明日の投資戦略

更新は毎日22時

  2017年04月13日(木)

     心折られる事なく淡々と・・・

                     4月13日(木) 21:00更新

心理戦が繰広げられている北朝鮮情勢。
今日は北では外国人記者に対して「大きな出来事に備えよ」との通達が・・・
結局、その「大きな出来事」とは新しい街路の開通というものであった様です。

まだ心理戦が繰広げられている間、アナウンスが出されている間は大丈夫なのです。
このアナウンスが無くなり、静かな日が続き始めた時が一番危いのです。
本当に、何かを仕掛ける時は、全てを極秘裏に進め、機を突いて突如仕掛けて来るはずですからね。
静かなる日々が続き始めたら、Xデーは近いと考えた方が良いかも知れません。

そんな事も考えつつ、ここは生き延び生き残る事に全力を傾ける事です。
そして、「最悪を覚悟し 最善を夢見る」のです。
最悪は、米対北挑戦の戦闘突入。
最善は、中国からの圧力で、対話に持ち込み平和解決へと導く事。
どちらに転ぶかは全く分りませんので、ここは確りと護りを固め、静かに成り行きを見守るしかないのです。

次なる反転上昇の際の超目玉銘柄を3銘柄ほど用意してあります。
全体に「コツン」の音が響き渡り、明確なる上昇のシグナルで確認出来た時、一気呵成に攻め込んで頂きます。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年04月12日(水)

     生き延び、生き残ってさえいれば・・・

                     4月12日(水) 22:00更新

NYダウ、この形、一歩間違えば大量の売りが出て市場参加者が一気に退いて行く様な、そんな嫌〜な形となっています。
地政学リスクはもちろんですが、トランプ大統領自身の政策運営能力の限界もあるからではないかと・・・

そんな中、ドル円は節目の110円を割り込み一気に109円半ばに。
連れて日経平均も心理的節目18,500円を割り込む動きに。
ドル円が110円を割って来た事で、次は108円台半ばをうかがいに行くでしょうから、そうなれば日経平均も18,000円をうかがう動きが出て来るでしょう。

あまりにも不透明で流動的な北朝鮮リスクですから、まだまだ予断を許さない状況が続くでしょう。
噂では4/27Xデー説がまことしやかに囁かれていますが、5/9の韓国大統領選挙前に何とか決着をつけたい米国が如何なる圧力を掛け、それに対し北が如何なる対応を観せるのかに注目したいところです。
ICBM発射、ミサイル発射、核実験と、次に挑発行為があれば、米国は間違いなく武力行使に出るでしょうからね。
問題は、その後の北の出方なのです。
この戦闘がエスカレートするか否かは、この北の反撃内容によっても変わって来ますからね。

とにかく今は、生き延びる事を最優先に考えるのです。
生き延び、生き残ってさえいれば、新たなチャンスを与えてくれるのが株式市場ですからね。
そのチャンスを確りと掴む事を考えながら、今は攻め時を静かに待つのです。
そのチャンス、今用意してある短期爆騰株ver1、ver2、ver3ではないかと・・・

こんな難しい状況で一人で闘っていたら滅入ってしまいますよ。
一緒に闘いましょうよ。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年04月11日(火)

     一歩間違えば、ガラ(暴落)以上の恐怖が・・・

                     4月11日(火) 21:10更新

NYダウの日足チャート形状は嫌〜な感じに。
ドル円も地政学リスクを意識してか110円台へ。

日経平均も北朝鮮のXデーを警戒し、方向感無いまま小幅もみ合いに。

北朝鮮によるICBM発射実験か核実験のいずれかが断行されれば、間違いなく米軍は行動を起こすでしょうからね。
その先にどの様な展開と影響が待ち受けているのかが全く見当がつかない以上、ここは確りと護りを固めながら、身を潜めながら成り行きを見守るしかないのです。
この状況は、一歩間違えばガラ(暴落)ぐらいでは済まなくなってしまいますからね。
だからこそ、慎重姿勢を継続しているのです。

今は、全てが見通せてから打って出たとしても遅くはないのです。
狙うべき銘柄さえ間違えなければ・・・
狙うべき銘柄が本物で大相場型の凄銘柄であれば、少々出遅れたとしても、後々大きく遅れを取り戻してくれるはずですからね。
その凄銘柄こそが、短期爆騰ver1とver2、ver3なのです。
この3銘柄なら、受けた痛手を癒やすばかりか、抱えている矛盾さえもスッキリと解決してくれるはずですから・・・

全ての感覚、能力、経験を駆使して、紹介タイミング計っているところです。
それは明日、突然やって来るかも知れません。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年04月10日(月)

     「最悪を覚悟し 最善を夢みる」

                     4月10日(月) 21:30更新

NYダウ、米雇用統計にもシリア空爆にも反応せず。
反応したのは、NY連銀総裁の発言に対し、ドル円がドル高へ反応しただけ。

その流れを好感し高寄りした日経平均でしたが、その後は小幅もみ合い推移となり、単なる自律反発の感じが。

注目は、北朝鮮のICBM発射実験と核実験。
このいずれかでも断行されたら、北朝鮮近海まで来ている空母から戦闘機が飛び立ち一気の戦闘態勢となるでしょうからね。それが一番の不透明要因なのです。

だからこそ、今は静かに成り行きを見守るしかないのです。
ここは「石橋を叩き割る」くらいの慎重姿勢を貫く方が良いかも知れないのです。
それを裏付けるのが、このところ頻繁に繰返されている日米首脳電話会談なのです。
何か大きな危機が差し迫っているからこそ、密に連絡を取り合っているのではないかと・・・
今回の北朝鮮に対する米国の姿勢は本気そのものの様ですね。
それを考えるのであれば、ここは迂闊に手が出せないところだと思うのですが・・・

そんな中、当倶楽部は待ちの姿勢です。
そして、明日、先物が18,◯◯◯円以下で引けそうでしたら、先物に売りヘッジを掛け、大波乱に備えて頂きます。
それでも、狙っている短期爆騰株達が急動意づいて来たら、とりあえず筋を信じて、まずは打診買いから入って頂こうかと考えています。
彼らは百戦錬磨の兵(つわもの)ですから、この局面では仕掛けて来るには、それなりの訳があるでしょうからね。
だから筋の動きに合せとりあえず付いて行く事を考えているのです。

今は非常に難しい局面です。
だからこそ「最悪を覚悟し 最善を夢見る」のです。
基本は待ちの姿勢で臨みつつ、筋の動きに合せ動くか否かを判断する・・・そんなところです。

そんな早く短期爆騰株ver1、ver2、ver3、いずれも早く華々しく、デカくなりそうですからね。

お早めのご入会、お待ちしております。
 

  2017年04月07日(金)

     水星逆行期突入・・・要警戒です。

                     4月7日(金) 21:10更新

突然の米軍によるシリアミサイル攻撃。
北朝鮮に対する断固たる姿勢で臨むという強い意思の表れだとは思いますが、何かトランプ大統領とプーチン大統領の間での出来レース的な感じも・・・
このメッセージに対する中国の答えが気になるところです。

このシリア攻撃でドル円は110.10円台まで円が急伸。
かろうじて110円を割り込みませんでしたが、割り込めば108円台半ばまで一直線・・・なんて事も。

そんな波乱含みの中、日経平均は一見は底固さが戻った様には観えてはいますが、これも北朝鮮がICBMを発射したり、核実験を断行すれば関係なくドッスーンと来るでしょうからね。
当然ながらドル円は110円を割り込み108円台まで一気に。

そんな最悪の事態を想定しつつ、ここは生き残る為に全力を注ぐべき局面だと思います。
心を折られる前に、株を嫌いになる前に、先に手を打ち、生き残る為に動くのです。
そして、心穏やかに、次なる攻め時を探すのです。

一見は強さが戻った様に観えたとしても、北朝鮮がICBMを飛ばしたり、核実験を行えば、米は間違いなく「斬首作戦」を実行する事になり、最悪は・・となりそうですからね。
ここは下手に読むより、相場の動向に惑わされるより、確りと護りを固め成り行きを見守った方が良いと思います。
来週から水星逆行期へと突入しますし、そうなれば、人智を遥かに超えた出来事が次々と出て来ますからね。
それが何より怖いのです。

普通なら「買いは三日待て」と言いますが、この局面は、完全に強くなってから、全てが見通せてからでも遅くはないと考えています。
当倶楽部では、次なる攻め時には、短期爆騰株ver1、ver2、ver3をもって、まずは三段構えで打って出て頂こうと考えています。
とはいえ、攻め入るタイミングは慎重に慎重を期しますけどね、今回は。

どうですか、一緒に闘ってみませんか?
一人で闘っていたら、観えるものさえ、観えずに煮詰まってしまいますよ。
心が折れる前に、株を嫌いになる前にご入会頂いて、一緒に闘いませんか。
貴方が抱える矛盾を短期爆騰株ver1 、ver2、ver3なら、必ずや解消してくれますよ。
そして、大きな利益と共に大きな喜びをももたらしてくれるはずです。

お早めのご入会、お待ちしております。
 


- Web Diary ver 1.26 -