に目一杯稼ぎまくるのが投資で財を築く鉄則ですからね。

今が入会のベストタイミングかと・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年06月26日(水)

        個人好みの物色の流れに乗り遅れるな。

                6月26日(水) 18:30更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、4度目の39,100円突破で戻り相場に入ってる様な一段高。
商いも久々に4兆円を超えて、更なる上値追いに期待が持てる展開に。
やはり株の世界では、3度目の正直より4度目の正直の方が確率が高い様です。

そんな中、紹介中の訳有り銘柄達は、総じて小動き小一服状態となっています。
この手の銘柄は指数が強い時はお休みして、弱い時に一気に大きく値を飛ばして来ますので、今日のところは“良いお休み”となっています。

その中でも、形を整え次の出番を待っているのが激推し中の「初夏の主役銘柄」です。
この状況で更に鍛錬の動きをしているという事は、本格攻勢の際には想定以上の凄さで上値を追って来るのではと観ているところです。
まずは一気に5割高、その後は小調整を入れて株価倍以上へ・・・って感じになるのではないかと期待する凄銘柄です。

そんな紹介中の訳有り銘柄達の中から、本日ストップ高した銘柄が出て来ています。
想定通りの好材料出現で、ここからの上げ相場が楽しみです。

いずれにせよ、当倶楽部の会員ページは「宝の山」状態なのです。
これに加え、また新たな宝物も用意してありますので、ザクザク稼ぎまくってもらいたいところでもあるのです。
夏本番の頃には、会員様はウハウハ状態ではないかと・・・

今からですよ、個人投資家が美味しい思いをするのは・・・
乗り遅れない様にして下さいね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年06月25日(火)

             一気に飛び出しそうです。

                6月25日(火) 18:00更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、直近4度目の39,100円台乗せ。
“4度目の正直”で更なる上値追いが見られるのか、それとも“39,100円の壁”に再度打ち返される形となるのか、注目したいところです。

ちなみに、明日、先物が38,×××円以下で引けて来る様なら、次は下値を探る流れが強くなりそうですからね。

また、物色もTOPIX型の主力株へと向い始めていますが、この流れが出た後には、往々にして目先天井を打つ形で調整色を深めた事が、これまで幾度もありましたからね。

よって、今日は当倶楽部激推しの「初夏の主役銘柄」も「超ポテンシャル銘柄」も揃って小一服となっています。
この手の訳有り銘柄達は、少しくらい地合が悪い方が動き易いみたいで、まるで全体調整入りを待っているかの様な動きを観せています。

ただ、本格攻勢が始まれば、「初夏の主役銘柄」は時間を掛けずに一気に5割高あたりまで跳ね上がりそうですし(その後は小調整を入れて株価倍増へ)、「超ポテンシャル銘柄」に至っては、一気に株価倍増あたりまで値を飛ばして、波動を上手く造りながら株価3倍あたりを狙って来るものと観ています。

まだまだこの他にも、会員ページには新NISAに最適の銘柄や、短期値幅取り狙いの銘柄達も紹介してありますので・・・

また、新しい銘柄の情報も飛び込んで来ていますので、これらについては値動きを観ながら、スポット的に紹介参戦して頂こうかと考えているところです。

とにかく、全体の流れは会員ページで毎晩紹介している“先物転換値”で見極めつつ、狙うは短期値幅取り銘柄か・・・、それとも株価倍を狙う大物か・・・。

今は、「初夏の主役銘柄」か「超ポテンシャル銘柄」狙いが超効率が良いのではないかと・・・

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年06月24日(月)

           今度の獲物もドデカイですよ。

                6月24日(月) 17:50更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

日経平均、25日線超え。
次は75日線超えと、週末まで13週線をキープする事が出来るのかに注目です。

そんな中、期待の「初夏の主役銘柄」は、一気飛び出しの気配をプンプン臭わせています。
飛び出したら、まずは株価5割高あたりまで一気に突走り、そこらで小調整を挟んで株価倍超を目指して一段高して来るでしょうからね。
おそらく、夏真盛りの頃には株価倍増を目指して加速しているのではないかと・・・

また、他の紹介銘柄達も、虎視眈々と一気攻勢の好機をうかがっている様ですからね。
この夏の主役は、「初夏の主役銘柄」となるのか、それとも攻勢の時期がズレ込んだ「超ポテンシャル銘柄」となるのか、はたまた新たに紹介銘柄の中から主役の座を奪い取る銘柄が出て来るのか・・・楽しみにしているところです。

いずれにせよ、今は淡々と全体の強さ(強相場)に付いて行きつつ、個々の派手に動きそうな銘柄の強さに付いて行き、より大きな値幅取りを狙う、そんな地合だと観ていますので・・・

ちなみに、明日先物が38,×××円以下で引けて来る様なら、強相場から弱相場に転換した事になり、一段の下値探りが始まりそうですので、注意したいところですけどね。(会員ページで毎晩紹介している“先物転換値”が潮目の変化を先に教えてくれますので、安心して立ち回る事が出来るのです。)

とにかく“大きな獲物”取り逃さない様にして下さいね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。
 

  2024年06月21日(金)

  今晩紹介の新NISAにふさわしい銘柄で桁違いに大きな財を掴み取って下さいね。

                6月21日(金) 18:10更新

←左の“過去の紹介履歴”をご覧下さい。

本日、新NISAにふさわしい銘柄を1つ紹介しておきました。

大手ファンドを中心とする有力グループが大テーマに則って年内に株価2倍以上を狙うという銘柄です。
株価水準は底値圏より立ち上がったところですので、いいところで仕込み参戦出来ると観ています。
少し時間は掛るでしょうが、その分安心して大相場を取る事が出来る逸材銘柄でもありますので、まだ相場が始まったばかりの今、種玉を確りと仕込んで大相場を狙って頂けたらと思います。

株価が2倍になったところで、手持ちの半分を利益確定すれば、残りの半分は“タダ券”という事になりますので、新NISAではかなり面白い銘柄になると観ています。
(利喰った資金で他の銘柄で稼ぐ事も出来ますし・・・)
新NISAなら、この様な超訳有り銘柄を使って大儲けしないと損ですからね。

とにかく、今日新たに紹介した銘柄なら、想定以上に大きく儲けられる事間違いナシですよ。

今はまだ初動の初動です。
安〜い所を仕込んで大儲けを狙って下さいね。

お急ぎのご入会、お待ちしております。

自信アリですよ。
 


- Web Diary ver 1.26 -